とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2016年01月

希イベ今やっています…
残り15時間を切ってから最初の石を割るのが愚行なのはわかっていますがモチベが湧かないんですもの…
そんなわけでブログも書く気力がなかったりしますが。
限定勧誘の結果回でも良かったんですが面倒なのでイベントのほうにまとめますかね。心底眠い。

そういえばまたジョブポのキャンペーンが始まってちまちまやってるわけですが。
LSの方にカイロングローブを取っていただいたり。他のものはいくつかやりましたが残念ながらドロップせず。
KIMG0915
また新たなオグメ沼が始まるわけですね。
ちなみにこのあとちょっといじって魔命+33魔攻+28でいまのところ付いてます。
魔命が圧倒的に足りてないですからね。

ボナンザ発表もありましたが今回は50個で5等9個と4等1個でした。5等当たりすぎな。
特にほしいものもなかったので適当に選びましたが、かなりかばんがすっきりしたので幸せです。

以前書いたスノハレ。今回はそれをよりネタ殺意に特化させたものです。
前回赤緑で組んで安定はするけれどレベル3がしんどいという話。これは赤特化ならバーンで打点を叩けるのでは…?そしてレベル1帯からでも2回収1ディスで回収メタでもない限りは戦えるのでは…?そう考えて作られたのがこれですね。
新年最初のヴァイスシュヴァルツがスノーハレーションというのはなんとも言えませんが、まぁ時期柄合ってますし。

なにはともあれデッキレシピ。

デッキレシピ

KIMG0916

レベル3(0)

レベル2(4)

2 思わぬ失敗

2 Love wing bell

レベル1(17)

4 Snow halation 高坂穂乃果
4 Snow halation 南ことり
4 Snow halation 園田海未

2 メイド服の絵里

3 ニッコリ腕立て伏せ

レベル0(21)

2 和菓子屋の娘 穂乃果
4 KiRa-KiRa Sensation! 南ことり
3 優しい微笑み 海未

3 一緒にお出かけ♪ 希
1 名案 絵里

3 KiRa-KiRa Sensation! 星空凛
3 アイドル発見! 小泉花陽
2 かぐや姫 星空凛

CX(8)

4 今私たちがここにいるこの想い

4 もぎゅっとloveで接近中!

レベル0
KIMG0917
マリガンは基本的にレベル0とCXだけ残せばオーケー。CXがだぶっているようなら門トリガーに期待して捨ててしまっても大丈夫。
パワーは低いのでキラセンことりで適当に盤面を荒らしつつ序盤は和菓子屋の娘や名案、1コスト1ディスサーチ系などもアタックに使ってコストをためましょう。薄くなりがちな圧縮を整えたり手札を切らずに増やせるので、後列に1枚キラセン凛を立てたいところ。500パンプも地味に有効です。
コストは基本的にたまるので2ターンめ、3ターンめあたりからばんばんコストを使ってシナジーの準備を整えましょう。CXは優しい微笑みで回収できるので門を引いても握っておきましょう。2枚くらい手元にあると安心か。かぐや姫はCX引けないときの2コストドローのために入れています。レベル1以降はアンコール代わりに使うのもありだし、とてもマッチした性能ですね。

レベル1
KIMG0918
ついに主戦場ということでがんがんシナジーを狙いたいですが、手札が厳しいときはサーチするターンと割り切ってレベル0のカードでアタックすることも考えなければいけないところ。
シナジーする際は穂乃果のトップ盛りや海未の回収が役立ちます。まだバーンの威力は感じにくいので前列に穂乃果(相手のアンコールを潰すなど)や海未(手札補充)を2面立てるのも有効。
リフするときにCXがどうしても手元に残りやすいので、ストックにある分だけでも気を配って6戻り以上を目指したい。
ちなみににっこり腕立て伏せはまだ使わないのでクロックにおいてしまって構いません。メイド服はクロックがやばいときに備えて握っておくとベスト。使わなくても大丈夫です。

レベル2以降
KIMG0919
レベル1とやることは同じで、サーチに徹するターンかシナジーで攻めるターンかを見極めながら戦いましょう。レベル3では前列にことりを3枚並べることが一つの目標となるのでそれを目指してサーチや回収を進めたい。
このデッキのレベル2以降はキャラが入っていないので差があるのはイベントの部分です。どちらもかなり強力なイベントなのでしっかり使いたい。特にLWBは唯一の回復手段なので、後列のかぐや姫かキラセンを使ってしっかり打って行きたいですね。
パワー負けすると思いますが、どうしても踏まないとやばいやつはにっこり腕立て伏せを穂乃果に使って踏みましょう。(相手が手札にカウンターを残さないことも考えられるし)できないことはないと思います。
どうしても終盤になると相手の攻撃が凶悪になってきますが、せいぜい頑張ってください。

KIMG0920
ちなみにこのデッキ唯一のドラが乗る場面は「CXをトリガーしたとき」です。
このトリガーチェックの殺意の低さがこのデッキ最大の弱さかもしれませんね。
対応のストブは任意のカードを置けるし、0コストからシナジーしても動けるので申し分ないです。

そんなわけでスノハレ、2年生に特化した形で作りました。
なんというか、ストックをかなり自由に使える分回していて楽しいです。ことり×3、穂乃果、海未で1-2-1-2-1-2の盤面を作れたときはとても気持ちがいいです。
まぁ滅多に勝てないんですけどね。
盤面がどうしてもカツカツになるので赤緑混合のほうが強かった気もしますが、まぁどっこいどっこいでしょう。

他にネタという感じのデッキを持っていないのもあって時々やるといい感じにリフレッシュできるし、何よりお安いので、もし何か遊びたい人にはオススメできるのかもしれません。

昨年の終わりは全くFFに関する記事がなかったわけですが。
新年になってちょっとやる気が出てきました。

きっかけは新年の挨拶と思ってログインしたらLSメン(とそのフレンド)に誘われて行ったシニスターレイン。3人+フェイスで遊んだんですが。
ナ獣赤という構成で3戦して思ったのは、ナイトが強いと言うことと獣使いが強いと言うことと、僕が下手するとフェイスより弱いと言うこと。ちなみにその3戦は2勝1敗でイングリッドさんの盟もいただけました。ありがとうございます。

ということで赤の強化を開始。

最初に思いつくことと言えばジョブポ。キャンペーンの終盤数日しかありませんでしたが、とりあえず50ちょっとは稼いだでしょうか。島で二刀流+フェイスフル支援でがしがし殴る感じです。シルトも貯まるし一石二鳥。今は400超えた辺りなのでまだまだですが、1月後半もキャンペーン来るらしいのでまずは550目指してやりたい。
ちなみに時給は14~15程度ですかね。正確には測ってませんが、キャンペーン期間にフル指輪でそんなものです。2100までは100時間以上要するのか…

あとは装備ですね、と言う感じでLSメンが片手剣の取得を手伝ってくれることに。狙いはニビルブレード。高めの命中が付いていて魔命も盛れる…まさに魔法剣士・赤魔道士にぴったりではないですか。あとはジョブ専用のエミセリーソードなんかもいいんですね。まぁとりあえずニビルブレードです。
アヤペクを何戦かやって(ペルーンがNQHQ揃いました、が狩人は既に産廃)いざ本戦に。フルPTでアヤペクをやって(ソロでも1度撃破できて満足)、実際の青い鳥戦ではほぼ2PT分の戦力、さくさくやれました。ドロップは何戦したか忘れました(5~7戦くらいか?)がピアスと刀が大量に、盾が1つだけという結果でまさかの片手剣なし。恐るべし物欲センサー…
また今度機会があればと思います。

ソロでできることということでフェイスの絆期間外でしたがウォンテッド、ガルレージュ要塞のメフィタス。毒でがんがんフェイスが死んでいくこともあって1回目は負けましたが、2回目は毒消しを買ったりセルテウスを使ったのもあって勝利。HP2桁(猛毒のスリップあり)も何度か見ましたがそのたびにセルテウスの範囲回復が飛んできて薄氷の勝利。いや、もうやりたくない強さありましたわ…
無事1戦でNQながらターニオンダガーを入手。HQと命中差はないし、良いサブウェポンです。
KIMG0902
ついでにセルケトも狩りましたがドロップは薬品だけでした。残念。
ソロムグのアルケも強化スキル上げ装備が欲しくて狩ってますが、こちらはなかなか出てくれませんねぇ…

それと思い立って1Dほど幻光結晶をゴストファイケープに。
魔命+8、弱体魔法スキル+3、強化魔法効果時間+20
から
弱体魔法スキル+3、強化魔法スキル+10、強化魔法効果時間+20
に更新。
KIMG0907
効果時間は最大値を消してしまいましたが、それ以上にスキル+で上限引けたのは大きい。感謝です。
これからもできることからちょっとずつ一流目指したいですね。

KIMG0904
どうでもいいですが、こんな格好にロックスタイルして殴ってます。
大好きな赤AF頭、AF2胴という組み合わせ。FC+FCですね。昔の廃人はこれか頭胴逆かが多かった。格式高い(?)赤AF類は大好物です。頭の羽根飾りや襟付きの胴といい、赤と黒の色合いといい…
脚はジェットサラウィルのイメージで。古いですかね。僕は他に欲しい装備が多すぎて買えませんでした。当時の数十万は高かったんです…
ジュワ+玄武盾ができれば最高かな。まぁ武器のほうはあまり拘りないので適当ですけど。
奇抜な格好でロックするのがはやるのはわかりますが、僕はこんな感じに赤らしくいきたいと思います。

ちなみにSSはいくつか撮ってあるし貼ることもできます。多分。面倒くさい。
PC自体にもSSを撮る機能は入れましたがこちらは長年親しんだフルスクリーンモードを諦めなければならないようなので断念。
というわけでこれからも画質は悪いですがカメラで撮ったものを貼ると思います。まぁ不自由ないし。

凛イベでした。お疲れ様でした。
とりあえず次のマカロンはストラバなので大いに楽しみなところ。

screenshotshare_20160104_124829
screenshotshare_20160104_124739
screenshotshare_20160104_124748
screenshotshare_20151231_200833
フレンドが若干揚がってますがとりあえず8人は2枚以上。
今回も非常に上がりが穏やかなイベントでした。
イベント楽曲も前回に比べ大幅に簡単で、EXもフルコンボ安定と言ってよい程度の難易度でした。
楽曲ランキングも何度か挑戦してはいるもののこれ以上は大きく上がらなさそうですね…こんなもんか。
実際最近の勧誘でUR出てるのクールばっかりな気がするしな…

screenshotshare_20160106_001936
報酬はピュアのパーフェクト系スコアアップ。
ピュアはまだまだ弱くてイベント報酬判定強化がメインユニットに入っているのでありがたい。
今回のはなかなか可愛いデザインです。欲を言えばもっと好きなキャラに振ってほしいくらいのデザイン

使用した石の数。
7日目 1
9日目 1
11日目 1
最終日 1
合計 4

…よん?
とりあえずあまりにも少なかったので軽く計算してみましたが、大体あっていそうですね。
EX通常と4倍のクリア+フルコンボで8個回収していることも考えるとマカロンは走るとかなりお得なイベントのように思えます。
報酬の石を考えないとしても、単発勧誘程度の消費石でSR覚醒するなら安いものですしね。

今回のSSS。
screenshotshare_20151221_005837
screenshotshare_20151230_230718
screenshotshare_20160101_220816
復刻したときに回数Bだったダイプリをとりあえず。
スタダはほぼゼロからやりました。推し曲なので。
ソルゲはイベント終了後ですが。SASにならなくて良かったですね。

年末からスクフェス記事がなかったので季節ずれちゃいますが各種ログインボーナス。
screenshotshare_20151225_000457
screenshotshare_20151231_000715
screenshotshare_20160101_021426
クリスマス、年末、年始。
クリスマスの方は普通に可愛いと思うんですが…年末年始のはどうしてもWSのイメージが…

screenshotshare_20151225_000537
今年のクリスマスは盛大にお祝いした気分です。いや何を祝うのかっていう。

現在はこのイベント中に来るBiBi限にいくら入れるかを検討中。
年末使ってしまったからな…WSのほうも出費が考えられるし…

あけまして…はもう終えたので、通常営業。昨日載せたかったですが時間がなかった。

KIMG0897
今年は年賀状が2通届きました!嬉しい。

一発目の更新はカウントダウンの感想。
幸せなことに2015年の終わりと2016年の始まりを、fripSideのライブで過ごすことができました。

とりあえず曲順にざっくりと感想とか。あ、物販は長袖シャツ(黒)とポスターカレンダー両方です。あと入るときにプレゼントとしておみくじのキーホルダーもらいました。最初に引いたおみくじは凶でした(笑)

way to answer
pico scope -SACLA-
trusty snow

開幕何が来るかはとても気になっていましたが、まさか、まさかのway to answer。前にも書きましたがway to answerはアンコールの定番的な曲。1曲目からこれとはツアーのonly my railgun、sister's noiseに引き続いてかなり攻めてきているなぁと感じると同時に、終盤を超電磁砲曲に頼らなくても十分に回るような、新たな代表曲となるものが増えてきているんだなという感じです。
pico scopeは昨年もやったとこのことで可能性はあったのですがすっかり抜け落ちてました。これもアップテンポだしライブにぴったり。trusty snowも思ったよりタイミング早かったなぁ。ちなみに前奏で変なボタンを押したらしくシンセの音が違った模様。収録ないので気にしない。体重の話も気にしない。

Secret of my heart
endless memory ~refrain as Da Capo~

南條さん作詞ゾーン。
久しぶりにバラード聴いた気がする(笑)結構好きな曲なので嬉しいですね。pico scopeとかもそうですが横アリ以来なので久々に聴けて良かった。
endless memoryは来るかどうかと思ってたので来てくれてよかった。連番の人の推し曲だし。いい曲です。

冬のかけら
sword of virgin

初披露の冬のかけら!!聴けて本当に良かった。これも南條さん作詞曲ですね。
色は白っぽいけど青とどっちかなぁと思っていたら白でした。まぁ白だよな。
sword of virginはツアー前半以来なのでこれもそこそこ久しぶり。おかげでコールがばらばらでした。fripSideあるあるですね。

Luminize
future gazer
eternal reality
sister's noise

ここは2015年最後と言うことでアニメタイアップで畳み掛けてきました。もはやコメントする必要のない感じの曲ですが。
eternal realityでは途中南條さんが歌えなくなって、僕の席からは遠かったので声の調子が悪いのかな?と思いましたが、時々振り絞って歌う声はそういう感じでもなくて、しばらくしてから実は泣いているということに気がつきました。南條さんはかなりメンタルが強いというか、いや、仕事に対しての意識でしっかりとそういう点をコントロールできるタイプの方なので珍しいことでした。2番からはほぼ歌えないくらいに号泣していて、会場全体での合唱とコーラス以降はsatさんもシンセから離れて歌い、ラストサビはこのライブで最も会場が一体になった瞬間でした。南條さんの傍にそっと寄り添うsatさんの姿はまだ鮮明に残っています。eternal realityがひとつ特別な曲になったことを感じました。
南條さんはMCでその理由について「お察しという感じでしょう」程度に言っていたので、きっと表には出していない色々な悔しさやファンへの想いが溢れた形なのでしょう。南條さんの仕事へ対する姿勢や、それゆえに感じていた気持ちが現れた瞬間だったのだなと思います。この人に一生ついていこうと皆が思ったことでしょうね。
あれほどまでに素晴らしく、心から尊敬できる人を、少なくとも僕は知らない。
そしてそれほどまでに号泣していたにもかかわらず、sister's noiseを一切ぶれずに歌いきった南條さん。文章には書き表せない感動を覚えました。
ちなみに2014→2015カウントダウンで2015年に最初に歌われたのはシスノだったらしいです。

ここでカウントダウン。

2015年のMCは常にカウントダウンにあわせて分刻みのスケジュールで、曲に入るときも毎回のように「あと1分って出てるので(笑)」という感じでした。時間だけ決まったアドリブであれだけ完成度の高いMCをする南條さん八木沼さん、そしてバンドの方々、さすがと言う感じですね。
ついでにこの年のMCについて。最初は衣装の話とかから。南條さんは前にも赤が主体の可愛い和服っぽいものを着たことがあるものの、今回は歳相応っぽくということで。黒とかが良かったとのことですが赤と白の巫女風の衣装でした。これは2015年の衣装の中でもトップクラスの可愛さでした。これを見ただけでチケット代の価値があったと思えるような。本当に可愛かった。fripSideではあまりないことなんですが今回ばっかりは可愛くてそのまま死にそうになった。
お約束のライブ参戦歴を聞くやつや男女比を聞くやつはいつも通り嘘つきが大量発生。先生お怒り。もはやキレ芸。男女比は3年前とかから考えると南條さんの影響か女性が増えているそう。南條さんは女性からも異性として見られているとかいないとか…
寝てる時間調査的なのもありましたな。
2015年の分はほとんどが1年の振り返りと新年の抱負。
中の中だった、40代の仲間入りをして2度目(心)の成人を迎えたと言うsatさん。30代は高校生。
車をぶつけた星野さんの話や、年男の八木さん、キタムラさん大島さん川崎さん、それぞれの振り返り。
お約束の川崎さんの髪のネタだったり、キタムラさんがモノマネをしたり、極めていつも通り。変態の渾名が定着して前に出てくるだけで変態コールが起こるあたり、ニコニコの特番あたり以降から川崎さんの人気の高まりを感じます。
僕は1年良い年だったと言っていますが、satさんに今年良かったやつは来年悪くなるからなと言われたので来年はいまいちかもしれません。
歳というと南條さんに対して八木さんが(声には出さず)ババァと度々言うとか。会場大ブーイング(のなかでもう一度言った)。最年長の八木さんだから許されることですね(笑)
MC多いなぁと感じたものの何を話していたかはメモを取ってないから覚えてないなぁ…
カウントダウンが始まってぺヤングの話が出たなぁとか(satさんが自ら入れるよう言っていたので次回のライブではsatさんのプレゼント入れが主食のぺヤングでいっぱいになりそうです)、南條さんが喋ってるとき舞台の脇でファンサービスしてるなぁとかそんなことくらいか。
なんにせよ2016年も精力的に活動する予定とのことで楽しみです。
あ!今年もあと少しってところでsatさんがドラムに座ってるの思い出したぞ…?「Gで」って言ってバンドメンバーが適当に弾いたり南條さんが適当に歌ったりしてそれに八木さんがシンセでアドリブ入れようとした(けどトランスポーズされててできなかった)やつ。

20あたりからカウントダウンをして、0の瞬間はお約束のジャンプで年明け。
和太鼓が現れ一気に舞台が新年らしく…?

Two souls -toward the truth-

新年一発目はTwo souls!まぁそうでしょうな。
突如現れた赤いふんどしのチェリーさんの和太鼓で始まりました。巨大な送風機で金色の紙を飛ばす演出。fripSideらしい全力で馬鹿やってる感じですね。
今回は警報入れるところに前奏は八木沼さん、以降は南條さんが「せーの」を入れてくれました。ファンも全力で予習してたのでばっちりですよ!
賀正の文字がちかちか光るのがなんともミスマッチ。良かった。

1983 -schwarzesmarken-
before dawn daybreak

ここで柴犬。宣伝にもなるし、まぁやるよな。
before dawn daybreakはレーザー連動キーターという新しい試み。ツアーではなくカウントダウンで惜しみなく使って行くスタイル。
曲中は正直良くわからなかったものの、このあとのMCで見せてもらってようやく理解。音を引くと対応したレーザー光が出るのですが…これは凄いわ…
目がぁぁぁぁ(※客には当たりません)

whitebird
LEVEL5 -judgelight-
last fortune

横浜ならやるよなと言う感じのwhitebird。久々に聴いた気がしますが八木沼一押しというだけあって良い。スクリーンに横浜の写真が使われていて横浜感3割増し。やっぱりソロが見所ですがちょっとギターの音が割れ気味だったなぁ。音響は思った以上に良かったんだけどここはちょっと勿体無かったかも。
LEVEL5はいきなりで驚きました。さっきの超電磁砲ラッシュで来なかったのでアンコールかと。
last fortuneはこのライブで一番予想していなかった曲で、一瞬何の曲かわからなかった。実はsword of virginとかも最初別の曲と間違えたんですけど、予期していない曲が来ると本当にわからないものですね。
ライトの色が青だったんですが、これ僕はオレンジ曲かなと思っていたので、なんとなくもやもやした感じ。まぁ別に確信があったわけでもないので途中から青振りましたが。

infinite synthesis

最後の曲と言われて耳を疑いました。でもこれってfripSideとしてはかなり重要な曲だし、とても相応しいですね。

後半のMCはなんだったかなぁ…
今回のライブは全編を通して一度も飯の話がなかったのがちょっと驚きでした。だってfripSideといえば飯でしょう。まぁ横浜だし仕方ないか。逆に年明けまで3分ないってところからぺヤング引っ張り出すだけすごいか。
楽屋の話とかはこっちだったかなぁ…いつも盛り上がってるって言う。本番前は八木沼さんが頑張って盛り上げてるらしいんだけど後輩二人が寡黙でダメだ、とか。裏の話に関連してだと大島さん(と川崎さん)が八木沼さんと八木さんの暴走を抑えてるとか。星野さんは常識人っぽく見えてダメだとか。
地元トークとかがなかった代わりに結構普段のfripSideの雰囲気が垣間見える話が多かったですね。

さてアンコール。

only my railgun
Heaven is a Place on Earth

長袖のライブTシャツに着替えて。頭飾りは可愛かったな。あと八木沼さんのみかん。
大方の予想通りonly my railgun。
そこからHeaven is a Place on Earthがきたわけですが、来るとしたらアンコールではないと思っていたのでちょっと予想外。東京公演でもやってたし来るとは思ったんですけどね、南條さんお気に入りっぽいし。
まぁ僕も大好きな曲なので聴けて幸せだったのですが、これ絶対青振る曲じゃないだろう…あのアップテンポと夏曲という背景、絶対青振る曲じゃないだろう…前奏は確かにしっとりしてますが…東京公演の色を知らないからなんとも言えないんだけどもね。むしろUO折っても違和感ない。

black bullet

全員で曲名を叫んで、本当に最後の曲。
この曲が最後に来ることについては仙台公演の感想で既に述べているので割愛。
実に良い2016年の予感がします。

とまぁライブの中身についてはそんなところでしょうか。
とても有意義な年末年始だったし、最高の形で年明けを迎えられて幸せでした。
2016年も全力でfripSide、南條さんを追い続けたいものです。

ライブ全体についてはさすがにお祭りというか、ぶっちゃけて言うとMC中とかにうるさい人が多かったかな。いつもの倍くらいいたんじゃないかっていう。UO炊いてる人もいつもより多かったし、普段聞こえるか聞こえないか程度の咲きクラが綺麗に揃って聞こえるレベルで鳴ってたし、まぁもうわけがわからない。仕方ないか。
熱いのは伝わったけども。実際気分はかなり高揚してたしな。
とはいえ別に南條さんのソロと違って妙に気になるとかではなく、いつもより騒がしいなぁ程度。ちゃんと要所は静かだったと思うし。
また今年の終わりもこの空間にいたいものです。

さくっと書くつもりがなんとなく長くなってしまいました。いつも通り。
今回は特徴のないMCが多かっただけに場所を覚えてなくてなんとなくまとまりがないですけど。
fortissimo系が一切なかったことや、fortuna、Redあたりの聴きたかった曲がなかったのは残念ですがそこはカウントダウンなので仕方ないとして。今年もたくさんライブにいければなというところです。

このページのトップヘ