とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2018年08月

ツイッターで何となくつぶやいたものですがここに掲げて供養しようかと思います。

まず本題前に、2018後期の制限改訂が発表されました。新規での更新はBDの「キラキラを求めて香澄」が1枚制限、SEの「着替え中のシリル」が制限解除の2点だけでした。

注目されていたところはなんといっても前期環境を席巻したバンドリとラブライブサンシャインの制限がどうなるか、だったと思います。バンドリは初期こそハログロなど複数の型が見られ、「バンドリは数が多いけどデッキタイプがばらけているから制限のしようがない」というのが一般的な意見でした。ゆきなバーンは公開当初から強いと目されていましたが実際に運用するにはコストが重く、本門などでの使用者はいたもののそのスペックを活かしきれずにいました。

そんな中BCF大阪での上位レシピに並んだバンドリは「ハッピークリスマス♪香澄」の連動で「蔵の中にあったもの」を回収再利用し毎ターン多面連動することでストックを使わず山削りとハンドの確保を両立し、更に相性の悪い「イラつくあいつ」を投入してゆきな多面に耐えうるストックを積むデッキでした。どんな山にも対処する「がんばれパン」「市ヶ谷有咲」による貫通能力の高さと、ストック圧縮を得意とするひなろじも「ステージ牛込りみ」で多面処理できる隙の無さ。ここから蔵ゆきなは時代の最先端として象徴的なデッキとなり、バンドリといえば蔵ゆきなという構図が固まりました。

そんなバンドリへの制限は強さの源泉とはいえシステムカードの1枚制限のみで、根本的な圧力はかからないと言えるものでした。後期もバンドリ、特に蔵ゆきなを中心としたデッキは環境の中心としてこのまま居座るでしょう。
蔵ゆきなの強さは動きをメタることが難しいこと。どんな山でもゆきなバーンのフィニッシュには耐えられない…と思われがちですが。そこで蔵ゆきなを徹底的にメタった今回のデッキを提案します。

あくまでこれはネタなので適当に読んでください。机上ですし絶対に組みもしないと思うのでその点ご留意ください。
screenshotshare_20180826_013753

画像はUtool様を使わせていただいています。

デッキレシピ

レベル3(7)

2 あなたへのプレゼント 絢瀬絵里
4 僕たちはひとつの光 矢澤にこ

1 Happy maker! 星空凛

レベル2(5)

2 SUNNY DAY SONG 園田海未
2 Angelic Angel 南ことり

1 Angelic Angel 星空凛

レベル1(13)

3 生徒会長 絵里
2 夏祭りデート 矢澤にこ

3 いまが最高! 星空凛
4 いまが最高! 小泉花陽

1 答えを見つけて(自由枠)

レベル0(17)

1 名案 絵里
4 Angelic Angel 東條希
4 私たちはスクールアイドル! 矢澤にこ
4 いまが最高! 絢瀬絵里

4 いまが最高! 南ことり

CX(8)

4 本当にやりたいこと
お好きな色
4 僕たちはひとつの光

それではレベル0から採用理由と回し方。

蔵ゆきなの軸はボトム相殺になるので、まずそれに強い画伯をアタッカーに据えます。文句なしに強い画伯ですが、箱PR産なので手に入りづらさが問題。4枚で1万飛ぶ気がしますが気にしないで買って下さい。
バンドリは1枚でL1/3500を踏めないのでこれで安心。更にさよさんを絶対葬るために500の特殊相殺を4投。控えに落ちたときの暁は機能停止する恐れがあるので、CIPの緑暁を採用します。0のアタッカーを緑に染めているので序盤は活躍が期待できます。ただ緑のキャラは24枚なので、手を切る手段と山を削る手段と割り切ります。集中は素引きしたいので4枚。ボトムにキャラを送られた場合それを有効利用したいので、山を混ぜてしまう凛ではなくことりを採用しています。暁で回収できる集中というのと、ワンチャンス逆圧縮の効率を高めてくれる名案をピン刺し。

レベル1は生徒会長の連動を狙います。2ルックしていない場合、山ストブから1パン目でテキストしゃべって不確定山を削るのが基本でしょうか。連動喋ると相手のイベントを使用不能にできるため、これを毎ターン使うことを目指します。一般的には死にテキストですが、バンドリの場合デッキの1/5を機能停止に追い込むという極悪非道な効果。
蔵連動は自力55/65/75に後列でパンプを振ることが多いですが、このラインを多面弾くため意識して65花陽と20拳を多めに、更に暁で引ける全体500を採用しています。まぁ蔵が握れなければ山が削れないだけでなく通常L1アタッカーを4枚だけにしているのでそれが回収できず、全面チャンプか殴れない面があることさえ当たり前だと思います。
85の絵里はまず触られない(どうせ手アンありますが)のと他も届かないのであれば手に余裕出るのでイベントを1枚入れてみましたが、これは自由枠だと思います。連動を毎ターン打つ前提なので僕光は扉より門がいいかもしれませんね。
バンドリのレベル2は1の延長が基本ですのでこのままアドを守ります。相手がさよ早出しあたりを使うならガッツンダー。助太刀は逆圧縮ゆきなワンチャン勢に対するせめてもの抵抗で2枚と多めにしています。

レベル3は相手にリバース回避テキストがないので通常通りクロシュがメイン。こちらも相手の攻撃を回避できませんが、上振れてる相手には助太刀ロックされるので関係ありません。
まずイベントメタがしっかり機能していた場合、相手は手のイベントをクロックに置くかコストで切るしかなく、山削りとハンドソースの確保のため集中使用・イラつく使用不可でストックも枯れていると思います。とはいえそう都合よくロックし続けられなかった場合は途切れたところのイラつく連打でストックを積まれると詰んでしまうため、光景内蔵のクリスマスを2枚。緑なので暁に引っかかるのもポイントです。中盤ぐだぐだなら逆圧縮も決めてクソゲーしましょう。

以上、現環境トップを最大限メタるために考えたラブライブでした。これはラブライブも環境ですね。
メリットはここまで書いた通りですが、デメリットがあるとすればバンドリ以外の対面ではまずパワーで押し切られて勝てないことだと思います。対面にバンドリを持ってくる技量が求められます。潔く光景逆圧縮だけ握ってクソゲーに徹しましょう。
またバンドリ対面にしても相当都合よく動かないと最後のゆきなバーンだけで試合を捲られる可能性があります。ゆきなが出てきたら潔くお祈りしつつダメージチェックに入りましょう。

これは机上ですが蔵ゆきな対面に負ける気がしないので、誰か作ったら僕の蔵ゆきなと対面して気持ちよくなってください。
よろしくお願いします。

今月もお疲れさまでした。

Screenshot_20180805-022931
Screenshot_20180805-022939
Screenshot_20180805-022946
Screenshot_20180805-022955
Screenshot_20180805-023001
Screenshot_20180801-222421
Screenshot_20180801-222428
アクアはマカロン。

Screenshot_20180819-014051
Screenshot_20180819-014101
Screenshot_20180819-014106
Screenshot_20180819-014111
Screenshot_20180819-014122
Screenshot_20180816-220603
Screenshot_20180816-220558
やっぱりことりちゃんは可愛い。
思ったよりボーダー高かったですね。なんだったんでしょうか。


Screenshot_20180801-121211
Screenshot_20180803-124241
誕生日は千歌と穂乃果。

Screenshot_20180802-215900
Screenshot_20180802-220117
SRしか出ませんでした。

Screenshot_20180805-202543
Screenshot_20180805-202622
Screenshot_20180805-202652

あとなにやら記念のステップアップ勧誘。
ステップ5でよかったのに無駄に6引いたら2枚抜きしました。これはいい引き。
地味にことりのURは初めてです。これだけUR持ってるのにね。

Screenshot_20180806-195157
なんだかURの出がいい1か月になりました。
育成放置してるからなんとかしないと…

オフシーズンですがWS大会結果。


8日武蔵小杉ラボ非公認
使用サンシャイン扉電源

1回戦 勝利
先攻、冴え風門。扉をめくらなかったので初風も困らず。綺麗に回って綺麗に強いサンシャインでした。

2回戦 敗北
後攻、サンシャイン扉電源。ミラーでしたが前半からCXの位置が悪く厳しい展開。後手に回るとしんどいですね…デッキを握りなれてない故のプレミもありました。

台風の日でしたがいいWSでした。どうにもラッシャイはモチベがこう…もう一歩…


10日武蔵小杉ラボ非公認
使用バンドリ本門

1回戦 敗北
後攻、まどか風宝。山の速さが売りなんですがなんか確山ができてたり微妙な感じ。強力なクロシュをかわす術がないのもなんとも…

2回戦 勝利
後攻、バンドリストブ宝。いわゆるハログロ。そこそこストック圧縮かけてとかそういうのより相手の山が緩やかでした。

3回戦 敗北
先攻、物語宝扉。ひたすらこちらに強いところがなかったです。最後椎名で3キャンしたところだけは良かったけど他は終始相手のペースでした。

ゆきな軸にしてみたけどだめですね。解散して蔵になりました。


11日バンドリーグexpert
使用Roselia

1回戦 勝利
先攻、島風本門。ひたすら横の貼りあいになりますが、ここは山速度の差もありました。互いにゆきなバーンを飛ばし合って互いに耐えるRoseliaらしい感じ。

2回戦 勝利
先攻、4ルック本門。かなりしんどかったですが相手がリフ後に連トリしたこともあって押しこめました。1のキャンセルが強すぎてちょっと長考してしまい反省。

3回戦 勝利
先攻、4ルック本門。序盤からCXを異常に引き、レベル1スキップでハンドにCXが4枚くらいある状況。あきらめてクロックにCXをたたき何とか7戻りでケア。それでいて2もスキップされたので負け覚悟でしたが相手も後列が立っておらず打点は差がつかなかったのが幸いでした。3‐2からゆきなバーンを耐え相手の3をスキップさせ勝利。99%負け覚悟だったので不思議の勝ちでした。

4回戦 敗北
先攻、4ルック本門。比較的こちら有利の展開。相手が途中で2パンになっていたり。3‐6まで押し込んでおきながら2-4から11点ぶち込まれて負け。ロゼリアの捲り筋って感じですね…山も普通に堅い方でしたが電話を握らなかったのが悪いというところでしょうか。

シングルエミリネーションで4回戦勝てば決勝トーナメントでしたが、3戦目の揺り戻しで最終戦に負けてしまいました。惜しかったなぁ…悔しいですがどうにもならない負け方なので仕方ないと思います。3戦目捲ってくれただけ頑張ってくれたと思います。


11日武蔵小杉ラボバンドリーグ
使用Roselia

1回戦 勝利
後攻、ポピパ扉電源。蔵セットと新弾電源。最後相手がバーン喋り忘れて拾いましたがデッキが疲れていてキャンセルゆるゆるでした。

2回戦 敗北
後攻、アフロ宝2002。まぁ疲れてるのはプレイヤーなんですけどね。大きい打点綺麗に止められました。

3回戦 勝利
後攻、ハロハピ風炎。新弾と相殺の炎。相手が10点くらいの確山さらしたのでそこにCX貼った打点たたきこんで勝ち。ボトム送り忘れたのは雑魚。

なんとか勝ち越しが精いっぱい。


15日武蔵小杉ラボ非公認
使用シンフォギア炎ストブ

1回戦 勝利
先攻、冴え宝電源。ひたすら相手の面に圧力をかけてリソースをからしていく動きが出来ました。最後3‐5から連パンの2‐2を耐えて勝利。

2回戦 勝利
先攻、バンドリ扉門。蔵ゆきなでした。序盤に相手がキャンセルしすぎたのもあって面が保てて楽に展開できました。ストックを積みすぎないようにだけは注意。相手のプレミもあったのでその優位を保って押し切り。

3回戦 敗北
後攻、サンシャイン扉電源。早出しへの対処は綺麗にできたと思います。2になったターンに美夏で後ろを焼き前列に相殺。相手の確山に押し込んで打点有利に立っていただけにもったいなかったです。ルビィ拳握っているのはわかっていたのですがアタック順を間違えてCX持ってかれたのはプレミでした。

2‐1、バンドリもラッシャイも微妙なのでシンフォギア使っちゃいました。1か月ぶりですが気持ちいですね。


9‐6でした。シンフォギアで2‐1、バンドリ(グスタ)で1‐2、ラッシャイで1‐1。バンドリーグは5‐2で健闘したと思います。
先攻8試合。ほぼ半分。

後半はいいデッキを探したいと思います。

とても簡単に感想など。
ちゃんとした感想や考察はほかの人のブログにいいものがあるのでそっちでどうぞ。

Rは新生Roseliaとしては1枚目のシングル。曲調はこれまでのロゼリアらしさもありつつやや大人な印象があります。出だしのベースがもちろん聴きどころなんでしょうけど、個人的にはやっぱりロゼリアはキーボードだなと思っています。とてもおしゃれです。楽器だけのアウトロのない終わり方が特に気に入っています。明坂さんは最後のシングルとなるんでしょうけど、だからこそ最後はキーボードが目立つんでしょうか、というのはさすがに嘘ですが、なにはともあれ大好きです。
ロゼリアのボーカルはポピパなんかに比べるとゆきなワントップ…ではありますが、綺麗なコーラスも持ち味。というかコーラス多いですよね。
更にRはBLACK SHOUTばりに全員ワンフレーズもらっています。1番2番と大サビの前にもありますね。4人とも声が綺麗でもっと聴きたい。特に明坂さんの(りんこのイメージからは)ギャップのある力強い声と工藤さんの神経質そうなレガート気味の音の作り方が良い。さよ推しなので。中島さんと櫻川さんについてはキャラとのギャップが全くないですね。相羽さんは言うまでもないです。
そんなわけでだいぶハマりました。最初聴いたときは攻めてるけどいまいちピンとこないなと思っていたんですが、ちょっと聴いてたらあっという間に落ちました。スルメだった…
文句なしの100点でしょう。

BLACK SHOUTとNeo-Aspectのリマスターも収録されてます。前者はライブっぽいアレンジに、後者は声を差し替えただけなのかな?新生ロゼリアにこれからも期待です。MVとライブ映像も万歳。


Pastel*Palletsのもういちどルミナスも買ってきました。
こちらはパスパレ2章の表題曲です。丸山の可愛さが存分に感じられるでしょう。しゅわどりやゆらゆらに比べるとこれもパッと聴きよりは繰り返し聴いて良さがにじむ曲だと思います。
個人的に楽曲の好みはロゼリアが一番、パスパレが次点、数打ってあたるポピパの順です。というかパスパレは事務所が作ってる曲なので洗練されてるに決まってますからね。R周回しつつ箸休めに聴くと無限にごはんが進むと思います。

SURVIVORねばーぎぶあっぷがカップリング。丸山ワントップのルミナスに比べてこちらはパスパレのワイワイ感全開。素晴らしいバランス。サビ前のせーの可愛すぎない?可愛すぎない?パスパレ大丈夫?歌詞もいいですね、パスパレ2章の内容と微妙にかみ合ってる気がします。こちらもMVとライブがついてて万歳。


2枚とも沢山聴いてます。皆さんぜひ買ってください。

北海道でやっているジョインアライブに行ってきました。ごきんじょるの友の会とfreakSideの共催。3連休の最初2日間がfreakのファンミとフェス、後半の2日間がフェスと友の会のファンミという形で、もちろん全日参加が希望でしたが抽選を外して残念ながら前半だけの参加になりました。
まぁできればさっさと記憶が新鮮なうちに書いておきたかったんですが、書いてる途中にPCが吹っ飛んだので今頃書いているわけです。

初日は羽田集合。いかにもって感じのオタクが集まっているので一目でわかりますね。13万円の旅の始まり…
微妙にわかりづらい案内でしたが無事に飛行機に乗り新千歳へ。そこからバスで2時間くらいでしょうか、キロロトリビュートホテルへ。しばしの休憩。

夜のファンミーティングは夕食を取りながら。席順は抽選です。入る前にくじ引きでしたが、ここは素晴らしい運を見せて3-2。4卓ずつなので最前中央の、更に内側から1番なのでちょうどステージに限りなく近いところ。
同じ卓には何人か強いオタクがいたのでその辺がうまく取りまとめてくれるので、僕のような弱い一般人はこっそりと生きています()

ライブ前半
an evening calm
message
Two souls -toward the truth-
悲しい星座
everlasting

アコースティックなのでそれに合わせてバラード調のもの多め。Two soulsはそれはそれで新鮮で、これは来たかいがあったなと思います。messageは激レア曲ですが改めていい曲だと思ったのでもっとやってください。悲しい星座も実は生では全然聴いてないのでいいもんですねぇ。
MCもぐだぐだでとてもよかった。めっちゃバンドもとちってて、それがまた微笑まs…「最高のライブでした!」
八木沼さんがお客さんの魚食べてるし。

ぐだぐだトークとプレゼント。星野さんのいない理由とか。
ポストカードを南條さんの手渡しと八木沼さんの握手を前の卓から順にやっていってくれました。最初の卓は心の準備ができていなくて受け取って終わりという感じでしたが、だんだんイベント慣れしている人が会話するのを見て準備が整った後ろの方の人や悪ノリがエスカレートするsatさんのおかげでだいぶ長くなってました。それでもサクサク進む南條さんと八木沼さんの差は開いていく一方。

その後南條さんは引っ込んで、八木沼さんとバンドメンバーが登壇。そのまま後半パートへ…

ライブ後半
Answer
divine criminal
Secret of my heart
whitebird
brave new world

2曲そのまままさかのフルコーラスでさとし歌唱。ばんばん客席に振ってくるもののAnswerやdivine criminalの歌詞をスラスラ歌える人は(バンドメンバー含め)いなかった…
改めてfripSideのバラードはいいなと思いました。最高でした。これは13万円の価値あり。
来年はアコースティックアルバム出すらしいです(本当に?)

最後に記念撮影をして終わり。
本当にいいファンミーティングでした。

僕は特段知り合いとかもいないので適当にソシャゲしたりして就寝。同じ部屋に人がいるとこんなにも寝にくいものか…

2日目はあいにくの雨。結構本格的に降ってました。
朝会場に放り出されるので雨の中適当にステージを観覧したり雨宿りしたり食事をとったり。ロックフェスってやっぱり新鮮。特にfripSideの1個前のところがやばいロックだった…

white forces
divine criminal
sister's noise
crossroads
Two souls -toward the truth-
killing bites
only my railgun

王道セトリですね。divine criminalは南條さんバージョンとしては初。というか初披露が八木沼さんというのがレアすぎた。crossroadsがちょっと変化球で驚きましたが良かったです。
まぁどんなセトリ来ても良かったって言うんですけどね。

そんなわけで新千歳から羽田へ帰還。雨で結構体力消耗しましたが、楽しかったです。やっぱり友の会の方も参加したかったところですが、抽選ばっかりはどうしようもないですからね。
岩見沢公園なんてこういうツアーでなければまず行かないので、いい経験が出来ました。

1か月遅れになったので何書くつもりだったか割と忘れてきてましたが、これでいいということにしましょう。お疲れさまでした!

このページのトップヘ