とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2016年06月

しろくろフェスに向けてちょっと想定されるタイトルを見ていきたいかなーと思っています。
ただ組んでみないと実際どうなのかというのはわからないですし、カードプールだけ見て適当に書くことに意味はないのかもわかりませんけど。もし違うところうや見落としがあったらこっそり書き換えていくこととします。画像も付けたいですが色々なタイトル見るので無理なく…
というわけで最初は個人的に一番「環境」だと思っているアイドルマスターシンデレラガールズについて。

デレマスは追加で来たカードが強くて青を中心に非常に強くなりました。多分一番多い型はTPを使うものでしょうか。CXを「Triad Primus」と「Trancing Pulse」の2種類に限定することで非常に強力な効果を得るデッキですね。他に青で1帯を「新田美波」のシナジーに頼るタイプだったり、赤で卯月連パンなども一定数いるように思います。黄は強い効果も多いもののまぁいないのかな…ということでひとまず割愛。もしいたらレベル3のショットがかなりやばいと思うので、そのときは控え室確認させてもらって戦いつつ考えましょう。

レベル0
移動・オカ研・移動メタ+擬似相討ち・暁・コンソールなど一通り揃ってます。移動についても高パワーで制限つきだったり珍しいものもあり選択の幅が広い。相手にCXが貼られたらストックに行けるやつだったり採用されるかどうかはともかくリバース要求対策もあるのかな。集中も単レストでアド取れたり何かと便利そう。

渋谷凛」…暁効果です。よく見ます。
ホラー大好き小梅」…CX対象の4ルックは強いですね。コスト後払いだし。
三村かな子」…中央+500と単レスト回収集中、控えに触れる手段と採用されている印象。
始まりの一歩凛」…アタック時コンソールと控え室に落ちるときにトップ操作。
Trancing Pulse奈緒」…TP構築の後列。集中が5枚めくれるので山崩しも早いし成功率も高い、強力なカード。
Project:Kroneありす」…コンソールに1ディス1ドローがついてます。
メガネアイドル春菜」…相手踏み倒しで思い出に行き戻ってくるやつ。相討ち関連に強い。「3人の出会い加蓮」との相性がいいのも強み。

レベル1
門トリガーやレベル0のドロー効果で再現性の高い「新田美波」や「Trancing Pulse加蓮」のシナジーが強力。赤のカードがどれ採用になるのかいまいちわかりませんが気をつけるのはどちらかと言うと青のほうだと思います。多分。全体的には0コストで優秀なのが多いようです。

小早川紗枝」…実質無条件の0コスト2000カウンター。
新田美波」…「みんなのリーダー」シナジー。CXがあると+1500で7000からスタート。踏むと他に+2000できるので並ぶとほぼ全面踏み倒し4ルックドローされるので盤面も手札も一気に取られます。強いしか言えない。
マイファーストスター美波」…登場時パンプがかかって最大7500スタート。「新田美波」とセットで採用されますね。
ウサミン星での菜々」…滅多に見ませんがレベル2が降ってきます。
Trancing Pulse加蓮」…レベル応援と「Triad Primus」シナジーで所謂島風効果を付与できます。パワーの高いところに振れるので扱いやすいのが強みですね。
3人の出会い奈緒」…正面が自身より高レベルだとフロントできないデメ持ち。対策としてレベルパンプ応援などが有効です。
迷いの気持ち凛」…奈緒と同じくデメ持ち6500。リバースすると山の下に行きますが集中などサーチも容易なのでこちらのほうが扱いやすそうなカードです。

レベル2
2のカードというより強タイトルらしく早出しがメインです。なんかカウンターの種類が多いです。一応レベル3メタみたいなやつとか、レベル3メタメタみたいなやつとかありますが、あまり見ない気がするのでひとまず割愛。

佐久間まゆ」…早出しメタカウンター。
見守る杏」…1点バーンカウンター。条件はCX「Heart Voice」が控え室にあることなのでまぁないとは思いますが。
アイドル活動中菜々」…フロントアタックするとレベル3が降ってきます。出てくるのはソウル‐1付きの11500なのでそれ想定で。滅多に見ないと思いますけど。
3人で歌うために加蓮」…控え室に「Trancing Pulse」「Triad Primus」が落ちていると4000カウンター。控え室確認しておきましょう。
星に願いを」…イベントカウンターで3枚集中。パワー+4000で正面のキャラにダメージを与えられない効果付与。赤が発生してかつ赤のキャラがいないと飛んできませんが、逆に赤軸なら間違いなくあると思うので一応。再スタンドキャラに振られないよう注意ですね。

レベル3
いずれのフィニッシャーも強いです。

神崎蘭子」…回復とシナジーバーン。バーンは0~5で不安定ではありますが、追加コストもないしCIP回復持ちなのも考慮すると強いのでは。
アナスタシア」…相手リバース時2コスト1ディスで控えから「マイファーストスター美波」を好きな枠におきます。今の環境で安定して踏むのは難しいとは思いますが、シナジーに頼らずこの効果は十分すぎる強さですよね。
永遠の17歳菜々」…ソウル-1と高パワー、更に入れ換え移動。防御札としては文句なしに強い。
S(mile)ING!卯月」…回復とシナジー再スタンド。登場時にパワーが下がり自身がリバースとパワーパンプと再スタンドする珍しい連パン。下がると言ってもCX込みで8500なので安定はしなさそうですが強いには強い。対策としては踏ませるかバトルしない動きができれば理想ですかね。
Trancing Pulse凛」…回復持ち。中央にいれば高パワー、助太刀イベント不可。条件はCX2枚以下なので1-6リフ付近なら確実に出てくるでしょう。後列にも専用のがいるので中央だと14500とかになるのかな?普通にCIP回復としても優秀だと思うけど助太刀不能が厄介でしょうがない…
新たな挑戦美波」…音楽に+2000と助太刀されない応援付与、3枚見て1枚加える、控えからキャラが置かれたときにソウル+1。「アナスタシア」連パンとの併用前提みたいな性能でしょうか。
Power of Smile凛」…2ドロー2ディスストブ、CXが貼られるとパワーパンプ。「Triad Primus」対応で再スタンド。この再スタンドは発動タイミングが次のキャラがアタックしたときなので相手をリバースをする必要もなく自身がリバースしても大丈夫、というのが最大の長所ですね。対応もストブだしとにかく軽いですね。
Project:Krone文香」…1点回復と逆圧縮。「Project:Krone」シナジーで相手の1枚につき相手の控え室を5枚戻せます。直前でリフレッシュするように頑張りましょう。
五十嵐響子」…確定でアタック時1点バーン。赤のカードならこれ入るのかなぁ…
ハナコ」…イベントカウンター。1コストで回復+パワーパンプ。青なら入ってると思って良さそう。

とりあえず先述の通り「TP」統一が一番多いかな。わかりやすくて強い。
青で1帯を「新田美波」シナジーして3で「アナスタシア」「新たな挑戦美波」などで〆る型も結構見ます。
「Project:Krone」を軸にしたものも強そうですが逆圧縮の条件がちょっと厳しいような…
赤も強いのが多いものの青に比べれば…というところなんでしょうかね。パーツが強いだけに大抵のことは強いと思いますけど。というか連パン多すぎ。

どの型なのかは比較的すぐにわかると思うので、可能な限りそれに対策を打つ感じで。特に赤はダメージ無効カウンターがあるので気をつけたいですね。

うーん…やっぱり組まないとわからないなぁ…
カウンターはレベル1で2000、レベル2で4000見ておけばいいとか、早出し焼きカウンターは2からとか、そういう程度だけでも意味はあると思います。あとは条件があるカードも多いので、そこ把握しておけるといいかもですね。

11時30分からのホビーステーション横浜に行ってきました。
ラブライブ青軸のものを試したかったのでそれで。まだレシピはあげてませんけど。

1回戦 勝利
ミルキィでした。カウンターが馬鹿みたいに火力出るので僕光のリバース要求を満たしにくく、是非やってみたかった相手。結果的には相手の弱い面をしっかり踏んで2回僕光できたのと、ダメ押しでハロ星も1回。キャンセルもかなり理想的でした。LWBは1回使用。サニソン真姫が安定して割ってくれたので良い感じに立ち回れたと思います。相手にことごとく3点が入ったこともあり2-4の時点で勝利。1/0相手に10000出してもカウンターされるとか意味わからないタイトルだよな…逆襲のシャロはなかったけどその有無は大きそう。

2回戦 敗北
物語赤黄。やはり物語は多いですね…今度はこちらの山が弱く1周目を暁連打で崩さざるを得ない状況。CXも手札に沢山来るし、それでもなんとかなるのが青の良さなんですけども。LWBを2回打ったりなんとか粘るも普通に負け。相手が比較的すぐにレベル2になったこともありサニソン真姫は機能せず。どうしても4ルックだと上にCXがあるときに弱くなっちゃいますねぇ。

3回戦 敗北
イリヤ赤青。2回戦以上に悪い回り方で、集中2噛み暁回収、更に暁で暁回収、みたいな動きをせざるを得ない感じに。僕光セット握っての早上がりも相手2面移動のみとかどうしようもないし、なんかなぁ…とはいえこういう展開も時々はやむを得ないので、いかにカバーできるかがポイントでしょうか。連パンしてみたけどやっぱりダメでしたね。最後は残り5枚にCX1、残り2点、手札は海未カウンター1だったのでワンチャン生き残れるという展開でしたが下手すぎて負けました。まぁいずれにせよまだ相手レベル2だったし無理でしょうけど。1/1相手にサニソン真姫が働けないのがなぁ…とは言え1箇所くらいは0コストいるので悪くはない。

3戦やってみて強さも難しさも感じられたのでなかなか収穫のある大会でした。この構築は個人的に気に入っているのでもう少し調整してできればしろくろフェスでも使いたいところです。
現状ニセコイや艦これの頃のような環境らしい環境がないようには感じますが、その中では物語とデレが多いかな。とは言え好きでもないタイトルで組むのもやる気でないので、しろくろフェスは現状手持ちのSAO・ラブライブ・とある魔術、組むならミルキィ、そのあたり選択かなぁ…どれも準環境のタイトルですが、色々考えてメタられにくいメタりにくいのはラブライブな気がしています。とりあえずもう少し大会出てみてですね。

screenshotshare_20160523_003850
screenshotshare_20160523_182251
わぁいラブカストーン!あかでめきんラブカストーン大好き!
感謝祭があったりなんたりも重なって大盤振るいですね。いいと思います。

screenshotshare_20160605_021812
穂乃果イベお疲れ様でした。マカロン持ってるけどメドフェスです。

screenshotshare_20160605_021820
screenshotshare_20160605_021832
screenshotshare_20160605_021840
screenshotshare_20160531_200917
screenshotshare_20160604_212440
2枚取り圏内11人ということでなかなか活況だったのかな?思ったよりボーダーも伸びました。
今回も無理なく走り抜けましたね。
使用したラブカストーン、最終日前日に4個。極めて少ないです。
次のイベントは既に発表されていて、アクアから高海千歌と桜内梨子らしいです。ボーダーがどうなるか気になるところ。

screenshotshare_20160524_070412
screenshotshare_20160524_070604
screenshotshare_20160524_205227
screenshotshare_20160524_205244
BiBi限定も2回引きましたが引きが弱い。まぁ覚醒してるし文句はないです。

screenshotshare_20160531_201144
screenshotshare_20160531_201158
screenshotshare_20160604_220321
またこういうものを…!と思いながら気付けば課金してました。ちょろいもんです。
引きが弱いなぁ。まぁ一応覚醒してるんで。

screenshotshare_20160602_063434
ログインボーナスは3年生実施中。スクフェス絵は好きだし純粋にいいですねぇ。

ちょっと後半は更新まばらになっちゃいましたが。書きたいことぼちぼちあるのになぁ…

合計PV6585(+1777)、なかなか凄い伸びでした。PV最高305(5/25)、最低86(5/11)、UU最高161(5/22)、最低63(5/11)。全日3桁PVだった先月と違い1日だけ2桁の日がありましたが、20日の200台、更に1日は300台ということで200を下回った日が1/3未満というのはなかなか。

検索キーワード
1位ff11(314)
2位スクコレ(101)
3位赤(78)
4位装備(74)
5位赤魔道士(56)
6位ブログ(47)
7位ソロ(40)
8位スクフェス(38)
9位デッキ(27)
10位配布ur、fripside(23)

スクコレやってないんですごめんなさい。FFも最近やれてないんですごめんなさい。
配布URの記事は結構気合入れて書いたので嬉しい。配布UR強いんですよ。スクフェスは感謝祭ネタかな?
絵里単とかも2桁あって、この辺も見て欲しいなぁと思ったり。

15記事出しましたが10記事がヴァイスということになってしまいました。夏のトリオ見据えてデータ取りたいのもあるので…今後もヴァイスの話は多くなるだろうなぁ…

とまぁそんなところです。6月はこれといったイベントは思い浮かびませんがまぁ何かしら楽しいことがあるでしょう。

このページのトップヘ