とても簡単に感想など。
ちゃんとした感想や考察はほかの人のブログにいいものがあるのでそっちでどうぞ。

Rは新生Roseliaとしては1枚目のシングル。曲調はこれまでのロゼリアらしさもありつつやや大人な印象があります。出だしのベースがもちろん聴きどころなんでしょうけど、個人的にはやっぱりロゼリアはキーボードだなと思っています。とてもおしゃれです。楽器だけのアウトロのない終わり方が特に気に入っています。明坂さんは最後のシングルとなるんでしょうけど、だからこそ最後はキーボードが目立つんでしょうか、というのはさすがに嘘ですが、なにはともあれ大好きです。
ロゼリアのボーカルはポピパなんかに比べるとゆきなワントップ…ではありますが、綺麗なコーラスも持ち味。というかコーラス多いですよね。
更にRはBLACK SHOUTばりに全員ワンフレーズもらっています。1番2番と大サビの前にもありますね。4人とも声が綺麗でもっと聴きたい。特に明坂さんの(りんこのイメージからは)ギャップのある力強い声と工藤さんの神経質そうなレガート気味の音の作り方が良い。さよ推しなので。中島さんと櫻川さんについてはキャラとのギャップが全くないですね。相羽さんは言うまでもないです。
そんなわけでだいぶハマりました。最初聴いたときは攻めてるけどいまいちピンとこないなと思っていたんですが、ちょっと聴いてたらあっという間に落ちました。スルメだった…
文句なしの100点でしょう。

BLACK SHOUTとNeo-Aspectのリマスターも収録されてます。前者はライブっぽいアレンジに、後者は声を差し替えただけなのかな?新生ロゼリアにこれからも期待です。MVとライブ映像も万歳。


Pastel*Palletsのもういちどルミナスも買ってきました。
こちらはパスパレ2章の表題曲です。丸山の可愛さが存分に感じられるでしょう。しゅわどりやゆらゆらに比べるとこれもパッと聴きよりは繰り返し聴いて良さがにじむ曲だと思います。
個人的に楽曲の好みはロゼリアが一番、パスパレが次点、数打ってあたるポピパの順です。というかパスパレは事務所が作ってる曲なので洗練されてるに決まってますからね。R周回しつつ箸休めに聴くと無限にごはんが進むと思います。

SURVIVORねばーぎぶあっぷがカップリング。丸山ワントップのルミナスに比べてこちらはパスパレのワイワイ感全開。素晴らしいバランス。サビ前のせーの可愛すぎない?可愛すぎない?パスパレ大丈夫?歌詞もいいですね、パスパレ2章の内容と微妙にかみ合ってる気がします。こちらもMVとライブがついてて万歳。


2枚とも沢山聴いてます。皆さんぜひ買ってください。