北海道でやっているジョインアライブに行ってきました。ごきんじょるの友の会とfreakSideの共催。3連休の最初2日間がfreakのファンミとフェス、後半の2日間がフェスと友の会のファンミという形で、もちろん全日参加が希望でしたが抽選を外して残念ながら前半だけの参加になりました。
まぁできればさっさと記憶が新鮮なうちに書いておきたかったんですが、書いてる途中にPCが吹っ飛んだので今頃書いているわけです。

初日は羽田集合。いかにもって感じのオタクが集まっているので一目でわかりますね。13万円の旅の始まり…
微妙にわかりづらい案内でしたが無事に飛行機に乗り新千歳へ。そこからバスで2時間くらいでしょうか、キロロトリビュートホテルへ。しばしの休憩。

夜のファンミーティングは夕食を取りながら。席順は抽選です。入る前にくじ引きでしたが、ここは素晴らしい運を見せて3-2。4卓ずつなので最前中央の、更に内側から1番なのでちょうどステージに限りなく近いところ。
同じ卓には何人か強いオタクがいたのでその辺がうまく取りまとめてくれるので、僕のような弱い一般人はこっそりと生きています()

ライブ前半
an evening calm
message
Two souls -toward the truth-
悲しい星座
everlasting

アコースティックなのでそれに合わせてバラード調のもの多め。Two soulsはそれはそれで新鮮で、これは来たかいがあったなと思います。messageは激レア曲ですが改めていい曲だと思ったのでもっとやってください。悲しい星座も実は生では全然聴いてないのでいいもんですねぇ。
MCもぐだぐだでとてもよかった。めっちゃバンドもとちってて、それがまた微笑まs…「最高のライブでした!」
八木沼さんがお客さんの魚食べてるし。

ぐだぐだトークとプレゼント。星野さんのいない理由とか。
ポストカードを南條さんの手渡しと八木沼さんの握手を前の卓から順にやっていってくれました。最初の卓は心の準備ができていなくて受け取って終わりという感じでしたが、だんだんイベント慣れしている人が会話するのを見て準備が整った後ろの方の人や悪ノリがエスカレートするsatさんのおかげでだいぶ長くなってました。それでもサクサク進む南條さんと八木沼さんの差は開いていく一方。

その後南條さんは引っ込んで、八木沼さんとバンドメンバーが登壇。そのまま後半パートへ…

ライブ後半
Answer
divine criminal
Secret of my heart
whitebird
brave new world

2曲そのまままさかのフルコーラスでさとし歌唱。ばんばん客席に振ってくるもののAnswerやdivine criminalの歌詞をスラスラ歌える人は(バンドメンバー含め)いなかった…
改めてfripSideのバラードはいいなと思いました。最高でした。これは13万円の価値あり。
来年はアコースティックアルバム出すらしいです(本当に?)

最後に記念撮影をして終わり。
本当にいいファンミーティングでした。

僕は特段知り合いとかもいないので適当にソシャゲしたりして就寝。同じ部屋に人がいるとこんなにも寝にくいものか…

2日目はあいにくの雨。結構本格的に降ってました。
朝会場に放り出されるので雨の中適当にステージを観覧したり雨宿りしたり食事をとったり。ロックフェスってやっぱり新鮮。特にfripSideの1個前のところがやばいロックだった…

white forces
divine criminal
sister's noise
crossroads
Two souls -toward the truth-
killing bites
only my railgun

王道セトリですね。divine criminalは南條さんバージョンとしては初。というか初披露が八木沼さんというのがレアすぎた。crossroadsがちょっと変化球で驚きましたが良かったです。
まぁどんなセトリ来ても良かったって言うんですけどね。

そんなわけで新千歳から羽田へ帰還。雨で結構体力消耗しましたが、楽しかったです。やっぱり友の会の方も参加したかったところですが、抽選ばっかりはどうしようもないですからね。
岩見沢公園なんてこういうツアーでなければまず行かないので、いい経験が出来ました。

1か月遅れになったので何書くつもりだったか割と忘れてきてましたが、これでいいということにしましょう。お疲れさまでした!