ちょっと遅くなりましたがVC銀を買ってきました。
チャンピオンまで終わったのでなんとんなく。
ORのときはプレイ記録をざっくり書いてましたが、そういえばサンは書いてなかったですね。

まず僕のポケモン歴なんですけど
赤…バッジ2個で挫折
銀…図鑑200匹超まで
ルビー・エメラルド…図鑑完成・バトル施設オール銀シンボル

一度引退を挟んで
HGSS…これでポケモン復帰、SSは途中で放棄
FR…シナリオだけ
プラチナ…シナリオだけ
黒…対人戦用に育成
X…対人戦用まで
OR…シナリオだけ
サン…シナリオだけ

というところです。つまり最初にちゃんとやったのが銀ってことですね。
ちなみに復帰もHGSSからなので、やっぱり第二世代はそれなりに思い入れがある気がします。世代的には第三世代なんですが。


ひたすら懐かしいのですが、まず考えるのが手持ちのコンセプト。
ポケスペパーティはHG・SS・Pt・B・ORでやってきました。ただHGはゴールドの手持ち模倣でいけたもののSSはクリスの手持ちでやって見事に挫折。正直本家の使用ではゴールドの手持ちでも相当な苦労が見込まれます。エイパムとかキマワリとかどうするんだよ…

とりあえず名前はゴールドにして、当時の銀と同じくヒノアラシを選択。NNは考えた末、モチベーションを考えて「ひびき」にしました。
最初の難関というと多分アカネのミルタンクですが、ここはピジョンのすなかけで余裕の勝利。昔は補助技という概念がなかったですが、大人になると違うものですね。
あと強いなと思ったのはイブキ。モブからして電磁波+竜の怒りという害悪。キングドラも弱点がなさ過ぎて鬼強い…
ダンジョンとかも結構あっさりした作りですね。あまりストレスなく楽しめました。

KIMG0455
チャンピオンクリア時の手持ちはこんな感じ。
バクフーン/ヘラクロス/ギャラドス/ピジョット/ブラッキー/ランターン。
四天王も当時はルギアのエアロブラストで強攻してましたが、ちゃんと相性や薬品の使い方が分かってると簡単なんですね。
ヘラクロスがこのレベルでも格闘技を覚えていなくて技マシンも貧弱だったり、ピジョットがだんだん力不足になってきたり、扱いにくい部分も結構ありました。物理と特殊の仕様も旧世代のものなので難しかったですねぇ…
カリン戦でしらべがブラッキーに進化して、そのままワタル戦でもカイリューを押さえ込んでくれました。逆鱗や破壊光線を急所にもらわなければ薬品回復で間に合うという。
通信交換がないのでゲンガーやフーディンが使えないのが難点でしたが、ちょうどいい難易度で良かったです。

HGSSでやってたこともあって覚えてる部分も結構ありましたが、古いゲームながらだいぶ新鮮に楽しめました。カントー編はペースが落ちると思いますが、ぼちぼちやりたいと思います。
最近のポケモンに比べると育成の仕方が悪いとだいぶ難しくなるゲームバランスですが、新作に少し物足りなさもあったのでそのあたりも良かったかな。

1200円以上の価値はあるので是非お勧め。