とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2020年11月



遅ればせながら、というかちゃんと買ってきたCDについて記事を書くのが久しぶりですね。
軽くlegendary futureの話です。

TVアニメ「キングスレイド」のOPテーマですね。一応アニメのほうも視聴はしていますが…感想はまた観終わってからにしようかと思います。

楽曲としては聴いてるうちにハマってくるタイプですね。最初の耳当たりもいいですけど、CDを聴くほどよさを感じています。
MV(PVとどちらが正しいんでしょうかね)はゲストなしの超ストレート。コロナ対応のような話ですが、シンプルさゆえにいい仕上がりだなと思います。普段ゲストが歌詞をつぶやく部分はもちろんsatさんと南條さんが担当しているんですが、ちょっとはにかむ南條さんがありえん可愛かったので必見です。

横アリ公演できっと披露されるでしょうから、楽しみですね!


そんなわけでlegendary future、かなりの名曲だと思います。ただライブではあんまり取り扱ってもらえない曲になりそうで個人的にはちょっと心配しています。
clockwork planetとdivine criminalは楽曲が素晴らしいのに、black bulletやTwo soulsに比べてタイアップアニメ人気の弱さと、曲調的に盛り上がりの弱さが原因なのかわかりませんけど、やや埋もれているもったいない曲だと思っているんですが、この系統に加わりそうなんですよね…

fripSideも看板となる曲が増えてどうしてもそういう曲が増えるのは仕方ないんですけどね。Love with Youみたいな曲は曲調が独自のものなので生き残れそう。


話が脱線気味でしたが、とりあえずオススメの1曲ということで間違いありません。

今年は放送形態が特殊だったものもあり春夏まとめてざっくり観たものの感想とか書いていきます。


Argonavis

バンドリシリーズの派生系ですね。実はアルゴナビスは1stライブも観に行ってます。
中身は正統派バンドリ(意味不明ですね)という感じで、期待通りいいできばえでした。バンドリが好きなら先入観にとらわれず観たほうがいいです。バンドリ1期と違って結成までを短く描いていましたが、その分12話で非常に内容がまとまっていたように思います。
ブシロードのクオリティ最近高いですね…僕の感性が染まっただけかもしれませんけど…


かくしごと

なんとなく観ましたが面白かったですね。絵のタッチと神谷さんの軽快なテンポに主題歌の爽やかさもマッチしていて作品全体として綺麗な印象でした。
基本はギャグですがそれでいて最後は感動的な話だったり、その辺のバランス感覚も非常に良かったですね。原作はまったく知らないですが、観て損はないんじゃないでしょうか。


文豪とアルケミスト

南條さんがEDを担当しており観始めたんですが、こういう入り方って結構いまいちな作品が多いんですよね…
内容自体が悪いとは思わないんですが、ゲームアプリ原作で面白い作品を作るのはなかなか難しいんだろうなと感じます。どうしてもありきたりなテーマになっちゃいますし。
導入部分はまずまずでしたが3話目くらいから飽きました…原作ファンならどうぞ、でしょうか。「藪の中のジンテーゼ」は名曲です。


とある科学の超電磁砲T

待ちに待った超電磁砲3期。禁書目録と一方通行に続けてのとあるシリーズです。実家のような安心感で観られました。
今回はなんと、2クールまるまる漫画原作で、恒例の寒いオリジナルパートがありません。これが僕の求めていた超電磁砲です…
主題歌はもちろんfripSideで超正統派「final phase」と、やや変化気味の「dual existence」でした。前者はまさにレールガンって感じでしたが、後者はfripらしさはあるもののレールガンらしさは薄いのでやや意外ですね。個人的にはdual existenceのほうが好きかな…?
禁書もそうですがアニメ化してくれただけで満足です。ありがとうございました。


ラピスリライツ

Klabのアプリゲームが原作で歌を題材に扱ったよくあるやつです。南條さんが出演していたので観ましたがお察しです。やっぱりゲーム原作はアニメ初見だと大変厳しいですね…
南條さんの演じるキャラ自体は非常に良かったのと、ユニットの他の声優陣もめちゃくちゃ強力なのでそこだけは良かったです。しかしやっぱり歌ものは差別化が難しいですね…


ソードアート・オンライン アリシゼーション

無限にアニメ供給が続くSAO。クオリティがさらに上がっていて、作画はもちろん何もかも「令和」という感じ。
原作は未読(所持はしています)ですが十二分に楽しめてお手本のような作品ですね。禁書目録はどうしてこうなれなかったのか
しっかり次回のアニメ化予定も公表されていて素晴らしいですね。
アリシゼーション編、本当に面白かったです。


Re:ゼロから始める異世界生活(2期)

1時間の編集版で1期を観たばかりなので、その延長で楽しめました。観ているとかなり体力を使いますが()新しい登場人物も魅力的で、どんどん引き込まれます。
1期に引き続き、ノベル原作らしい言葉回しはいいですね。物語シリーズとかもそうですけどそういう遊びみたいなところはシリアスな内容でもテンポが失われなくて心地よいです。
分割2クールなので後半も期待します。


以上です。
こうして並べてみるとあんまり観てなかったです。コロナの影響も大いにありましたけどね。
秋アニメはかなり豊作なので期待してます。

9月から一転10月は記事なしです。
PV915(-184)。最大PV54(10/25)、最小PV10(10/16)。最大UU30(10/20)、最小UU8(10/30)。

人気記事
1.2020-03-28クロセアモースを買った話と今後の目標色々106
2.2017-09-09強化スキル60091
3.2020-07-26呪縛ほどけるとき(マリグナスコンプリート)71
4.2016-02-13赤魔道士の装備についての色々50
5.2015-09-29二刀流キャップ目指して向かい風50
6.2017-01-02オーメン主催していて思うこと34
7.2017-04-25赤魔道士ケアル装備25
8.2016-11-06ミュルグレス完成(ミシック製作の記録)24
9.2016-05-17ケアル装備について再考してみる22
10.2014-12-11世界樹の導きソロ、そして…?18

ちょっと変動あり。クロセアモース人気なんですかね?

とりあえず、10月はトリオ大会なんかも始まってちょっといい感じです。
あとは超電磁砲新刊も出てました。この時期の恒例ですね、面白かったです。
12月青嵐など今後のイベントも申し込みやらなにやら始まっていていい感じに楽しみがありそう。

11月も大会があったり色々やることが多そうなので何か書けることがあればいいですね。

このページのトップヘ