アクセス解析をしていてちょこちょこfripSideのライブに初めて行くのかな、という感じの検索がありました。見る人はいないかも知れませんが、一応経験の浅い僕から書ける分は書こうと思います。僕も最初に行くときはかなり検索して調べました。
ライブの感想記事はちょこちょこ上げていますが僕は横浜アリーナが初参加で、infinite synchronicityは3公演、infinite synthesis 3は5公演行く予定です。勿論SSAも行きます。


まずは持ち物ですが、
・チケット
・サイリウム、キンブレなど光る棒
・タオル
・飲み物
このあたりが基本です。換えの電池だったり、物販が多いようなら大き目の鞄だったり、携帯の充電器だったり、必要なものがあれば適宜。ほとんどのものはコンビニで賄えますけど。
結構汗をかくと思うのでタオルはあると良いですね。水分補給もそれに合わせて最低1リットルくらいは持って行きましょう。それでも足りないくらいかも。
光物については公式に販売されているロゴ入りのものや、家電量販店やアニメショップなどにある2000円くらいのキンブレが1本あれば大丈夫です。何も持たずに行く猛者も一定数いますが僕には出来ません。本数は複数本持ちが基本的には禁止されていると思うので利き手に1本か、左右1本ずつでしょうか。fripSideのライブでは片手だけに1本か2本持つ人が多い印象です。左右のほうがバランスは良いと思います。使い捨てのサイリウム(所謂UO)はなくても全く問題ありません。何度か通って盛り上がりが足りないと思ったら折れば大丈夫。

服装は常識の範囲内でなんでも大丈夫です。ラブライブのTシャツの人とかもいます。ストラップとか小物類や鞄くらいは別にかまいませんが、いくら演者が出演しているからといって関係ないアニメやコンテンツのものを着てくるのはなんか違うな…というのが個人的に思うところですが、あくまで個人の考えです。fripSideが大好きだ!と言う人は毎回シャツを買えばいいし、そこそこ行くけど他のも行くよって人は1着だけ買ってずっと着るのも良いと思うし、Tシャツ高いし…って人は普段着でも。ライブTシャツと私服の比率としては半々~7:3程度ですかね。

公演中や前後は当たりまえのマナーだけ守りましょう。fripSideは2014年に北海道で使い終わったサイリウムが不法投棄された問題があった影響かかなりうるさくマナーやルールについて言われます。実際そんなに荒れてることはないので安心していただきたいのと、これから問題が起こらないように楽しんでいきたいですね。

ライブは基本的に全曲スタンディングですが、疲れたら適宜座っても大丈夫です。映像だとわかりにくいですが座ってる人も結構います。キンブレの振り方は適当に回りにあわせておきましょう。fripSideの振り方は非常にシンプルなので初めてでも2~3曲やればコツをつかめると思います。ちょっと特殊なやつは思いつく限り書いておきたいと思いますけど。

色については周りに合わせておけば問題ないです。
赤:Red -reduction division-、black bullet
黄:ひだまりバスケット
青:late in autumnなどバラード系、Heaven is a Place on Earth
白:whitebird、trusty snow、Hesitation snow、white forces、冬のかけら
緑:Luminize、Two souls -toward the truth-
紫:before dawn daybreak
橙:上記以外全部
Heaven is a Place on Earthは橙と青が混ざっていたりするのでちょっと微妙です。他にも該当する色があると思いますが、思いついたら適宜追加していきます。

注意すべきコールというのは少ないと思います。
Two souls…唯一のわかりにくいコール。前奏や間奏で警報(はーいはーいはいはいはいはいってやつ)が入ります。多分satさんか南條さんも煽ってくれると思います。
Luminize…「Luminize to the future」に合わせて若干変則的な動きだった気がしますがこの前の千葉はそんなことなかった。
before dawn daybreak…サビ以降が微妙に珍しい形だと思いますがノリで!

覚えておいたほうがいい歌詞など。曲の予習については4枚のアルバム(執筆時点、これから追加されるアルバムがあればそれも含めます)が基本。PC geme compilationの2枚分も出来れば。シングルのカップリングも出来れば把握しておきたいです。
only my railgun、sister's noise、LEVEL5-judgelight-…サビで突然振られることがあるので歌えると吉。
black bullet…「black and red bullet!」の部分だけは来ると思って置いてください。
fortissimo -from insanity affection-…「(君を)守るためなら(光も)疑えるから」の()内を覚えてると良いかも。
Decade…only my railgunのパートは私達が歌う場所です(ソロの場合)。

要するに持ち物があれば適当にやってなんとかなります。慣れてくると初見の曲でも適当に合わせられるようになります。逆によく訓練されたファンは少なめなので初見曲は会場全体で1番がばらついて2番で修正みたいな感じになりますね。かなり気楽にやれると思います。


SSAが久々に大きい箱なので横浜の僕みたいに新しく人が入って来やすい環境です。かなり敷居は低いと感じるライブなので是非一人でも多くの人に体験してもらいたいなぁと言うのがどっぷりはまった側の気持ちです(笑)
とにかく楽しもう、楽しみたい!みたいな人は行ってみましょう!八木沼さん南條さんが最高に楽しい空間を作ってくれますよ!