現在ショップなどで行われているラブライブの特別大会に参加してきました。
今回は僕が初参加だったのですが、今後WSを続けるにはショップ大会が一番手っ取り早いのではと思っていたので、ずっと参加してみたいなとは感じていたんです。

とりあえずカードプールのわかりきっているラブライブ。別に普通のネオスタンでも良かったんですが偶然空いてる日に定員も多い大会があったので。最初の参加としてはちょうど良かったかなと思います。
ラブライブデッキは3つほど作ってはありますが、手に馴染んでいることと僕の原点であることから絵里単で戦いました。

参加人数は8人でスイスドロー形式。

1回戦 勝利
相手の方はにこ単デッキ。僕光4夏色4で緑黄。いや、晴れ着が入ってたから超レアチョコもあったのかな?スリーブやプレマからも愛を感じましたね。
先攻をとられて相手がノーブラで高ソウルから殴ってきましたがほどほどのキャンセルをしつつ移動で盤面維持。名案埋めでそれ僕にこ(リバース時回収付与)を使わせて移動で踏ませないなどそこそこの立ち回り。ぼらにこ(クロアン)を今のままが一番いい(絵里×1000カウンター)で返り討ちに出来たのも個人的にはポイント。
その後の手札は良くもなく悪くもなくだったし盤面はむしろ劣っていたものの、2回貼った振り返る思い出のソウル+2が5箇所ほど通りこちらがレベル2前半の段階で勝利。なんだか申し訳ないゲーム。

2回戦 敗北
レベル3をノーブラ希、夏祭りデート海未穂乃果で構成した黄赤デッキ。シナジーはなくフルゲートでしたね。かなり堅実に組まれたデッキだった気がします。ちなみにこの方が優勝しました。
どうでもいいですが他タイトルのスリーブとプレマを使用していたのが印象的でした。
またしても後攻、はまぁいいとして初手からキャラが少ない事故。1ターン目を読書の秋1面でCXを貼り4点(5止め)したはいいものの、次でレベル1先上がりしても2面しか殴れない。相手のレベル1はぼらえりうみ構築だったのでさほどパワー負けするというわけでもないものの、盤面が立ち直らないまま終盤へ。
CXを貼ってごまかし、相手がレベル3になった段階でこちらは2の中盤だったので一瞬勝てるかと思ったものの、2-6でクロックにCXが2枚ある残念すぎるプレイングが災いして、残り山札3(CX2)から
海未1点バーン(キャンセル)→3点(ボトムキャンセル)→リフレッシュ(レベルアップ)→3点→5点
と素通りして終了。2-5から山札の枚数的に集中ヒットすると思ってCXでクロックドローしたのが敗因ですね。
絵里単のCXを手札に引き込んだときの弱さが如実に表れた勝負でした。

3回戦 勝利
黄色に赤を混ぜたデッキなのは同じでしたがトライアルのカード(Wonderful Rush複数種など)が多数入っていたり、言ってしまってはなんですが順当に勝てたゲーム。
初手またしても後攻(前日身内でやったときもじゃんけん全敗だったので一番深刻かもしれません)。相手のキャラを踏むために後列がいない状態で無理やりぼらえりチェンジ(パワー5000)と夏祭りで2パン。ぼらえりは返しできっちり割られましたが(笑)しかも3パンされたので夏祭りも落とされました…
レベル1以降は晴れ着2面シナジーから始まり晴れ着ぼら絵里あたりにハテビを絡めて手堅いプレイング。ハテビのレベルパンプのおかげで相打ちを返り討ちにしたり、なかなか理想どおりの動きをしてくれました。
こちらがレベル3になったときには相手が既に3-5だったのでハピメ絵里で高パワーを出し勝利。まぁ本体打点通って終了だったのでシュートはしてないんですけどね。

1戦目はヴァイスの醍醐味でもあるソウルゲーであまり嬉しくない勝利、2戦目は同じくあまり嬉しくない敗北、3戦目はデッキ通りの力を出して落ち着いてやれたかなという感じ。
参加者の人たちの雰囲気も悪くなかったし、ガチでやってる感じの人もいなかった(むしろルール怪しいくらいの人はいた)ので、なかなか初参加としては良かったなぁと思います。絵里単は一番好きなデッキなのでこれでデビューできたのも嬉しい。
身内戦とは違って知らないデッキ・プレイングと戦う楽しさを存分に味わえたと思います。また近いうちに次参加したいですね。

今回の参加賞は「ゆっくり行こう!」穂乃果(カウンター1500+1000)と新TCGスクコレのPRカード。全9種類からのランダムですが運よく1発で絵里を引くことができました!交換とかは難しいと思うので自力で当てられて嬉しいですね。参加したかいがありました。
あとは2勝した景品にはずれのぷよぷよ1パック。正直最初は1勝出来れば…くらいに考えていたのでありがたい限りです。
KIMG0971

今回3戦してみて、気付いたことや絵里単の改善点など考えたところとしては
・基本的に積んでる枚数は現在のままで丁度良い
・名案絵里が序盤にも役立つ(コストを強要するorそのまま埋める)ので増やしても良い
・逆に読書の秋は使わない展開が多すぎる
・ソウル+2は勝ちに直結するのでとりあえず貼る(そもそも絵里単で貼る以外の選択肢はない)
・イベントカウンターは警戒されなかった(知名度?)
・イベントカウンターはカウンターアイコンにとらわれずハピメに使うべき
・プレイマット欲しい

まぁそんなわけで名案を増やすと思います。1枚残しで1-6ターンエンドするデッキにも刺さるし、ね。
あとは基本的に細かいプレイングを磨いていきたい所存。

KIMG0973
スクコレのPRカードは可愛いのでセンターマーカーの具にしました。センターマーカーこれまで作ってなかったんですけどね。これからは積極的においていきたい。
次はネオスタンの大会に行ってみたいけどどのデッキ使おうかなぁ…