やってきました仙台。金沢から体調を崩していましたがなんとか立て直しての参戦です…!
昨年のBCFから仙台ではほぼ固定トリオになっているので、柵越えたBCF2017の再現を狙います…!

WGP仙台トリオ
先鋒:RZ(8扉) 中堅:BD(扉門) 大将:LSS(扉電源)

1回戦 個人敗北 チーム勝利
○KS ×TL風宝 ○GGO
後攻。0から特殊相殺が引けず3500移動を踏めず。相手の宝トリガーから島風が強かったです。こちらはというと連動が途切れてしまいさよ早出しに頼る苦しい展開。その劣勢を覆すチャンスもなく、打点進行して闇を拝むことなく終了。横に感謝。

2回戦 個人敗北 チーム敗北
×MM ×IMC本門 ○RW
後攻。クローネでした。相手のCX見えが早くこちらとしては打点押し込んでいくゲームに。戻り弱くなって暁などで削ったターンに残1になったので、さよ早出しして打点作ったものの最初の4点をぴったりキャンセルされ思ったほど差がつかず。こちら3になったターン、そのまま殴れば3パンでちょうどリフレッシュでしたが、残り打点的に逆圧縮ゆきなバーンならほぼ倒しきれると考え選択。結果は逆圧縮を山から引き抜けず、助太刀封じゆきな・榛名になりキャンセルされたわけですが。これは完全にプレミでした。ゆきな選択までは良かったと思いますが、手に椎名とイラつくがあり、残りコストは1だったので、助太刀封じをせず椎名コストを残してゆきなバーンが正解でした。ゆきなしゃべれなければ元も子もないのとヒール期待もあってリフ前に控え回収しましたが、これはピンの逆圧縮を引くべきでした。もうなんもかんもが半端な選択で…2でトップに見えた椎名をイラつくで引っ張ったのにまったく意味のない結果にしてしまったのが悔やまれます。そもそも構築論にここで気づくのですが、これはまた後日。

3回戦 個人勝利 チーム敗北
×LSS ○MM宝扉ストブ ×DC
先攻。赤の扉ストブに宝まどかが入った感じでした。あまり慣れていない様子のプレイヤーでした。イラつくぶんぶんしてストックを作りいい試合運びができたと思います。しかしこの試合も詰めが中途半端になった結果まどかクロシュでキャンセル頼みの耐久になってしまったのが反省点。この辺も構築論からなのですが、やはり後日に。

またしても足を引っ張りました。申し訳ないです。
バンドリは今のところ使い収めのつもりです。最後にちょっともやもやする形で終わってしまったのは悔しいしチームメイトにも大変申し訳ないです。
その辺の詳しい総括はまた。来年はリベンジしたいです。