とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

半月後れ。
これじゃなんのためにスクフェスと更新時期をずらしているのかわかりませんね。

Screenshot_20180909-035424
ポピパから。
Screenshot_20180901-232529
Screenshot_20180901-232615
Screenshot_20180901-232731
Screenshot_20180901-232754
カラオケに行きたいかすみ。カラオケって時々無性に行きたくなりますもんね。
不思議なもので行き始めると連続で行きたくなるんですが時間を置くと結構落ち着くものです。んで、突然行きたくなるという。ちなみに僕が一番よく歌っているのはたぶん…なんだろ…?
甘やかすさーやよき。
Screenshot_20180901-233244
あとたえに突っ込むありさもよき。
Screenshot_20180909-223242
Screenshot_20180909-223251
これ僕が常々思っているやつですね。みんな僕のことはさーやだと思って遠慮せず提案してください。これ読んでるそこの君もだよ!!
Screenshot_20180909-223429
Screenshot_20180909-223442
なんでも買っちゃうところも僕と一緒ですね(買うとは言ってない)
Screenshot_20180909-223645
これ便利だと思うので使っていきたい。
Screenshot_20180909-224151
Screenshot_20180909-224157
完全にボケ要員おたえ。
Screenshot_20180909-224222
Screenshot_20180909-224231
Screenshot_20180909-224306
Screenshot_20180909-224319
Screenshot_20180909-224436
さーやとりみりんは基本的には常識人なんですね。配慮をぶち壊すかすみといいバランスです。
Screenshot_20180909-224609
もはや様式美。
Screenshot_20180909-225451
かすみに甘いさーや(2回目)
Screenshot_20180909-230136
ギャグは繰り返すことで(ry
なんというかポピパは基本に忠実な繰り返しが多い気がしますね。滲み出るギャグセンスよ。
Screenshot_20180909-232129
Screenshot_20180909-232140
これ僕です。
Screenshot_20180909-232422
Screenshot_20180909-232518
Screenshot_20180909-232524
Screenshot_20180909-232551
Screenshot_20180909-232556
Screenshot_20180909-232648
かなり手の込んだ演出というか、プリクラに絵が書き加えられていくのはいいなと思いました。
Screenshot_20180909-232818
なんとなくこういう部分にポピパは等身大のユニットだなと思うんでしょうね。
Screenshot_20180909-232939
Screenshot_20180909-232945
Screenshot_20180909-233005
ギャグ要員なのに時々いいこと言う。
Screenshot_20180909-233235
Screenshot_20180909-233328
Screenshot_20180909-233334
ありさとさーやの関係性もいいんですよね。互いに信頼している感じがですね。どちらもかすみの存在が大きいんだろうなと思いますが、そこから成長してきたのが伝わります。
Screenshot_20180909-233430
Screenshot_20180909-233500
ということで、ポッピンパーティー尊い!という感じのストーリーでした。ポピパはストーリーを追うごとにどんどん魅力に気づけるようなユニットですね。かすみ、さーや、ありさ、たえのそれぞれ個人間のつながりの強さを感じる分ちょっとりみりんが浮いている印象がありますが…どうなんでしょう?

Screenshot_20180918-234126
続いてアフターグロウ2章。
Screenshot_20180916-100623
Screenshot_20180916-101610
実質的にはモカのストーリーという印象を受けました。
Screenshot_20180917-232552
蘭の成長が描かれた1章。メンバーとのすれ違いが今回のテーマでした。
Screenshot_20180917-233056
Screenshot_20180917-233329
Screenshot_20180917-233631
これまで成長してきた他のバンドが助けてくれるヒーローものにありがちな展開、という冗談はさておき。蘭とひなの絡みって貴重じゃないですか?個人的にはちさとちゃんの成長がポイント高いです。
Screenshot_20180918-000413
最高に語彙力のない人って感じ。
Screenshot_20180918-000954
Screenshot_20180918-001005
ひまりちゃんパシリじゃないですか…社畜適正◎
Screenshot_20180918-001219
周りには見せないながらも少しずつ何かに気づくモカ。
Screenshot_20180918-013959
Screenshot_20180918-014012
アフターグロウのストーリーで初めてぐっとくるポイントでした。
Screenshot_20180918-014439
Screenshot_20180918-014511
そんなところでしょうか。幼馴染の押し売りに食傷気味ですが、これまたなかなかいい2章でした。モカがちゃんとシリアスやってるのって珍しい気がします。どことなく他人事のイメージなので。

最後は尊さ前回のちさかの。かのちさ?
Screenshot_20180929-233340
うーん…(語彙力)
Screenshot_20180920-183102
Screenshot_20180920-183144
Screenshot_20180920-183151
Screenshot_20180920-183207
Screenshot_20180920-183214
みさきが花音に2駅先のカフェの話をするところから。露骨に誘ってほしい様子のみさき、それとなく自分が行く流れを作ろうとしていましたが、そこにちさとが現れ花音をさらってしまいます。勝手に盛り上がるちさかの。みさきは報われないですね。
Screenshot_20180929-104339
Screenshot_20180929-104350
Screenshot_20180929-104422
Screenshot_20180929-104502
花音のふえぇぇを独り占めしてまんざらでもない様子のちさと。入念な下調べでアピール。
Screenshot_20180929-104550
Screenshot_20180929-104628
二人きりにさせたくないみさきは陰から様子を見ているところで薫と遭遇。ちさかのに割り込みに行こうとして引き止められ不服そうなみさき。
Screenshot_20180929-104838
Screenshot_20180929-104956
頭の中がふわふわピンクな丸山も合流。
Screenshot_20180929-105333
Screenshot_20180929-232155
Screenshot_20180929-232219
これ!2章尊い…
Screenshot_20180929-232406
Screenshot_20180929-232419
Screenshot_20180929-232427
花音ちゃんが学食の揚げパン揚げてるらしいです(違う)
しかし廊下でぶつかってすぐにこれって花音ちゃんどんな人生を歩んできたのか…
Screenshot_20180929-232951
Screenshot_20180929-233023
Screenshot_20180929-233213
結局尾行がばれてちさとちゃんに怒られることに。ご褒美です。僕はそういう趣味はないんですが、ちさとちゃんには怒られてみたい…みたくない?蔑むような目が…ちさとちゃん…
Screenshot_20180929-233328
そういうわけで花音争奪戦はちさとの完勝でした。尊し尊し。
…なんて話ではないんですけど、要約するとそういうところです。
本当にいいイベントでした。ギャグの中に癒しが凝縮されていた。

Screenshot_20180903-230100
Screenshot_20180905-222839
ガチャはかすみが4種類目の星4、全色コンプです。
また次回。

遅くなりましたが簡単な感想です。
すっかり簡潔に済ますスタンスが身についてきました。

チケットは1日目取れなかったので2日目のこの日から参戦。物販は全部買うつもりがリュックが品切れ。おかげでパンフレットが買えなかったのでこれは静岡公演で。
連番は東京1/3650からご一緒しているまよーんさん。いつもありがとうございます。
市川文化会館、中央付近の席でしたがなかなか見やすかったです。


THE MEMORIES APARTMENT
前奏のクラップで開演。南條さんのライブとしては珍しく、楽しい開幕ですね。練習動画まで上がっただけあってばっちり揃っていました。舞台装置がまんまアパートなのですが、中に出入りしたり窓を開けたりできるもので、かなりいいなぁという印象です。

あなたの愛した世界
黄昏のスタアライト
きみを探しに
惜しみなくグリザイアメドレー。アニメ盤の軸は何といってもグリザイアなので、これは納得のセトリですね。メモリーズアパートメントの盛り上がりを維持できますしね。

Gerbera
スキップトラベル
idc
飛ぶサカナ
こちらはオリジナル盤から代表曲。Gerberaは聴けば聴くほどいいですね。八木さんの好きなスキップトラベル、踊りの可愛いidc、ソロ最初期の中で屈指のアップテンポ曲飛ぶサカナ。これまた文句なしのベスト盤です。

小さな恋の花
Silly-Go-Round
実はあまり聴きこんでいない曲。十二分に可愛いです。実はメモアパあんまり聴いてないんです。なんとなく違和感があったというか…まぁ理由とかその辺はアルバムについての感想も書けていないので、この記事の最後にちょっと述べたいと思います。

ここでバンドの演奏が挟まって衣装チェンジ。

一切は物語
この曲、南條さんの曲の中では異彩を放っているのでここでしか入らないですよね。異質なんです。でもそれでセトリが締まっていい。南條さんの世界観の作り方の上手さ、やはり圧倒的です。このやなぎさんとのコラボは本当によかったですよね。

MCが入り、このライブの趣向が発表されました。初日(千葉1日目)はTHE BESTというテイストだったようですが、この日のテーマは「追体験」。なんと東京1/3650ツアーを疑似体験できるというセットリストでした。これからの公演でNとRingをやって最後に静岡でまたベストでしょうか?楽しみです。
東京1/3650は僕が初めて行ったツアー(あたりまですね)なわけで、もちろん思い入れがあります。「これが南條愛乃の空気感だ」というのを突き付けられて、とても心に残るライブでした。いや、コンサートと言った方が適切かも知れませんね。東京1/3650の感想をここにリンク貼り付けようかと思っていましたが、読み返してみたら思った以上に拙い文章だったのでやめておきます。

夜、静かな夢
believe in myself
Recording
まさかの夜、静かな夢が聴けるとは。ボーカル入りは初披露です。南條さんの良さが滲み出る、3年前のあの日の光景を思い出すようなイントロ。言うまでもなく一番に聴いた曲ですし。アルバムで人気の曲が続いて行き…妙な感傷に浸ってました(笑)believe in myselfは特に、今でも色褪せない名曲ですね。

Dear×Dear
7月25日
だいすき
鹿鹿とはいつぶりかってレベル。7月25日は一番聴きたかった一曲なので待ってましたといところ。最高です…一番南條さんの作詞がすごいと感じた曲です。あの頃から比べると僕も7月25日を経過してきているのもありますが、ますますいい曲に感じられますね。だいすきは、だいすきです。

MCではバンドメンバーの中では1stアルバムで何が好きかという話に。八木さんがどの曲がどのアルバムかわからなくて「シークレット(Secret of my heart)は?」と聞いたのが一番ギャグセンス高かったです。

だから、ありがとう
+1day
光のはじまり
森藤さんの嫌いな(笑)ピアノ+歌唱のみの曲。これが南條愛乃ですね。話の流れが微妙な入りだったものの、曲は言うまでもなく素晴らしいです。+1dayを聴いてもうすっかり東京1/3650を味わえました。ありがとうございました。そこから新しいシングルの光のはじまり、時間が一気に今まで進んだような印象です。

君が笑む夕暮れ
一番最後にこれ持ってくるのずるいですよね。光のはじまりからの君が笑む夕暮れですよ…1stシングルですよ…とても南條さんです。

アンコール
ゼロイチキセキ
・R・i・n・g・
アニメとオリジナルからとびきりの曲を1つずつ。南條さんのタイアップではゼロイチキセキが一番代表的な曲になりましたね。Ringは昨年のツアーを思い出しますね。いいライブツアーでした。

みんなの好きな言葉で書いた歌
好きな言葉アンケートの開票もやってました。みんなオタクって感じでフランクな内容が多かったです。ライブのラストにぴったりな、愉快な曲ですよね。


そんなわけで、とても良いライブでした。
東京1/3650は思い出深いライブだったので僕にとってはうれしいセットリストでした。あの時は20程度しか楽曲がなかった南條さんも気づけばベストアルバムが出るまでになったんですね…
いつも南條さんはいいセットリストだなぁと思っていますが、今回も予想の斜め上を行く内容でした。ただ曲をなぞるだけでなく楽しませようというプロ意識というか、美的感覚ですかね?すごく素晴らしいと思います。
簡単ですけど、もう1度ライブもありますしこんなところで。


さて、僕は今回あまりアルバムを聴いていません。なぜかあまり聴く気が起きなかったのですが…
たぶんその理由は今までのアルバムをしっかり聴いてきたからこそなのかもしれません。曲の順番が完全に頭の中に刷り込まれていて、それと違う順番に流れてくることへの違和感なんだと思います。南條さんはアルバムの順番にも拘りがある場合も多くてシャッフルして聴くということがなかったんですよね…
まぁ静岡公演までにはもうちょっと聴こうかなと思いました。その方がライブを2度分楽しめますし。
まだ持ってない人はぜひ買ってください。

9月はあっという間でした。ちょっと旅行に行っていたからですかね。

PV2022(+267)、今月は動きがなかったのに増えました。最大PV137(9/5)、最小33(9/20)。最大UU54(9/25)、最小23(9/20)。まぁ最近の記事って別にアクセス伸びない系なのでそりゃ誤差か。


人気記事
1. 2017-09-09 強化スキル600 103
2. 2017-01-02 オーメン主催していて思うこと 88
3. 2016-04-18 スクフェスの配布系URが強いと言う話 81
4. 2016-11-06 ミュルグレス完成(ミシック製作の記録) 73
5. 2016-02-13 赤魔道士の装備についての色々 61
6. 2016-11-02 fripSideのライブに初めて行く人に 54
7. 2017-10-08 アルマス完成 45
8. 2018-05-31 ♯黒魔道士強化キャンペーン 35
9. 2018-08-26 ヴァイスシュヴァルツ・蔵ゆきなに強いラブライブ【机上/ネタ】 28
10. 2017-04-25 赤魔道士ケアル装備 26
相変わらず。やっぱりFF11ブログなんですよ。


9月はそんなわけで旅行に行っていたこともあってほとんど記事が書けませんでした。すでに何個か書きたいものがたまっているのでほどほどに消化していかなければ。
南條さんのライブが一番大きなイベントだったでしょうか。WSは後期が始まり、WGPこそ始まっていないものの機運が高まっています。RSLのTD+が発売されたのも大きい。

10月はWGP大阪、南條さん静岡のほかにもちょこちょこ楽しそうなイベントがある予定。CD発売もあるし、アニメは秋ということでとある3期が始まります。楽しみ。

なにはともあれ頑張ります。

このページのトップヘ