とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2019年11月

久しぶりに雑記というか、定期以外の記事を書こうかと思います。
スタァライブの感想も別途書きます。


ツイッターなんかではたくさんつぶやいてるのでご存知だと思いますが、「少女歌劇レヴュースタァライト」というコンテンツにだいぶはまっています。昨年のTVアニメから始まりすっかり魅了されてしまいました。
まぁTVアニメからというあたり私自身もいわば「にわか」なわけですが、にわかなりに色々オススメしたいと思います。

まずスタァライトってどんな話?ってのは公式サイトを見てもらえばいいとして、色々あるけど何から手をつければいいのか?を書いておきましょう。

全部オススメなんですけど「初心者に優しい」という基準で無理やり差別化して5段階のオススメ度とします。


①TVアニメ オススメ度:☆☆☆☆☆
昨年放送されたテレビアニメ。全12話。舞台とアニメの2層展開式が売りのコンテンツなのでこれも大事な「層」です。私がそうであったようにここからファンになる人が多いんじゃないでしょうか。
敷居の低さは言わずもがなですが内容も素晴らしい。学園コミックものかと思いきやかなり伏線が丁寧に仕込まれていて2周3周としたくなること間違いなしです。
1話Aパートが乗り越えられるか?と6話が乗り越えられるか?の2箇所が躓きポイントですかね。7話まで見てくれと散々言ってきましたが2020年総集編劇場版が来るとのことなので、今後はこちらのほうが良いかもしれません。
たびたびYouTubeに無料公開されるので是非。

②ミュージカル オススメ度:☆☆☆
大まかに#1と#2、それとリバイバル公演があるという感じ。2部制でミュージカルとライブのセットになっています。もともと舞台が先なのでこちらが先でもいいと思います、というか正当ですね。男性は舞台を観に行く習慣がないので敷居が高いのが難点。女性ファンが多いのはやっぱり舞台先行だからでしょうか。
#2のリバイバル公演から行くようになったので本当に最近なんですが、本当に#1を観ていなかったのが悔やまれるくらいに面白かったので是非とも一度行っていただきたいと思います。千秋楽はLVもあったりするのでそちらが最初はいいのかな?

③ライブ オススメ度:☆☆☆☆
スタァライブは3度開催。2ndから行っていますがどちらも現地だけは飽き足らずディレイまで行ってしまいました。ライブに行くオタクはたくさんいるのでこちらのほうが行ってみようかなという気になる人が多いと思います。
ただし楽曲の予習をしておかないと十分楽しめない可能性があるので、ここは舞台に比べて難しいところかも。楽曲数もかなり増えておりシングルを集めるだけでそこそこ大変な域なのですが、BD楽曲なんかも放り込まれたりするのでどうでしょうか。
導入としては「星のダイアローグ」「StarDivine」「ディスカバリー」の知名度がひとつ抜けているのでこのあたりですが、個人的にはディスカバリーを推したいと思います。振りが芸術的ですね。電車ごっこするところが大好きです。
後半ブロックは舞台を意識して殺陣を交えるような演出も多く、ミュージカルへの導入も担っているように感じます。ブシロード上手いな!私も見事に釣られました()

④ゲーム オススメ度:☆☆
「少女歌劇レヴュースタァライトReLIVE」が配信中。聖翔音楽学園だけでなく凛明館女学校、フロンティア芸術学校、シークフェルト音楽学院と魅力的な3校が加わります。24キャラそれぞれにいいところがありきっとお気に入りの子も要ると思うので聖翔だけよりもスタァライトを楽しめるきっかけが多いと思います。
オリジナルストーリーもなかなかいいシナリオで、スタァライトの世界観そのものですね。ゲームの操作性としては概ね満足で、プレボが溜まる以外は気に入っています。
ただしキャラの追加速度が他のゲームと比べて(体感ですが)異常に早く、またキラめきフェス(星4排出2倍)をほぼ常時開催、またガチャチケットなどのお得なパックも乱発しており、この辺の集金根性がちょっと強すぎるなというところが残念。課金するのは吝かではないものの、あまりに早い追加でインフレが進みコンテンツの寿命が縮んでしまわないかが心配です。
ゲーム自体はオススメなんですが、導入としてはアニメか舞台のほうが無難でしょう。

⑤ヴァイスシュヴァルツ オススメ度:☆☆☆☆☆
ヴァイスシュヴァルツはブシロードが誇る次世代エンターテインメント。自社製品の第二弾恒例?の多彩で強力な追加弾が出て一躍環境に躍り出ました。
スタァライト以外にもきっとお気に入りのタイトルが参戦していると思うのでとりあえずカードショップに行きましょう。
たまにやばいオタクもいるけどそれはどこの界隈にいますので気にしないでください。でもTCGは1対1で対面する分やばいオタク踏むと辛いんよな…


以上、パッと思いつくコンテンツ別にちょろっと書いてみました。
来年からは「総集編劇場版」「新作劇場版」「#3公演」とすでにわくわくする情報が並んでいるので今からでも遅くないです。スタァライトされちゃってください。
とりあえずYouTubeでスタァライトチャンネルをチェックしておきましょう。

多分今期一番の苦い地区になりました…


WGP名古屋
先鋒:RSL(8扉) 中堅:BD(8電源) 大将:BD(8扉)

1回戦 個人敗北 チーム敗北
×SG炎電源 ×LL ○SHS
後攻。序盤打点いい感じに弾きつつ押し込んで打点先行。こちら1でリフ直後、手札5枚程度のところで相手の初風を考慮して集中捻ったのですがこの辺から怪しい。素直にクロックドローが板でした。案の定扉を噛みまくり山が弱くなった挙げ句あまり意味のないツインドライブを使ったり無限に自滅ルート。最後相手が山薄くなったのを見て連動走ったものの中盤の失敗が響き微妙に手札不足、うっかり初パン初風踏んで打点無効。一見初風踏んだのが失敗に見えますが実際は3落下拳拾っていたのでそれは正解でバーンコスト払ったのが失敗、と見せかけてその前に2落下まひるではなく集中を捻らなかったところから崩れていたのでもう何がなんだかという状態。とにかくチーム戦でやっていい内容ではなかったです。

2回戦 個人勝利 チーム勝利
○RSL扉電源門 ○RZ ○NR
先攻。ミラーでしたが序盤から打点叩けて理想展開。あとはクロック通過とヒールで晶で即死しないクロックを維持するだけでした。

3回戦 個人勝利 チーム勝利
○Fjm8電源 ○FS ×KMN
先攻。富士見8電源。扉vs電源なのでソウルで押し込めました。きっちりかれひか連動決めて3-1から3点バーンでフィニッシュ。

4回戦 個人敗北 チーム敗北
×JJ電源ストブ ×FS ○RW
先攻。いつハルを無限に決められジリ貧ムーブ。L1上がったターンから先一度も相手の面が居ないという。8扉なので持つはずだったんですが一向に扉を噛まずかと言って集中も当たらずCXどこいったんだ…?状態。アタック消し去る能力も2発言われて完全に打点が足りず沈黙。もっと無理してでもアトス多面立てるとか、やりようはあったはずですよね…

2-2、チームも2-2。とはいえ試合内容が悪すぎるので完全に今回は戦犯かましました。大将が頑張ってくれていたにもかかわらず報いることができず申し訳ないです。

デッキ自体は1週間前の発売から握りましたがCSでも優勝しており正直これまでのシンフォギアと比べても自信のある構築でした。
1戦目は初風戦をあまり練習していなかったこともありますが、一番の敗因はクロックドローを通過しすぎたことだと思います。クロックドローが多すぎる試合はあっても少なすぎる試合はあまりないので敗因がしばらくわからなかったのですが、クロックで無効CXを引き込むのを恐れるあまり過度にクロック通過してしまったのがゲームを歪ませていき最後に繋がったんだと思います。
しかし練度の低いデッキを持ち込んでしまったのも事実なのでここは素直に反省点です。

2地区連続で反省文となってしまいました。

重ねてお詫び申し上げます。


博多は勝つぞ!!

仙台地区のまとめ。
今回はカズマさんとのトリオでした。東京地区でも組む予定でしたが流れてしまい一発勝負に。
使ってて楽しいデッキで行こうということでデッキ選択し臨みます。


WGP仙台
先鋒:Fjm(扉門) 中堅:BD(風電源) 大将:FS(8宝)

1回戦 個人敗北 チーム敗北
×KC ×KS扉ストブ ○Snk
後攻、このすば扉ストブ。相手のキャンセルが強く0リフを決められる一方こちらは2までノンストップ。ついでに確山まで晒して行くスタイル。しっかりCX決められます。電源で面とって千聖FEVER打ちますが引き続き強いキャンセルに手も足も出ず、めぐみんクロシュで撃沈。チームも黒星発進に。

2回戦 個人勝利 チーム敗北
×KMN ○SAO扉電源 ×FS
先攻、SAO扉電源。大阪で対戦した方でした。電源対決なので先に前列固めることを意識し2/2紗夜から面取りに成功。そのまま面を抑え込んで電源の枚数差アドをしっかり取りきれました。

チームは噛みあわず0-2。デッキ選択から間違いだったようです…申し訳ない…

というわけでそのまま僕はバンドリーグ、他は富士見とシンフォギアのタイカプに散ります。


バンドリーグ
使用Roselia

1回戦 勝利
後攻、Zeitシャウト。互いにそれなりにいいペースの試合で相手の詰めを凌いだあとこちらも詰めきれず。相手のクロ2が下振れたおかげで2パンになりなんとか耐え。

2回戦 勝利
先攻、Zeit仮入部員。一番接戦になりました。電話を有効活用して余裕で耐えるはずが思いのほか最後緩くてドラ乗ってなかったらそのまま終わってました()相手のCXが固まっていて1を飛ばしたり2周目が弱かったりはしたのですが4戻りの山とかでもきっちり複キャンセルするなど流れ自体はあまりこちら向きではないなというところでしたが、最後だけはこちらに追い風でした…

3回戦 勝利
後攻、Zeitシャウト。理想展開。3で堅い山を作りネーム電話構え、シャウトを耐えた返しに2面決めて勝ち。

4回戦 敗北
後攻、ハロハピ8風。準決勝だったのでここを勝てばレシピ&盾でしたが惜しくも届かず。1周目からCXが処理しきれずやや苦しかったですが2でも上に固まっており周跨いだ直後に弱い山が完成、2ターン目に貼られたCXでなんとかダイレクト止めたもののレベル3へ。ダメ元でシャウト置いて2-4から3-5まで追い込んだものの2発目の2点バーンがきっちり止まって届かず。返しに狙って引いた電話2発握って面も整えていましたが1発目でバウンス捲られてサーチするも貫通死。ソウル減打っていれば…とかも考えましたが風連動多面だったのでどのみち厳しいところだったでしょうか…


結局あと1勝芸人になってしまいました。
昨年の名古屋地区でバンドリーグ優勝したときは本当サクサク進むというか、思うように進行する試合が多かったのですが、今回はどれも相手のキャンセル強いなと思いながら試合していました。でもそういう日でもここまでしっかり勝てたのは良かったのかなと思います。

ちなみに富士見のタイカプの方も決勝折れでした。ダブルで残念。


仙台は何も得られない結果になってしまいました。せめて盾取れていれば…
これは名古屋で雪辱します。

トリオとしては来期またお願いします。
お願いします。

遅ればせながら大阪地区。

DSC_0044

札幌では涙のベスト8という結果に悔しさと手応えを得ていたわけですが。
東京が台風で延期になったため感覚的にかなり間が空いてます。

「彩クオリア」2地区目の挑戦でした。


WGP大阪
先鋒:SG(炎ストブ) 中堅:BD(8電源) 大将:KC(8扉)

1回戦 個人敗北 チーム勝利
×BD宝扉 ○SBY ○RW
後攻。タンバリンモカでした。0が引けずゲームが大崩壊状態でしたが相手が1でCX3パンした際に2パン目で扉をトリガーしソウル減で1-6成功。かなりこれで試合自体は立ち直り翼2面立ててバーンまで飛ばしましたが最後は平パンを耐えられず。拾ってもらって感謝。

2回戦 個人勝利 チーム勝利
○BD8扉 ×Fjm ○GBS
後攻。相手がかなり丁寧にヒールしてきて上手かったです。こちらのキャンセルも相当上手く回っておりいい試合展開。最後相当辛い蔵バーン連動をギリギリ3キャンして耐えて勝ち。有利対面かなと思いましたが辛い試合でした。

3回戦 個人勝利 チーム敗北
○SAO扉電源 ×KC ×AOT
先攻。相手上のほうのアタックで盾が2枚ストックへ。1周目の終わりにも1枚飛んで行き盾はないものとしてゲーム進行。平パンが都合よく入ったことと初風がうまく仕事したおかげで有利目の試合が継続しました。光景で死に掛けたもののソウル減のおかげで紙一重耐え。チームとしては負け、結局ここのチームが優勝しましたとさ。KC被りもあってここがこの日の分岐点ということに…

4回戦 個人敗北 チーム勝利
×LL宝本 ○FS ○GBS
先攻。序盤から中盤にかけ打点の入りも良くこちらの山も整っていましたが最後CX7枚残っている山に上から10点貫かれて負け。やられました。

5回戦 個人勝利 チーム勝利
○KCストブ門 ○SBY ×GBS
先攻。相手の山配置が相当険しかったようでさくさく打点が入った上4バックとかそんな感じに。一方こちらはキャンセルが強く2の前半のままショットトリガーも交えて勝ち。

6回戦 個人敗北 チーム勝利
×AOT風扉 ○MM ○GBS
後攻。この日2度目のレベル0引けない試合。扉入ってるものも一度もトリガーされず。早出しするもショットエレン早出し多面+アルミンに封殺されました。チャンプでなんとか試合にするもやっぱり面取ったほうが強いんだよね。本当いいところなしです。

個人3-3、チーム5-1。いつもどおり抽選なのですが
DSC_0045
2被りで確定没。お疲れ様でした。


個人での3-3、負けた試合について1試合は勝ち試合(負けてるくせにこういう言い方をするのは非常に憚られますが、一応)を捲られる形、残り2試合は序盤のキャラが引けずそれを後半に引きずる形での負けでした。後者はL0が17枚あるので事故と片付けてしまえばそれまでですが、それ以上に序盤の事故を終盤まで取り戻せない構築に問題があるということだと思います。
ストブしかストックを増やす手段はないのにストックを消費しないとまともに山を作れないこと、手が増えないCXのため手札を増やすためにはクロックドローか集中などコストを消費すること、集中を外してトリガーする展開になった場合に被打点を抑える術がないこと、挙げればキリがないですがどれも負ける理由がはっきりあるということです。

今回はたまたまチームが5-1とかみ合い、個人で負けたところはすべて拾ってもらってしまった格好ですが、トリオ戦では全員の勝ち越し+誰かの上振れというのがある程度条件だと思っているので、さすがにこれをよしとできる成績ではないでしょう。下振れしていても勝ち越しは最低限狙える構築とプレイングにする必要があると思っています。

そんなわけで次の地区までにここの改善点を考えておくのが個人の課題です。これを執筆している時点で仙台も終わっちゃいましたけど。
チームとしては6戦で5勝、負けたのもその日一番のチームだったわけなので十分仕上がってきていると思います。名古屋はスタリラが出ているので一層頑張ります。

そんなわけで次は僕が横を楽させたい。以上です。

10月分。しっくりくるデッキがありません。


5日横浜アメシンフォギアスタァライト特別大会
使用シンフォギア炎ストブ

1回戦 勝利
後攻、スタァライト扉電源。きっちり面を割れたこともあって若干楽に行けました。

2回戦 敗北
後攻、スタァライト炎ストブ。ストブは赤。いい感じにキャンセルされたと思います(忘れた)

こちらのCX位置が悪いゲームでしたがもうちょっとやりようがあったかなという感じでした。


5日横浜アメ公認
使用シンフォギア炎ストブ

1回戦 敗北
先攻、バンドリ8電源。面取り速度に追いつかないのと初風が効かないのが電源はきついですね。もうちょっとソウル減を意識できればって感じでしょうか…

2回戦 勝利
先攻、リゼロ扉ストブ。相手がやや崩れ気味だったのもあり初風で押さえ込みつつゲーム展開できました。

3回戦 敗北
先攻、スタァライト扉電源。扉捲られなかった気がします。覚えてない()

ぱっとしない試合ばかりでした。1ヶ月も経つと忘れちゃう。


14日溝の口ホビバンドリーグ
使用Roselia

1回戦 勝利
後攻、アフターグロウ宝2002。序盤さくっと打点叩けたので中盤からも守りきり勝利。

参加者2名、身内戦を制して優勝。対面から彩ちゃんをもらいました。


26日大宮トリオ
使用シンフォギア炎ストブ
先鋒:SG炎ストブ 中堅:Fjm扉門 大将:RSL扉電源

1回戦 個人敗北 チーム勝利
先攻、さくら扉電源。行きのパワーを意識して組みなおしましたがボードをしっかり取られました。最後は要所のキャンセルの緩さもあって負け。パワー計算とか間違えも多くてコンディション不良も反省点です…

2回戦 個人勝利 チーム敗北
先攻、サマポケ8宝。最後の周薄いところで何とか大きい打点を止めた上確山晒すもソウル減で耐え。相手も山が緩やかだったので押し込み勝ち。

3回戦 個人敗北 チーム勝利
先攻、リトバス宝電源。中盤から押し込み始め2パンに抑え込んでいましたが負けるときは負けるって感じですね。宝連動とかも打たれてませんが結局細かいプレイングの緩さ故という感じだと思います。

4回戦 個人敗北 チーム敗北
先攻、まどか宝扉。終盤失速しました。連トリで山が弱くなりそのままおしまい。

5回戦 個人勝利 チーム勝利
後攻、けもフレ扉電源。打点押し込んだだけのゲームでした。

個人2-3チーム3-2、完全に足引っ張りました。集中力の欠如もあるとはいえシンフォギア引退が頭をよぎります。


27日川崎CS
使用バンドリ風電源

1回戦 勝利
先攻、ゴブスレ扉電源。最速で湧いた2/1エリア応援が強すぎて面と手がごりごりえぐられます。2/2を電源で湧かせられないのも痛かった。最後平パンで3を飛ばして拾った勝ち。スクロールなくて助かった。

2回戦 勝利
後攻、ラブライブ宝本。序盤相手が事故っていたのでボード取ってこちらのペースへ。最後は2面FEVER構えるところまでいけました。

3回戦 勝利
後攻、進撃風2002。風が5枚以上ありましたが電源の有用性を感じました。ミカサ多面連動に天国が見えましたが芸術的なキャンセルと相手のプレミもあって耐え。

4回戦 勝利
後攻、冴え炎門。相手が序盤にCX多めに捲れていたので1で神通使って1を吹き飛ばし主導権を握れました。ボード取って勝ち。

5回戦 敗北
後攻、さくら扉電源。電源6枚っぽかったので電源枚数が同じ、つまり後列差で負け()なんですが実際面が重すぎてワンチャン作るので精一杯でした。

4-1、オポも良かったので3位で予選抜け。

決勝1回戦 勝利
先攻、ラブライブ宝本。7500がそもそもあまり触られないので面取りでいい展開に。光景で10枚ストックが入れ替わりましたが下2枚にCXが残っておりここを耐え、返しで勝ち。

準決勝 敗北
後攻、さくら扉電源。再戦。面取られるのはわかっていたのでそれなりの動きができました。五分に近かったと思いましたがやっぱり面を取られた分ですかね、結局完敗です。

3位決定戦 敗北
先攻、ラブライブ宝本。2回戦の再戦。途中まで良かったですが詰めを作ることができず、相手の詰めを凌いだ後もう1ターン返してしまい負け。錬度の低さが出たかなと思いますが突貫なので()

惨敗して解体するつもりでしたが4位という成果を得られてラッキーでした。上手く回せれば楽しくなれそうなので収穫です。純粋に嬉しいですね。


トータル10-9、先攻10試合。五分!
突然現れたバンドリが楽しかったので良いと思います。
11月はまずはスタァライトですね。頑張ります。

このページのトップヘ