現在一番環境と言われている物語シリーズ。実際にネオスタンダードの結果を見ても強そうです。
追加で一気に化けたかなぁという感じのタイトルですね。1帯は以前はショットの対応でリバースサーチが多かったのですが、トップメタだけあってミラーになったときの対策として宝を積む型もありました。最近はミルキィの台頭で一気にレベル1踏み倒しの不安定さが増したので宝が増えてきているように感じますがどうでしょうか。撫子も面白いですが環境ではさすがに見ないかな…
それにしてもキャラの名前が難しいなぁ…

レベル0
経験で面白い効果を持つカードも多いですね。全体的にちょっと特異な効果が多い気がします。ここに記載しているのは基本的なものですが、他にも集中とか相討ちとかがなかなか有用な効果を持ってたりもするので注意しておきたいところ。「帰路」と「中学生」で相討ちにも移動にも強いのがなんとも…

帰路忍野忍」…自ターン全体レベル+1と経験で1000応援。相討ちに強いし最後まで使える良い後列ですね。
総合的な幸せ八九寺真宵」…所謂オカ研とサイド時パンプ。サイドというのが珍しいですが0帯では非常に強力です。「中学生」との相性も最高。
中学生忍野忍」…出たターン3500になって他のキャラがフロントされたとき自身サクって救出。相手のリバース要求にかなり強く、後列でも効果を発揮できるのは強み。これも環境に適したものでしょう。3殴りもしやすい。
真剣な面持ち阿良々木暦」…登場時3落下と相手CXに反応してストックへ。被打点が上がりますがシナジー対応踏み倒しに強いです。
童女斧乃木余接」…コンソールとキャラ1枚に+1500、自身も選べるのが強いです。
暫しの別れ羽川翼」…経験でキャラ登場のたびにトップチェックができます。かなりキャラをプレイする機会の多いタイトルなのでマッチしてますね。

レベル1
ソウル減カウンターが印象的。経験タイトルなのでレベル0のカードが強くなることもあり、なかなか厄介です。思い出に避難する助太刀とかやっぱり面白い効果は散見されますね。

内なる気持ち羽川翼」…1帯ではただの1500助太刀ですがレベル2以降はソウル-1が来るので覚えておきたい1枚。
怪異殺し忍野忍」…バニラサイズでシナジー相手リバースでサーチ。レベル1で黄ならこれが軸です。
お昼寝八九寺真宵」…全体500と2コストサーチ。他にも優秀な後列があるので採用されるかは微妙ですが。
「阿良々木さん嫌いプレイ」八九寺真宵」…経験で7500手札アンコ。
完全敗北神原駿河」…ちょっときついですが0コスト7000はなかなか。
新学期神原駿河」…相討ちと自身リバースでトップ公開レベル2以上なら手札に。高レベル多めなタイトルなので噛み合った効果ですね。
未来の為に出来ること戦場ヶ原ひたぎ」…暁です。集中をあまり使わないので山整えるのはこれがメインか。

レベル2
緑だとここで守勢に回らず戦えるでしょうか。本格的に経験が力を発揮するところなので強さをみせてきます。カウンターは最大3000ですが、基本的に2500だと思って差し支えなさそうです。

八九寺真宵さん」…レベル3以上メタ。あまり見たことありませんけど覚えておいて損はないかな。
曖昧な返答忍野忍」…チェンジ。チェンジ先は非常に良い防御札なので見る機会も多いかと。
白くて白々しい羽川翼」…9500というのも魅力ですがシナジーできれば登場コストが賄えるのは強いですね。対応も宝なので容易でしょう。
お似合いの髪型神原駿河」…駿河レベル3が採用されてるならもしかしてあるんですかねぇ…
仕事上の関係戦場ヶ原ひたぎ」…美夏カウンター。サクって早出しメタです。

レベル3
堅実ではあるものの裏を返せば劇的な詰め手段に乏しいのが特徴ですね。軽いのでコストが少なくても展開できるのが強みですね。大きなバーンや連パンがない分逆転は難しいものの、ここまでで堅実に差を付けておいて最後に豊富な1点を与える方法を駆使して仕留めるという印象です。イベントの「くらやみ」や「鼻眼鏡」は良いと思うんですがあまり見ないですね…

八九寺真宵」…2枚にパワーとソウルパンプ、更にアタック時に好きなキャラにソウル+1。最初のターンはソウル+3できるということですね。対象を選べるのも使いやすそう。
蟹に行き遭った少女戦場ヶ原ひたぎ」…回復。レベル2以上のキャラをリバースさせるとレベル1以下のキャラを控え室に置けるのですが、これ後列も対象に取られることと相手ターン中も発動することだけは注意。カウンターされそうなときはアタック順をあとにするとか対策しましょう。
昔話忍野忍」…チェンジで早出しも出来ます。12500でアンタッチャブル、受けたダメージがキャンセルされなければトップチェック。強い防御札ですね、早出し出来ればなお良しでしょうか。「主従関係」のほぼ上位みたいな印象ですかね…
最後まで笑顔八九寺真宵」…1点回復と1枚にショット付与。こういう回復と詰めを両方行えるのは最近増えてますが弱いわけがないですよねぇ…CXでもショットが入る構築があるし1点に強い印象あります。
少しの歩み寄りキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」…見たことないですが一応。相手の山札を控えに置かせて自分は控えを山札に。1点確定ですか…
「やって後悔しない」神原駿河」…早出しと登場時相手の助太刀封じ。これも確実に殴れる早出しです。
真剣な面持ち戦場ヶ原ひたぎ」…2ドロー1ディスとシナジーでアタック時バーン。数少ない能動的な詰め。

CXは扉4と扉宝炎いずれかが4、といった組み合わせが多いですがなんとも。どの型か早めに見極めたいですがだからと言ってあまり対策ができないのが難点。
こちらも組んでないのでなんともですがなかなか(個性も)強いカードが多いですね。従来の環境に対するメタ的な強さも持ち合わせていますしタイトルとしての持ち味も感じます。
劇的にやばいバーンとかはないものの劣勢でレベル3になるとショットなどでそのまま詰めきられやすいということと、逆に相手にはソウル減カウンターや「昔話」のトップチェックやらで防御されやすいです。序盤でソウルを意識してできれば1帯をスキップするような動きができれば理想でしょうか。ソウル面でアドを取れるように動くことは気にかけたいですね。