先に言っておきますが駄文です。


バンドリ2期も気づけば折り返しを過ぎていました。
1期も僕はそれなりに楽しめましたが2期からは作画もかわりどんなものか楽しみにしていました。予想よりずっといい感じです。皆さん是非見てほしい。

今回はここまでざっくり半分を見たところで個人的に活躍していると感じるキャラトップ5を挙げたいと思います。ストーリーとかの感想はあとでまとめます。


5位 湊友希那
最近のガルパではすっかりポンコツが板についている友希那ですが、アニメではまだまだクールでダークなロゼリアのボーカルです。まぁポンコツが浸透しているのは相羽あいなさんのせいだと思いますけどね。ライブで魅せる圧倒的な歌唱、妥協を許さない姿勢。ポピパへのあたりの強さからもみんなの抱く「Roseliaの歌姫像」だなと思います。とはいえここからどんどん残念な一面を見せてくれるんだろうなとも思いますし、それはそれで楽しみではあります。久しぶりに文句なしの強い友希那を見られて嬉しいです。

4位 今井リサ
遠藤ゆりか直伝のBLACK SHOUTのOKのところ。これを見てリアルライブとアニメが繋がってるんだなって一番思いました。アニメの再現をライブでやるのはよくあることですが、こういうライブの再現をアニメでやるっていうのは珍しいと思うのでいいなぁとおもいます。Roseliaの中ではバランサーの役割を担うリサではあるものの、ポピパやハロハピの飛び方に比べてRoseliaは常識人…というか静かな人が多いぶん目立ちにくいですね。とはいえ要所要所締めてくれる安心感は健在です。心の支えです。これから友希那への愛をもっと出してくれると+10点。

3位 氷川日菜
完全に無双状態の日菜。誰も止めることができない。アニメの動く作画で横と繋がりの広いストーリーだと本当に強いです。これは羽丘の将来が不安になりますね。日菜は基本的に誰とでもフレンドリーに接していますが特になついている人に対しての振る舞いが可愛いですね。紗夜はもちろん、麻弥やリサなどに対してうまくじゃれているなと思います。日菜がこれといって何かしら大きな役割を担っているかというとそうでもない気はしますが、画面にいるだけで日菜中心の話になっていくかのような影響力の強さを考慮してこの順位です。

2位 白鷺千聖
パスパレの保護者。初期こそ圧倒的な努力に裏づけられた自信と不安から自己中心的な立ち回りと対立姿勢をとりがちな千聖ですが、パスパレでの活動で仲間と心を通わせ「夢」への一歩を踏み出していきすっかり面倒見のいい常識人になってしまった感があります。パスパレ回ではそんな千聖のコンプレックスと苦悩が描かれ、全国の千聖ファンはきっと心を打たれたことと思います。いいよね…。周りに気遣いができるタイプは麻弥くらいしかいないですし苦労も多そうです。応援したい。ゆらゆらRingDongDance尊い…

1位 氷川紗夜
ぶっちぎり文句なしでの1位選出。元はRoseliaの狂犬とも呼ばれ恐れられて()いた御方ですが、現在のバンドリの中ではもっとも弱点の少ないキャラだと思います。日菜への劣等感を克服し、バンドの仲間にも心を許した今、実際何か欠点あると思いますか?生徒会の仕事もこなし燐子のサポートをしつつ、ポピパの相談にも乗り、日菜の暴走を諌め、クッキーまで焼けちゃうんですよ?ガルパRoselia2章では隙なしに思われていたリサをも支えるほどですからね。そもそもつぐみが懐いてる時点でいい人に決まってるでしょう。感情的になる紗夜も大好きですが、それを乗り越えてもはや向かうところ敵なしの紗夜。アニメとはまったく関係のない話なんですが僕は星3のにんじんのストーリーが好きです。完璧主義の紗夜がにんじんという当たり障りのない食べ物が食べられないってちょっと不思議じゃないですか。あの背景があるなら納得というか、彼女の魅力がより一層感じられる素晴らしいスト

要するに氷川紗夜が可愛いから見ろ。見てください。