間が開きましたが年内に一度〆ておきたかったので。
ステラグロウの感想について。

前回までの6回分で2章区切りで内容は見てきました。最後にざっくりとシナリオ面やシステム面についてまとめておきたいと思います。これまでもちらほら書いてますけどね。あとはやってみてこのキャラが使いやすいとか、戦闘についても。

まずシナリオについてですが。良く言えば王道的、悪く言えば新鮮味がないといったところでしょうか。
でも僕は面白いと思っています。全くもって予想外の展開などはありません。もちろん最初に設定した目標どおりで終わりではありませんが、物語の展開の仕方は色々なところで見られた形です。ただ、凄く「RPGをやっている」感覚を味わえる良作だということは保証します。
王道的展開だとなおさら、どうしても面白い面白くないがはっきりすると思うのですが、これは間違いなく面白い作品です。物語りも丁寧に進行しているしサイドストーリーのような日常もなかなか細かい。キャラクターもかなりの数出てきますがいずれもわかりやすく個性的で、誰も埋没することなく活躍の場が与えられているように思います。全てのキャラクターに声が当てられているのもなおさらそういう印象を加速させているのかもしれませんね。
最後までやるととても満足感が得られるゲームなのではないでしょうか。

エンドは通常ルートのほかにトゥルーエンドが用意されています。そちらはまだ見ていません。見たらまた書きたいところですね。
キャラごとの後日談も用意されていますが1周目はリゼットだけ見ました。2周目全員こなすつもりなので、1周目は1周目らしく、と思って。後日談…予想以上ににやにや出来る素晴らしいものでした。これは全員見てみたくなりますよ。新規の絵もあるし。
とりあえずもう一度リゼットの後日談を見るべく2周目、ですね。

システム面についても親切な印象を受けました。
チュートリアルは親切丁寧、隠し要素などは特になく、バトル中の中断や戦闘のやり直しも容易。このあたりは説明書がなくても出来るような優しい仕様になっていたように思えます。
戦闘は少々時間が長くなりがち。特に序盤は全てのキャラクターのターン消費だけでなかなか手持ち無沙汰になってしまう仕様。戦闘のモーションやエフェクトもなかなかに凝っていてスキル発動などのムービーは結局最後まで見ていました。歌魔法発動以外のエフェクトはカットできますが、そこはサクサク進めたい人にとってちょっと不満点なのかな。僕としてはそれ以上に完成度が高いので満足しました。2周目どういう感情を抱くかはわかりませんが、まだ楽しめるかと。
1周目は経験値に制限がかかっていて、キャラを育てまくって無双することが難しい仕様になっています。これのお陰でキャラが1体だけ育ってしまったり、圧倒的なパワー差でごり押すことなくミッションが楽しめるようです。こつこつレベル上げして楽したい人もいるだろうしここは賛否両論でしょうか。でも適正レベルのミッション、かなり戦略性があって楽しいですよ。

そんな感じの戦闘ですが中身は「移動」と「行動」。そんなゲームで最も大事なのは「移動力」と「攻撃範囲」。
やっぱりそんな感じのゲームでした。その辺はキャラ別に一人ずつコメントしようかな。
一つ鍵になるのが歌なんですが、こちらはとても良かったと思います。この歌のシステムはゲームの根幹であり歌える声優を魔女に起用しただけあって力の入った演出だったし、曲もなかなかに素晴らしいものでした。性能差ゆえに使うものは限られますけど。少なくとも最強といわれるのがリゼットの歌だったので、僕はいつも南條さんの歌が聴けるのは幸せでした。歌に限らず、BGMは好みのものが多かったしな。

以上がざっくりとまとめた感じです。
評価は文句なしの☆5でいいと思ってます。


ええと蛇足ですが、キャラ毎の性能もちょっと。1周目触ってみた感じで書きます。
僕が「育てた」と言えるキャラクターはアルト、リゼット、ラスティ、ポポ、サクヤ、モルディモルト、ヒルダの7人。そんなんだから最終戦で8人出撃が埋まらずヴェロニカ使ったわけですが。

アルト
必須。
序盤は強さがわかりませんが、中盤から急激に強くなるキャラクターだと思います。性能はスタンダードな感じ。
まず強制出撃が多いので育ちやすいというのもありますが、ポポ加入後からは合奏コマンドを使うために必須。
普通に戦闘要員として、相手に反撃持ちが多くなるのもあってアルトの反撃無効系スキルは非常に有用。反撃があるので吸魂のオーブをセットすれば半永久機関に。たたみかけ習得後は調整することで移動、攻撃をそれぞれ2回出来るようになり、相当自由に動けるようになります。
スキルは単体に大ダメージを出せる乱れ斬り、攻撃範囲の広い烈空斬、防御無視攻撃のラグナ=ブレイクは強力。チューンアップも地味ながら有用なスキルでした。特に終盤はリゼットの歌を切らす=負けだったのでチューンアップを維持して歌唱石ゲージを貯めていましたね。

リゼット
必須。
全キャラクター随一の回復性能、決して低くない攻撃性能、そしてCV南條愛乃。
序盤からスプラッシュとヒールで動きやすいキャラですが、伝説の海へ解禁以降はなくてはならない存在に。終盤戦では常時伝説の海へを維持して戦うようにしていました。逆にこれなしでは考えられないバランスで成り立っていると思います。全員SPを空にする勢いで相手を削り、歌で全快、またスキルを惜しみなく使って回復…という感じですね。
攻撃面でもアイスコフィンは射程も威力も十分。ヒップアタックも防御無視攻撃でかなり安定した威力が出ます。ラスボスもこれで倒しました。打たれ弱さも水のカーテンがあるので思ったより感じません。
護りの歌や祝福の歌も、ノーダメ要件の保険や歌使用禁止時の一斉回復などでかなり便利。本当に隙のないキャラクターでした。

クラウス
使いやすい。
高めの耐久、ある程度の回復力と前線で耐えるのに十分な能力。千烈突きの火力が高くアタッカーとしてもなかなかのパフォーマンスが出せそう。
メンバーから離脱するまでは便利だったので結構重宝してました。

ラスティ
必須。
移動力の広さ、行動順の早さ、まさにこのゲームで重要な要素が揃っているキャラなのでは。
アルト同様反撃持ちでSP回復が容易。攻撃範囲が2マスまでなのも地味に強いです。
攻撃や防御はほどほどですがなんと言ってもスキル。低コストで大ダメージが出るスタッブ、ボス戦で必須のぶん盗る、2回攻撃を可能にするダブルクラッチ、広範囲に大ダメージをばら撒けるビーハイブ。特にダブルクラッチ習得以降の使い勝手の良さは素晴らしかったです。

アーチボルト
難しい。
耐久面は申し分なくガーディアンも良い効果。しかしラスティの強さがそのまま弱さになると言うか、移動と行動力の低さがなんとも使いがたい。広いマップで複数の敵を相手にすることが多いものの、下手すると置いていかれて戦闘終了。個人的にはどうにも難しかったです。

ユアン
難しい。
解錠スキルはユニーク。盗むに関してはラスティがぶん盗るを覚えていこう用無しに。デリバリーも面白い効果ではあるもののリゼットやポポがいればあまり必要なく。銃の射程は長いものの高低差に弱いのが欠点。
序盤のつなぎ程度にしか考えられませんでした。行動力も微妙だし。

ポポ
必須。
超広範囲の攻撃と若干の回復能力を併せ持っておりサブヒーラー兼遠距離アタッカーとして優秀。
ロングショットの射程が異常に広いので上手くやれば一方的に殴れることも。移動タイプも飛行で高低差に強いのは扱いやすい。リトルヒールも優秀。ゴロ☆ピカ☆ドンは高威力に加え追加麻痺が強く、結構お世話になりました。
最初に合奏が解禁されるので序盤は無双してくれますね。

ののか
使いやすい。
移動範囲も広く、行動順も早く、なかなか小回りの効くスキル。しかし対抗となりそうなラスティが強すぎる…
本当、優秀な子だとは思うんですけど使いませんでした。

サクヤ
難しい。
正直序盤はそんなに使いやすくないと思います。抜刀時はスキルが微妙、かといって納刀時はうまく動けない、うたれ強くもない、おまけに歌も効果が微妙極まりない。でも可愛いから使う…のもありますけど、魔女強制出撃イベント多いので育てておいたほうが無難。
後半は近接物理アタッカーとしてかなり活躍してくれました。ツバメ返しと一刃終端が強い。特に後者は莫大なSPを食うものの500の固定ダメージでそれに見合った効果。ボス戦は堅くて全然ダメージが通らないことも多いので防御無視や固定ダメージが本当に重宝しました。伝説の海へで回復する場合SPもさほど気にならないし、サクヤは僕としては大変オススメの前衛ですね。

キース
使いやすい。
攻撃も耐久もそこそこの印象。弓なので攻撃範囲が広く、そのあたりは扱いやすい。スキルも攻撃よりで無難な動きができそう。とはいえ弓はポポが使っているので役割が若干かぶってしまうのが…というわけで使いませんでした。

モルディモルト
難しい。
ちょっと重いです。それに尽きる。攻撃手段は銃なので弓同様状態異常撒きとかには便利。ただやっぱり高低差には弱いのが。
スキルは胡蝶の夢が使い方によっては強いです。チュートリアル的な戦闘が落とし穴効果だったので弱いと思っちゃったけど、石床とかに使えば相手の攻撃をひきつけてくれるのもあってとても強い。プレイヤーの腕が問われますね。たくさん…盛るのはそこそこの火力か。後はよろしく…はもう少し射程があればなぁ。
合奏の赤い銀河はリゼット加入までの短期間ですが、SP回復が強力なので使えると思います。

ドロシー
難しい。
動きやすいし火力もあります。ただ攻撃の反動が大きくてその辺を使いこなせるか。制約がないのは腱をズタズタにくらいか。
自傷ダメージやHP減少時火力アップなんかを死なないように上手く扱えるなら、文句なしの火力だし戦力になりそうです。

ダンテ
使いやすい。
それなりに攻防バランスが良く、槍だからというのもあって範囲攻撃も多彩。割りと器用貧乏な印象。でも使いづらくはないと思います。
特性も優秀なのでちゃんと運用すればかなりいい感じなのでは。

ヒルダ
必須。
かゆいところに手を届かせる存在だと思っています。移動力のないキャラの補助、行動力のないキャラの補助。
合奏中の魔女を動かしたり順番をいじって回復を早めたり、本当に困ったときに頼りになる存在。移動方法がワープなので守護神抜け出来るのも強み。
攻撃も物理魔法ともにそれなりにある感じ。ダルケハーレの解は特に広範囲高火力でいいと思います。SPチャージで自動回復するので思ったよりもSPに余裕あり。
合奏の停止効果も文句なしで強いのですが、ここは異常無効敵もいるしリゼットの伝説の海へで良い場面が多そう。
とにかく入れておいて絶対に損はしない、そんなキャラクター。

ヴェロニカ
使いやすい。
天使戦が続く終盤に加入して天使殺しを持っているこのキャラが弱いわけがない。属性も多彩でそれなりに扱いやすそう。ただSP消費が若干重いのでその辺は上手く立ち回れるか。
あんまり育ててないのでなんともなんですが。

ジゼル
今回は加入条件を満たせなかったのでいません。次は狙ってみたいですね。

そんなところです。
これだけのキャラクターがいるわけですがみんな同じ感じになるのでは…というのが使ってみた感想。
2周目はちょっと違うの使ってみたいけどどうだろうか。

なんにせよ2周目やってみないとなんともいえないですね。