記念すべきfripSideの10thシングル、Two souls -toward the truth-、買ってきました。ネタバレ勿論ありです。
販促用ポスター付いてくるのは嬉しい限り。ブロマイドはsatさんがいないので50点減点ですが、南條さんが素敵なので25点加点して75点と言ったところ。satさんと南條さん二人合わせてのユニットなんだけどなぁ。アニメイトが悪いのかは知らないけどわかってないんだよなぁ。
KIMG0821


今回は終わりのセラフ名古屋決戦編とのタイアップだそうですが、私はノータッチなので全くわかりません。残念。内容を知ってればより楽しめるんでしょうけどね。実際Luminizeとかそうでしたし、ブラブレもレールガンもそうでしたし…

この曲はツアーライブで既にセトリに組み込まれている曲で、後半ではトリに選ばれている曲でもあります。旋律とかがっつり覚えているというほどではありませんが、それでも相当知っていると言っても過言ではないこの曲。とても楽しみにしていました。
イントロ聴いた瞬間からライブ会場が思い出されるというか、凄く「求めていたもの」だと感じて高揚感が…

曲はなんだろうなぁ、上手い表現がわからないんですが。satさんが言っていたようにかなり楽しい曲だと思います。イントロから綺麗なんですが、シンセでしょうか、結構旋律が強めに聴こえる感じで良いなぁという感じ。
間奏なんかもかなり疾走感というか。fripSideとしてはちょっと軽い感じもしますが、スピード感があって5分以上のそこそこ長い曲という印象はありませんね。サビに入るまでに前半後半という雰囲気は普段も結構あるんですが、この曲は特にサビ入る前が長めに取られているような印象を受けました。
Cメロも気持ち長めに感じるかなぁ…凄く面白いです。Luminizeのときも高い高いと思っていたものの、これのCメロやばくないですか…?

初回限定盤のお楽しみPV。
今回のゲストはテツ&トモということでこれまた古いのを持ってきたなと。前回のエレキテル連合がかなりタイムリー(やや時代遅れ気味ではあるものの、許容範囲)だったわけですが、まぁやっぱり予想なんて出来ないですね(笑)ちなみにアルバムのときと同じく、店頭の販促用画面でゲストネタバレくらいました(笑)
PVは室内と船でほぼ動きなく歌うと言う感じ。バックダンサーが常についてます。1番は白っぽい部屋で、2番で船着場、サビからは船上も交えて、とシーンの切り替わりはあるもののかなりがっつり歌っています。
南條さんアップのカットもそれなりにありますが、凄くクールな南條さんを見られます。ちょっと優しげとも悲しげとも表現できそうな感じの表情がやばいです。衣装が白を貴重としたシンプルなもの(後ろのひらひらも地味に加点ポイント)だからというのもありますかね。Luminizeやblack bulletはどちらかというと派手めな衣装であの感じも好きなんですが、こういうのも好き。infinite synthesisはシンプル系だったもののあまり好みではなかった(笑)ので、今回のはこういう系統の中ではもろ好みのもので嬉しい。ちょっと冷たい感じの視線が堪らないですね…
陽の成分を補うかのように、ではないと思いますが、今回八木沼さんは結構可愛らしい感じです。たとえば間奏でシンセ弾いてるところ、八木沼さんだけのカットでもバックダンサーが付いててここで踊りながら弾くところだとか…いや踊ってないのかも知れないですが、可愛いよね。あのキメ顔との差がね。あとはCメロで弾くのをやめて南條さんや他のダンサーと同じ振り付けのところ。ここよ。ちょっと笑ってるようにも見える表情でとりあえずやりましたよ、みたいな感じを出してシンセに戻るところまで。八木沼さん可愛いよなぁ(笑)
ゲストはラストサビから。それまでもダンサーの服の色が変わる演出が交えられていてそれとなく示唆されていますが。今回はテツさんの顔芸(PVMakingの八木沼さんより)が目立つ感じかな。でも割りとさっぱりめです。ゲストの存在感が強かったLuminize、infinite synthesis、black bulletあたりの最近の作品に比べて、控えめな印象を受けたのもこの部分なのかなぁ。eternal reality以来のかなりすっきりとした仕上がりになっていると思いました。一応強いゲストはいますけどね。
fripSideのPVを見てるということは八木沼さんや南條さんのファンということだし、fripSideの二人が格好良く決まってるこのPVは何度も見るのに良さそうですね(笑)
ていうかこの街どこだっけ…また横浜…だっけ…?

メイキングも八木沼さんのジョークが活躍。こっちも結構あっさりと作られていたかな。撮影も比較的楽そう?南條さん鷗のくだりは生き生きしてて可愛い南條さんです。

カップリングは冬のかけら。安定の南條さん作詞曲。
久々の日本語タイトル曲です。確か悲しい星座はセルフカバーだった気がするので、それだとひだまりバスケットくらいしかまともに日本語曲なかったってことなのかな?
1期ぽい曲調らしいんですが、僕の知ってる1期曲なんてたかが知れているので正直良くわかりません。
良い曲だ、とは思うもののちょっとバラード系について軽々しく言うと後々大抵印象変わってうーんとなるので、あまり触れないようにしておこうかな。
まぁ何にせよ、とても綺麗です。

そんな感じですねー。
長々と書いていますが、結構今回は好みだった、ということで大丈夫です。
まぁ色々読んでもわからないと思うので、とりあえず買うなり借りるなりして聴いてみてください。PVもよければ観てみてください。そんだけです。