書きたいけどネタバレできないので…

全く内容にかすらないように言うと、「好きな曲はやっぱり良かった、生で聴くのは最高」「いまいちな曲は魅力を再発見できた、最高」「元々そんなでもないけどやっぱりそこまで良さがわからなかった、もっと勉強が必要」のどれかでしょうかね。東京1/3650に比べるとトークが少なめで、セトリもどちらかと言うと大衆受けする印象。南條さんらしさは存分に発揮されていましたが、東京1/3650の「ごきんじょ感」というか、あの癒され空間感は少し控えめだったかな…とは言え最高の一言に尽きるライブではありましたので、仙台が楽しみです。感想はまた仙台のあとで。パシフィコ横浜5000埋まるのがすごいですね。僕は1階のほぼ最後列でしたが意外と見やすかったし、上の階に比べればまだまだ。

私からみた南條さんは「人前ではひょうひょうとした態度でお気楽そうにやっているものの、実際は誰よりも大人びていて達観していて、何よりも表では微塵も見せない圧倒的な努力に裏付けられた自信がある」という印象。意味不明ですかね。南條さんってちゃんと「こうやれば可愛く見える」って言うのを理解していて要所要所で見せてくるんだけどそれがもう凄まじい良さよ…そのギャップも良い。ずっと可愛く振舞うわけではないから最高なのよ。

やや脱線しました。


最後にちょっとネガティブな話も。次の記事はオールポジティブで行くつもりなのでその布石として。

ライブといえばツイッターで「お水問題」が話題になっていました。ライブ中に給水すると「美味しい?」って訊くアレです。あれがうるさいと言うことです。
以前のイベントでもちらほら聞いていたものだったので、ネットでツイートを見ても正直言って「言う奴なんて会場内で数人だし別にめくじら立てるほどのものでも…」と思っていました。ただ実際にその現場に当たってみてわかりました。あれ超うるさい。
以前は数人だったのがいまや2~3割?会場でかなり目立つレベルで、これは確かにうるさいなと言う感じでした。南條さんの反応が嫌そうという意見がありましたが実際そんな感じ…南條さんはイベントでは結構塩対応してるし、大人な方だからこれからもそう振られれば何かしらレスポンスしてくれるでしょう。でもそれって本当に必要なことなんでしょうか…?
ライブなんかでは定番なんだろうから、そうそうなくなるということはないと思います。それに僕も含めた不快に思っている側はそう主張する権利はありますが、「こうして欲しい」と南條さん側が発信しない限りはやめなければならない義務はありませんし道理もないと思っています。我々が「うるさい」と文句を言うのと同じように彼らが水ネタをやり続けることができる権利があるんです。あ、文句言うって言っても現場で喧嘩吹っかけるのは論外ですよ。そんな自警団みたいな寒いことは全体のためになりませんので。これ自分達のサイドが正しいと思っているけど、客観的には絶対的にどちらが正しいとかわからない問題ですので。
ひとまず、そういった問題提起がされてること自体は良いと思います。そして既に定着してしまった以上そう簡単に決着が付くこともないと思います。
あまり僕はツイッターで過激には主張しませんが…この場を借りて一応立場を明確にしておこうと思います。

あとひとつ、「個人的に」思っていることなんですが。南條さんがラジオとかで話した内容について触れて、知らない人?って訊くことあるじゃないですか。今年のはネタバレに抵触するかもなので昨年の例で行くと「7月25日の背景について」とか。勿論ライブに来る前にラジオとかツイッターとかのメディアについてはさらっておくことが望ましいとは思いますが、そんなことは言いません。敷居が高くなるのは望ましくないし、別に誰しもが単推しってわけでもないし。連番とかでライブだけ参加って言うのはそれもいいスタイルだと思いますし。それに対して誇らしげに知らないことをアピールしないで欲しい。
南條さんは大人な方だから、知らない人って訊いて元気良く沢山手が挙がっても「正直で…いいね」って言ってくれます。でもそれをさも当たり前のように手を挙げるのって恥ずかしくないんですかね?変な気遣いなく参加できるって言うのは良いことと思いますが…ただ目立ちたくて手を挙げてるわけじゃありませんよね?少なくとも僕はそんな振る舞いができない。押し付けと言えばその通りなんですが、個人の主張をする場なので書きます。書くとすっきりするでしょう。ツイッターだと踏み込んで書けませんしね。

とまぁそんなところで。


ちなみにライブはそんなことは些細なことに感じるくらいには素晴らしいものです。是非。
改めて仙台楽しみです。