とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

1週間以上更新がなかったのは初めてな気がします。

6日・武蔵小杉非公認
使用とある科学

1回戦 敗北
リゼロ扉門、先攻。確か両手に花構築ですね。こちらに特に悪い部分はなかったと思いますが、キャンセル差と最後は綺麗にラムで詰められて負け。焼きがあるので花はなんとでもなるんですけども…序盤のCXの位置には割りと苦しめられました。擬似リフレッシュを活用できなかったのは敗因のひとつでしょうね。

2回戦 勝利
ガルフレ扉2001、先攻。この試合もかなり押し込まれていた気がしますが、最後は佐天連パンまで持っていけたのが良かったと思います。ちゃんと佐天や屋根下出せれば詰めはあるんですけどね。

3回戦 勝利
SAO扉電源、先攻。完全にご都合WS。2に上がってコンソールしたら早出しだったので連動で焼き、割られて次のターンに擬似リフ、追加ドローで再び早出し。正直引きだけという感じでしょうか。

4色超電磁砲、大変汚い構築ですが回してて楽しかったです。fripSide幕張で超電磁砲のモチベーションが上がったので使いましたが、まぁこんなものでしょうかね。


13日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
後攻でガルフレ8風。押し込まれていましたが、最後3スキップさせてなんとか勝利。1/0の鞠利がCXトリガー込みでパワー14000とか出していて驚いた。完全に配置ゲーですが、終盤どんどん押し込めるのは楽しいデッキですね。

2回戦 敗北
シンフォギア門電源、先攻。とにかく押し込むことを意識して面と手札を枯らしやや有利な展開。最後いい山を作っていたつもりですがドラ載せたアタックに耐えられず負け。あそこでルビィ拳持ってれば山切れ勝ちに持っていけてたので未熟さを感じました。あとは純粋に残り6点の詰め打点で3-3-2or3を作ったら全部ドラ乗ったのもダメですね。ドラ考慮して面作らないと。あとは美夏打たせるフロント余計だったかなぁ。

3回戦 勝利
物語扉宝、後攻。押し込まれていましたが逆に我慢できたゲーム。2に上がって梨子クロックに置くのをあえて諦め登場させ、花丸連動などで盤面と山を整えられました。全体的に落ち着いて展開できたと思います。

2-1、2回戦では最後不慣れさが出たかなと思います。反省ですね。


15日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
先攻でサンシャイン扉ストブ。ミラー辛いです。1-6からクロックして2に上がったときにハンドがレベル3と赤のカードだったため3パンが怪しい状態。失敗したら1パンの覚悟で集中し暁回収からなんとか3パン。山もかなり薄かったですがいいキャンセルだったのと、島風行ったところへ相手のルビィ拳のお陰で山が削れてなんとか立ち直り。レベル3を溶かして勝ち。ゲーム展開自体はどうにも劣勢でしたが、ここぞの捲りのお陰でした。

2回戦 勝利
SAO門電源、先攻。序盤から優位に動いていたものの相手の低コストヒールと波状連パンで追いつかれ、善子バウンスも併用した詰めも届かず。返しの山が薄かったところに波状連パンの構えだったので負け覚悟でしたが、相手がアタック順を間違えるプレミがあったため何とか生き残り勝利。ありすさんにしては珍しいですね。

勝った心地のしない2戦でした。精進します。


16日・武蔵小杉歌合戦
使用8炎

1回戦 敗北
美波門と無連動電源、ようちかという組み合わせ。後攻。輝きあずさなんかも入っててガチ構築です。互いに山がひたすら早くてなかなか打点が通らずいい試合になりました。花丸早出しが小梅と相まって連動を連発していましたが、最後は2キャン後8戻りの山に曜バーン+本体の5点が素通りし負け。というか握るべきは椎名ではなく美夏でしたね。

2回戦 勝利
ミク宝と赤ストブ。後攻。相手の山が薄い瞬間が多かったのでそれに乗じて打点差をつけていきます。最後宝連動3面から実質6パンくらいましたがそのうち5箇所をキャンセル(ほぼピタキャン)しレベル2のまま勝利。あそこまで強いキャンセルはもうない気がします。

3回戦 勝利
サンシャイン扉ストブ、後攻。相手3-0からリフ1込みでちょうど叩き込んで勝ち。ノーブラ希とショットトリガーでの打点調整が活きました。道中は完全に押し込まれていましたが曜バーンの乗り方なども幸いしたでしょうか…1回戦とは逆に拾った試合になりました。

2-1、デッキ自体はいい感じでした。前日に家にあるもので組んだんですが、スタンだとやれることが多くて楽しいです。後攻辛い。


17日・横浜アメ歌合戦
使用8炎

1回戦 勝利
美波門とみくストブに電源タッチのスタン、後攻。トップレベルバーンもありました。手札がレベル3だらけになる事故で1に上がってから1パンになりました。何とかそのあとのキャンセルで繋いでようちか早出しからゲームを戻し、そのまま押し込んで勝ち。ようちかが握れたお陰でした…

2回戦 勝利
先攻でシンフォギア門ストブ。非常召集でCX1枚、2落下パワーパンプでCX2枚、ファーストトリガーCXと相手が大事故起こしていたので2ターン目から海未や穂乃果で3パン。1で貼ったCXが貫通し、その後もようちか早出し。ボトム2枚CXの場面もあって相手の山が薄かったので終始優勢でした。クロ2でレベル上げて曜と武蔵2面勝利。

3回戦 勝利
後攻、サンシャイン風+2。1で2パンになる場面がありましたが相手も2パン。お互い下振れです。先の早出しで綺麗に面を作り、8戻りから炎連トリガーしましたが結果的にこれで相手の打点を押し込めました。美夏で大きい打点を回避し、そのまま山を気にしつつアタック。ルビィ拳4落下でCXがかすらなかったのは大きかった。残り3点山2枚で両方キャンセル要求の武蔵+ショットトリガーで押し切りました。

1・3戦目であまりシステムが引けず酷いゲームをしましたが、結果はなんとか勝ちになりました。ショットトリガー楽しかったです。
パックは2日ともサンシャイン・シンフォギア・デレマスという組み合わせ。シンフォギアとデレマスを集めているのでありがたい限りです。来月のモノトーンも出たいですね。


KIMG0502
買い足したのは椎名だけです。輝きあずさ欲しい。

ゆっくり書いていたら1週間経ってしまいましたが…

僕にとって今年のツアー一箇所目は幕張!2daysでセトリも初日は「The very best of fripSide」、2日目は「crossroads」ということで、実質2日で1公演みたいなところです。
近郊だったこともありどちらも連番でした。とは言え横浜民の僕からすると幕張は遠かったですが…
とりあえずあまり多く書きすぎても仕方ないのでセトリと少し感想を添えるくらいでいきたいと思います。
席は13~14列と言うことで、広い会場でしたが十分いい場所でした。横も140まであったものの真ん中寄りの位置だったのでそんなに不自由なかったです。freakSideありがとう。

1日目

2016 -Third cosmic velocity-
satさんのギターがとてもかっこいいです。

1983 -schwarzesmarken-
future gazer
fortissimo -from insanity affection-
Heaven is a Place on Earth
最初の曲何が来るか楽しみにしていましたが1983でした!良いと思います。そこからfuture gazerとfortissimo、どちらも少し前まではほぼレギュラーだった楽曲ですし、期待が高まります…!Heaven is a Place on Earthは終盤に来ることが多いだけにちょっと戸惑いましたが、セトリの豪華さが伺えますね。

everlasting
Luminize
eternal reality
killing bites
この辺もド定番、言うことなしです。そこからの新曲!キリングバイツのOPなのですがこの時点では一部すら公開されていなかったので…ステージの演出も力が入っていて、fripSideらしい圧倒的な光の使い方でした。

late in autumn
endless memory ~refrain as Da Capo~
fortuna on the Sixteenth night
Hesitation Snow
今日のテーマで「ゲーム」というワードがちらっとMCでも出ていたのですが…まずはfripSideのバラード代表の一角late in autumn、1stシングルのカップリングだけあってこれを聴くとfripSideだなと感じます。DaCapoもだんだんと聴く頻度が減ってきている曲ですが、会場が一気にピンクになっていいですよね。そしてそこからのfortuna!!イントロなしでズバッと来る主旋律に会場の温度が一気に上がった感じがしました!僕も大好きな曲ですし、要望の多かった曲のようなので、これが聴けただけで今日は満足という気持ちに…(笑)更に代表的なゲーソンHesitation Snowですからね。前半最後のブロック、凄まじい破壊力です。

white forces
white relation
way to answer
whitebird
ひだまりバスケット
後半はwhite forcesから、前半も後半も「シュヴァルツェスマーケン」ですね。white relationもやるとは思っていませんでしたが改めて聴くといい曲です。way to answerはそこから一気に会場を盛り上げる曲ですね。ショートMCを挟んでナンバーワンバラードと名高いwhitebird、そしてひだまりバスケット。ひだまりバスケットはピュアな頃の南條さん作詞曲(本人談)ですが、fripSideにはあまりない軽やかで可愛い曲で、またライブで出会えて感謝です。PGCvol1はマイブームなのもあって…(笑)こうして並べてみるとこのブロック頭文字wばっかりですね(どうでもいい)

magicaride
clockwork planet
LEVEL5 -judgelight-
infinite synthesis
大人気magicaride、これはコールしていて最高に気持ちいいと思います。サビではコールするよりこういう感じが好きです。タイトルコールの歓声から人気が測れますね。clockwork planetはSSA以来2度目ですね。これからたくさん聴いていくことになると思いますが、疾走感があって大好きです。LEVEL5は分かるとして、ラスト1曲がinfinite synthesisとは(残り曲数的に)思いませんでした。1stシングルから使っているタイトルであるinfinite synthesis、2期fripSide「らしさ」が全面に出た曲です。考えてみたら当然の選曲ですね。

アンコール

black bullet
Two souls -toward the truth-
レールガン曲のイメージが強いですがこの2曲はそれ以外だと一番の代表曲ですね。どちらも僕がfripSideを追いかけ始めてから出てきた曲で、ここまで代表的な曲になるまで見てきたので嬉しいですよね。文句なしに一番盛り上がりました。

Wアンコール
sister's noise
only my railgun
sister's noiseが先に来たので安心しました。オリコン1位とファーストシングル、2期fripSideと言えばレールガン。最高です。

札幌公演が延びに延びて3時間半とのことでしたがこの日もMCが延びに延びて3時間半でした。fripSideあんなにかっこいいバンドなのにどうしてこうもゆるゆるなんでしょうか…でもそういうだらしない親しみやすいところも含めてfripSideが大好きな人たちばかりなので、もっとやってくれいいと思います。トークショーかなと思うくらい次々と面白い話が出てきて長くは感じませんでしたね。
2期のベストというテーマでしたが、僕はfripSideを追いかけ始めたのがsister's noiseのシングル発売あたりから。買い始めたのはeternal reality(その後全部集めましたけど)。15年もあるユニットですし、いつまでも新参者だと感じてばかりですが、セトリを見て、気が付いたらその歴史の一部をともにしてきた(というとあつかましいかも知れませんけど)んだなという。
15周年のお祭りと言う感じでとにかく盛り上がるセトリ・ライブでした。
freak会員の私にはsatさんの持っている壷が見えるぞ…(マルチ商法みたいだった


2日目

hurting heart
before dawm daybreak
アルバムの中でもかなり盛り上がる曲からですね。ツアーで初披露のhurting heartと一昨年のツアーでもセトリに入っていたbefore dawn dabybreak。強いです。

pico scope -SACLA-
split tears
an evening calm
pico scopeはやっぱり速いですね!これはカウントダウンのイメージが強いです…split tearsとan evening calmは南條さんもSSAを思い出すでしょうと言っていましたが本当にそんな感じ。今は予習もばっちりで200%楽しめました。南條さんの高音が凄く綺麗で…最高です…

killing bites
only me and the moon
a gleam of prologue
trusty snow
昨日に引き続いて新曲killing bites。少し覚えました。only me and the moonは川崎さんのイントロが見せ場のようです。ライブで聴くとイントロ部分だけでも感動してしまう…南條さんの詞もいいしなぁ…そこからは盛り上がる曲が2曲続いてまた温まりました。

snow blind
come to mind
escape
ミディアムテンポというのか、そんな感じの曲が3曲。snow blindもそうですが、結構バラード系が多くてしっかり聴けますね。come to mindはかなり久しぶりな印象です。escapeはsatさんがキーターで歌います。かなりがっつり歌ってました。元々好きな曲でしたが、ライブで一層好きになりました。

distant moon
The end of escape
the chaostic world
あまりパッとした旋律とかではないですが、耳に残りますね。distant moon。The end of escapeはfripSideだけでのバージョンなのですが、元々単独でも歌っていたので違和感はないです。ちゃんとCD音源で南條さんの声だけになったのは良かったと思います。the chaostic worldは横アリを思い出しますねぇ…

Red "reduction division"
crescendo
prominence
1期最強のRed、前ツアーでトップに据えられていたcrescendo、更にprominenceと熱いブロック。Redは言わずもがななんですが、crescendoもUO炊かれる本数が多くて人気があるんだなぁというのを強く感じます。僕も大好きです。いいブロックでした。

sky
sister's noise
black bullet
アルバムの1曲目にもなっていますが、skyはfripSideにとって特別とのことですが、凄く綺麗ですね。青色に染まった会場がいい感じ。そこからは2期の代表曲を立て続けにやって盛り上がりは最高潮ですね!ちなみにみんなこのあたりになるとTwo soulsが待ち遠しくなりすぎて緑を構える人が多かったです(笑)

brave new world
only my railgun
収録も入っているので会場で色をそろえて、白になりました。new worldという感じで白、間違ってないと思います。心なしか南條さんが他の人のパートを歌い分けているように聞こえましたが、恐らくCDを聴いていたので勝手に脳が補正をかけただけでしょう…アウトロのLalalaは退場後もキープ。ずれていましたが、only my railgunまでなんとかつなぐことが出来ました。一度退場してのomr…てっきり最後の1曲だと思っていたのでちょっと驚き。ところでこれはアンコール扱いになるんでしょうか。

アンコール

Two souls -toward the truth-
crossroads
満を持してTwo souls。圧倒的一体感です。最後の一曲は言うまでもなくcrossroads。アルバムの表題曲と言うだけあって、最後に相応しい曲でした。ありがとう…

2日目も伸びましたね。ほぼ4時間。簡単に済ませると言ったバンド紹介なんかもいつも通り無茶振りが飛び交うギャグパートと化していたし、キリングバイトのあとのショートMCでは普通のMC以上におしゃべりしているし。それだけ長く時間が共有できて嬉しいです。この2日間、レベル6!!
この日は「crossroads」と言うことで1期の話なんかも。南條さんが加入した頃の話はよくされているものの、1期カバー曲がないことを明言されていたなど(多分)初披露の話も。それでも少しずつカバー曲が増えてきてアルバムが出せるまでになったと言うのは、南條さん加入後のfripSideがひとつ次の段階に進んだんだろうなと言うことを感じますね。南條さん自身は1期曲を歌うにあたりオリジナルに比べると難しい部分があるとのことでしたが、それは僕たちファンも同じだと思います。南條さんのいるfripSideしか知らない僕たちと、15年間応援してきた人たちとでは感じ方も違うんだろうな…少なくとも今fripSideが好きという部分は共通なんですけどね。今回は特にファンの一体感も強いライブだった気がします。

正直感想なんて、「良かった」以上のものはないと思います。色々考えて書いてると書けてしまうけど…凄く強いセトリと空気でした。ツアー公演数自体も少なく追加公演をやらないことも決まっているし「本気」という感じですね。ありがとうございました。

次、僕は名古屋2日間に行く予定です。楽しみにしています。

金沢地区も終わったのでまったり使いたいデッキでやっていこうかと思います。

武蔵小杉公認
使用サンシャイン

1回戦 敗北(引き分け)
シンフォギア電源門に先攻。ちょっと不慣れな方だったようでややテキスト把握などには時間がかかっていましたが、こちらは耐久の弱いサンシャインだし2までノーキャンでさくさく溶けていたので(山の底の方で集中したら4ヒットしたり)関係ないだろう…と思いきや。2に入って花丸早出し回復で粘りつつ地道に打点を通して(結構キャンセルされた)なんとか追いつき、互いにレベル3になるかというところでエクストラターンへ。お互いに猛烈なキャンセルを繰り広げて引き分けに。5回打点飛ばして4箇所止まるとかもう無理でした。序盤引き離されたものの負けなかっただけ収穫。

2回戦 勝利
サンシャイン扉ストブで先攻。ミラーでした。先上がりから千歌連動されそれを島風で踏む形に。相手の打点が2の手前で止まった(早出しようちかできない)のと、こちらがダイレクトで打点弾いて次で押し込めたことで形勢逆転。詰めではいらないこと考えて無駄な手順踏みましたが、なんとか押し込んで勝ちました。

3回戦 勝利
ラブライブ穂乃果単、後攻。打点差が出来ていたので面に圧力をかけられるところだけかけつつという形だったと思います。焼き対策に花丸集中を維持できたのが良かったかなぁ。詰めがあまり強烈でないデッキと対戦するとある程度安心できる部分はありますね。

2-1、なかなかいい感触でした。


サンシャイン特別大会・横浜アメ
使用サンシャイン

1回戦 勝利
3人なので総当りです。扉門で後攻。最後2-5から曜立てた(ほぼ)4パンで1キャンしかされず逆転勝ち。相手7戻りだったしこちらはもう割りと後がなかったので、ワンチャン拾えました。

2回戦 勝利
扉ストブ、先攻。1がスキップされてそれまでの差が一瞬で埋まったものの、2周目頭のキャンセルからようちか早出しに移行して優位を築けました。最後は割りと余裕を持って詰め切れました。1-6で無理に通過せず2-0で整えたところが良かったかな。

2-0で優勝。一応表彰状もらえたし満足。ラッシャイミラーは暴れたもん勝ちなので冷や冷やしますね。

このページのトップヘ