ことうみ…可能性を感じる…
というわけで(というわけで?)いつも通りイベントの振り返りと、劇場版ラブライブ!の感想、いやそこまで大層なものではないですが、ちょこちょこ書こうと思います。
ちゃんとネタバレ勧告出すので劇場版観てない人も途中までは安心して普通に読んでください。

にこイベお疲れ様でした!
今回は取ってもどうせ使わないかなぁとか思ってしまったのもあってどうもモチベーションが上がらず。最終日の13時40分頃から全力で割る結果となりました。

screenshotshare_20150615_150011
screenshotshare_20150615_161312
screenshotshare_20150618_000046
screenshotshare_20150615_163438
screenshotshare_20150618_000615

最後電話掛かってきたりアクシデントがあり8万に届かず。あと15秒早ければ…くそ…!
これで5万位のってなかったらありふれた悲しみの果てに落とされるところでしたがなんとか2枚は確保。
今回はフレンドの2枚取り勢、少ないですね。
石は途中までメモってたんですが間違いに気づいたので諦めました。石の数なんてことりイベとそんなかわらんでしょう。
途中までメドレーは判定7積みくらいでやってたんですが、判定慣れしてコンボ数崩し始めたのでやめました。
それだけです。

screenshotshare_20150615_161145
screenshotshare_20150615_161634
スクフェスは劇場版仕様になってました。曲はまさかのAngelic Angel。これは次のマカロン中にSSS確定ですね。
とても良いと思います。

screenshotshare_20150616_000016
なにやら豪華なキャンペーンも始まりました。石換算20個分かよ…ハラショー…

screenshotshare_20150617_010120
どうでも良いことですが、配布系UR抜けました。現在は3位のも1100くらいまで絆上がっていますね。
以上です。


こっから若干映画の内容に触れていこうと思います。
最初に書いたとおり感想なんて大層なものは書けません。
あくまでちょっと触れる程度です。
ていうかね、ツイッターで書けないから辛いんだよ!(笑)
あれですね、小学生が下手な読書感想文書くとき半分以上あらすじですよね…それだから!

ネタバレ全開で行くので、まだ観ていない人、ネタバレ嫌いな人はここから先見ないでください。


















そもそもタイトルをことりの翼がついににしようと思ったんですが、察しの良い人だとちょっとネタバレかなぁと思って自重しました。

軽く内容整理しつつその都度コメントしますね。メモとか取りながらではないので違ったらごめんなさい。
可愛い、良い、微妙、最高の4ワードくらいしか使わない予感がしますね。
あ、ちなみに2回行きました。一発で絵里引きました。自力です。screenshotshare_20150614_144515

脱線しました。行きます。
最初にマナー告知、プランタンがやってくれました。

・穂乃果(海未+ことり)の過去
圧倒的跳躍力の穂乃果、ですが突っ込むところではありません。3人とも可愛いですね。
SUNNY DAY SONGが流れます。

・理事長がエアメールを持ってくる
そこからアニメ最終話のところへ。部室に集まるところ。
海外行きは告知されていましたし、ここまでテンポ良くですね。

・オープニング(タイトル)
予告のシーンがほとんど回収されてましたね。ことり、ちゃんとまくらを持ってきたようで安心です。
みんな可愛いです、ほんとに。

・空港
引き続き空港。穂乃果が飛行機を見てるところですね。
なんというか、2度目観たときは最初から変な感動があります(謎)

・アメリカ着、タクシーに乗る
組み合わせはほのえりぱな・のぞにこまき・ことうみりん。あまりない組み合わせですね。どうしてこうなったのか。海未ってしっかりしてそうで希と絵里に任せきっちゃってるあたり結構いい加減ですね…
「あの橋、本で見たことある!」とか言っちゃう絵里賢くない。比較的まともな立ち回りをしているこの映画で最も賢くなかったシーンだと思われます。そこがいい。

・ホテル着
絵里の「任せて」とはなんだったのか…
穂乃果の抜け具合は百も承知なはずなのに自分で調べないあたり、海未は穂乃果を信頼していますね。僕はとりあえず信頼と取りました。凛は思ったよりしっかりしてる…のか…?
花陽のカップケーキに反応する海未、とても可愛いと思います。そんな一面があったとは知らなかったよ…

・夕食
レストランで食事。絵里が賢さを見せて場をまとめてました。忘れちゃうけどこっちが公式なんだよなぁ…
ことりがチーズケーキ伝説に更なる1ページを加えたようです。

・ホテルに戻る
海未がことりにエンドレスババ抜きを仕掛けているようです。響く「穂乃果ちゃ~ん」がね、とても良いよね。
真姫のノートを見る希、あれはどうなんだろう…おきっぱなしなのも確かに問題ではあるが…しかも読み込む時間とかほとんどなかったのに良い曲やね、はどうなんかね。
あとはりんぱな。凛の寝間着可愛いですね。
朝、にことアルパカ。新手のカップリングです(違)どっちかっていうとほのにこですね。
絵里が寝言を言うシーンです。私はこのおばあさま設定があまり好きではありません()

・公園
ジョギングするところですね。海未。照れてる絵里も可愛いです。
走ってるときに突如発生するほのまき。目合わせてましたよね。いいぞー(適当)
ステージを発見して登ってみる場面。唐突に希の南極設定。これはイミワカンナイ。
話しかけられて希が対応。We are School Idols?ごめん良くわからん。
パニックの海未はともかく、ことりとか普通にあれくらいの英語喋れるんじゃないかなぁと思ったりしたんだけど…
真姫はあれだよね、喋れるけど喋らないやつだよね。自分の英語に絶対の自信はあるけど万一伝わらなかったら恥ずかしいしわざわざ自分からは行かないだけでしょ。

・観光
自由の女神とか。花陽くしゃみ。LIVEの形で写真に写る穂乃果、凛、にこ、真姫。で合ってるっけか。
真姫が買ったものはトマトジュースなんですかね?知らないですけど。違うか。
昼食で再びチーズケーキ。ことりはかなりネタとして良いポジションについている気がします。
洋服はあれですよね、ことりの趣味ですよね。幼馴染使って楽しんでるもんなぁ。
にこの靴は、なんというか、ご愁傷様でした。あれってどうなん。

・屋上
秋葉原に似ているとかいうとんでも理論を展開する凛においwwwwwwってなったけど、良く考えたら俺ニューヨーク行ったことないから批判できないなと冷静になりました。すみません。
なんか2回目は普通に可愛いしいいんじゃねー?ってなりました。
そんなことより喋ってる絵里が髪を耳にかけるシーン?があるんですが、希がワンテンポ遅れて同じ仕草をするのが気になって仕方ありませんでした。

・雨が降る(1年生ミュージカル)
Hello.星を数えてが流れます。凛メインのミュージカル。良かったですよ。2回目は普通に可愛いと思いました。
1年生組ってパワーはないですけど、一番純粋に可愛い学年ですね。

・白米…
ご飯のシーン。白米への熱い愛を語りながらパンにも美味しいと言える花陽、良い子ですね。
食事は2軒はしごしたんでしょうか…それとも注文前だったんでしょうか…
とりあえず良かったね、花陽。

・地下鉄
穂乃果が残金不足か何かではじかれます。海外だけどみんな同じ額入れてるとかそういうわけじゃないのな…
反対方向に向かった穂乃果、とりあえず駅を出ます。なぜ。ホームでやった「どーしよー!」も含めて、この一連のシーンの穂乃果、妙に可愛く見えました。どうもいつも明るく元気なタイプの子がああいう雰囲気だすとギャップで落とされてしまうようです。単純。

・シンガーと会いホテルへ戻る
路上で歌っていた日本人シンガーと会うシーン。電車の中での仕草とか、本当にそのままですね。1回目はあまり意識してなかったけどまんまでした…そういえばどこぞのサイトで見た仮説(分岐した成長説)が凄く面白くて納得できる説でしたね。
ホテルで海未に叱られる穂乃果。熱いほのうみです。
影が十字架になっているとかいう指摘がありましたが確かに。意図したものなのかはわかりませんが。

・AA
Angelic Angelのライブシーン。絵里がとてもとても可愛いです。美しい。
曲の頭とサビの直前が絵里ソロ、美味しいですね。
ほのりん、ことにこ、うみまき、のぞぱな。声質的になかなか良い組み合わせだと思いました。

試聴動画あがってるのでこちらで。

・飛行機
帰り。凛のアイマスクが見所なんですかね?
ことり枕使ってますね…

・空港
日本に戻ると高校生に囲まれます。なんでこんな時間から国際線出口に高校生…と思ったけど普通に出待ちですかね。色紙持ってましたし。
サインをしながら「どこから夢?」「もしかして廃校ってところから?」とかいうメタい発言もありました。夢オチならそれはそれで納得するもののそういう展開ではありませんでしたが。海未は悩んで何を書いているのでしょうか…

・秋葉原(3年生ミュージカル)
液晶に映ってたり広告を見たり。ファンに追いかけられて処理落ちする海未(何度目)
?←HEARTBEATで3年組のミュージカル入ります。面白い曲です。3年生って一番まともそうでぶっ壊れてるからな…
希とにこがWonderful Rushっぽいことするシーンがあって…いや、なんでもありません。別ににこが吹っ飛びそうとかそういうことでは。
エレベーターの中で絵里ソロになるのは最高でした。大好き。
にしても希とにこの歌がある意味パワーあって絵里が目立ちにくい気も…気のせいか。

・穂むら
お小遣い上がってるといいですね。
にこの妄想爆発シーン。うっす。

・学校
穂乃果がヒフミに監禁されたり(違)
部室で話し合いの場面。最後のライブの決定、希の強引さが発動します。希のいじりは自分がいじられたくないから先手を打って立場を高めておこう、といういじめっ子精神的なものだと解釈しています。だって僕もそうですもん。至って普通なことだと思います。というかいじる人って大体そうやろ…
このシーンで絵里がちょっととぼけた顔?をするのですが、ここが僕の一押しです。絵里が一番可愛かった場面はここで決まりでしょう。とかいって違う部室のシーンだったらすみませんね。とにかく部室のシーンで、希が喋ってるときだったかな?その表情がとても良いので是非。
2年生は理事長室に移り理事長と話し合い。「ミューズには続けて欲しいと思ってる」というファンを代弁した内容。
外で9人でも話し合い。真姫とにこは正論だし、凛と花陽の言ってることは理解できる。絵里の「穂乃果はどうしたいの?」はめっちゃわかる。俺もとりあえずリーダーの意見聞いたうえで的なこと考えます(最低)
これまでの勝手な悩みと違ってこういう他人との兼ね合いで悩むというのは初めてか。でも、凄く良い内容ですよね。
穂乃果って「自分が」やりたいってことで進めてきているからこういうのは難しいんだろうなぁ…

・A-RISE
穂むらでゆきありと穂乃果が練習場所について話す。「楽しい」スクールアイドル…
悩む穂乃果にツバサから電話が。主人公は悩むと助けが来ていいなぁ()
服もそのまま飛び出す穂乃果、アライズとドライブという予想斜め上展開。期待を裏切らないリムジンですね。
アライズの楽曲はこのシーンだけでした。
プロとしてやる選択、アライズなら当然って感じですね…というかスクールアイドル感がないんですよね…

・再会
ファストフード店のにこ、衣装作りのことり、精神統一の海未…メンバーそれぞれの姿がワンカットずつ。
穂乃果は女性シンガーとの再会。穂むらの前まで来ます。
「飛べるよ!」ということで池(水溜り?)を飛ぶ穂乃果…
そして朝起きると穂乃果に絵里からのメールが。
ここのシーン、ネット見てて指摘されていたのですが時系列。アライズと会ったシーンで一旦家に帰ってますよね。犬なでてるところ。そのあと雨の日制服で傘を差していて、女性シンガーと再会しています。
池を飛び越えるシーンは空想なのか夢なのか。空想であればそれまでのシーンはアライズとドライブした翌日や数日後なんでしょう。でもそんなに悠長なことをしていられる余裕はあるのか…とも思ったり。
夢であれば描写が変わる池のシーン、或いはその前のメンバーのカットから。前者であれば助言を受けた穂乃果が家に帰って夢を見た、後者であればまぁもっとすっきりするのか?
絵里のメールが送られたのはにこや希と話し合った後で恐らく夜、それもあまり遅い時間ではないでしょう。見間違えかも知れませんが、穂乃果が朝携帯を見たときに着信のランプが光っていて絵里のメールを開けたようでした。となると前の晩は寝るのが早かったのか…?穂乃果が傘を差して佇んでいる場面から夢、っていうのが一番わかりやすいですがこればっかりは良くわかりません。
誰か教えて。

・ライブを思いつく
穂乃果、屋上に行くと既に8人。希が絵里にくっついてるのが気になって仕方ありません。離れろ。
名案を思いついた穂乃果、全員の同意を得て動き出します。最後まで意見を言わない絵里がいいですね。
ツバサのところにも行って協力を依頼。ほのツバの距離感いい感じですね。
穂乃果が口の中火傷してるのではと思ってこのあとめっちゃ気になりました。

・ライブ準備(2年生ミュージカル)
部室で話し合い。真姫ってマジでミューズの財布だったんですね…
2年生のミュージカル、Future style。ことり→海未→穂乃果の鉄板パターン。
学年曲いくつかありますが、2年生はバランスが素晴らしいですね。目新しさはないですが。
ことにこぱな・ほのえりまき・リリホワ組の3つに分かれて依頼。ことり、可愛いことを自覚していながらあれやってるあたり恐ろしい…怖いわ。えりまきはまぁ好戦的というかプライド高いんでそうなるでしょうね。穂乃果乙。リリホワは希のソフトクリームが謎過ぎたんだけど凛に渡して交渉するところが更に謎過ぎて謎でした。ネタ枠でした。
アライズが手伝いに来て担当が判明。衣装はあんじゅ、完全にフルハウスね。作詞英玲奈。作曲がツバサでまきツバイベントが発生。予想の斜め上すぎた。

・秋葉原
UTX前で集まり準備。米でスムージー()
司会の人も来てましたね。どうでもいいですが。
完成した舞台で穂乃果から解散発表。ことうみが背中を押すところ、素敵です。
「だから終わりの歌は歌いません」とか突然でも良いこと言っちゃうあたり穂乃果に強いカリスマ性を感じるし思考がしっかりしてるんだなぁ。

・本番
集合して秋葉原へ。2年生組は家近いから一緒に来るのわかる、1年生も泊まったからわかる、希と絵里もわかるとしてもなんでここ8人合流したんだ…?にこだけ集合場所っておい…
そういえばママライブが公式になった瞬間でもありましたね。
UTXまで競走、ビリはジュース奢り!とか最高に賢くない発言をして走り出す絵里。本当、賢くない…
走り出す穂乃果の元に赤い花弁が落ちてきて…これはハピメの花だとか言われてましたね。アネモネってのも聞いたな。わかりません。踊りながら走って行く穂乃果…これまでもそんな場面は何度かありましたが、悲しいですね。
大通りに出ると沢山のスクールアイドルが待っていて道を作ります。圧力。
穂乃果は華麗に柵を飛び越えて一言。太陽に向かって拳を握って。いやぁカリスマ性ぱないな…
そして実質的にこれがミューズ最後の言葉になります。

・SDS
SUNNY DAY SONG、圧倒的量のバックダン…もといスクールアイドルと一緒に踊るミューズ。
これまでの練習の様子などが合間合間に。穂乃果の両親、真姫、ことりの母といった面々だけでなく初登場のママが登場…なのですが一瞬のカットなのでちゃんと見られてません。誰なのかは一応把握してるんですが。あれ円盤じゃないと無理だよね?
写真を撮って終了。「ラブライブ!」のブの形は写真撮影には向かないと思うのだが…
希が花陽に寄りかかって凛が「二人とも重いよ~」と言うのですが重いのは…いえ、なんでもありません。

・入学式~
ゆきありが1年生になり緑のリボンをつけて登校。
時は流れて恐らく3年生になった二人。部員がいたのかはわかりませんが部室で1年生相手にミューズの話をしています。こころに似ている子がいるとの情報でしたが確かに。それっぽい。
ミューズのラストライブについて言及され…

・僕光
僕たちはひとつの光。これやばいですね。
畑亜貴が凄いのは今に始まったことではありませんが。スタダのアンサーソングっぽくもある。細かく見て行くともう色々仕込まれてはいるんですが…「今が最高!」か…
名前を全員分盛り込むと言う。星空ではなく凛で行って欲しかった。個人個人の名前のところで一人ずつ入るカット、めっちゃ可愛いですよね。あれ商品化してプリントしてもいいと思うんだよな。
この曲はニコ動に耳コピが上がってましたね。最後にふさわしい曲だと思います。

・エンドロール
僕光のままエンドロールへ。あっさりとした幕引きでとても好感が持てました。映画の余韻が残るような、綺麗な終わり方でしたね。役目を終えた練習着、真姫のノート、そしてEDで誰かが拾ってきた白い羽根。


そんな感じでした。かなり細かく書きましたね。
全体的には
・前半は楽しく、後半は真面目に
・色々なカップリング
・6曲もの新曲
と観ている間楽しめる良い作品だったと思います。
個人的には予告が前半部分しかしていなかったので海外パートがメインかなと思っていましたし、内容なんてないだろうという感じでした。前半が思ったより早めに終わって後半に入ったので、良い意味で裏切られました。予告の作り方が素晴らしかったですね。歌も1曲しか公開していなかったし、非常に観て得をする作りでした。考察する余地やネタを探す余地もありますね。
前半はネタもふんだんに盛り込んでにやにや楽しめる部分。後半はミューズの終わりに向けて真面目に。どんなコンテンツにも終わりは来るものなのでこういうしっかりした終わり方は正しいと思います。
カップリングについては良かったですね。これまでのことほのうみ・のぞえり・りんぱな・にこまき一辺倒ではなく、どんどん違う組み合わせで絡ませてくれて。
曲はミュージカルもあって充実してました。曲を知ってるとより楽しめるので2度目以降にもここは良い点ですね。

ラブライブ!はマルチメディア展開ですしアニメが全てではありませんが、人気の大きな要因であることは間違いないしアニメの終わりは大きな意味があります。僕個人はただアニメをみただけ、ゲームをやってるだけの人で、SIDとか漫画とかを追っているようなラブライバーではありません。その点映画観て終わりを強く感じたし、映画が終わって家に帰ってから結構じわじわ来ました。映画館で泣いてる人もいました。ただそれほどに完成度は高かったように思います。まぁ僕は単純なんで感動させようとするものに弱いんですが。
南條さん推しで始めた僕としては勿論気になるのは6thライブ。7thはあるのか、作中多用されていたドーム公演をやって解散となったりするのか…勿論無理のない範囲で、できれば続けて欲しいところです。スクフェスもあるし楽曲提供とライブは定期的に欲しいですよね。
ミューズが残る限り後発(サンシャイン)が伸びにくいでしょうしどこかで終わりを迎えるとは思いますが…どうなんでしょう。
興行成績もよろしいようで、ひとまずラブライブはこのまま伝説になるのかなと思います。録画したアニメと買う予定の映画の円盤はこれから定期的にお世話になりそうです。

ちょっと書きすぎてしまいましたね。ネタバレできるのはこういう場なので色々書こうと思ったら書きすぎました。これでも書き漏らしていると思います。
とりあえず、これが2回観た今の感想ということで、そのまま書き連ねました。それでは。