多少のネタバレを含みつつちょっと感想でも。僕は頭の中がお花畑みたいな感じの人なので考察とかは何もせず、小学生並の感想を気ままに書いていこうと思います。

まずレールガンの方。
表紙は緑の背景に佐天とフレンダを中心に描かれています。まだ頭と脚がひとつですね(当たり前)。「個人的には」大当たりだった11巻に比べて恐ろしく魅力を感じないコンビです…

80~83話
内容はまず表紙の期待を裏切らず佐天とフレンダ。鯖缶をめぐるギャグパートですね。フレンダのクソ野郎っぷりも全開です。おっとこれは失言でしたね…女性に野郎はないですね。クソっぷりも全開です。佐天もなかなかマイペースな人だしお人よしなところもあるので二人は友達に…
そんなことより最後に心理定規とゴーグル(なのかわからないけど)の少年が!いいぞ…良い…
そこから一転シリアスパートに。浜面はオアシス(ギャグ)。フレンダって基本的にはクソなんですが今回見せた妙に義理堅いところはいいですね。ちょっと見直しました。
ゴーグルの人(漫画でついに名前が明かされて嬉しい)の能力は結構分かりづらかったので漫画での再登場は嬉しい限りですね。なかなか凄そう。スクールのスナイパーやってる弓箭は初登場ですがそういえばスクールにスナイパーいたな。使い捨て感が暗部っぽいですね(適当)
佐天もここでは持ち前の思い切りというか、非常に良いところが出ています。フレンダのバトルもそうだけど、こういうところは好きですね。下手に派手な活躍とかさせないでもそれぞれに見せ場は作れるってことをアニメスタッフにも知ってもらいたい…
そんなことより最後に出てくる垣根さんですよ!学園都市第2位で俺の好きなキャラ第2位…大好きだ…
ところでこれって時系列どうなんでしたっけ?消息を絶ったフレンダってまだフレンダ…?

84~88話
後半は本題に。美琴と食蜂のフェイズから。美琴ちゃんが可愛くてなんも頭に入ってこねぇ…
美琴と食蜂は普通に話していてギャグが成立するので導線となりつつも堅苦しくならない良いキャラですね。内容はいかにもって感じのそれらしい嘘っぽい話というか。相変わらずえぐい題材です。美琴と食蜂の信頼関係もなかなか良いですね。トークパートが多いのであまり書くことはないですが、あえて言うなら美琴ちゃんが可愛いです。戦闘服も可愛い。可愛い。
使い捨てっぽい暗部組織みたいなのも出てきましたね。また1年後くらいの新巻発売が楽しみです。

短くかと思いきやぼちぼち長くなってしまいましたね。要約すると、
美琴が可愛い
垣根が嬉しい
です。冗談はそんなところで、今回も大変魅力あるキャラクターとストーリーになりそうなので楽しみというところですね。


あとは1巻が発売された一方通行さま。一応スピンオフということですが要はギャグマンガです。禁書目録、超電磁砲、一方通行全てからキャラ拾ってますね。
レベル5が中心になってわちゃわちゃやる類のやつは総じて楽しいのですがこれも勿論で楽しいです。最高ですありがとうございます。それっぽい理由付けされてるところも公式っぽいですね。かなり期待してます。垣根を何卒何卒…