手に入れてから1週間経ってしまいました。

南條さんの3rdフルアルバム「サントロワ∴」が7/12に発売されました。南條さんの33の誕生日に3づくしのアルバムということで。今回も各所でアルバムの由来など話していますが、本当に練られていて凄いですよね。

なぜ1週間も放置していたかと言うと放置していたのではなく、ある程度ちゃんと聴いてからがいいかなと思ったからです。声優アニメディアをはじめ、Mygirlなどこれでもかとインタビューが載っていて雑誌も積みあがってます。フラゲ日にはニコ生で全曲紹介がありました。全部はまだ確認できていませんが、参考書と言うだけあって歌詞など考えるところが多そうですね…そんんわけで記事にしたものの特に何かを書けるほどのものはまだありません。パッと聞きだと誇ノ花なんかかっこいいですね。・R・i・n・g・の真の意味なんかもとても気になります。

初回限定BD盤を買いました。昨年のライブ映像も確認。なんとなく客層が騒がしいように感じましたがそれは先日のBDライブが良すぎたからなんでしょうか。Nのハコも改めて聴きたくなりますね。
南條一間は途中で録画を切らしてしまったのでこれでやっと観られます。無印南條一間が良すぎただけに最初は違和感がありましたが今はじじぃがいてもまぁ楽しいと思えるようになりました。じじぃといえばヨナヨナにゲストでも来てましたが、鷲崎さんとの絡みは面白いので好きです。ラジオも夕パラとかこむちゃとか拾いました。
フォトブックレットは本当に南條さんかと一瞬思ってしまうような、ちょっと雰囲気が違った撮り方でした。何が違うと感じたのかはよくわかりません。
相変わらず6000円にしては盛りだくさんな内容なので限定盤一択ですね。カバーCDもありますし。

毎度アルバムが出るたびに「前回より良いということはないんだろうな」と考えてしまいます。fripSideのアルバムなんかに比べるとどうしても新曲の割合が高いので、そういうところで曲名だけ見たときに安心感が得られないんでしょうね。「この曲とこの曲があるからまず買わなきゃ」みたいな動機があまりない。
それでも毎回、「前回のアルバムに劣らず今回もいい曲揃いだな」と結局感じることが多いです。今回もそうでした。むしろ知らない曲を知ることができる楽しみがある分幸せだなと思います。

ツアーライブが始まるまでに何度も聴いてイメージを膨らませて、ライブ会場でそれが強固になるのかいい意味で覆されるのか、今から楽しみです。

そういえば今年は旧譜キャンペーンがありました。秋葉原で見たらメイトとゲマが速攻で完売したので不安でしたが無事とらとソフマップで確保。3種類だけ通常盤を買い足しました。これから初回・通常両方家に並ぶことになるんだろうな…
クリアファイルを使うかどうかはまだわかりませんが、とりあえず悔いなく買えてよかったと思います。