※※※※※最新版(2016.5/19更新)※※※※※


昨年のもの
はこちら。
そして、これが僕の出した答えです。4月になってしまいましたが、3月に書いたものということで。

KIMG1061

デッキレシピ

レベル3(8)

4 Happy maker! 絢瀬絵里
1 あなたへのプレゼント絢瀬絵里

3 狐の嫁入り 絵里

レベル2(6)

2 KiRa-KiRa Sensation! 絢瀬絵里
1 音ノ木坂学院3年生 絵里
1 ユメノトビラ 絢瀬絵里
2 今のままが一番いい

レベル1(11)

4 晴れ着 絢瀬絵里
2 ?←HEARTBEAT 絢瀬絵里

4 僕らのLIVE 君とのLIFE 絢絵絵里
1 ちび絵里

レベル0(17)

4 夏祭りデート 絢瀬絵里
4 レッスン着の絵里
4 ハラショー 絵里
3 名案 絵里
2 マーチングガール 絢瀬絵里

CX(8)

4 振り返る思い出
4 一粒チョコレート


このデッキに至るまで。
前回の記事から一度これに「近い」形で落ち着いていたものの、アドバイスをもらったのもあってレベル1帯緑統一を試してみました。水色の傘、どんなときもずっとをレベル1に、そのときは入っていなかったマーチングガール、初めての地へをレベル0に。回してみた感じ色事故などの危険性は大きく下がりますし、回しやすくなったことは確かでした。
ただ、ぼらえり慣れがかなりあったことは否めないわけで。返しの微妙なパワーの足りなさや、行きに枠を埋める必要がなくチャンプアタックを多用してしまうことからか、どうにも回っているはずなのに負ける展開が多くなってきました。そこで一度初心に帰ってハラショーぼらららチェンジを再び採用。今に至っています。
その過程でマーチングガールが2枚残ったり、狐の嫁入りが減ったり、ちょっとした変化はありました。
後列についてはノーブラと似たような効果を持つハテビを採用、こちらはレベルパンプがあるのでぼらえりが嫌うレベル1相討ち、夏祭りが嫌うレベル0相討ちへの対処が楽になりました。このデッキとの相性はとても良いですね。一方でレベル3になると早出し焼きカウンターで狩られてしまうのでその対処として音ノ木3年のレベル応援。ストックを消費しないタイプだしなかなかに優秀です。
ちなみにぼらえりを抜かない理由としては個人的にぼららら衣装が好きだからというのも多分にあります。特にファイナルシングルもこの衣装だし、もう抜く理由はないよねっていう。チェンジも決まると相応に強いし、レッスン着を採用してるならチェンジしかないと思います。サーチの薄い絵里単で安定してぼらえりを出すという意味もあります。
名案は大変いやらしい性能なので3枚。プレゼントも嫌がらせに1枚。レベル3は基本的にハピメだけで戦えてしまうので他のは微妙ですが、とはいえ1枚と0枚は何もかも違うので是非。
この形にしてみてやっぱり馴染むなぁというのを感じています。

ちなみに追加のPRに優秀なカウンターがいるので、これを1枚は採用すると思います。普通にちび絵里を抜くか他をあけてレベル1カウンター2枚にするかはわかりませんが、入れるということは間違いないのでは。

今回は戦い方なんかは省略します。前回のがあるので。
とりあえず、これが僕の答えだなということで。

あまり関係ないですが、ずっと絵里単を使っているせいか、かなり相手のクロックシュートに敏感になってきて知らず知らずのうちに対処が上手くなっていました…自分で作るのが最大の対策なのかもしれませんね。