とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

今回もお疲れ様でした。

Screenshot_20170919-211758
Screenshot_20170919-211817
Screenshot_20170919-211823
Screenshot_20170919-211844
Screenshot_20170919-211853
Screenshot_20170919-211903
Screenshot_20170916-130321
Screenshot_20170916-130330
Screenshot_20170917-122920
Screenshot_20170917-122929
花丸絡みのCPというか二人組表記ってやっぱり「まる」の方が優先されるんですかね…軽く検索してみた感じそうでしたね。
今回の変更点として「おみやげ」システムが入りました。とりあえずこれで花丸を2枚もらったのでランキングの1枚込みで3枚取りになりました。ラブカストーンは5個くらい割った気がしますが、ボーダーもそこそこ伸びている印象でしたね。4倍があるのでそんなに苦ではないですが。
ランキングは20人が5万位に入っていてこれは過去最高ですね。楽ランはアクアを全く育てていないので3万位に入れるだけ上出来でしょうか。

Screenshot_20170912-121755
Screenshot_20170911-123320
Screenshot_20170911-123434
Screenshot_20170911-123502
Screenshot_20170914-120042
Screenshot_20170911-123400
ことりの誕生日!1回分スクショ忘れましたがごらんのSR1枚なのでご安心下さい。
UR持っていないのはことりだけなんですが…やっぱりもらえないですね…

Screenshot_20170919-120359
ついでに梨子ちゃんもおめでとう。

Screenshot_20170906-121140
BD発売されるんですね。まぁこちらにはご縁はないでしょう…

次の週の分もまとめよう!と思ったら行かなかったのでずいぶんと間が空いてしまいました…

川崎ホビ
使用物語

1回戦 勝利
先攻、キズナ扉キャントリ。焼かれたりしつつ全体的に面は欠けていましたがハンドの質がそこそこだったのでリカバリーしつつ戦えました。相手のキャンセルがほぼなかったのと、こちらが要所要所をしっかり止めていたのが差でしょうかね。

2回戦 敗北
ニセコイ扉風に先攻。序盤は相手にCXが多かったようでペースを握るかと思いきや上手くケアされ、2周目からダメージがなかなか通らなくなり。美夏を打って連パンを回避したもののストックが不足して詰められず、次はきっちり連パンもらって負け。

3回戦 勝利
先攻、リゼロ扉門。身内戦です。最後やばいところありましたが要所のキャンセルってやつです…相手の下振れで拾った感じのゲームでした。確かそんな感じ。最近は毎回身内戦やってるからわからなくなってきた。正直よく止まったなぁってレベルのキャンセルの上手さだったと思います。

4回戦 勝利
後攻でデレマスグスタ。扉門です。デレマスグスタでもこれだけ事故るんだな…ってレベルでCXの戻りが悪かったので拾った感じでした。CXトリガー率も異常に高かったかな。普通に押し込んで勝ちました。

物語で久しぶりに3-1、今日はよく動いてくれたなという感覚でした。
後期は別のタイトルを握るつもりですが…やっぱり物語もいいデッキなんだよなぁ。

今年もライブツアーのシーズンが始まりましたね…!
南條さんのライブが僕にとってのライブシーズンの始まりなので大体このあたりの時期です。今回は8列目ということで大分いい滑り出しですね。まぁ後ろの席には後ろの席なりのよさがあるのですが。

今回もセトリや演出についてはネタバレなし。セトリ部分は南條さんからすると別に伏せなくても良いと思っているようでしたが、実際かなりいいセトリだったので、伏せておいた方が初めての人は楽しめると思います。セトリ見て予習したい人…はカタルモアからサントロワまで聴いてください。
演出についても色々言いたいことはあるんですが、もう少し心にしまっておきます…
ネタバレするかどうかは会場と南條さんで話し合って(?)決めましたが、ほぼ全会一致のネタバレ禁止でしたね。多分ネタバレしない一体感みたいなものと、ネタバレなしで楽しめた成功体験と…あとは先に知った人の優越感でしょうか(笑)なんにせよ、南條さんのライブはセトリも含めた演出が特に力の入っている部分だと思うので、いい試みだと思います。

全体として、去年のライブ感想では色々書きましたが…今回はとても良かったです。
何曲かちゃんと聴きたい曲では立っていてもライトを振ることなく聴きましたが、他の人たちも同じような感じでしたね。東京1/3650の頃と比べるとずいぶんと穏やかになったものです。それっていいことだと思います。
僕が勝手に思っている南條さん像(と言ってもたくさんあるんですが)でしかないかも知れないけど、そういう側面もあるってことを知っていてそれが好きな人だけがツアー3年目の今参加してるんでしょうね…

一層南條さんが好きだと確信しました。両国、楽しみです。
ラジオだか紙媒体だかで言ってたとおり、5周年感もあるセトリです。凄くよいことだけは保証します。日替わりも結構あるみたいですしね!

このページのトップヘ