南條さんをより知るためにというか、少しアニメを観ましたのでそれについて。
ちょっと色々と無理を承知で5段階評価。

○悪魔のリドル
内容…2
キャラクター…3
南條さん…5

…ただのギャグ系百合アニメだった。
あらすじとか1話の感じまだシリアス要素多めかなと思いきや。戦闘に関してもヒロイン無双系だったし、段々と突っ込むところのほうが目に付いてくる感じ。内容は正直なところなんとも言えないですね。
キャラクターはとにかく多いのですが、序盤に退場する奴なんかは名前を覚える前にいなくなってしまったり、色々と取り揃えられているのだろうけど印象に残らなかったなぁという感じ。ただ、退場すると原則としてエンディングを歌うことができる演出はなかなか。歌ってない子もいるわけですが、彼女だけは作中で唯一ある意味救いがなかったと言える…のだろうか。
南條さんが演じていたのは走り鳰。兎角・晴の他に最初から最後まで出続けているのは鳰だけだし物語的にも非常に良いポジションでした。ビジュアル的にも好きですね…凄く可愛い。作中で一番可愛い。服装なんかも個人的には大分好みでした。キャラの性格上、無気力だったり無邪気だったりする喋り方と狂気じみた喋り方と両方聞けるのがポイント高いです。オンオフ大事。とても良いキャラでした。
まぁギャグだと思ってみればそれなりに面白い作品でした。ただし南條さん推しの方は絶対です。

○Robotics;Notes
内容…4
キャラクター…5
南條さん…3

特に予備知識なく見始めたのですが、さすがになかなかしっかりしたSFですね。日常も描きつつ。あまり好んで積極的に摂取するようなことはありませんが、近未来を拡大解釈したようなSF系のものは大概好きです。なんだか頭良くなったような気がするし。物語の内容は高校生としてはかなり大きいことなのですが、それなりに整合性が取れていて違和感なく楽しめると思います。
最後まで見て一番に感じたのはキャラクターが魅力的だなというところ。あき穂、海翔、昴、フラウ、淳和のロボ部員は勿論、周りを固める人たちにも相応の見せ場があり人間味を感じますね。僕はあまりアニメを見た本数は少ないですが、どうしてもいまいち理解できないキャラや理不尽なことを言うキャラが好きになれないなと思っています。そういう意味では「芯はまとも」なキャラクターだけだとストレスなく観られますね。海翔が多分その最たる例で、なかなかにうざい要素も多いですがどんどん引き込まれるタイプのキャラでした。
南條さん演じるあき穂は真っ直ぐな猪突猛進タイプでありながら、終盤にはちゃんと迷いも見せてくれて、21話のデレるところなんか最高に可愛くてそういうところでまた一層好きになりますね。一応海翔主役の物語ではあるものの序盤は性格上セリフが多いのもあって幸せになれる。言い方は変ですが、先ほどの鳰とは反対にかなりわかりやすいキャラなので、ある意味スタンダードな南條さんの声な気がします。21話が可愛いということについてですが、こうちゃんと恋愛感情の決着をつけてもらえるといいなぁと思います。
そういえば淳和役が徳井さんだったのですが、これ淳和回でなんとなくエンドクレジット見るまで気付きませんでした。知ったあとも徳井さんの声だなと思えないこともあったり…凄いですね。
ちなみに私はこのアニメをみて、WSロボノデッキ(プロキシ)の勝率が格段に上がりました。愛です。
これは時間があれば是非見て欲しい作品だと思います。純粋に面白いと思うので。


おまけ
○探偵オペラ逆襲のミルキィホームズ
内容…5
キャラクター…5
南條さん…5

あ、評価は大嘘です。いや、あながち嘘でもないですけど。こんなん正常に考えて観られるアニメじゃないので。
1期・第2幕と同じようなテンポ感。次々と意味のわからないギャグを繰り出してくる感じ。登場人物全員が果てしなく頭の悪い感じ。なんかもう内容とかどうでも良くなって、ただ楽しかったということだけが頭に残る感じ…
見た人ならわかってくれるでしょう。面白いとかじゃなくて楽しい、です。ただ劇場版らしくちょっと真面目なシャロも見られるので一応緩急ついてますね。
小衣はまぁ今更言うことなんてないんですが、あの叫び続けているような演技に敬意を表して5。出番はかなり多くてへたれなところは勿論かっこいい場面もたくさんありました。映画館まで行けてよかった。しかしあれですね、G3が一番まともな思考してそうですね…
ちらっと小林オペラが映っていたり(僕はゲーム未プレイです)細かい要素があったみたいなので、僕は気付きませんでしたがちゃんとミルキィファンやってる人はもっと楽しめるんでしょうねぇ。そういう配慮好きです。



アニメの感想を言葉にするのってものすごく難しいですね。言いたいことが伝わっていない可能性も高いのでひとつだけお願いをすると、観てください。