とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2020年01月

今年の目標!

FF11
復帰する

WS
トリオ入賞

南條さん
無理せず全力

ガルパ・スタリラ
課金はほどほどに

スクフェス
やめない

バンドリ・スタァライト
プレミアシート…

ブログ
イベントごとについては1週間以内に感想を書く
毎月の記事も月初の週末までに

その他
何かあったら勝手に目標立てます

以上!

1/13に書く昨年の分。

PV1020(+50)。最大PV90(12/1)、最小PV11(12/20)。最大UU27(12/1,22)、最小UU8(12/4)。
11月と変わらないくらいの勢い。


人気記事
1.2017-09-09強化スキル600106
2.2016-11-02fripSideのライブに初めて行く人に56
3.2015-09-29二刀流キャップ目指して向かい風53
4.2017-01-02オーメン主催していて思うこと37
5.2018-04-08ダイかなおさんぽラリー34
6.2016-02-13赤魔道士の装備についての色々28
7.2019-12-11WGP広島201926
8.2019-12-01WGP東京201925
9.2019-12-24WS・2019年地区大会総括22
10.2019-03-31デュエルトルクとか今後の目標とか22

FF11やれってそれ一番言われてるから。


2019年はデュエルトルク+2を買ったあたりで消息が…
本当に前線に戻りたい気持ちはあります。
WSについてももっと読んでもらえるような記事を書きたいですね。デッキレシピとか。

色々なまとめ記事はもう書いたのでこれ以上新たに書くようなものはないと思います。

ようやく2019年終われます()

12月分、と言っても地区しかほぼ出てません。

28日横浜アメ箱争奪
使用スタァライト風扉
先鋒:RSL(風扉) 中堅:LSS(8電源) 大将:Fjm(扉門)

1回戦 不戦勝

2回戦 個人敗北 チーム勝利
先攻。転スラ8門。たくさん入れられるカードがたくさん入ってました。1周目の下のほうが確山になってしまってそこにドラがぶっささり打点不利。詰めに行った3点バーンでも詰めきれず。チームメイトに拾ってもらってありがとうございました。

不戦勝からの階段崩れ1勝で箱といういつもの黄金パターン。

これしか出てなかった()
風扉って実は勝てないのでは…と思い始めていますがあんまりいいデッキがなくてこのまま。
バンドリの箱は嬉しかったです。

月 / 勝-負 / 先-後
1月 19-12 18-13
2月 8-13 11-10
3月 21-14 15-20
4月 19-15 16-18
5月 15-13 13-15
6月 6-4 4-6
7月 1-2 0-3
8月 8-8 5-11
9月 24-18 29-13
10月 10-9 10-9
11月 10-3 7-6
12月 0-1 1-0
合計 141-112 129-124

先攻後攻はちゃんと収束してます。
オフシーズンはCSが多いので試合数も多くなってます。小杉がなくなって年後半どんどん試合数減ってますね。
色々なデッキを触っているとはいえ勝率55%はさすがに低いですね。

2020年からはCSについて個別に記事を書きたいと思います。内容忘れるので。

やってたアプリとか。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」「バンドリ!ガールズバンドパーティー」「少女歌劇レヴュースタァライトRE:LIVE」の3本です。
とあるIFなんかもちょっと触ったものの続きませんでした…


・スクフェス
ミューズ誕生日セットだけ買うと決めてましたがふと思い立って絵里誕を迎えたところで課金終了。凛に罪はないですが凛だけ買わない結果に…
Screenshot_20191021-120704
Screenshot_20191022-112219
もちろん誕生日新規URは引きました。
そんなわけで課金額は3000円×8人ですね。あと他に新年に5000円くらい入れていたようです。3万弱。

さすがにスクスタがリリースされてめっきり人が減りました。
スクフェス自体はゲームシステムは古いものの十分遊びやすい工夫を凝らしていると思いますし、通信容量の軽さもストレスなく遊べるいいゲームだと思います。
悲しいかな、スクスタはもちろんコンテンツ自体の勢いの衰えもあるでしょうね…
最近は2枚取りがLP回復なしで達成できるようになりました。ちょっと寂しいです。

無理せず惰性で続けます。
本当はまとめ記事あげるつもりでしたが自然消滅したのでここで供養ということで。


・ガルパ
課金額としてはメインのゲーム。
1月 14960
2月 14000
3月 86280
4月 9160
5月 2160
6月 16200
7月 13560
8月 13560
9月 26360
10月 7440
11月 12700
12月 7440
合計 223820
課金の決まりを定めただけあって4月以降は良心的な数字です()
ガルパパスが導入されてから毎月最低課金額が増えました。キラキラセットをとりあえず年内は買ってましたがこれ必要か迷うところ。ガルパパスとパスポートだけでもいいかな?
遠征回数が増えてるのでこちらも減少傾向続くと思います。

イベントの星3は一度だけ取りこぼしました。ストーリーの簡単な感想とかをブログに載せてましたが最近はサボってます。反省。
2020年は頑張ります。無理せず。


・スタリラ
プレイ時間が一番長いゲーム。スタァライトというコンテンツの熱さが一番の理由ですかね。
純粋にゲームとしても面白いです。ストーリーはなかなかしっかり作られているしシステムも使いやすい。各所で言われてますが新ガチャの実装頻度が高すぎることとそれが強力なキャラであることが多すぎることは欠点ではあります。
まぁVSレヴューも楽しんでますけど。以前はタブレット端末でしたが途中で端末を変えてからはいつでもプレイできるようになって便利です。当たり前か。

課金は16740円。かなり適正水準だと思います。
好きなコンテンツなので少しは貢献したいですが、ゲームバランス的に際限なくは怖いので様子見ながら。


とあるIFもヴァンガゼロも結局触っていないですがブシロード配信のロストディケイドはちょっと期待しています。声優陣が圧倒的にいいので。
皆さんも是非やりましょう。

2019年まとめシリーズ第3弾。
早く2020年の話をしたい()


今年行ったイベントは
・fripSide infinite synthesis 4 大阪
・fripSide infinite synthesis 4 横浜day2
・Acoustic Live 17/47 埼玉
・Acoustic Live 17/47 静岡
・Birthday Acoustic Live
の5本。

…少ない?
infinite synthesis 5のツアーに関しては新潟・広島・ファイナル横浜を予定しています。2019年中はなし。
infinite synthesis 4は横浜day1がまさかの仕事で行けなくなる事態になり最前列のチケットを手放しましたがセトリがアルバム寄りなのでday2で納得することができました。

ソロツアーは47都道府県ということでその前編でした。全通勢も満足のセトリですがこれは無理せず行こうと思い近場で2箇所。毎年これくらいのペースでいければちょうどいいかなと思っています。
アコースティックの親和性は抜群。小さい箱も南條さんの魅力を際立てていると思います。
バースデイはアコースティック繋がりで実質ツアーファイナルという感覚。レア曲やレアゲストで毎年豪華なので行き得です。


リリースしたCDはソロ名義で「君のとなりわたしの場所」「サヨナラの惑星」「LIVE A LIFE」、fripSideでは「infinite synthesis 5」だけですね。あれ…fripSideのアコースティックアルバムが出るって昨年の北海道ファン旅行で言ってましたよね…?
もちろんCDは全部買いましたがアルバムについての聴きこみは追いついてません。


視聴したアニメなどは「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」「戦姫絶唱シンフォギアXV」「カードファイトヴァンガード」。久々にはずれがなかったです。


他のイベントとしてはリリイベ系などは当選なし。
ごきんじょるの友の会では沖縄旅行がありましたが平日が絡んだため断念。
色々とめぐり合わせが悪かったですね…


ただ方針は無理せずでしたのでいいと思います。


僕の南條さん歴は「あなたの愛した世界」「東京1/3650」から始まっています。
当時は今のようにカードゲームに明け暮れているわけでも、Roseliaや九九組のライブに行くわけでもなく、かと言って学生だったので資金もなく、という感じでした。

趣味が多様化したと言っても僕のホームは南條さんでありfripSideであると思っています。南條さんのライブでは他で感じることのない安心感があります。
最近は色々な声優について知る機会があり、当然好きな声優も増えてきました。でも僕が南條さん「単推し」だという気持ちは揺らいだことはありません。
今後もそうとは言い切れませんけどね。


話がまとまらないのでここで切り上げます。

このページのトップヘ