とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

SSA公演、お疲れ様でした。とてもとても、良いライブでした。
とりあえずいつも通り色々書きます。自分の気持ちを落ち着けるために書いているあくまで「日記」なので、レポとかそんなものは書きませんしそもそも書けません。そこは他のもっと上手く書ける人に譲ります。
あとで思いついたことは適宜書き足します。横浜アリーナは気合入れて書きましたが今回はメモなども一切取っていないので大分ゆるーく。

まず天気は晴れ。これ重要です。横アリとかめちゃくちゃ寒かったし、並ぶに当たって天気は割りと重要なんですがどうもfripSideって雨に当たること多いですね。
物販は8時半頃さいたま新都心に着いたのでそれくらいから。11時頃には買えたので結構スムーズでした。最終的にはSSA1周するくらい並んでいたとか。とりあえずトートとTシャツは1色ずつ(黒)買って、残りは全部買いますコース。25000円のキャリーも買います。スカジャンもこれくらいなら買ったのにねぇ。
CDコーナーは何を買ってもポスターが付くのでThe end of escapeあたりもう1枚買おうかと思ってましたが気が付いたらDecadeのライブBDを手にとっていました。まぁね、いつか買おうと思って先延ばしにしてきたからちょうどいいよね!

開場は14時でしたがそんなに急ぐこともなく15時頃。クロックワークプラネットの広告とかフラスタとかそんなのを見て、お手洗いに行って準備完了。
やっぱりSSA、ツアーの会場と違って大きい…1万7千人すごい…
ちなみにアリーナ席の30列だったのでなかなかいい感じの場所でした。南條さんに見下されるの最高
音響は横アリと比べると大分良かったな。音割れてなかったし…って当たり前か。南條さんの声もかなり通るようになっている印象でした。


2016 -third cosmic velocity-
sister's noise
way to answer
crescendo -version2016-
いつも通りのthird comic velocityでスタート。今日もかっこいい八木沼さん。からのいきなりsister's noise、way to answerで一気にあったまりました。一瞬crescendoやらないのか不安になりましたがちゃんとway to answerのあとに入っていてますますテンションアップ。

Secret of my heart
white relation
unlimited destiny
「久々にやる曲」「あるイベントでしか披露していない曲」「今回初披露の曲」というヒントから2つ目のブロックへ。久々に聴くSecret of my heart、良かったです。white relationはヒントとライトの色から察しましたが一度か二度しか聴いてなかったので自信なかった…音源欲しいですね。unlimited destinyは遂に!遂にですよ…なんかそれだけで感動(?)してしまいましたけど。八木沼さんが事故った気がするけどそれもライブの醍醐味。

clockwork planet
fermata ~Akkord:fortissimo~
ある程度予想はされていましたが突然のclockwork planetフル!まぁ完全に予習なし(まだショートでも公開されていなかった)なので新鮮でしたね。アニメの映像も付いていて期待感は一気に高まりましたし、なかなか次のCDも楽しみです。んでfermata!大好き!!もうイントロで一瞬!?!?!?!?って感じでしたがほんとありがとうございます。

→unfinished→ Album ver.-
SHOOT!
シークレットのKOTOKOさん。ピンク色と声からKOTOKOさんなんだなぁと思いました。曲は申し訳ないけど全然知らなかったです。お祭りって感じでいいですね。

The end of escape
僕は僕であって
angela登場。The end of escapeはツアーでもやってましたがちゃんとデュエットしたのは凄く良かった。「fripSideです!」という恒例の挨拶から既にコントが始まってるんですが、最後曲振りまでずっとコントやってました。最高です。僕は僕であってはfripSideの曲とは違うんだなぁってライブだと感じますね。どちらもすごく熱くてライブ向きの曲でした。

everlasting
endless memory ~refrain as Da Capo~
determination
meditations
ゲストの齋藤さんを迎えて。八木沼さんと行く温泉が好きらしい。satさんがアコギ(太郎さんが持って来ました)で南條さんとダブルセンター!ちなみにeverlastingはゆかりがあるわけではないらしいですが、先日freakSideで公開された齋藤さんとのメッセージ冒頭でsatさん歌ってましたからね…いつ聴いてもeverlastingは聴き入ってしまう。meditationsは驚きました。南條さんが最初にアルバム用に作詞した曲だそうで。好きな曲なので聴けて良かったです。

whitebird
last fortune
LEVEL5 -judgelight-
eternal reality
八木沼さんのピアノ伴奏で。whitebirdさすがに気合が入ってますね。南條さんの声が活きるバラードもライブには欠かせないですね。last fortune、聴けば聴くほど好きになる曲。トロッコってどこ見ればいいんだ、前か追うのか。LEVEL5とeternal realityは今更言うまでもないですかね!最高!

あっせんぶる☆LOVEさんぶる
split tears
Decade
an evening calm
ここで過去に戻る映像がありnaoさんのターン。色々事前に来そうな曲考えていた(あんまり聴いてはないんだけど)ものの全然違うところから飛んで来ました。電波系の歌を得意としているのは知っていましたがfripSideとの違いが大きすぎて驚きました。僕はnaoさんの曲までは追えていないのですが、知らない曲と出会えるのは楽しい。split tearsは一応アルバム音源があるので大丈夫。途中から南條さん参加でした。Decadeは遂にダブルボーカルで聴けて嬉しい…Decadeライブ以外では聴けないと思っていたので。an evening calmもちゃんと聴いたことはなかったなぁ…こちらは南條さんが事故った気がするけどそれもライブの醍醐味。

white forces -IS3 edition-
1983 -schwarzesmarken- (IS3 version)
magicaride -version2016-
かなり体力を奪われるブロックでした。どれもツアーでお馴染みなのでもう改めて書くこともないでしょうかね。magicarideは本当に好き。もうね、腕が死ぬ。

future gazer
Hesitation Snow
Side by Side
black bullet
Two souls -toward the truth-
最後のブロック早すぎ!いかにも取っておいたよねという感じの代表曲が並びますがSide by Sideがややイレギュラーか。ツアーのアンコールで聴いているうちに好きになっていました。black bulletからTwo soulsの流れ、最強。弦楽器が今回のライブは度々使われていて高級感がありましたがblack bulletは特に向いてますよね。お洒落。しかも今回はsatさんの煽り方が強くてすごく乗りやすかった。

Heaven is a Place on Earth
Luminize
シングルのメイン的にもう残ってる曲がどう考えても3曲しかないですね(笑)Luminizeがこの位置に入るのは正直驚きでした。これはこれで盛り上がるんだよなぁ…!

only my railgun
トリはこの曲しかありません。横アリ同様、最後に1フレーズ追加という感じで。やっぱりonly my railgunは原点にして頂点というところか…!


衣装はツアーでも着ていたと思われる白に金?地のもの、angelaコラボから青を基調としたもの、naoさんとからはなんか派手な…白基調かな?のやつ。前2つはとりあえず僕の好みなので最高。naoさんの黒の服もめっちゃ似合ってたなぁ。
バンドやダンサーの紹介はほとんどなし。MCでもしきりに尺を気にしていた(特にangelaさんが無限に繰り出すボケと、アンコールのとき)のでそういうことでしょうかね。

曲目はさすがSSAというか、一切無駄がない感じですね。というかこれを押さえないと!みたいな曲も大分増えているんだなというか…個人的にinfinite synthesisとか来ると思ってましたがなかったですね。滅多にやらなかったmeditationsとか入れて新鮮味のあるセトリながらも要所は押さえているという感じです。fortunaとかglow in the darknessとか、1期カバーだとRedとかbefore dawn daybreakとか、やって欲しい・やってくれるかもな曲はなかったですが、4時間fripSideを聴けるだけで大分満足でした。もうツアーで身体が2時間半のセトリに慣れてるから、もう終わりか!と思いながらも、やっぱり4時間長くていいな!という気持ちもありました。

MCはゲストが多かったのもあってそんなに内容はなかったように感じます。多分。映像見たら思い出すかも?
最初は15周年の話で南條さんは加入から8年。つまりsatさんは15歳、南條さんは8歳!(なわけなかった)
どこから来たか調査では日本を北の地域から順番に言ってましたが東海地方は結局声が届かずスルーされてました。残念。
fripSideのTシャツを着ているか調査ではお約束の「買えー!」というノリ。終演後物販もありますよ(ニッコリ)みたいな。南條さんのTシャツ着ている人がいるから八木沼さんも作ることに。freakSideは放っておくと仕事しないので勝手に来月中にTシャツ出すと発表しちゃう八木沼さん。会場全体で渾身の「(FC)運営がんばれー!」という声援(威圧)。今晩中には仕事しますから!って煽られてたけど実際に長期会員の特典とか発表されてましたね。

大きいライブ恒例の色々な発表としては2期fripSideによる1期カバーアルバムを秋に発売決定、SSA映像化決定、dアニメストアでSSA配信、秋のツアー開催決定。今年もアルバムが出ること、ツアーがあることは何より嬉しい。1期カバーへの布石と思われるカバーが今日もありましたね。Redも収録してくれるでしょうか。ツアーはできるだけ行きたいので今年も頑張る。

fripSideは今年で15年、南條さんが加入してからは8年。しかし僕がfripSideを知って好きになってからはまだ3年足らずです。今回のライブは発表されたときからすごく楽しみにしていたし夢のような時間でした。というかこれが現実で他の生活のほうが夢なんじゃないかくらいに感じてました。でもきっと8年や15年追いかけてきた人たちにはもっと別の光景が見えてるんだろうなとも思います。年数だけどうのということはないですし、僕より後にfripSideを好きになった人もたくさんいるので、今回のSSAは本当に人それぞれの受け止め方だったんだろうなということは感じます。今は充足感と疲労感でなんとなく考えが浮かびませんけども…15年かけて八木沼さん(やボーカルのお二人)が作ってきたfripSideを表面だけで満足するのは勿体無いので、またこれからもっと知っていきたい、そんな気がしました。

ライブお疲れ様でした。ツイッター見てると普段fripSideについて話していない人も結構たくさんSSAに集まっていて、今回のライブの凄さを感じました。これを気にもっと同志が増えたら嬉しいです。

これからも走り続ける八木沼さん・南條さんに付いていけるように、僕も頑張らないと…!なんというか、相応しいファンでありたい。

Screenshot_20170317-185342

お疲れ様でした。

Screenshot_20170317-185351

Screenshot_20170317-185401

Screenshot_20170317-185426

Screenshot_20170317-185625

Screenshot_20170315-173607
Screenshot_20170315-173611

Screenshot_20170315-175024

Screenshot_20170315-192609


ボーダー予想より低いところで着地したのでかなり余裕のある結果となりましたね。

石は10日目に4個。変なところにランクアップを挟んだのでこれより少なくする択はどのみちなかったかな。
スコマPはまぁこんなもんか。フレンドのユニットが見られる仕様だったので見ましたがやっぱりSR混ざっててもアクアのユニットが強そう。うーん…まぁいいか。

Screenshot_20170304-000032

Screenshot_20170315-070736

イベント前に花丸とイベント中に海未。おめでとうございます。

Screenshot_20170314-072059

誕生日勧誘はこんな感じ。まあまあかな?
Screenshot_20170315-173652

Screenshot_20170315-173709

春休みわくわくセットなるものがあったので購入。SR。

Screenshot_20170316-065220

4周年企画も動き出しました。これからも楽しみですね。


今SSAの物販列なんですけど、PCからじゃないと更新めんどくさいな…

久しぶりに横浜ホビステにて。
使用デッキはとある科学。

1回戦 敗北
SAO扉門との対戦。先攻から相討ち置いて1パンしたころ移動で踏んできたので手札は悪そうだと判断…したのですがそれ以上にこちらのハンドが悪い。集中が立たないし1での連動も打てない。扉も捲らずずるずる進んで行き負け。早出しはしたもののレベル2で2回しか殴れないターンがあるなど、ひたすら悪いところを晒しました。相手も序盤の集中でCX4枚見せるなどかなり苦しそうな動きをしていただけに…悔しい負けでした。

2回戦 勝利
リゼロ本扉。前の戦いからは仕切りなおして手堅い立ち回り。早出しでの2面焼きも言えたし擬似リフも使えました。最後に山残りCX2枚になったところでエミリア連パン立てられましたが竜王の顎を握っていたお陰で何とか耐えて勝ち。こんな働きされたら顎やっぱり抜けない…

3回戦 勝利
物語真宵選抜8扉。チェンジされた昔話とかどうしても触れない。相手にハンドの余裕も許したし真宵2回くらい言われたけど、山CX2枚からショット乗ってないところだけキャンセルして耐えられたのでそのあと相手の薄い山に通して勝ち。でも最後に相手の山がCX0枚でレベル3スキップになったから偶然拾った感じだったなぁ。

4回戦 敗北
兎小屋扉門、相手2の中盤というところでの完敗。なんでこうも序盤1差付くゲームになってしまったのか…早出しで相手の早出し+レベル3応援後列を焼くのは凄く良かったと思いましたが、時既に遅しというやつ。相性自体は悪くないと感じたので次対戦するときはしっかりやりたいところです。

結果2-2でした。いいんだか悪いんだか分からない感じですね。とある科学は好きなタイトルだし動きも悪くない…どうしようかなぁ。もう少し様子をみたいところです。
ちなみにトリオを組む予定の同行者が優勝しました。それは良かったかな。

このページのトップヘ