とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2017年12月

相変わらず忙しい1年でしたね。お疲れ様でした。


南條さんソロでの活動は5周年イヤーと言うこともあり(いつも通り)活発でした。
CDはシングルが(コラボ含め)2枚、アルバムが1枚。ライブはBDと、ツアー2箇所3公演参加し、5周年ライブ。フォトブックをはじめ(主に学研から)雑誌など発売されましたね。声優活動としてはクロックワークプラネットの三浦ナオト役やシンフォギアの月読調役をはじめ、ショートアニメやナレーションでも活躍の場が多かったように思います。
いずれにしても、やっぱり南條さんは素晴らしいなという思いが大きくなりました。ライブやラジオで語る南條さんのアーティスト感というか、感銘を受けるばかりです。

シングル2枚とアルバムはどれも素晴らしかったです。両面とも南條さん作詞でメッセージ性の強い光のはじまり、やなぎなぎさんとのコラボで今までのイメージと変えてきた一切は物語、30代の参考書を掲げ集大成とも言えるサントロワ。サントロワはこれまでのアルバムの中でも1番好きになりそうです。どの曲も非常に南條さんらしくて耳に心地よい詞と曲ですね…

ライブでは一層アルバムのよさが感じられました。南條さんも仰っていたように、ツアーを終えてみてアルバムが完成したというか、曲が一段と意味を持ったような…ですね。ツアーのほかに、今年は初めてBDライブに参加することが出来ました。La fiesta? fiesta!やジェノサイドソウヘヴンなど…かなり珍しい曲が聴けて幸せでした。雰囲気も良くて、これぞ南條さんのライブ!という感じでしたね。去年だったか、BDはあまり良くない話もちらほらありましたが、今年はかなりファンの質がまとまったように思います。Nツアーと・R・i・n・g・ツアーにも同様のことが言えますね。5周年は記事を書いたばかりですが、もう完璧でした。

声優活動は特に上期盛んで、僕もクロプラやシンフォギアは観ました。短いやつはYouTubeとかで拾ったりもしたけど、局が限定されているのもあったりあまり追いきれませんでしたが…
クロプラは珍しく男性役だったので新鮮でした。まぁ某豚も男の子声ではありますが。南條さんの幅の広さを感じますよね。シンフォギアは純粋に面白かったし、南條さんの演じたキャラの中で調はかなりお気に入りです。

今年はFCイベがなかったですがなんだかんだ物販の機会が多かったので大分頑張りました。個人的には初めてサイン会に参加できたのも嬉しかったですね。緊張しました…


fripSideも15周年イヤー。SSAからはじまり、clockwork planet、crossroads発売とツアーライブ。1年に限定するとinfinite synthesis3も若干入りますが、とりあえず去年も振り返っているのでノーカンで。
SSA公演は横アリ以来の大きい公演だったので、豪華なセトリと演出に圧倒されました。ここで1期曲が披露され、最後にアルバム発表があったと思います。相変わらずわからない曲もありましたが、本当に楽しいライブでした。
clockwork planetは南條さんがメイン声優も務めるクロックワークプラネットの主題歌。個人的にはこれまでのシングルの中でも相当好きな方です。ライブで盛り上がる!というタイプではありませんが、曲は凄くお洒落で南條さんの声が気持ちよく伸びる音形で、文句なしでお勧めできると思います。
crossroadsですが、これはさすがに投票曲がメインなだけあって名曲揃い。発売後一番リピートしたアルバムになりました。ツアーでも1期からの話やなんかもしみじみ出ているのですが、ファン歴の浅い僕でもなんだかしみじみした気分になりますね…(笑)ツアーは2箇所4公演行きますが、2公演セットなので実質6時間みたいな感じです。得した気分。MC喋りすぎですが、それも含めていいところだと思います。


相変わらず単推しで1年やってきました。fripSideのほうはまだツアーも残ってますし、あとはどちらも来年の展望が楽しみです。

今年も残すところ2日というわけなので色々と振り返りをやります。

FF11は大型アプデがなくなったと見せかけてなんだかんだ追加が多かったですね。どんなことがあったかは公式HPやもっと大手のブログ参照です。

僕は赤魔道士一本で過ごした1年でした。
1月は試行錯誤しながらオーメン。積極的に主催もして、たくさん負けました。結局欲しかったアムラピシールドが手に入ったのは2月になりましたね。凄く充実していました。
オーメンでアムラピシールドを取れたほか、全部赤で通っていたので赤のAFも強化されていきました。王将が追加されてからは耳飾りだけ取れて、オーメンでかなり強くなれたかなという感じはします。
赤魔道士としては風水士に調整が当てられたことで若干出番が増えました。特にその頃の島隠しだったりは魔回避がぎりぎりだったので赤のフラズルなんかもあてにされました。

その後アンバスケートも、風水士やコルセアを潰すような仕様だったり、連続で赤の出番がある月がありましたね。アンバスケートではアヤモ装備が1月に追加され、赤魔道士にとっては待望の物理装備でした。命中や魔命、被ダメカットやその他物理プロパティがバランスよく配分されていて、従来のカマインテーオン時代から一歩前進しました。ジャリとアヤモの+2も実装され、そのあたりはアンバスケートのモチベーションになりましたね。ホールマーク獲得量調整後はよき金策に。

個人的にはセクエンスとアルマスの2振りが革命を起こしました。ミュルグレスは昨年作って振り回していたのですが、アルマスの破壊力はクセになりますね。
セクエンスを作ったのが8月の頭。作ったと言うと語弊がありますね。作っていただいたものです。赤魔道士一本なので当然島隠しをはじめ、戦力にならないNM戦がたくさんありました。それでも気にかけて声をかけてくださったLSの皆さんには感謝してもしきれないです。ありがとうございました。感謝のロックスタイル。
アルマスは逆にほぼ完ソロでした。元々持っていた85までのところはアビセア全盛期にフレと作ったものですが、90以降は基本的にソロでやりきりました。当たり前ですけど。ミシックでも多大な協力をいただいたので、自力でと言うのは嬉しいもののやや拍子抜けした印象を受けました。VWキャンペーンは頑張りましたね。
ミュルグレスは魔法性能に力を割いているので、殴ることに特化したアルマス・セクエンスの二刀流の火力はそれと比較すると凄まじいです。アヤモの強化、カマイン足購入、アンバス背のオグメ、色々調整した結果赤の殴り性能は相当仕上がったかなと思います。

魔法面では地味ながらケアル装備の充実やオーメンなどでの弱体魔命回り、強化スキルなど。確実に強くなっている実感はあります。

心残りがあるのは年末に実装されたデュナミスダイバージェンスですね。アルマスを作り終えてややログイン頻度が落ちたこと、3日縛りという特性や90分の拘束時間など、ずるずると突入できない時間が増えてきました。結果としてログイン時間そのものも短くなってきてしまい…結局サンドに2回入っただけで終わりになってます。
台場もちゃんと入れれば強化の時間もそんなにかからないのかもわかりませんが、何しろジョブがひとつしかないのも相まってちょっとなんとかしなきゃいけないなぁという感じです。

総じて見ると今年も頑張れました。来年の抱負は来年述べるとして、いい1年だったなということで終わります。

南條さんの5周年ライブ行ってきました。ごすフィフスアニバーサリー「カタルモア」ということで、5年越しに実現したカタルモアの名を冠したライブですね…さすがだ…
18:30開始だったのでとりあえず仕事は定時退社で間に合いました。良かった。クリスマスのみなとみらいですが、パシフィコ横浜の中はとても暖かかったです。

先にセトリから列挙しちゃいます。

blue
believe in myself
飛ぶサカナ
Precious time

0-未来-
今日もいい天気だよ
Gerbera

君が笑む夕暮れ
あなたの愛した世界
黄昏のスタアライト

Simple feelings
idc
リトル・メモリー

雪の華

白い季節の約束
優しくつもる言葉の花
+1day

ゼロイチキセキ
きみを探しに

(アンコール)
スキップトラベル
・R・i・n・g・

(Wアンコール)
カタルモア

光のはじまり


ライブはcatalmoaということもあり、blueからスタート。期待通りです。水音の低音が響いただけで鳥肌ですね。一度聴きたいと思っていたので感動しました。
そこからは3曲続けて明るい人気のある曲。南條さんのライブでは1曲目で静かな曲から、一気に空気を変えるのがほぼ定番ですね。文句なしのセトリです。
続いてNツアーの終盤で歌われた3曲。昨年のツアーを思い出しますね。今日もいい天気だよは言わずもがなですが、Gerberaもかなりいい曲ですよね。南條さんの伸びやかな歌声が凄く合うと思います。
そこからシングル3曲、リリース順ですね。曲目が増えてきて歌わないこともありますけど…僕はあなたの愛した世界からシングルを買っているのもあるし、それぞれに思い入れもあるので聴くといいなぁと毎回思います。

そのあとバンドソロを挟み、衣装チェンジで後半へ。このバンドソロ部分、It'll be dawn soonやヒトビトヒトル、Pledgeなんかの(他にもあったと思いますが)フレーズが織り込まれていて、いつも以上に素敵でした。

後半は人気投票1~3位の曲とのことで。。Simple feelingsはなるほど…なるほど…?idcが2位らしいです。南條さんはそろそろ聴き飽きたでしょうとか言ってましたが、まぁ人気なのは分かります。南條さんって普段「可愛い」を前面に出さないんですが、だからこそあの創られた可愛さに魅了されてしまうんでしょうか…今回の一言は祝5周年!でした。リトル・メモリーはかねがね人気が有ると言われていたので納得ですね。間奏で一旦カットしてプレゼント配布タイムがありました。10円のチョコです。南條さんの心配りですね…
リリース時期の関係上冬曲が少ないからかカバーの雪の華。これは予想外でした。そこから白い季節の約束、バースデーライブで宣言したとおり、約半年越しに果たされた「約束」…前半は盛り上がる曲が多かったですが、このあたりはもう地蔵ゾーンですね。ライトを振ることも邪魔に感じるくらい。
優しくつもる言葉の花、僕のFC町名にも含まれています。アンケートでも投票しました。東京1/3650以来でとても嬉しいです。+1dayもあれ以来ですね。
残りのシングル2曲をやってあっという間の終了。本当に短く感じました。

アンコールは八木さん一押しのスキップトラベル。ラジするを彷彿とさせますね。更に・R・i・n・g・とここは今年のツアーのハイライトと言う感じ。・R・i・n・g・はツアーの方が感動した気がします。色々な曲を意識しているとのことですが、このライブ中他の曲で少しそれを感じるところはありましたね。

ダブルアンコールで取っておきのカタルモア。森藤さんのキーボードと南條さんの歌声。今までのツアーでもこういう編成は毎回取り入れられていますがこれまでの比ではないくらい心に刺さりました。ライトを振らないどころか消灯する人がたくさんいて、一心に南條さんの歌に集中していましたね。カタルモアというアルバムを見返してびっくりするほどやりたいことが変わっていないと言う南條さん、だからこそあれだけの…カタルモアはこれまで何度かツアーでも聴いてきましたが、それとはまた格の違う表現でした。終わった後の拍手はこれまでにないほど長かったです。盛り上がり重視な感のある声優ライブでこれだけの空気が作れるというのは凄いことですね…
最後の1曲は最新シングルの光のはじまり。南條さんには「光」がよく似合う。ここで森藤さん以外のバンドメンバーがステージに集まるところで、最初(5年前)一人で始めたアーティスト活動からたくさんの人と歩んでいる現在への変遷を表しているそうです。僕も5年前からファンをやっているわけではないので途中から集った一人なんですが…今この場にいられて良かったなと思いました。

今回の衣装はややフォーマルな2種類。縞のスーツ風のも黒のワンピース風のもという表現であってるのかわかりませんけどそんな感じ。南條さん白いので黒が入った方がかっこいい気がします。白衣装もいいんですけどもねー。可愛いって言われたときの反応がまた可愛い。
お土産はワッペン。物販は全部買いました。ラバストが生憎品切れもあったのでこれは通販ですね。

ソロライブはMCが少なめ。ステージ全体や歌に表現したものが現れてるからでしょうか…一人では無駄な話をしないからでしょうか…
5周年ということでバンド紹介なんかも強要されて祝福の声が。客席からも度々祝福がありましたが、それ以上に南條さんに感謝の気持ちが込み上げてきました。

一番印象に残ったのはblueとカタルモアですね。やっぱりcatalmoaなんですね。
5周年一区切りで、また6年目からは1から。また次の区切りでも出来れば。僕は南條さんを追いかけ始めたのがあなたの愛した世界からなので約3年ということですね。会場には勿論2012年の12月12日からファンの方もいるわけですが、僕も僕なりに南條さんの世界に浸ってきました。南條さんは他のアーティストのところに行ってもここに戻ってきて実家のように思ってくれれば、と仰ってました。もう既に実家のように感じる南條さんのソロライブです。これからも応援しています。ありがとうございます。

折に触れて書いていますが、南條さんのプロ根性が好きです。物凄く努力してることはラジオとかで言葉の端々に現れていてもそれを誇らないところ。言葉に込められた想い。計算された可愛さ。考えすぎるところが自分の悪いところというくらい、多分とても頭のいい方なんだと思いますが、凄く自然でフランクな振る舞い、なんかもう表現できませんがとにかく凄いんです。憧れている側面が強いのかも知れませんが、CDを聴く度、ライブに行く度、どんどん好きになっているのを感じます。言葉には出来ないんですけど…

あんまり書いてもまとまりっこないので終わりにしておきます。やっぱり南條さんだなとひたすら感じるライブでした。
5周年おめでとうございます。ありがとうございます。

今回からミューズとアクアのイベント順番が入れ替わりました。そして満を持してクリスマスガール絢瀬絵里ですね。

Screenshot_20171218-224745
Screenshot_20171216-125710
Screenshot_20171216-125718
Screenshot_20171217-170402
Screenshot_20171217-170449
Screenshot_20171218-224755
Screenshot_20171218-224803
Screenshot_20171218-224843
Screenshot_20171218-224848
Screenshot_20171218-224858
Screenshot_20171218-224905
さすがにフレンドも大分走ってますね。ラブカストーン12個割ってなんとか10万ポイント、絵里3枚取りまで走れました。
久しぶりに3枚取りだったんですが、やっぱりしんどいですね。スコアマッチはLP消費が遅くて、そんなに割ってないのになかなか大変でした。
にこと絵里なのでBiBi曲の割合が非常に多かったですね。なかなかいいイベントでした。


あとはボックスガチャ引いてきました。新スキルが強いのかどうかよくわかりませんが。
Screenshot_20171205-163422
1発目から撮り忘れたのでこれが2回目、絵里UR引いたので限定ボックスは終了。

次も撮り忘れ。
Screenshot_20171205-164242
Screenshot_20171205-165424
Screenshot_20171205-165958
Screenshot_20171205-173056
Screenshot_20171205-173222
Screenshot_20171205-173253
Screenshot_20171205-173323
Screenshot_20171205-173909
Screenshot_20171205-174026
Screenshot_20171205-174137
Screenshot_20171205-174719
なんとか引けました。
Screenshot_20171205-173914
この辺でかなり辛くなったけど、新規UR、それも絵里で引けたので良かったです。生のラブカストーン課金はせずに済みました。

Screenshot_20171205-164259
Screenshot_20171205-174732
Screenshot_20171205-174744
Screenshot_20171211-202136
Screenshot_20171216-125615
他のガチャとか。URが1枚出ているのでいい感じです。まだプレボですけど。

Screenshot_20171206-121234
Screenshot_20171209-013709
Screenshot_20171216-012945
Screenshot_20171216-012953
Screenshot_20171216-013000
各種キャンペーン等々。アニメ放送記念は除いていますがそれでも結構な量ありますね。

1週間以上更新がなかったのは初めてな気がします。

6日・武蔵小杉非公認
使用とある科学

1回戦 敗北
リゼロ扉門、先攻。確か両手に花構築ですね。こちらに特に悪い部分はなかったと思いますが、キャンセル差と最後は綺麗にラムで詰められて負け。焼きがあるので花はなんとでもなるんですけども…序盤のCXの位置には割りと苦しめられました。擬似リフレッシュを活用できなかったのは敗因のひとつでしょうね。

2回戦 勝利
ガルフレ扉2001、先攻。この試合もかなり押し込まれていた気がしますが、最後は佐天連パンまで持っていけたのが良かったと思います。ちゃんと佐天や屋根下出せれば詰めはあるんですけどね。

3回戦 勝利
SAO扉電源、先攻。完全にご都合WS。2に上がってコンソールしたら早出しだったので連動で焼き、割られて次のターンに擬似リフ、追加ドローで再び早出し。正直引きだけという感じでしょうか。

4色超電磁砲、大変汚い構築ですが回してて楽しかったです。fripSide幕張で超電磁砲のモチベーションが上がったので使いましたが、まぁこんなものでしょうかね。


13日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
後攻でガルフレ8風。押し込まれていましたが、最後3スキップさせてなんとか勝利。1/0の鞠利がCXトリガー込みでパワー14000とか出していて驚いた。完全に配置ゲーですが、終盤どんどん押し込めるのは楽しいデッキですね。

2回戦 敗北
シンフォギア門電源、先攻。とにかく押し込むことを意識して面と手札を枯らしやや有利な展開。最後いい山を作っていたつもりですがドラ載せたアタックに耐えられず負け。あそこでルビィ拳持ってれば山切れ勝ちに持っていけてたので未熟さを感じました。あとは純粋に残り6点の詰め打点で3-3-2or3を作ったら全部ドラ乗ったのもダメですね。ドラ考慮して面作らないと。あとは美夏打たせるフロント余計だったかなぁ。

3回戦 勝利
物語扉宝、後攻。押し込まれていましたが逆に我慢できたゲーム。2に上がって梨子クロックに置くのをあえて諦め登場させ、花丸連動などで盤面と山を整えられました。全体的に落ち着いて展開できたと思います。

2-1、2回戦では最後不慣れさが出たかなと思います。反省ですね。


15日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
先攻でサンシャイン扉ストブ。ミラー辛いです。1-6からクロックして2に上がったときにハンドがレベル3と赤のカードだったため3パンが怪しい状態。失敗したら1パンの覚悟で集中し暁回収からなんとか3パン。山もかなり薄かったですがいいキャンセルだったのと、島風行ったところへ相手のルビィ拳のお陰で山が削れてなんとか立ち直り。レベル3を溶かして勝ち。ゲーム展開自体はどうにも劣勢でしたが、ここぞの捲りのお陰でした。

2回戦 勝利
SAO門電源、先攻。序盤から優位に動いていたものの相手の低コストヒールと波状連パンで追いつかれ、善子バウンスも併用した詰めも届かず。返しの山が薄かったところに波状連パンの構えだったので負け覚悟でしたが、相手がアタック順を間違えるプレミがあったため何とか生き残り勝利。ありすさんにしては珍しいですね。

勝った心地のしない2戦でした。精進します。


16日・武蔵小杉歌合戦
使用8炎

1回戦 敗北
美波門と無連動電源、ようちかという組み合わせ。後攻。輝きあずさなんかも入っててガチ構築です。互いに山がひたすら早くてなかなか打点が通らずいい試合になりました。花丸早出しが小梅と相まって連動を連発していましたが、最後は2キャン後8戻りの山に曜バーン+本体の5点が素通りし負け。というか握るべきは椎名ではなく美夏でしたね。

2回戦 勝利
ミク宝と赤ストブ。後攻。相手の山が薄い瞬間が多かったのでそれに乗じて打点差をつけていきます。最後宝連動3面から実質6パンくらいましたがそのうち5箇所をキャンセル(ほぼピタキャン)しレベル2のまま勝利。あそこまで強いキャンセルはもうない気がします。

3回戦 勝利
サンシャイン扉ストブ、後攻。相手3-0からリフ1込みでちょうど叩き込んで勝ち。ノーブラ希とショットトリガーでの打点調整が活きました。道中は完全に押し込まれていましたが曜バーンの乗り方なども幸いしたでしょうか…1回戦とは逆に拾った試合になりました。

2-1、デッキ自体はいい感じでした。前日に家にあるもので組んだんですが、スタンだとやれることが多くて楽しいです。後攻辛い。


17日・横浜アメ歌合戦
使用8炎

1回戦 勝利
美波門とみくストブに電源タッチのスタン、後攻。トップレベルバーンもありました。手札がレベル3だらけになる事故で1に上がってから1パンになりました。何とかそのあとのキャンセルで繋いでようちか早出しからゲームを戻し、そのまま押し込んで勝ち。ようちかが握れたお陰でした…

2回戦 勝利
先攻でシンフォギア門ストブ。非常召集でCX1枚、2落下パワーパンプでCX2枚、ファーストトリガーCXと相手が大事故起こしていたので2ターン目から海未や穂乃果で3パン。1で貼ったCXが貫通し、その後もようちか早出し。ボトム2枚CXの場面もあって相手の山が薄かったので終始優勢でした。クロ2でレベル上げて曜と武蔵2面勝利。

3回戦 勝利
後攻、サンシャイン風+2。1で2パンになる場面がありましたが相手も2パン。お互い下振れです。先の早出しで綺麗に面を作り、8戻りから炎連トリガーしましたが結果的にこれで相手の打点を押し込めました。美夏で大きい打点を回避し、そのまま山を気にしつつアタック。ルビィ拳4落下でCXがかすらなかったのは大きかった。残り3点山2枚で両方キャンセル要求の武蔵+ショットトリガーで押し切りました。

1・3戦目であまりシステムが引けず酷いゲームをしましたが、結果はなんとか勝ちになりました。ショットトリガー楽しかったです。
パックは2日ともサンシャイン・シンフォギア・デレマスという組み合わせ。シンフォギアとデレマスを集めているのでありがたい限りです。来月のモノトーンも出たいですね。


KIMG0502
買い足したのは椎名だけです。輝きあずさ欲しい。

このページのトップヘ