とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

2021年02月

こうしてライブの感想記事を書けることはすごく光栄です。
約1年の延期を経て、fripSide横浜アリーナ、開催されました。

ただ収容人数は5000人ということで横浜アリーナ本来のキャパシティからすると相当控えめだったこと、声だしや起立が禁止だったことなどからどうしても制限は多かったですが、なによりこの時期になんとか開催までこぎつけてくれたことには感謝しかありません。
先に行われた大阪振替公演には行かなかったので、昨年1月の新潟以来実に僕自身も1年以上ぶりです。

物販はパンフレットとロングTシャツのみ追加ということで何でも買うつもりだっただけに少し残念ですが、いつぞやのカウントダウンライブ以来の長袖だったのでありがたいですね。
僕が初めて参加したfripSideのライブは6年前の3/1横浜アリーナで、小雨の降る寒い中物販待機列にいたことを鮮明に思い出します…

当時の横浜アリーナはもちろん、それ以降のライブも僕は基本的に一人でライブに参加しています。時々友人や家族と一緒に行くことはあれど、「fripSideが大好きで恒常的にライブに行っている」ような仲間はほぼいません。
そんな中で今回はfripSideのライブで知り合った、freakSideの仲間と一緒に連番できたのがちょっと新鮮な喜びでした。
どうしても今回は制約のある中でしたが100%の状態で臨めるときが来たときにはまた一緒に行きたいと思っています。


そろそろライブの中身について。

final phase
LEVEL5 -judgelight-

結成からリリースしてきたジャケットを通して振り返るおなじみの演出。「帰ってきたな」と実感。
1曲目予想は開演前に色々話していて本命だった「final phase」でした。LEVEL5も含め非常にfripSideらしさ全開のスタート。LEVEL5のコールは一番「らしさ」が詰まっていると思っている(王道コールやsatさんのコーラスなど)んですが、発声がなくても確実に頭の中には会場のコールが聞こえました。
生で浴びる音はやっぱり全然違いますね。あと今回は音量が控えめなのか、横浜アリーナの割りに音が綺麗でした。

sky
fortissimo -from insanity affection-

crossroadsで一番好きなskyと、ライブに通いだした頃たくさん聴いたfortissimo。アニメタイアップ以外で最初にちゃんと聴いた曲は実はfortissimoなので思い入れが強いです。嬉しかった。

under a starlit sky
last fortune
memory of snow

一番予想外だったブロック。前の横アリでもlast fortuneやってましたよね。南條さんの良さが存分に感じられる名曲です。under a starlit skyはis4屈指の盛り上がり曲。memory of snowは終演後トレンドにも上がりましたが、まさかこのタイミングでやってくるとは…ベストバラードの方に収録はされてましたけど。一体誰がこんな良い曲を作ったんでしょうね?

legendary future
1983 -schwarzesmarken-

新曲、legendary future。「キングスレイド」のOPで個人的にはかなり好みなんですが、clockwork planetやdivine criminalと同じ道を歩みそうで不安です。1983もライブで聴くにつれて好きになる曲。

magicaride
BLACKFOX

大正義magicaride。同時期カバーのcrescendoも好きなんですけどね。全部好きといえばそれまでですが。BLACKFOXは開幕曲もありかなと思ってましたが前半のトリでした。もともと強い曲ではありますが静かな会場で聴くサビの高音部分がめちゃめちゃ綺麗で、この曲の良さをようやく理解したかもしれません。


ここで換気休憩。
そもそも会場の換気が強めなのか、結構肌寒かったです()


dual existence
way to answer

前半と同じく新たな超電磁砲テーマ曲にてスタート。もうちょっと後半に据えるかなと思ってましたけど出し惜しみなしって感じですね。way to answerは正直やる枠がないかなと思ってただけに嬉しいです。ライブで聴くway to answerは別格。今回は繋ぐにあたって少しテンポが速いらしいです。最近の曲って実際速いですもんね。

killing bites
Edge of the Universe

is4の看板曲2曲。こうして見てみると4もかなり熱い曲ばかりなんですね。killing bitesが初披露されたのは確か幕張だった気がしますが、なんだか懐かしいです。

black bullet
Two souls -toward the truth-
fortuna on the Sixteenth night

この日の中で一番強いと思われるブロック。fripSideのライブ代表曲となったblack bulletとTwo soulsに加えて個人的に一番ライブで聴きたいと思っていたfortunaが来ました。infinite synchronicityが最初に回ったライブツアーなのもあってfortunaはいつも一番聴きたい曲になっています。

sister's noise
only my railgun

毎回やらなくていいと思う人もいるようですけどなんだかんだこの2曲がないとfripSideのライブじゃないくらいに思っています。いいものは何度聴いてもいいですね。


アンコールは手拍子のみ。思った以上に揃っていました。
20時までの都合上アンコールなしとかもありえるのかなと思ってましたがしっかりあってよかったです。


Love with You
We Rise
when chance strikes

最後はis5から3曲。Love with Youは当然ここで来ますが、We Riseとwhen cnace strikesもツアーで聴いた以上に良かったですね。when chance strikesの歌詞の話がMCでも触れられましたが、本当にこの時代にぶっ刺さる内容でした。まったく誰の詞でしょうかね?


いまやfripSideも本当に曲が多くなって、やると思ってやらなかった曲(whitebird、Red、Heaven is a Place on Earth…)はたくさんあるのは仕方なくて、それよりやってくれた曲にありがとうという感じです。このたった20曲に押し込んでくれた曲(特にway to answerは超電磁砲曲が多い中で)、どれを取っても現時点で最高のセトリだったことは間違いありません。

対話式がメインのMCも今回は封印でしたが、その分普段いかにファンとの交流を大事にしているのか感じました。観客もできる協力はしようという姿勢が強く現れていましたね。南條さんの自然体から繰り出されるギャグ(?)にはさすがに吹き出しましたけど(特に地べたは反則でした)。
八木沼さん南條さん(とバンドメンバー)のだらだらしたMCは大好きなのでまたフルで楽しめるときが楽しみです。

コールがなしということで「せーの」は封印。南條さんは最後のほうは空でも煽ってくれましたが、僕個人的には反応できなくても八木沼さんのせーのが欲しかったです。気持ちで応えるので!やっぱりせーの聞きたい人も多いですよね?この辺も解禁日が待たれるところです。


次はfripSide20周年の年、どこまで何をできるのかやってくれるのかはわかりませんが、非常に楽しみに待ちたいと思います。

fripSideがやっぱり好きだということを再認識するライブになりました。1年遅れになりましたが南條さんとの10周年、本当におめでとうございます。
そしてありがとうございます。

気が向いたので久しぶりにスタァライトの構築でも書きます。
というかスタァライトのカードパワーではさすがに現環境戦うのが厳しくなってきており、8電源自分星以降これと言った構築がないのが現状です…

1613191091784

8電源は限りなく安定性を犠牲にした代わりに後半の一発ギャグ強さに寄せた構築でした。
それ以前よく使っていた8扉を少し作り直したものです。速そうな名前ですがそうでもありません。

L0
「ファントム大場なな」(霞)、「私のキラめき大場なな」(ツインドライブ)を中心に、カムバックアイコンにも期待して多めにアタックします。ストックはいくらあっても余ることはないので「乙女の髪結いミチル&晶」(擬似リフ)はストックに飛ばすために相手がCXコンボ決めてきそうなときや電源の時には積極的に置くようにします。「スイートデイズ純那&なな」はパワーが足りなくなりがちな中盤以降、面を維持しつつ打点を作れるので便利です。

L1
「新たな舞台愛城華恋」(新田)で山削りと面を取りに行きます。リバース避けが増えてきていましたが規制で若干踏みやすくなりました。「アラビアンなスカーフ」で補助します。スカーフについては後述。1/1/7500は以前使っていましたが、1000/1だけで7500触れるCXコンボが増えてきたことと、後列が弱いデッキなので不採用にしました。アンコールを積むなら行き8000出せる「SHOW MUST GO ONひかり&華恋」が良さそうです。

L2
早出し多面を確実に滅ぼすために「運動神経に自信アリ叶美空」(特殊相殺)を2枚積んでいます。起動パンプ含めてしっかり面だけ取ります。相手の面を放置してどんどんストックを積まれると勝ち筋がなくなっていくので、「銃士アトス神楽ひかり」(千鳥)含めて相手のパワーラインに適したカードを手札に用意します。あとはL3の準備をしておきましょう(適当

L3
「華、ひらくとき神楽ひかり」「情熱とキラめき愛城華恋」でフィニッシュを目指します。華恋2面は必須と思ってます。この辺は従来どおりなので割愛。


「アラビアンなスカーフ」について。
華恋が「起動レスト1000パンプ」と「ひかりにアタック時2000パンプ付与」を持っています。

起動1000について、こちらは「たまご、みいつけた!つかさ&美空」(レスト往復500+起動時500)との比較です。
振り分け+往復ということで一見劣化ですが、「たまご」が集中など他の起動時に誘発してしまうため500×2が使い切れない場面も多く(手札の作りが下手と言われたら返す言葉もありません)、起動1000はなかなか便利です。
集中してから登場キャラを選ぶシーンも多いことと、そもそも返しのパワーラインが低く返しの500がさほど活きないことも多いです。

アタック時2000パンプの部分はもともと島風改互換が欲しかったのですが、スタァライトの場合はクロディーヌが持っていて色がかみ合わないので不採用に。L0には他のシステム系統にスロットを割きたかったことと、個人的にL0での島風改をあまり評価していないためです。
はるか昔にどこか大手ブログで1/0暁と0/0暁の違いみたいな話を見た記憶がありますが、基本パワー5000と2500では使い勝手が全然違います。0では面が埋まりきらないこともあり、アタック順が自由なこととパンプ値が固定のショートカット互換のほうが便利だと思っています。

スカーフの2000パンプは自身にも振れるため新田や起動パンプと噛み合わせる事で電源の2/2ラインまで触れるのはかなり優秀です。また華恋を2枚設置することでアタック時2000×2となるため、2枚目の華恋も握れたらキープします。本当は3枚積みたい。


…とそんな形です。
このレシピで勝てているかというと、使いやすくはあるものの別に勝てはしないですね()
「お掃除開始!露崎まひる」より自分の山の使いやすさは落ちますが相手へのパワーの圧力は掛けられるのでいいと思います。

とりあえずスタァライトは好きなタイトルなので使っていきます。
スタリラの追加、新作映画の追加、待ってます。

映画一緒に観に行く人も無限に募集してます!

トライアルデッキのRe:Editが発売され、2種類のTDと要所を押さえたPRカードでそこそこ戦えるようになったアサルトリリィについて少し書いておこうかなと思います。
互換名は気にせずバシバシ使います。

もともとはよくあるTD+の性能でしたが、追加されたカードが非常に優秀ですね。
目玉はレベル3のCXコンボ。モカ互換(相手の山2ルック)については個人的にあまり評価していないのでどっちでもいいものの、上の連動が門であることとヒール持ちであることから大変満足しています。
L1のアタック時パンプは使いやすく、電源向きのカードとおぼしきものもちらほらあり期待が持てます。
緑にも使いたいカードがあるものの、現状組み込みづらいのでここでは触れないことにします。

DSC_0146

今回しているデッキはこんな感じ。集中を発売記念大会のPRに切り替えたらパーツはほぼ揃うと思いますが、現状の構築でも結構満足しています。

レシピ自体については色々な人が書いているのとそもそもプールが狭い分そんなに議論しても仕方ないかなと思いますけど、どうしてこういった配分になっているのか。シンプルな分プレイヤーの好みが出ている気もします。

意識して組んだのは、「1枚投入のカードをなくすこと」です。控え回収手段はそこそこありますがあくまでTD、基本に忠実に回しやすくというのを一番に考えています。例外として助太刀は役割が限定的なこととTD水準のため使いやすいタイプでもないので、1枚ずつの採用になっています。

4枚のカードは当然軸となるL1・L3のCXコンボとCX。序盤に必ず引きたい霞互換、できることが少ないプールの中だとこちらは中盤以降も使い続ける試合もままあるため、現段階で4枚以外はないという認識です。

イベント4ルックについては評価が分かれるところかもしれませんが、「基本に忠実に」を考えるとL1でのリフレッシュは必須と考えています。自然にイベントを複数枚引けることでバンドリの蔵連動に近い立ち回りができるので、これを目指します。バンドリの扉連動→蔵で連動回収→扉連動という流れに対し、扉連動(連動回収)→イベントで山調整→扉連動を狙うということですね。門トリガーがあるので相手の盤面によりますが不可能ではないと思います。そのため常に1枚修羅場連動は手札に置くようにしています。

また、安定して1周目3ターンあたりにリフレッシュを目指すとして、こちら先攻と仮定すると
1.初期手札+手札交換(2枚くらいと仮定)で7枚
2.1ターン目クロックドロー+1パンで4枚
3.被ダメージ(2点2パンと仮定)で4枚(0-5)
4.2ターン目クロックドロー+3パンで6枚
5.被ダメージ(2点3パンと仮定)で6枚(1-5)
6.3ターン目クロックドロー+3パンで6枚
の合計33枚くらいは何もしなくても削れるわけなので、残り17枚程度を処理する必要があります。これを山削りテキストやキャンセル回数で稼ぐ必要があります。
実際は10点食らうなら2キャンくらい期待していいのでそこまでのスピードは必要ないとは思うものの、集中を2ターン目から打つにしても4ルックイベントが最低1枚、できれば2枚握れていたほうが良さそうです。
長ったらしくなりましたが、そんなわけで4ルックイベントも今は1枚マリガンでキープしてみています。
またすぐに180度方向転換してるかもしれませんけど()

続いて2枚のカード。フィレス、登場時パンプ、収録中、応援、比例応援、Xルックが該当します。
登場時パンプの梅以外はピンでいい寄りの2枚。ストックに埋まることに神経質にならなくていいことと、ドロー集中の場合自由に回収するタイミングが少ないので、回収タイミングでで確実に拾える(控えに落ちている可能性が高い)ようにという理由です。使わないほうが強い展開・使わなくてもなんとかなる展開が多いです。
梅は霞で回していく都合上3枚以上あっても困らないですが、L1にもアタック時2500があるので2枚にしました。

3投のカードは必ず1枚使うものの多面しないものです。その点相殺は4枚あってもいいかもしれませんが。3枚あったので3枚突っ込んだだけですが2~4で好みな気はします。トップチェック後列との相性はいいです。
集中も4枚あるほうが安定しますが2面並べることはまずないので、それならフィレスに枠を割いた方がいいと思いこの配分です。

L1では1/0、1/1に手札アンコールがあり、ドロー集中との相性も大変いいです。しかしながら綺麗なストックを丁寧に作る展開を考えるときに、集中をスキップしてイベントと修羅場で山・手札を整えるのが理想となるので、その補助としてサブアタッカーをアタック時パンプに絞り多めに投入しています。
本来2枚程度が役割としては十分な枚数だと思いますが、意識しなくても1枚出せるようにしたいですね。心もとないL2以降のパワー対応や、連動できないときのサブプランで霞で試合を作るときにも最適です。

上手く運べている試合ではストックを吐く目的のみ集中を使うためドロー集中のデメリットが少なく、逆に崩れている試合では起動1ドロー1ディスまで込みで手札を浄化するので、ストック度外視なら当たらない2レスト集中よりいいですね(さすがにこじつけ)
サーチ集中のほうが強いのは言うまでもありませんが、それ以上に実はドロー集中でも困らない場面や回し方はあるんじゃないかなと思います。そもそも霞でごまかすサブプランを好んでいるからなのかもわかりませんが。

最近使っていて案外勝率もいいので、もう少し基礎練習としても使っていこうかなと思います。
欠点はTDならではですが相手の尖った動きにはどうにも対処できないので、中学生などメタ寄りの動きや8電源のパワーラインなどには極端に動きが鈍る傾向はあります。その辺とはやってないから知らないけどきっとそう。

まとまりなく書いてきて完全に人に読まれることを想定していない文章が出来上がりましたが、まぁ大体思ってることは書けたのでいいかなと思います。何か変なところがあったら直接教えてください()

とりあえずブースターパックの公開早くお願いします!

1月は12月の遣り残しもあったので…
PV1588(+417)。最大PV101(1/2)、最小PV22(1/18)。最大UU70(1/24)、最小UU12(1/13)。

人気記事
1.2020-03-28クロセアモースを買った話と今後の目標色々129
2.2021-01-23赤魔道士の武器の話127
3.2020-07-26呪縛ほどけるとき(マリグナスコンプリート)85
4.2017-09-09強化スキル60068
5.2020-02-04Roselia 「Rausch」 感想64
6.2021-01-022020年振り返り(FF11)59
7.2017-01-02オーメン主催していて思うこと52
8.2016-02-13赤魔道士の装備についての色々44
9.2016-04-18スクフェスの配布系URが強いと言う話43
10.2015-09-29二刀流キャップ目指して向かい風42

FF11の記事を久しぶりに書きました。
関連した検索が多そうです。
みんなもクロセアモース使いましょう。

2月はちょっと楽しみなこともありますが…ともかくブログのほうは細々書いていきたいところです。

このページのトップヘ