シーフ装備記事はまたしても延期となりました。あかでめきんです。
昨晩ついに仕上げた新パーティでちょっと戦ってきたので書いていこうかなと思います。
ちなみにフレンド戦では型がばれているので散々でした(あたりまえ)
今日ちょろっと戦ってみて思ったことを書きたいと思います。面倒なので~が確1とかそんな数字は出しません。ネタ構築ですので適当に。

コンセプトは初見で誰がメガ枠かわからないこと。内容は徹底的にサポートして基本的に三縦を狙うこと。
では1体ずつ。NNは育成する6体を決めてからイメージで割り振りました。ラティオスの時点で性別は断念。


うみ/ラティオス
KIMG0114
両壁サポート型のテンプレ。臆病HS残りC。
ちなみに個体値は[29-30]-[28-29]-31-[21-22]-31-31で、それなりに良い数値かなと思っています。

長所は速いこととそれなりに堅いこと。大体は先制できるので8ターンの壁を貼って、種族値合計600らしい耐久の高さで耐えてくれます。先制で壁を貼れれば残りHPを見てもう1枚貼るか、早めの置き土産か。
ドラゴン対策に流星群を積んでいるので、オンバーンに流星群でも撃たれない限りは多分大丈夫。とにかく目障りなドラゴンにはラブアローシュートです。
アタッカーのイメージが強い分挑発を呼びにくいし、確実に仕事できますね。さすが、wikiにテンプレが載るだけあって戦いやすいです。

短所は強いて言うならば積みポケモンに対して若干効果が薄いことでしょうか。耐久系の積みポケモンにはどうしてもあまり働けないですね。

種族値高いですしある程度相性無視して出せるので、先発として非常に使い勝手の良いポケモンです。


はなよ/ミミロップ
KIMG0115
こちらも割とテンプレですね。陽気HS残りBだったかな。本当は陽気より臆病のほうが向いているんですけど。
最初図太いHBで耐久かなと思ってましたが間違えて陽気にしてしまいました。感想としては、陽気で正解でした。

長所は器用なことでしょうか。電磁波があるので積みやすいですし、ぶきようスカーフすりかえがあるので積みポケモンを抑えられる点はかなり良い感じ。
耐久は実数で防御が105特防が116あるので、壁なんかがあればかなりやりやすいですね。麻痺も結構発動してます。

短所は挑発で止まるところ。スカーフすりかえは一発芸なので、それを読まれて押し付けたい相手に逃げられると多分辛くなりそう。電磁波が電気タイプに通らないのも嫌なところです。

うみのサポート後に出て積むのにぴったりです。すりかえがいい感じですね。


まき/ハッサム
KIMG0116
穏やかHD残りB。攻撃技のないハッサムとか変態です。採用率1位(バレパン)と2位(剣の舞)がないのも特徴。

長所は挑発をほぼ呼ばないこと。と思ったけど剣の舞読み挑発があってもおかしくないんですよね。
元々は有利な相手に繰り出して交代読み高速移動、出てきた相手に合わせて鉄壁or光の壁からのバトン。
まぁまず型がばれないところが長所なんですかね。こいつの役割はむしろ選出の段階でフェアリーを縛ることにあります。

短所は弱いこと(笑)ぶっちゃけ仕事しません。するはずがない。
まず選出しにくい。前述のはなよと言う優秀な積みポケモンがいるせいでなかなか採用されません。ハッサムに物理出してくることってほぼないので鉄壁は活きないし、光の壁は1度しか積めない。当たることが多いバシャーモに対しては高速移動しても加速で抜かれ、オバヒ読み壁貼りしたところでたいていは物理で押し切られる印象。相手がフェアリー多いなら出せるかと言うと…これは後述します。
あ、勿論挑発で止まることも短所です。

もう一度言いますが、ぶっちゃけ仕事しません。


のぞみ/ゲンガー
KIMG0117
臆病HS残りBだったかな。こちらも攻撃技のない変態さんです。別にNNに悪意なんてありません。でも希ならマジで呪いとかかけられそう。特攻無振りで実数150あるのに大変勿体無いですね。

長所は動きの幅が大きいこととあまり挑発を呼ばないことですかね。有利な相手に出せばメガシンカの可能性を考えて引いてくれるかも知れません。
鬼火で物理アタッカーの機能を停止させることも出来ますし、呪いなら積んでくる面倒なやつを下げさせることができます。自主退場も可能。流行のバトンバシャも怖くない。そもそも挑発ありますし。
道連れもはまれば強いですよね。

短所は挑発で…はいいか。読みが難しいこと。僕の読みスキルだと運用しきれない感じがします。特に道連れは警戒されますし。別に道連れ読み挑発もらうのは退場できるから構わないんですが。
それよりも大きな欠点はコンセプトにそぐわないこと。三縦です。エースがいて、他のが全力でサポートしているというのに、この子だけは相手を自力で倒す可能性を秘めています。いや、うみちゃんもドラゴン葬りますが、あれはサブウェポンですし、うみみがあそこでドラゴン狩るのはエースにとっていいことだから構わないんです。
しかしなぁ…使っててこれじゃない感あるしどうしても協調性が…呪いの流し性能とか素晴らしいんですけどね。

普通に強いのに悩ましいです。選出されにくい理由はそんな主観的なこと以外にもあるので後述。


にこ/クチート
KIMG0118
にっこにっこにー♪あなたのハートににこにこにー♪
笑顔届ける矢澤にこにこー♪にこにーって覚えてラブにこー♪
宇宙ナンバーワンアイドル、にこちゃんです。穏やかHD残りB。
ツインテールにはなりません(笑)

長所は型が読まれにくいこと、まず挑発は飛んでこないこと。これが出た時点で普通はメガシンカを疑うと思うんですよ。にこっちは種族値的なスペックが低い分、積むとは考えにくいし読まれないのが最大の特徴。
他はぶっちゃけはなよでやればいいと思うレベルです。異性には強いです。あとは威嚇があるので物理相手にも良いですね。

短所は耐久が足りない。積むには足りなすぎる。
身代わり食べ残しなんて1撃で落ちると意味がない。蓄えるが3回までしか積めない。そのあたりですね。まきちゃんと同様、選出を縛るために入れてる感じはします。
意外性はあるので面白いと思います。


えり/メガボーマンダ
KIMG0119
エースです。みんなの夢を背負って三縦しに来ました。
意地っ張りHA残りDかな。S?舞えばいいんだそんなもの。マンダは初手竜舞や。
メガマンダはスペック高すぎて警戒されるので、にことかいかにもメガしそうなやつを入れてきたわけです。
面倒な竜はうみみが処理してくれてると思うし、面倒な受けポケはかよちんがスカーフ押し付けてるし、みんなの想い(耐久)を託されての重役出勤です。自分でも舞います。ダンスは上手いようです。歌も一番上手いと思うんですがハイパーボイスは入ってません。あ、メガチルなら歌って踊れるやん!あと3体作れるから作るか!センター(エース)はあくまでえりちだからメガしないけどな!

長所は圧倒的火力と高い耐久。2回舞えば大抵吹っ飛びます。耐久は威嚇もあるし、順当に詰まれてれば相当のもの。サブウェポン4倍弱点くらいではたいしたことありません。攻撃は恩返しでほとんどカバー。ドラゴン技なんて必要なかった。ちなみに羽根休めがほとんど息していない気がするのでドラゴン技にするか悩んでます。

短所は急所引くと終わること。これが一番ですかね。当然毒毒なんかにも弱いです。毒回る前に倒しきれればいいんですけど。
あとは一人ではなかなか戦えないのも辛いですね。フェアリーやドラゴンを縛るためにまきやにこが頑張っているんですよ。きっと。

でも愛があれば関係ないです。


そんなパーティでした。
対戦してみてわかったというかやっぱりという感じなんですが、選出が偏ります。まきとのぞみの選出率の低さの理由です。
えりはコンセプト上確定だとして残り2枠。竜舞から殴る以上十分耐久積まないといけないんですが、耐久積むには耐久を積むための場が必要なのでそれ用に1体。
具体的には初手はうみがほぼ確定。うみ以外だとにこが威嚇もちで何とかなりそうですが、種族値の関係上威嚇はアドバンテージとしては働かなさそうです。
鬼火があるのぞみも、うみが絶望的に刺さらない場合だけチャンスあるかも程度。大抵の相手に対処出来てしまううみの性能の高さ故ですね。
次に先鋒が作った場を活かして積む枠。はなよ、まき、にこが該当します。ただ、まきの場合場に壁があると特殊に対して全く仕事が出来ないので、のぞみと組ませるか技を剣の舞に変える必要性がありそうです。
はなよは安定した積み役。格闘に対してはうみ、えり、まき、のぞみあたりが相性いいので、なかなかはなよピンポイントで選出されることは少ないと思っています。バシャーモはいつでも出てくる変態です。
にこは威嚇で流して身代わり貼れればワンチャン。
ちょっとその辺気になったので、選出したポケモンをメモしてみようかなと思っています。

ということで飽きるまで、今回のランダム戦!をシリーズで載せたいと思います。
毎日wi-fi対戦に潜って結果を記録していきます。全部載せるのは面倒ですが、勝ち試合だけ載せても…ですよね。当分は全部書きます。勝てるようならレート行ってきます。

今回のランダム戦!(1)
でん!

第1戦(敗北)
TEHG-WWWW-WWWS-ZRBC
相手はウルガモス、サンダー、ギルガルド。こちらはラティオス、ミミロップ、ボーマンダ。
ラティオスとウルガモスの対面で、まずは壁貼り。舞わないお方だったのでさざめきを2耐えして両壁、置き土産。相手は置き土産読みサンダー、こちらはミミロップに換えてコスモパワー、相手がボルチェン。
毒を貰ったりぐだぐだしつつも、サンダーにすり替えをきめて積み、バトン。
ただここからマンダ1積みで殴り始めたものの火力が足りず、有効打のないサンダーにそのまま受け切られて毒落ち、降参。ちょっと交代読みの感覚が鈍りすぎていてやばい。
ラティの置き土産が遅かったのと、マンダをもっと積ませるべきだったのが反省点。地震の空撃ちも痛かった。
ただ、戦える手ごたえもつかめたかな。

第2戦(勝利)
DPDG-WWWW-WWWS-ZRCV
相手はオンバーン、ウォーグル、ハッサム。こちらはラティオス、ミミロップ、ボーマンダ。外人の方でした。
初手色オンバーンが来てやばいかなーと思ったものの流星群を選択。相手の竜の波動を受け、返しの流星群…の予定でしたが外しました。忘れてた、うみちゃんポンコツキャラなんだった。
次の竜の波動で落ちてミミロップにチェンジ。とりあえず電磁波して積みます。すり替えもします。暴風かわす→麻痺→暴風かわす→麻痺という素晴らしい引きの中積んでバトン。結局2発しか暴風貰いませんでした。
マンダは竜舞2回。前回の反省から。相手が暴風に固定されているので安心して積めます。混乱引かなければね。その後メガハッサムを恩返し1撃で落としたところで降参。
今回は正直、相手が入れ替えなかったから勝てた試合でした。流星群あてていれば何の問題もなかったけど。ミミロップで積み始めた頃にメガハッサムに交代して剣の舞でもされていたらどうなっていたかわからないですね。

第3戦(勝利)
A3VW-WWWW-WWWS-ZRES
相手はギャラドス、バシャーモ、エーフィ。こちらはラティオス、クチート、ボーマンダ。
選出の段階で5体がオス、1体が性別不明(ジバコ)だったのでクチートを採用。
開幕、ラティでリフレクター。相手はメガギャラドスでした。噛み砕くを余裕で耐えます。特殊はないと判断して2ターン目で置き土産。
クチートに入れ替え威嚇、相手もさすがに下がります。バシャーモ。こちらは相手がオスしかほぼいないので、メロメロを選択。あなたのハートにラブにこ!
幸いメロメロ行動不能引いたのでこちらは身代わり。次も行動不能だったので蓄える。ここでバシャーモが下がります。まさかクチート相手にバシャーモが下がるとは…その間こちらは当然積みます。
相手はメガギャラドスにスイッチ。相手は地震。こちらはメロメロ。リフレクター残ってるし2段上がってるから耐えるでしょうと。
次のターン、あてはメロメロ行動不能、こちら身代わり。メロメロ行動不能、蓄える3つ目。
相手がバシャーモに交代。こちらは積みきったので当然メガマンダ光臨。威嚇入ります。
身代わりで珠めざパを受け、竜舞。守るでかわされたのち、珠めざパを耐えて恩返しで落とします。
メガギャラも恩返し→氷の牙耐え→恩返し、ラストのエーフィを恩返しで落として勝利。
にこっちの魅力でメロメロにしてやりました。

ここまでの総合戦績
2勝1敗

選出
ラティオス2
ミミロップ2
ハッサム0
ゲンガー0
クチート1
ボーマンダ3

まずまずですかね。今日は麻痺やメロメロが仕事しすぎです。
ポケモン記事以外でも載せていきますね。
バトンを握ったリレー選手のように頑張ります。身内ネタですすみません。


その前にフレンド戦やったときなんですが。
ちゃんと積んでえり出したんですよ。にこから受け継いだバトン。竜舞も2積み。麻痺貰ってるけどこれは勝てる!
相手は小さくなる1回のラッキー。

恩返し→はずれ(仕方ない)
恩返し→麻痺不発
恩返し→麻痺不発
恩返し→麻痺不発
恩返し→麻痺不発
恩返し→麻痺不発
(あ、えりってポンコツキャラだったわ…だめか)
恩返し→ヒット!
(来たこれ勝てる!)
相手、トゲキッス光臨。
(あ、まひるみ…?)
エアスラ→怯まず恩返し〆

やれば出来る子でした。
その前の対戦でははなよに5段引き継いでもらいながら2度目の竜舞中に急所貰って落ちてたし、キャラ通りポンコツかと思いましたが、最後には決めてくれる、頼れる会長ですね。