2017年上半期、BCF最後の会場は名古屋です。名古屋は昨年ネオスで参加して、それが僕の最初の公式大会参加でした。会場も同じですしね。
ソロだったそのときと違って今回は大学時代の友人と組んでの遠征でしたが…地方遠征でトリオって心強いですよね。悠々自適に一人で遠征するのもありですが、仲間達と観光も兼ねてチーム戦は一段とやる気も出る気がします。今回はがっつり観光もできました。

KIMG0367

さて大会結果。前回調子の良かった物語風炎です。

先鋒:BM(風炎) 中堅:SW(扉ストブ) 大将:RZ(扉門)

1回戦 個人敗北 チーム敗北
×CHA門ストブ △P3扉風 ○RZ扉本
後攻。シャーロットは所謂バーンメタがありますが、引っかかるのは真宵ショットくらいでショットトリガーは適用外なので不利な相手というわけでもなかったと思います。お互いに2の前半あたりでリフレッシュ、相手に特殊相殺がないのでこちらは昔話を早出し。しかし3になってから相手の山が堅く、島風連動と集中で山から3枚引き抜かれキャンセルからの打点通されて負け。こちらにもキャンセルは残していましたが…昔話を立ててとまらないのは仕方ないですね。ストックが少なくて圧縮が見かけ以上に悪かったのは敗因だったと思います。チームが負け発進になってしまって申し訳ない。

2回戦 個人敗北 チーム勝利
×KLK扉ストブ ○LH扉門 ○LSS扉門
先攻。お互いにゆっくりとゲーム展開。相手に後列が出るタイミングが遅かったり、序盤のハンドはこちらが有利だったと思います。2からは互いに堅い山と純ストックが出来、クロック通過CXなし3パンで2キャンがデフォみたいな展開。ただ僕が3-0から3点をもらってしまい、昔話チェックCXを落下、ドローCXと一気に劣勢に。とりあえずキスショットで8戻りと真宵1面(ヒールはメタ2枚あったためなし)で詰めにいきましたが3キャンされ、武蔵3面が並び終了。2でちゃんとチェンジしたところは良かったのですが…

3回戦 個人勝利 チーム勝利
○KC扉宝 ○FS8ストブ ×LSS扉門
先攻。呂号と金剛の連動でしたね。相手のハンドが悪かったようで2パン→控え落ちたときの2コスト回収が2ターン続いたり、呂号連動の宝をトリガーしすぎたりでかなりワンサイドでした。2ですぐに昔話チェンジに成功したのも上手く立ち回っていたと思います。相討ち神原が確定でハンドに返る山を作れたのも強かったところ。何より横が折れたところで拾えたのでよかった。

4回戦 個人敗北 チーム勝利
×MK8宝 ○KS8扉 ○IMC本門
後攻。アローのトイズが入っていました。こちらが1に上がるときにCX4枚くらい握らされていて、後列ひたぎや圧殺も含めた暁で強引に山崩し、1-2から山5枚残りまでなんとかケア。アタック中に最後のトリガーを捲ってしまい確山にトライアセンドをされましたが、事故り方を考えると1-7リフは許容でしょう。4ルックで結構CXを捲っていたり、戻りが薄くなったりというのはミルキィによくあることなのでそこを付いてCXを使い逆転。昔話も即チェンジ。相討ちが入っているし風も適度に捲っていたからデッキ相性は良かった方なんですけども…最後は相手のキャンセルが強く、キスショット込みの詰めもほぼとめられ終了。

5回戦 個人敗北 チーム勝利
×GU扉門 ○LL扉宝 ○P38扉
先攻。相討ちを置いたところ画伯がなかったようで後列で相殺。次の2パンで相手のレベルが上がり、そこに島風2面連動(ダイレクト枠はなし)だけで殴ってきたので、返しでこちらも島風2面。その返しに島風3面を食らい、こちらも島風2面。2の前半まで上げてこちらは堅いリフ、でしたが2キャンから擬似リフキャンあたりから雲行きが怪しくなり始め、相手が毎ターンヒールしつつチェンジの昔話にちょっかいかけてくるのを弾くことも出来ず。結局はそんなに弱くない山でしたがチノココ1面で素通りして終わり。助太刀を握れなかったために昔話をアンコールするハメになったのは弱かった…ちゃんと早出しは0相討ちで昔話に振って踏み倒してはいたものの…

抽選 勝利
1503121041625
仙台の5/7に比べ、今回は2タイトル被ったのとチーム数の多さで2/25という非常に厳しい抽選に勝つことが出来ました。チームメートに感謝…ありがとうございます…!

決勝1回戦 個人敗北 チーム敗北
×ID扉ストブ ×LSS門ストブ ○VS扉宝
後攻。科学です。0で踏めなかったものの打点は通し、島風が出来なくても集中が2枚捲ったお陰でCX貼ってちょうど1リフといういい形。しかも山にレベル2以上しかいなかったため神原相討ち確定帰りをまたも作れました。レールガンは焼きがメインなので1でクロックに昔話を置いておき、2に上がってすぐチェンジ。しかし早出しのCX連動で正面焼きから4点が貫通、キャンセルして3点もらったためレベル3に。真宵で3-0に戻し面を埋めつつ3パン、次もまた真宵で回復して面を埋め3パン。
ここで僕は3-3、盤面は昔話と弱いのが2枚。相手は昔話へのチャンプを終えて屋根下2面というところです。僕のストックは5でハンドには美夏カウンター。ここで屋根下テキスト込みでフロントしてきたため、僕は3(2-1)点をもらって3-6からトップチェックでキャンセル率を高め相手のバーン付きフロントへの美夏回避で本体2点キャンセルを祈る、というプランを考えました。そして美夏はあえて撃たず2点をもらい、トップチェック、までは良かった。ずっとやってきた流れでうっかりトップにあったキャラを落としてしまい1点バーンをキャンセル、次のサイド2点が入り終了。あの場面、仮にノータイムで美夏を撃っていたら2点をもらいチェック落下、2点キャンセル1点バーンで次のターンがあったし、昔話落下がなければ1点食らって2点をキャンセルできていた。周りから見ている人たちには何もプレイングに粗があったようには見えていないとは思いますが、僕の中では考えていた防御手段をとらなかったわけでただのプレミでした。相手の山もあまり堅くなかったわけで、そのターン耐えていれば十分に勝機がある場面でしたし、そのあたりは考えていたものの経験がなかった、デッキを使いこなせなかった未熟さが招いた敗北でした。決勝トーナメントの壁の厚さを感じるとともに、自身のプレイングの浅さには愕然としました。1点バーンをあえてもらってキャンセルする、という想定はこれまでしていたというのに…大一番でその動きができないというのは使用者の力不足だし、結果として配置的にキャンセルの機会を与えてくれていたデッキに対しても、変な話かも知れないけど申し訳ないなと思います。個人としては非常にいい勉強になる場面でしたが、そんなことで1つ取れた「かも」知れない勝ちを落としてしまったのはチームにもデッキにも悪いことをしました。

個人1-5、チーム4-2。
2タイトル被っている中で抽選に勝ち上がり、決勝トーナメントまでさせていただいたチームメートには重ね重ね感謝しています。チームの勝ちに拾ってもらうありがたさを痛感しました。1勝しか出来なかったものの、奇跡的にチームが苦しいところで勝てていたのと、抽選で被らないタイトルを使っていたので最低限度の貢献は出来ていたと思います。
1回戦以外は全て1の後半でリフレッシュをはさみ、全てのデッキに特殊相殺がなかったため2に上がったターンに昔話チェンジを成功させ、戻りCXはほぼ全て7か8(だった気がします)、2以降のクロックドローも各試合平均1回未満という、デッキとしては申し分のない動かし方を出来ていたと思います。柵の中での最後の昔話テキスト以外には、プレミと言えるほどのまずい動きはなかったはず。それでもあまりに不甲斐ない結果で、逆に汚く勝ちを重ねてきた仙台と併せて、難しいゲームなんだなと感じました。
負けた5試合のうち、プレイングで大きく結果が変わったのは最後の試合だけだったと思います。逆に言うと動かし方で捲れたかも知れない唯一の試合で、無様な結果に終わってしまったことは非常に悔しく思います。

後期はまだ白紙ですが、できれば2つくらいはトリオで出られたら、とは考えています。引き続き物語を使い続けるのか、サンシャインあたりの凶暴なタイトルを慣らしておくのか、新弾の強いやつを使うのか…握るタイトルも白紙です。その辺は慌てなくて済むように適度にショップ大会で試しておきたいと思います。

BCF2017結果まとめ
東京 個人3-2 チーム3-2
大阪 3-2
仙台 個人5-1 チーム4-2 ベスト16
名古屋 個人1-5 チーム4-2 ベスト16
不戦勝除くと個人成績11-10でほぼ50%ですね…


フリーファイト
使用絵里単
○DCDS
○ビビスト
なぜかここは2試合ともぶん回りました。フルレアのモチベですかね。