1日遅くなってしまいました。ジョイサウンドのライブ映像カラオケできて良かったです。ライブの音の多い音源といい、南條さんや八木沼さんの掛け声が入っていることといい。only my railgunだけ舞浜の映像なんですね。アンコール仕様だからか。
南條さんのトレカなんかも発売になって1箱買いました。予約してなかったんですけど、なかなか各所品切れになっているようで困っています。あと1箱買いたいんですがね。


北海道行ってきました。
今回観光は会場の道新ホールから数分のところにある時計台だけ見てきました。がっかりスポットらしいので一応押さえて。
あとライブまでの間一応物販を見て折り畳み傘を買い足しました。給料日後のライブはいけませんね。僕は買ってませんが、横アリの円盤買ってサイン入りポスター当ててる人がいました。周りも少し嬉しくなりますね。

ライブはセットリストが仙台から入れ替わってBブロックに突入しました。そんなわけで曲の内容についての感想などはこちらのほうにて。今回は主にMCで喋ってたことについてまとめておきたいなと思います。

今回の席は11列目のほぼ中央。本当に南條さんの真正面と言って問題ない場所でした。なぜか北海道の会場は空席が目立っていたのが気になりましたね。隣もいなかったし前の列も結構大きく欠けてたし…なんとなくですが客席の盛り上がりが控えめな印象を受けました。先週の仙台がコミケ雲が出来ちゃうくらいだっただけになおさら。
ライブごとに距離が近くなっているし、真ん中だったけど前や横がいない関係上見やすくて、一番満喫できたかなと思います。今回はバンド全体が見られたし、音も一番綺麗に届いたような。
本番前に幕が下りていなかったのでどういう演出になるかと思いましたが、バンドが揃って演奏を始めるとスモークと言うんでしょうか、それを使ってステージ上を隠し、晴れると南條さんが立っているという感じでした。


曲については心の準備が出来ていた分、しっかり味わえたかなと。

grevious distanceとかは特に来ることがわかってて聴くとなおさら良く感じました。
Luminizeは微妙に振り方を間違えました。だめですね。
prismや1983なんかは前回以上に曲を知っていたのでこちらも100%楽しめたかな。1983はかなり格好良い曲だと思っています。
日替わりはHesitation Snowで、glow in the darknessの枠に入ってました。まさかあの枠が日替わりとは思っていなくって完全に油断していました。というかどっちもレギュラーでいいんだよなぁ…
precious timeは南條さんの表情が本当に素晴らしいと思いました。可愛いです。
before dawn daybreakは安定のクオリティ。これは何度聴いても最高だと思える曲です。色指定紫。satさんはいつも通り縦横無尽に…なんですが今回はいつもより南條さんも動いていましたね。特にお二人とも星野さんとの絡みがかなり多かったかな。八木沼さんとだけでなく南條さんとも向かい合って演奏したりしてくれたんですけど、うん、あれ、星野さん細いですね…
Two soulsは今回警報ありました!この警報楽しいし良かった。この曲もどんどん好きになっていくなぁ。気付いたけどアンコール最後のブラブレも含めてオレンジ曲じゃないのよね…fripSideといえばオレンジなわけだけど、不思議な感じです。


MC備忘録的な。

お約束の地元トーク。出身地を訊いたりとか。八木沼さんはご両親が北海道出身で、いわば道産子らしいです。道産子はシャイで熱いとか。熱いけどシャイ…なのか…?でも実際北海道の方ってシャイなイメージありますね、少し。南條さんは好きなアーティストさんが北海道出身らしく、駅などを見るとその人も見たんだろうなぁと想像して楽しめるとか。この気持ちはわかる。あと寒いけど東京の痛い感じのと違ってただ「寒い」よねとか。
出身地だけでなく年齢のくだりでもそうですが会場の人たちが嘘をついてsatさんが「先生嘘吐くなって言ったよな?」ってキレるところまでも勿論既にお約束。「先生、ここの会場ではまだ言ってないです」ってフォロー入れる南條さん。ちなみに先生と言うと3年B組の○八先生が有名ですが、この八は八木沼の八らしい…?(ちゃんとコール&レスポンスしました)
会場の傾向としては割りとメンバーの名前を呼ぶ人が多かったですね。結構特定の人な気もしますが。複数箇所行ってる人も多いのに会場ごとにちゃんと個性があって、不思議というか面白いもんですね。

食べ物の話もしました。satさんがツイッターにすすきの駅前の写真載せてましたし。すれ違った人にfripSideの人だーって言われたみたいですね。南條さんは見かけたとしても声かけないけど八木沼さんになら声かけてしまうかも知れない…
脱線しました。とりあえずカニを食べたらしいです。店の入り口の水槽にカニが入っているところだったそうです。
そのカニたちを見て残せないなぁと思ったという南條さん。安定ですね(笑)カニは種類が違っても仲が良いんだぜとsatさん。
「ケガニさん毛深いですね」「ズワイさんほど脚太くないっすよ」「タラバさんは人気なんですね」「えー…あー、うん…」みたいなカニの気持ちを代弁したトークをしてくれましたが、タラバさんコミュ症ですね。タラバガニはヤドカリの一種なんだとかで脚が少ないらしいです。でもカニはカニだし食べちゃえば関係ないよねという適当な〆。川崎さんは髪が増えるとか言われて沢山ケガニ食べたみたいです。スポットライト当てられて隠れてました(笑)
あとはハスカップいろはすの話とか。南條さんはいももちを食べたいとか八木沼さんはいくらの醤油漬けを買って行きたいとか。麺類の話も出ましたが、ちゃんぽんが美味しかったらしいです。名前に「一」が入るお店みたいです。南條さんこれカニのあとに食べに行ったみたいなこと言ってたけど…凄い…
fripSideの食べ物トークはいつも本当に楽しいですね。なんでも楽しそうに食べてるところに好感が持てます。

このカニの話に関連して。rain of tearsのあとのMCで実はダンスが北海道仕様だったことが判明。
ダンサー及び南條さんが踊っているとき指が2本(カニのはさみ)だったそうです。あまりのカニの美味しさに決めた演出だとか。satさんも知らなかったようですが、南條さんは笑いそうで大変だったとか。
この話を聞いたせいでTwo soulsで2のジェスチャーの指がカニに見えて仕方なかったのは僕だけではなかったはず。そのあとは会場全体も2本指で手を振ったり積極的にカニを取り入れていくスタイル。
アンコール後袖に引き上げる南條さんのカニ歩きの可愛さは脳裏に焼きついてます(笑)

毎回グッズの話もちらっと出てますが今回は水分補給の話のときに。フリップサイダー売ったらいいんじゃない?という感じで。サイダーとは言っても南條さんはあの炭酸が戻ってくる感覚が苦手(サイダーは好き)らしいので中身はただの水か。ただの水でも売ってくれたら買うけどなぁ。
サイダー…サイバー?と強引な番宣よろしく話を進めてくるsatさん。シクレとかじゃねーから!と前置きしてサイバーサイバーやりましたね。satさんに突然振られてもたつくDJ変態、satさんがシンセで即興サイバーサイバー。そこそこ揃ってました。(そのあと見つかったらしく川崎さんが音流してくれました)

度々話題になるbefore dawn daybreakなどで使われるショルキー。キーターですかね。
鍵盤を押すと光るんだとかそういうどうでもいい感じのことと…あとは今のだとちょっとサイズが小さいから八木沼スペシャルを作ってもらうとかもらわないとか。南條さんにピアニカみたいなサイズだねと言われる始末。
なんか、それはそれで見てみたい気がする。

シュヴァルツェスマーケンの話は前回同様。これから予定されているシングルはセラフ含めて12月と2月…これは待ちきれないですね!待ちきれないですよね?みたいな。
satさん「待ちきれないよな!」
\待ちきれなーい/
南條さん「イケボで!」
\待ちきれなーい(やや低い声で)/
南條さん「今度は出来る限り可愛い声で!」
\待ちきれな~い(高い声で)/
satさん「…キモいな!!」←正しい
まぁ普通の声以外は大体キモいと思いますけど(笑)

1983終わった後だったと思うんですが、これ作った人すごくない?という話に。八木沼さん賢い!可愛い?
この賢い可愛いのレスポンスは多分さとっしーが正解?(別にsatさん絡みなら間違ってないと思いますが)なわけですがこれが半分くらい揃わなくて。satさんは「お?南條ファンが混ざってるな?」なんて笑ってましたが…
ちょっとこれは残念ですね。僕もラブライブはまぁ好きなわけで、勿論南條さん個人の大ファンなわけでもありますが、それとは全くの別物としてfripSideが好きなんです。そういう人が多いんじゃないかな。
ラブライブネタは知名度的にも結構だと思うし八木沼さんが面白がって振るのはそういう部分にとらわれないfripSideらしさ。なんだけどちゃんとそこは空気を読んで、節度を守って楽しみたいですよね。もし本当に空気読めない残念な人ならそれは残念。だけどわかってて面白いと思ってやってる人には、まぁなんというか。うん。自分たちの首を絞めることにもなるわけだし。な。な。
そのあと南條さんにも勿論流れが。南條さんそれに対して笑顔で一言、「私が立つべきところはここではないでしょう?」とだけ言って断りました。本当に格好良い。
僕がこれまで何度かブログにも書いていますが、南條さんって本当に「プロとして声優・アーティスト活動をしている」という雰囲気をびしばし感じるお方なんです。勿論他の名だたる声優やアーティストの方も一緒かとは思います。今回のライブもちゃんと「fripSideとして」やっているんだということを示したわけで、こういうところが心から尊敬できるというか、僕が南條さんのファンである理由の大きな一つなんだなと改めて感じました。真面目に惚れ直しました。本当に素敵なお人です。
ちょっと堅い話になっちゃいましたかね。

年齢の話してたのはどこだったかなぁ…あと3曲で終わり、横アリの三十何曲がスタンダードだと思うなよ?ってところかな?これに対してはまだ半分!みたいな声が上がりましたが、そう考えると横浜アリーナって本当に凄いライブだったんだなと実感します。またあんなライブが欲しいなぁ…
satさんも今年ついに40になったわけだし、八木さんなんてもう50近いし(satさんがモノマネ)、本当に大変なんだとか。横アリのときは特に前日からの連戦でしたしね。
あ、年齢はセトリの話のときか?今回のセトリは~ってなったとき強い!って声が上がって、若者言葉はわからないよみたいな…でも今回のセトリ、強いって言葉がしっくりくる強さです。

そんなんでほとんどかな。
前回はBブロックセトリ開始日だったからかややサプライズ性を意識したMCでしたが、今回はその点でちゃんと曲について触れられていて良かったなぁと。
というのもDecadeについてですね。Decadeは八木沼さんと南條さん、そしてnaoさんの3人で作り上げた曲なわけで。歌っている南條さんもそこは強く意識して自分が一人で歌っているわけではないような、naoさんの声が聴こえているような、そんな感覚だったようです。
fripSideの活動も13年のうち最初の約半分はnaoさんとsatさんが作ったもので、そういうこともsatさんは少し感慨深げに話していました。satさんのあの1期の話をしみじみとしている様子は何度か見てきているわけですが、なんだか複雑な気持ちになりますね。悪い意味ではありません。1期のことは僕はほとんど知らないんですが、それに対する悔しさなのか罪悪感のようなものなのか、ちょっと良くわからないんですが。今のfripSideに対して勿論八木沼さんも満足というか、手ごたえというかを感じているようですが、naoさんの頃のことをどのように今感じているのかわからないことに対しての不安とでも言うのか。
南條さんがボーカルになってから結構経っていて僕のように昔のことを知らないファンも多いことと思いますが、皆さんはどうしているのかなと。naoさんのCDを全部把握してある程度の埋め合わせのようなことをしているのか、僕のように気になる存在ではありつつも見て見ぬふりをしているのか、完全に別物と割り切っているのか…
Decadeでデュエットをしたり、最近はそこそこカバー曲も増やしていたりというあたり、一つの形ができているのはとても良いことというか。あとはこちら側の問題なんですけどね。
そんなわけで南條さんと八木沼さんだけのものではないDecade、皆さんも歌ってくださいと何度も言っていました。しっかり振られるのはonly my railgun部分だけですが、ある意味ではfripSideとファンを繋ぐような1曲とも言えるのかもわかりませんね。
あれ、なんかまた長い話してる…?
とにかく、良かったってことだよ。

本当にそんなところでしょうかね。アンコールをやって終わりというところか。
八木さんがスティックを投げ入れたり、結構バンドメンバーの人たちはサービスしてくれていました。今回は八木沼さん南條さんのプレゼントはなしで。
大島さんは会場が呼ぶ方式ではなく八木沼さんが紹介する感じでした。まぁ今回が1公演目の人もいるしな…
あとは川崎さんの変態秘話(笑)が少し明かされたり…スパッツはいてない話。
かな。
satさんアンコール前の退場でスマホ使って写真撮ってました。そういうのも楽しいですね。ライブの写真はああやって生まれていたのか…

そうだ、忘れちゃいけない、北海道と言えばサイリウムに関する話。昨年の北海道の公演で近隣の敷地にごみが投棄されたことが問題になりました。
そんなわけでごみはごみ箱にという注意喚起がありました。もちろん北海道の会場だからそういう事件が起こったというわけでもないだろうし、今回会場に来ている人たちにはあまり関係のないことかもわかりませんが、ちゃんと教訓として覚えておきたい、忘れてはいけない事件かもしれません。サイリウム使ってる人少なかったけど。
アーティストの足を引っ張るのはファンとして最低ですからね。「fripSideのファン」として見られている以上自覚ある行動をしたいものです。


北海道のライブは特にMCが一番楽しかった気がします。ライブの曲にも短期間で3回行ったことで周りとかあまり気にせず楽しめるようになりました。何度行っても本当に楽しい空間だし生きる力がもらえるところですね。
ありがとうございました。
これはマジで年末行きたいぜ…


そういえば次の参加イベントとして、12月20日の南條さんFCイベントは確定しました。全員参加できるキャパ目指すとの公約どおり、基本全員参加できるみたいですね。素晴らしい。
物販の情報も少し降りてきて金とか色々やばそうですが、またこれを励みに頑張りたいです。

なぜこうも長くなってしまうのか…うーん…