とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2016年09月

ラブライブ!サンシャイン!!のトライアルを買ってきたのでPRをもらいに秋葉原アメドリに行ってきました。3人で内訳はサンシャイン2、キズナ1。総当りです。

対キズナ 敗北
後列を引かなくて優位に立てるはずのパワーで負け、CXも貼れなかったし見せ場なし。最後は2-6からクラマなしで殴られたものの2枚ドラ噛んでぴったり死にました。トライアルあるある的な事故。

対サンシャイン 勝利
ソウル+2を2回貼りましたが、相手がCXを引き込みまくったらしく圧倒的勝利。今回もルビィを引かなかったのでルビィはクソ、ようりこで頑張りました。トライアルあるある的な勝ち方。ぶっちゃけ圧縮できないのでソウル+2貼った側の勝ち。

ちなみに残りはキズナ側が負けたので全員1-1でパックだけもらってきました。そのあとフリーで遊べたし、まぁ良い記念になったなと思います。そのあとはBMの大会に続くわけですね。

サンシャインはブースターはどうしようかな…1箱はとりあえず買ってもいいかなと思ってる。あとは今日のカード次第で…

出るつもりはなかったものの成り行きで参加。秋葉原BMはそれなりにガチな人が多いので物語で。


1回戦 勝利
とらぶる赤。序盤は手札が悪かったものの島風あたりから持ち直し。終始苦しいままの戦いではありましたが要所でキャンセルを重ねられたこと、羽川シナジー2箇所言えたことなんかがあってかろうじて勝利。最後は山の上が薄かったしかなりきわどいところでしたがなんかこういう試合多いな。

2回戦 勝利
艦これ赤城選抜。クロシュ対応は物語としてはお手の物なので余裕、と言うわけでもないですね。初手から3パンしてアド取りつつ山がいい感じに整っていたのでキャンセル。島風も複数言わせてもらいました。クロシュ絡めて詰めきりましたがこれも山がすかすかだったので危なかったかも。

3回戦 勝利
ギルクラ。後攻3パンで0スキップさせたり終始こちらのペース。2周目の山最後が全キャンだったり有利に展開できました。相手の1帯が高くて島風はほとんど仕事できませんでしたが点差があったのでサイドで誤魔化し。ドラがかなり攻撃的でした。序盤沢山殴って差が付けば物語はいい感じに戦えますからね、理想の形と言って良かったと思います。

4回戦 敗北
決勝でぷよぷよ青に負け。先攻2ターン目で相手の移動をクラマ3パンで割りに行ったところまで良かったものの相手のキャンセルが上手かった。レベル1で適度にレムレスストブされたのも響いて中盤から全く打点が通らず。羽川でストブしてたし、無理してでもキスショットすればよかったかなぁ…

そんなわけで3-1、惜しくも連続優勝は出来ませんでした。あとショップ大会での連勝が10でストップ。10連勝って結構頑張ったな。
今週の木曜日にはショップ大会でトリオもあるのでこの調子で頑張りたいと思います。

久しぶりにカードショップタイガ。16名だったので綺麗に4回戦です。


1回戦 勝利
先攻、デレマス赤単でした。序盤からオカ研と中学生が両方落ちまくり1度も手札に来ない展開。相手がストック相討ち構えてたので中学生はどちらにせよ無意味だったと思いますが。2面島風言えたりしてなんとか立て直し、相手がキャンセルが弱かったおかげでなんとかリード。最終盤面では相手の控えにカウンターが系4枚あるのを確認して蟹と昔話を並べたり、圧力をかけていけました。卯月連パン対応を相手が引かなかったのもラッキー。

2回戦 勝利
先攻、ラブライブ青緑。先日のと同じですね。序盤キャンセルされまくったり島風への対応で面あけたりされましたが上手くCXが通っていい感じに戻せました。2で相手のクロックに2枚クリスマス絵里がいたので遠慮なく連続ストブして圧縮、最後はフルネ真宵でぴったり詰めて勝利。ラブライブには羽川が踏まれないので楽ですね。あとは貝木で後列のにこ飛ばせたのは良かった。

3回戦 勝利
先攻、クラナド。ストック相討ちで中学生飛ばされたり、島風対決になったり、相手の記憶のパワーが高かったり、序盤は結構しんどい感じでした。お昼寝が2枚ともストックの一番下に飛んだため手札を枯らしながら3パン。頑張ってパートナーだけは常に握るようにして戦いました。3パンしつつもストックを使う要素がなかったので圧縮は高くなったのでキャンセルで凌ぎ、最後は相手3-0からキスショット(自分山札4枚、相手控え室2/14・7戻り)、控え室回収集中でクロシュ羽川、手札の蟹と出して幸い全通りしたため勝利。そのあとの山が薄かったのでギリギリでの勝ちを拾えました。

4回戦 勝利
先攻、赤緑アクセル。手札との噛み合わせが悪く島風も言えなかったため苦しいまま1帯まで。ただCX貼った攻撃がほとんどキャンセルされなかったのとこちらは要所でキャンセル発生したので差だけは付けていきます。1-6からクロックドローすれば羽川できましたがあえて1-6リフを選択。ストックがクラマ2枚だったので真宵サーチで消費しての7戻り。そのターンCX貼りたかったけど緑がなかったので諦めて適当に殴っていくしかなかったのが弱かったかなぁ。お昼寝焼かれたり高圧縮から4点食らってクロックできなかったのも辛い。ラストは残り2点から羽川トップチェックがショットだったのでシュート無しで行きましたが、殴ってキャンセル、ショットもキャンセルさせられたので次の2点で勝ち。こちらは終始苦しい展開でしたがそれ以上に相手のキャンセルが悪かったのでこれも拾えた勝ちでした。

というわけで4-0でショップ大会初優勝。ありがとうございました。横浜の大会はそこそこレベルが高いので勝てたのは嬉しい。
なかなかきわどい構築の物語なんですが、これで行ってみてもいいかなと思います。ショットトリガー強い。


初優勝まで結構時間がかかってしまいましたね…

2/21 2-1 絵里単 ラブライブ限定(秋葉原アメ)
2/25 1-3 SAO ネオスタン(秋葉原アメ)
4/23 3-1 SAO ネオスタン(タイガ)
4/23 2-1 絵里単 ネオスタン(新宿アメ)
5/2 1-2 絵里単 ネオスタン(秋葉原ホビ)
5/7 1-2 絵里単 ネオスタン(新宿アメ)
5/14 2-2 絵里単 ネオスタン(タイガ)
5/15 1-1 小衣単 ミルキィ限定(秋葉原アメ)
5/15 2-3 絵里単 ネオスタン(秋葉原BM)
5/21 1-2 絵里単 ラブライブ限定(スクフェス感謝祭)
5/22 1-2 絵里単 トリオ・ラブライブ限定(スクフェス感謝祭)

6/5 1-2 ラブライブ青 ネオスタン(横浜ホビ)
6/11 1-3 とある ネオスタン(タイガ)
6/11 2-1 ラブライブ青 ネオスタン(新宿アメ)
6/16 0-4 ラブライブ青 ネオスタン(秋葉原アメ)
6/19 1-2 SAO ネオスタン(横浜ホビ)
6/26 2-2 絵里単 ネオスタン(横浜ホビ)
7/2 2-2 SAO ネオスタン(タイガ)
7/3 2-1 SAO ネオスタン(横浜ホビ)
7/16 3-1 SAO ネオスタン(タイガ)
7/17 3-3 SAO ネオスタン(遊vic中野)
7/18 3-3 SAO トリオ(遊vic中野)
7/30 1-2 SAO ネオスタン(BCF名古屋)
8/7 3-1 物語 ネオスタン(横浜ホビ)
8/10 2-2 物語 ネオスタン(池袋ホビ)
8/11 3-1 物語 トリオ(池袋ホビ)
8/13 2-1 ソウル+2 タイトル限定(しろくろワールドカップA)
8/14 4-1 物語 トリオ(BCF横浜)

9/4 2-2 物語 ネオスタン(武蔵小杉ラボ)
9/10 1-3 物語 ネオスタン(池袋BM)
9/11 2-2 物語 ネオスタン(横浜ホビ)
9/11 3-1 物語 ネオスタン(武蔵小杉ラボ)
9/17 4-0 物語 ネオスタン(タイガ)

(備考)
4/29 0-2/1-1/1-1 絵里単・とある ネオスタン(フレンズ戸塚)
5/29 1-1/2-0/2-0/2-0 小衣単・ラブライブ青 ミルキィ限定(横浜公会堂)

と思ったら序盤絵里単ばっかりだしそんなでもないか。SAOはギリギリ勝ち越しラインですが物語にしてからは通算24-13で勝率6割5分弱というところですかね。もう少し精度を上げたいと思います。
7月からはほぼガチタイトル握ってるな…目標としてたショップ優勝できたし、少しラブライブあたりで遊びたい。
あとサンシャインTD買ってきたのでTD大会も行きますかね。

かなり昔のことになってしまいましたが名古屋で使ったSAOを出しておこうと思います。SAOのデッキレシピについては以前に「パーティの誘いアスナ」「スタースプラッシュ」を使った青黄のものを掲載しました。今回はより安定性を上げた緑青構築です。
ま、結果は振るわなかったんですけどね。構築のヒントをくれた皆さんありがとうございました。

KIMG0048


デッキレシピ

レベル3(8)

2 凛とした強さ アスナ

4 最後の一撃 シノン
2 聖剣獲得へ キリト

レベル2(4)

1 閃光のアスナ

1 素材収集 リーファ

1 氷の機械 シノン
1 目前に迫る死 キリト&シノン

レベル1(12)

1 ALOの日常 アスナ
2 副団長 アスナ

2 戦う選択 キリト

4 絶剣 ユウキ
3 冴える剣技 ユウキ

レベル0(18)

4 素材収集 シリカ
1 まっすぐな信頼 シリカ

4 新婚生活 アスナ

2 雨宿り キリト
1 理想の自分 シノン
1 戦場に身を置く キリト

3 不敗の超剣士 ユウキ
2 スリーピング・ナイツ タルケン&ノリ&ジュン

CX(8)

4 幻影の一弾

4 マザーズ・ロザリオ


全体を通して
常に相手の面を割り、豊富な手札補充手段と合わせてどんどんハンド差でアドを取っていきたいところ。最近の環境タイトルは容易にハンドが整うのでそれを押さえるように上から殴っていかないとちょっと厳しいですね。タイトルの特徴として相手に依存しない効果が多い一方、相手の行動を阻害できるような要素も少ない。やりたいことをやって勝ちたいところです。強みはレベル1で安定した宝シナジーで行う高パワーと山圧縮の絶剣、レベル3での回復と強力なバーンを兼ねるシノン。逆に要所でCXを握れない場合極端に弱くなるのが弱点とも言えるかな。あとは早出しに打つ手が少ないので2からは厳しくなります。美夏カウンターさえ実装されれば…
レベル0は移動を採用せず、相討ちメインで組んでいます。コンソール+相討ち、アンコール+クロック相討ち、どちらも非常に便利なカードですが、パワーが基本的に出ないのでレベルパンプする物語やアイマスなんかは厳しいかも。移動を採用しない理由については前回の通り、2000という半端なパワーの不確定移動が嫌いだからです。別に山削りが遅いわけでも、手札が枯れるわけでもないですしね。
レベル1ではドローやトリガーで引っ張ったマザーズロザリオで圧縮とレベル2以降への備え。登場時パンプされる効果やCX貼ったときの後列によるパンプで基本的に全面割りを目指します。上手く両端でシナジーすれば3面ともレベル+1することができるので、相討ちや「正面のキャラのレベルが高いならフロントアタックできない」デメリット持ちを軸にしたデッキにはかなり強気に立ち回れます。
レベル2は弱いので引き続きシナジーでキャンセル率を上げながら立ち回りたい。ただしレベル3で最低6コストは欲しい(サーチや後列を考えると8コストくらいが望ましい)ので、十分に圧縮されていると判断した場合は使わない選択肢も。早出しには閃光を当てて誤魔化し。早出しは狙えれば。
レベル3は回復しつつシノンバーンで詰め。どうしてもCXが引けなければアスナを使ってソウルを上げたりしながらになりますが、これもなかなか強いと思います。


各カード採用理由などについて

素材収集 シリカ
コンソール+相討ち。宝本というCXの性質上手札に不要なカードやCXがだぶることも多いため、コンソールのディスカードはかなり有用。それと可愛いので4枚。

まっすぐな信頼 シリカ
控え回収手段として。2コストで回収する系ではなくやや不安定な集中採用。パワー2500は地味に高いのと後列が固定になることが多いので集中させつつ殴ることが主です。レベル1まではシナジーや後列を立てるために、レベル1以降は絶剣で圧縮が上がった山を有効活用するために。ピン投。

新婚生活 アスナ
応援とCXに呼応してパワー+1000。オーソドックスな性能ですが0コストのキャラで中盤まで戦うのでこの1000上昇はかなり貴重。前に立ててもパワー上昇させられるのもあってとりあえず入れておけば間違いない強さのカードですね。4枚。

雨宿り キリト
相手の相討ちは出来れば一方的に踏みたいのでレベルパンプ用に。0ではパワーの低いデッキと言うこともあってレベルだけでなくパワー+1000の方もかなりありがたい。必要なときに引けたらいいなという程度で2枚。

理想の自分 シノン
オカ研、と見せかけてレベル2以上限定サーチ。先上がりしたい場面は少ないですが相手のレベル1がレベルパンプに極端に弱い構築の場合、これで先上がりしてしまっても良いと思います。手札アンコールコストにしてもいいですね。終盤回復が過剰になることもあるのでそんなときにもあれば。1枚。

戦場に身を置く キリト
手札入れ換え、これで集中なんかを引っ張ることが多いです。1枚。

不敗の超剣士 ユウキ
クロック相討ちは物語の「中学生」や艦これの「響」など環境にはいい感じに刺さります。パワーが低く、アンコールが付いているのも使い勝手が良い。中央なら後列パンプ次第で相手の相討ちに一方取れるのも○。アンコールできることも考えて3枚。

スリーピング・ナイツ タルケン&ノリ&ジュン
使いやすいサーチ集中と中央にネーム指定でパンプ。レベル1でメインアタッカーになるユウキにパンプをかけて1面守りたいところ。レベル1で容易に全面レベル2にできるのはこのカードのお陰ですが、逆に3でアスナを使って詰める場合は邪魔になるので消しましょう。2枚だけどできれば3枚入れたいカード。

ALOの日常 アスナ
全体パンプと立ち集中。事故回避用の1枚です。前に出てもまぁ仕事はしているし、お洒落積みに申し分ないカード。

副団長 アスナ
この性能のカウンターが以降実装されていないところを見ると強すぎると判断されたんでしょうか。これ1枚で2枚守れる可能性もあるし、ギリギリ踏み越えに来るリバース時発動型シナジーや、レベル3でパワーの上がったシノンなんかに使って2箇所防げれば美味しい。中央のパワーが高いのと相討ちに踏まれにくいデッキなので噛み合った効果。2枚。

戦う選択 キリト
絶剣とはアンチシナジー気味ですが手札が枯渇しにくいタイトルなので使い捨て感覚で相手を踏みに行きたい。足りない場所のパワーはCX連動の後列アスナでカバー。2枚。

絶剣 ユウキ
SAOを飛躍的に扱いやすくしたカード。宝に連動して山札から2枚抜けるので一気に圧縮が進み、トリガーしたCXや手札に余ったCXをリフ直前でも吐き出せるのが強み。最後アスナで詰めざるを得ないときにはこれを使ったりします。この簡単に手札が整うシナジーがあるので、あえて1枚積みのカードを増やして柔軟に必要なカードを握るようにしています。出たターンパワーが上がって相手を踏める上、帰りまでレベルが上がるので相討ちにめっぽう強いのも魅力。思考停止4枚。

冴える剣技 ユウキ
アスナネームがあれば6000なので後列を新婚と集中で中央に置けば7500。両脇には戦う選択や絶剣を置くので中央に置いておくのが基本です。やや管理が難しいものの3枚で。

閃光のアスナ
早出しメタとしてシノンを使うのが一般的ですが、氷の機械との相性が悪いことと、物語の「神原」にしろデレマスの「TP凛」にしろ返し10000だろうがなんだろうが踏んでくるのが当たり前ので、こちらからも行きで踏むことだけを意識した閃光にしています。カウンターステップで殺せないタイトルなのでどうしても弱くなりますが、閃光はソウル負けしないのとアンコール不可に出来るのが強み。相手のストックも増えますが環境タイトルはストックが潤沢なので関係ないでしょう。1枚。

氷の機械 シノン
1000応援は弱いですがカウンター不可が強力。シノンバーンはアタック時に喋るのでダメージ無効カウンターはあまり脅威ではありませんが、当然ないほうが良いに決まってるので。早出しに成功した場合はこれで相手のカウンターを無効化して殴るのが原則ですね。1枚。

目前に迫る死 キリト&シノン
オススメされて入れたカードですが良いです。1ドロー1ディスは引き込めなかったCXを引くために。2000応援で早出しのレベル3を固めてもよし、キャンセルされてパワーの上がった最後の一撃を守ってもよし。ただ氷の機械も優秀なので1枚だけで。

素材収集 リーファ
防御札。1枚しかないので握れなさそうならシナジーで引っ張っちゃっても良いと思います。1枚。

凛とした強さ アスナ
CXを握れない試合は勿論、相手の残り点数が少ない場合なんかはこれでソウル上げ+サイドアタックのほうが確度が高いことも。アタック中にソウルを上げられるのは思ったよりも強いです。最後の一撃がメタられたり握れなかったりで出来ない場合や1面しか立たない場合に確実に欲しいので2枚に増やしました。回復があるので出すだけでも損にはならないですしね。

最後の一撃 シノン
どこが最後なのかというくらい生き残る気満々のテキスト。登場時回復があり、バーンタイミングは阻害されにくいアタック時、連パンに等しい4点、キャンセルされたらほぼ確実に踏める+生き残れるパワー、SAOが他の環境タイトルに劣らず戦えるのはこれのお陰と言っても過言ではないかもしれません。勿論4枚。あとこれは個人的に悩んでいることなんですが、対応CXはいつの段階から握るんでしょうか…2以降、かなぁ…

聖剣獲得へ キリト
アスナ増に合わせて2枚に減らしました。2ドロー1ディスはレベル3で要求されるシナジーと相性が良いですね。返しパワーが高いので後列にレベル3への応援を付けられれば割と戻れるはず。ただ早出し条件が意外と難しいのと勝敗に直結するテキストではないので出せたら出すくらいの感覚で。1-6リフしようと思ってても絶剣の山削りが早すぎて1-3くらいでリフしちゃうので、がっつり回れば2周目が丁度1-6くらいかも知れません(笑)

幻影の一弾
本トリガーですね。手札を切る手段が豊富なので折角なら門とかの方が良かったかな…と思わなくもないですが。引きたいイベントもないので本であるうまみはあまりないものの、シナジーが強力なので致し方ないですね。ドラが乗らないのはまぁ計算が楽なので良いんですけど。

マザーズ・ロザリオ
1で安定したシナジーを打つなら宝しかないのでやっぱり宝。従来の風トリガーでのシナジーに比べると格段に楽になります。トリガーで捲ったCXを(連続でなければ)ストックではなく手札に送れるし宝は最強。アタックフェイズ中に山を見られるし、終盤もアタックフェイズ中に手札を吐けるし。ただまぁこのデッキはコストがギリギリになるのでブーストなしという選択が難しいのがやや厳しいところですかね…


物語を握ってしまうとやっぱりもう一歩なところが目立ってしまいますね。とはいえ強い詰めカードはあるし、システムも(早出し焼き以外は)一通り揃っているので、使っている人の腕次第ではなんとでもできるスペックはあると思いました。
…とまぁそんな感じで。

規制がかかったのでこの日からは「物語セカンドシーズン」と名付けて新しい形の物語を試しています。

気になる(ならない)構築は定まってから公表としますが、一応は中学生選抜で落ち着きそうです。

9月はクーポンカードもらえるしね。予想通りのサンシャインPRでした。他のプール次第ですがちらっと見た感じ弱くなさそう。



9/10 @池袋BM

初めて参加する池袋。その前にフリーで遊んだので横浜ではなく都会です。池袋か新宿かだとまだ池袋のほうが良いんですかね…微妙です。横浜の方が質は高いかなぁ。


1回戦 敗北

物語ミラー、扉炎型で相手も中学生選抜でした。序盤堅い動きだったものの1帯で山が薄かったのに適当な処理をしてしまったせいで差を付けられ負け。暁も握ってたしプレミしなければなぁ…勿体無い。物語ミラーは差が付きにくいのでちょっとのミスが命取りだなと改めて感じました。


2回戦 敗北

ごちうさ赤に負け。レベル2にカード置くときに1-6まで置ける札ないのもやばかったけど被弾トップ解決。相手のキャンセルが多かったのもあったものの、デッキスペック差を考えたら負けてはいけない試合だったのは確定的に明らかでした。


3回戦 敗北

ログホラ。キスショット+フルネーム真宵でいい感じの詰めができたものの負け。前の試合もこの試合も序盤のキャンセル差が大きくて、最後3になってから粘る動きをしているものの結局勝てないみたいな感じ。逆転は狙えないデッキだから仕方ないとしても…もう少しなんとかならなかったものか。


4回戦 勝利

なんとか全敗を免れる勝利は身内のスクスト青赤から。相手が2ターンで1パンしかしないなか後攻2ターンで6パンしましたしね、まぁ。しかし全敗卓で身内戦とかやりたくねぇ(秋葉原アメでもやっているので2回目)


結構やばいデビュー戦になりました。僅かな疑念を持ちつつ回数こなしたい。



9/11 @横浜ホビ


1回戦 勝利

ラブライブ青緑に薄氷の勝利。クリスマス絵里で4戻りとかされたけどなんとか耐えての勝ちを拾えました。ようやくちゃんと戦えたよ…この試合はかなりそつなくこなせたと思います。緑CXだと昔話がクロシュされるのはしんどい。


2回戦 敗北

物語ミラー、扉炎に真宵選抜だったかな…扉の対応入っていたような気がします。終わった後話をしたところなかなか良い構築だなと思うものでした。ミラーで負けるのはやっぱり力不足。終盤でクラマトリガーしまくったのが響いた。確か4点通されたからな。


3回戦 勝利

アクセル青赤、手札から連判するやつでした。悪いけど美夏させてもらったので見せ場は無し。序盤打点がだだ通りして1がスキップされたりしんどかったですがまぁ立て直せたのは良かった。パワーがしんどかったけど上手く1積みの相討ち放れた気もします。


4回戦 敗北

アイマス、勝てる展開でしたが落としました。3になってから暁打ったら宝3連で見えて一気に圧縮ががばがばに。とは言え見てなければ全部トリガーしていたことになるので死は確定でした。そういうのやめてくれませんかねぇ?


負け試合では激しい不運に見舞われながらも2-2とできました。全試合きっちり形を作っているのにね。おかしいよね。



9/11 @武蔵小杉

先週に引き続き武蔵小杉。やっぱり感じは良いです。


1回戦 敗北

先週のリトバスの人に敗北。1の終盤でCXが大事故を起こしていたのが原因です…相手のテキスト処理に疑問を感じたところがあってそれは多分正しかったけどあまり強く指摘はしませんでした。結果残り1差で負けたんですけど、まぁサイド1点止められたくらいだしそれ込みで仕方なかった。大会ならちゃんとジャッジ呼んで処理するしルール面はまぁ今回はいいや。こちらの動きとしても詰めが1ターン早かった感はある。


2回戦 勝利

ごちうさ黄緑に辛勝。なんかしんどかったんですけど。バレーボールめっちゃされたのでこっちも3面立てて呪文詠唱ぶっぱしときました。最後はキスショット使って1点確定で詰め切りありがとうございました。


3回戦 勝利

物語ミラー、初の宝扉型。選抜は真宵で蟹と合わせて耐久しつつ攻める従来型。後攻1ターン目からCX貼ったら3キャンされて相手が先攻2ターン目でクラマ7枚くらい見えた形になったので改めてCX3パン。1スキップして有利に展開。羽川同士の不毛な殴りあいだったり昔話が神原に踏まれたりしながらも有利に運んで最後はフルネ真宵とか使って勝ちきれました。構築についても大分話ができたし良かったな。


4回戦 勝利

ラブライブ青、相手のCX配置や集中のキャラがハンドに来ない事故り気味だったので容赦なく要所でCX。サニソン真姫を出されたものの直後にオカ研も使ってレベル2になり羽川で蹂躙。序盤から3パンしたり羽川2連で5箇所言ったりストック15枚とか貯まったのでクリスマス絵里が怖かったですが相手のストック事情から助かりました。とどめはキスショット。


結局リトバスが優勝してたし謎。最後は綺麗に勝てる試合が多くなってきてデッキに手応えを感じるところです。



WGPのトリオはちょっと抽選ルールが変わっていて、ネオスのタイトル被り排除に近いものが実施されるとのことです。これまでのように「デレ物語艦これ」みたいなやつが若干不利になり、逆に準環境タイトルで固めたチームは1敗での決勝進出が濃厚ということになりましたね。僕の力量では物語以外で1敗ラインというのは結構しんどそうですが…そのあたりもトリオのデッキ選びで重要になるかもわかりませんね。対策も考えたいところです。

SAOやラブライブで勝てればいいんだけどなぁ…

このページのトップヘ