KIMG0853
まだ岡山地区を残していますがレシピも載せているので書かない理由もないのでまとめちゃいます。
画像はこの前の使いまわしで。

構築としてはバンドリーグを想定して作っているつもりです。バンドリーグにおけるRoseliaですが、各バンド実力が拮抗しておりその中では特段強くも弱くもないというのが正直なところでしょうね。
特徴はなんと言ってもボトム送り。これをどこで宣言するかがポイントになると思います。あとは共鳴トップチェックが前提となるので、集中の前で使うか後で使うかやなんかですかね。小回りもきくので相当扱いやすいと思います。
反面行きのパワーは中途半端、帰りはほぼ最弱。このあたりはマッチングしだいで苦しくなると思います。
とりあえず採用理由とまわし方について書いていきます。

レシピはこちらで。

純粋な熱意 白金燐子 4枚
3枚集中と共鳴トップチェック。この共鳴チェックはデッキのエンジンなので文句なし4投です。レベルパンプは0相殺の多いバンドリーグ環境では役立つことが多いのと、早出しメタ拳が基本的にないのでレベル応援用に使うことがメインになります。集中は枚数が少ない分不安がありますが、共鳴から喋って当てる場合が多いのと、2枚以上CXを捲る意味がなにもないので案外気にならないです。サーチ先は次のターンの共鳴要員や連動を2枚抜きする場合が多いです。この集中は手札1枚しか増えないのですが連動多面抜きすると2枚以上のアドに繋がるので基本ですね。ディスカードも便利。ちなみに常駐前提なので唯一の燐子ネーム。

歌姫の覚悟 湊友希那 3枚
コンソール+共鳴で燐子込みだと上2枚を触ることができます。集中に繋げてペースを握るのはもちろん、最後に対応CXやイベントを引き込むためのドローを仕掛ける時にも非常に有効。燐子を置いた状態では共鳴ボトム送りでミラーの紗夜に対し一方的に処理することができるので狙いところ。そう都合よく引けないですけど。

重ねていたい音 氷川紗夜 2枚
控えに落ちたときに1コスト1クロックで3ルック。ボトム相殺共々後攻3パンを容易にしていて強みではあるのですが、ミラー戦ではボトム送りが横行しているので機能しません。圧倒的優位の場面では2-5止めされたところで圧殺から友希那バーンに繋げることができるので、入れておいて損のない枠だと思っています。

二人を繋いで 今井リサ 1枚
3~4投しているレシピも多々見かけますが、僕はだんだん減ってきて1枚が適正だと感じています。友希那は確かに必要なんですが、4枚入っているので途中で握る場合が多く探しに行って使う場面は限られているんですよね。山スピードも基本的には速いので3落下が求められる場面もないですし、1枚保険に入れておくのがちょうどいいです。

Roselia Stage リサ&友希那&紗夜 2枚
最強のPR枠。集中前に使うことの多い共鳴によるトップチェックはターン1なので、アタック前にはこちらで確認して殴りに行くのがメインです。これのチェックから集中して共鳴もありますけど。これの強みはネーム。3パン目でパワー4000になるのでバンドリーグ環境ならほぼ踏み越えられるパワーラインで盤面に残り、5ネーム揃えた電話を構える使い方です。電話はそれぞれ別にネームを置かないといけないのでこれで3枚分とはいきませんが、最初から最後まで使えるカードです。1枚握っていると安心するので困ったときはこれをサーチで。

揺るぎない覚悟 氷川紗夜 4枚
言わずと知れたバンドリ最強アタッカー。初手に投げておけば安定なので4枚。紗夜ネームはパワーの高いアタッカーが七夕までないので、1コスト復帰も盤面と手を見て使います。パワー500で相手の突撃を許さないところも地味ながら強いです。ミラーとアフロには500の特殊相殺のぶつけ合いになるので過信は禁物ですけどね。弱いところがないです。

天使のほほえみ 宇田川あこ 1枚
お気に入りのピン。燐子集中の不安定さを補うための2枚目の集中です。山枚数や密度も考えて使い分けます。レベル応援も採用されていてこちらのほうが基本的には使い勝手がいいのと終盤有用なので2枚以上は邪魔になるかも。中央への500パンプとアンコールも便利で、中央に連動を配置することで連動→門トリガー→アンコールから連動という形を作ります。青のカード指定アンコールなので門や本で手に溜まりがちなCXを捨てることもできます。ストック管理が格段に楽になるので握れるとハッピーになれる1枚。

重なり合う青薔薇 今井リサ 1枚
新弾からの採用。往復4000は非常に扱いやすいのと、デメリットも気にならないものなので積みたいところです。ただ他のカードが非常に優秀であったり代替しづらいものであったりするので1枚で。なくてもいいとは思います。相殺以外ではなかなか触られないですが相殺が多い環境ですしね。

眩しい日射し 今井リサ 4枚
1帯の軸になるアタッカー。登場共鳴で7000なのでCX込みで8000がこのデッキの基本ライン。レベル応援と集中レベルパンプを併用すると9500なので、現実的にはこのあたりが限界。ボトム送りはパスパレのイヴなど色を消すために使うほか、アンコールされそうな場合やリフ間際の山に宣言します。バンドリは基本的に山削りが早いので利用されるボトム送りはあまり使わず、山サーチのあるデッキにも再利用されるので使いづらいところです。パワー上げとトップチェックのためにのみ使い、自分にとって利になりそうな場合だけ送る運用をしています。

クリスタルソング 湊友希那 4枚
使いやすいアタック時4ルック連動。門トリガーやドローテキストで本を抱えやすいのでかなり使いまわします。山の枚数を整えるために使う場合がほとんどですが、2周目以降では手札が増えればあまりルックせず止めます。相手の面を見ず確実にハンドを作れるのでゲームのプランを立てやすく、これのおかげで非常に使いやすいデッキになっていると思います。

重なり合う青薔薇 氷川紗夜 1枚
こちらも新弾から。器用な1枚なんですが、基本的に面を残したいので1枚採用。パワーが貧弱なRoseliaでは1000上昇はかなりありがたいです。バンドリーグ環境ではリサでほぼ足りてしまうので積極的に使いたい相手は少ないですが、動きの幅が広がるのとイラストも綺麗なので入れておきたい枠。

巴だけの看護師さん 宇田川あこ 2枚
レベル応援と共鳴ドロー。燐子集中とセットで採用されることが前提のカードで、Roseliaの粘り強さの理由かもしれません。高レベル帯はメインフェイズ中の共鳴持ちがいないので後列で発動できるのはありがたいです。トップチェックやコンソールを噛ませていればかなりドローの質も期待できるので終盤あると便利。

進むべき道、共に歩む仲間 湊友希那 1枚
一番使わない枠。早出しが基本的にいない環境なのでなくてもいいところですが、パワーが貧弱なデッキなのでポピパや門パスパレに対策するために入れています。早出しメタではなくL3に対して踏みに行く燐子の方が使いやすいと思いますが、ネームが友希那なのとホロなのでこちらを採用しています。どちらにしても使わないです。

鳥籠の歌姫 湊友希那 4枚
このカードに共鳴してできたデッキ。常に1枚手札にいます。グスタだと派手に2面決めるイメージですが、このデッキは1面で十分です。もちろんフィニッシュ狙う場合は2面することもありますが、それよりも紗夜リサとレベル3で面を固めて電話構えます。バンドリ対面だとエスケープされないのでパワーで上から押さえればいいわけですが、11500+CX1000+レベル応援1500+島風改2000、16000が無理せず出るパワーです。レベルパンプや島風改多面などでもう少し振れますが必要に迫られたことはまだないです。基本かわされることがない以上屈指のフィニッシュ力ですね。

二人で過ごす七夕 氷川紗夜 2枚
早出し2ドロー1ディス、これが便利。早出しする場面もかなりあるので早めに1枚確保しておきます。最後に電話やCXを引きに行く機会も多くて、最後の一押しとして使います。共鳴タイミングがアタック時なのでここから殴ったときにトップチェックを入れるのもよくやってます。他の紗夜ネームのパワーが低いのもあり、2枚採用ですが出さない試合はほぼないですね。

努力の跡 今井リサ 3枚
このデッキは耐久のほうに強みがあると思っているので多めに採用。島風改の2000上昇がパワーさえ超えればいい環境内では大正義です。2枚でもいいかなとは思っていますが、何もしなくても手に集まってくる3枚だと楽だなと思う部分もあります。友希那1面だとストックにも余裕あるので使いやすいです。

慣れない電話 3枚
最強のカウンター。序盤では集中や連動などのパーツを拾うために単発で使うことも多いです。6000カウンターはワンチャンス相手の友希那を弾けるので先上がりしてしまったらこれにかけましょう。ソウル減は言わずもがな便利ですし、相手ターン中のサーチは山の圧縮を大幅に上げられる上に次の攻撃に備えられて強い以外のなにものでもないですね。純粋に手が増えるのもすばらしい。モカの2枚ルック後に使えば椎名より手軽にキャンセル期待もできるので対アフターグロウでは絶対に握っておきます。ストックはこのために1コスト以上残しておいて、もし握っていない試合でも一応面だけ作っておきます。

激しいシャウト 4枚
門。ディスカード手段が少ないように見えて意外と自由に切れるのでとりあえず回収で大丈夫。本回収し連動でアドを稼ぎ、最後は確実に門連動に繋げます。本にも言えることですが、トップチェックするので1パン目で噛むパターンが少なく手の増えるトリガーというのは非常に強いです。

Zeit 4枚
1連動対応の本。相方が門なのでストレスなく引き込めるのと、イベント入りということ、集中でディスカード手段が常設されているので有効牌に変換しやすく、本の相性は悪くないです。本はトリガーした場合山が1枚減るのでCXを貼って戻り枚数を意識する場合、他のCXの場合(連動などを除き)4枚スタートで殴るべきところを5枚スタートにすることができるので、若干トリガー率を下げることができます。4ルックで山の調整も容易なのでこの相性はいいですね。

マリガン基準は本1枚残しで他のCXは全切り、1連動は2枚までできれば残します。手が本・連動・連動・高レベル帯などとなった場合はさすがに連動を1枚切りますが、原則として0と連動は残しておきます。控え回収できないプールなので代替が効かない連動は残す感じです。鳥籠も他にコンソールと集中が引けているようなパターンを除いて捨てます。
0では手札切れを起こさないこととストックトップにCXが埋まらないことだけは意識して積極的に多パンします。本や門を噛めば1パン分の手札を補充できるので強気に殴って大丈夫です。
1に上がったら集めてきた本連動で早いリフレッシュ狙い。リサの共鳴でボードは取り合いをしつつ、ストックを積んでアドを稼ぎます。レベル2も早出しをするくらいでやることは一緒です。相手が面空けを狙ってきそうなら同値取りつつフィニッシュを意識します。
3では面を作って電話握るだけなのでやることは簡単です。それだけ。

他のバンドに対して。
ポッピンパーティーはあまり対戦経験がないですが、電源型など返し堅いデッキにはきついですね。イベントも強力なので苦戦間違いなしだと思います。マッチングしないのが最大の対策。
アフターグロウはやや有利でしょうか。行き特化のデッキ対面なので安心して踏みあいができます。イベント拳構えておけばモカも耐えやすいですし。もしかしたら互いにやりやすい相手と思っているかも。
パステルパレットにもやや有利か。ボトム送りで色を消せるのでこちらに分があると思います。ただ千聖の8000ラインが高いので、アンコールイヴが守られてしまうとしんどいですね。
ハローハッピーワールドは有利も不利もなさそうですが、最近はバウンス能力が高いので電話が不発どころかカウンターステップがないことも多いのであまり相手したくないです。
グリグリは良くわかりませんが返しが堅いのでやや重そう。

レシピを見ている限りTD本連動・鳥籠門連動でRoseliaは確定だと思います。他のバンドより選択の幅が狭い分比較的楽に構築できると思いますし、実際非常に扱いやすいです。
是非バンドリが好きな方は組んで欲しいし、WSでバンドリを使っていない人はRoseliaの楽曲を聴いてみてください。

まとまりなくなっちゃいましたけど以上です。
バンドリーグvol2も楽しみです。