今年もライブツアーのシーズンが始まりましたね…!
南條さんのライブが僕にとってのライブシーズンの始まりなので大体このあたりの時期です。今回は8列目ということで大分いい滑り出しですね。まぁ後ろの席には後ろの席なりのよさがあるのですが。

今回もセトリや演出についてはネタバレなし。セトリ部分は南條さんからすると別に伏せなくても良いと思っているようでしたが、実際かなりいいセトリだったので、伏せておいた方が初めての人は楽しめると思います。セトリ見て予習したい人…はカタルモアからサントロワまで聴いてください。
演出についても色々言いたいことはあるんですが、もう少し心にしまっておきます…
ネタバレするかどうかは会場と南條さんで話し合って(?)決めましたが、ほぼ全会一致のネタバレ禁止でしたね。多分ネタバレしない一体感みたいなものと、ネタバレなしで楽しめた成功体験と…あとは先に知った人の優越感でしょうか(笑)なんにせよ、南條さんのライブはセトリも含めた演出が特に力の入っている部分だと思うので、いい試みだと思います。

全体として、去年のライブ感想では色々書きましたが…今回はとても良かったです。
何曲かちゃんと聴きたい曲では立っていてもライトを振ることなく聴きましたが、他の人たちも同じような感じでしたね。東京1/3650の頃と比べるとずいぶんと穏やかになったものです。それっていいことだと思います。
僕が勝手に思っている南條さん像(と言ってもたくさんあるんですが)でしかないかも知れないけど、そういう側面もあるってことを知っていてそれが好きな人だけがツアー3年目の今参加してるんでしょうね…

一層南條さんが好きだと確信しました。両国、楽しみです。
ラジオだか紙媒体だかで言ってたとおり、5周年感もあるセトリです。凄くよいことだけは保証します。日替わりも結構あるみたいですしね!