KIMG1011
別に際立って勝ててるわけでもないのですが載せようかと思います。
以前のものはこちら

主な変更点は新弾の追加とレアリティの向上です()


以前採用枚数と理由については書いているので、変更のあった部分だけ記載します。

今度は私が 氷川紗夜 3枚
所謂霞互換。バンドリだと香澄と読みが一緒なので両断と呼んだほうがわかりやすいかもしれません。ただでさえ相殺が復帰するのでパンチ性能高いですが一層0での3パンが簡単になりました。Roseliaはパワーラインが低めなのでチャンプの面が出やすいのですが、そこにこれを上手く当てればソウル落とさず面を残せるので、試合展開によっては1以降も積極的に使います。連動を下げるのもありですね。

これに伴って「重ねていたい音 氷川紗夜」が2枚、「歌姫の覚悟 湊友希那」が1枚、減らされています。
「重ねていたい音」はもともと3パンのしやすさから採用しておりそのまま代用となること、「歌姫の覚悟」は純粋に使用頻度から減らしました。

0で3パンする際はトップでCXを噛んでしまうと多少無理しない限り掘れなくなってしまうので「Roselia Stage」などでのトップチェックはするべきだと思います。まぁそう上手くいく試合ばかりではありませんけどね。


あとは強いものの不採用になったカードについて。

答えを求めて 湊友希那
CIP1000とアド集中。非常にシンプルで扱いやすい集中であることと、パワーパンプの欲しい場面が多いRoseliaにおいては2枚目以降が腐らないテキストであることは高評価ですね。
多段ヒットした場合アドを生めない燐子と比べて圧縮の堅くなる2周目でも捻りやすいですし、同時に純粋に捲る枚数が多い分1周目でも捻りやすく、基本的にこちらの集中採用となると思います。
僕の場合は燐子のトップチェックテキストによるトリガーの安定や処理の器用さがRoseliaの強みのひとつであると感じていたことなど主に使い慣れの部分と、電話をネーム揃えて構えておきたいというところから採用を見送っています。
おそらく集中としてはこちらのほうが強いですし、ピンでも活躍できそうなテキストだと思っています。

みんなでティータイム 宇田川あこ
俗に言う収録中シャロ互換。パワーもほぼ2500あり申し分ないです。
集中と同じくネーム指定という観点から採用を見送っています。また後列あこの1ドロー1ディスや青手アン、燐子集中のテキストでハンドを切る部分はあまり不自由していないのもあります。
こちらもピンで十分機能するので入れるのはありだと思っています。
門トリガーですしね。

……も、もしもし…… 白金燐子
トップチェック成功するとハンドに戻るテキスト。
キリトアスナやジョー互換と呼ばれているんですかね。
0のパンチを増やす点から行くと霞や相殺の紗夜が対抗になるかと思いますが、こちらはどうしても不確実なので入れていません。
先攻後攻問わず使えるところと成功した場合ミラーで霞されないのは魅力ですね。鳥籠対策にもなります。
L1以上捲る確率はだいたい5割というところなのでそれで失敗するのは、このプールであれば多パン任せるにはリスキーだと思います。

世界一カッコイイっ! 宇田川あこ
トップチェックでL2以上ならストブ。
終盤のストック消費が激しいRoseliaには非常にかみ合った1枚だと思います。
パワー6000ということからもサブアタッカーとして最適ですね。
やはりネームと、何より連動と共鳴に4ずつ1帯は割いているので枠の都合というのが大きいです。

秋晴れ、その先に 湊友希那
早出しメタ拳。コーデリアの互換です。
門なので入れても使い道あると思いますがコストが重過ぎます。
それで詰めたほうがマシ。

クッキーをもう1度 今井リサ
1点バーンと3ルック。こう書くとラムですね。
一番採用の可能性が高かったカードです。1点というのが強い。
電話を考えた構築なので抜くならL3のリサなんですが、ソウル減有咲を上から踏むとなると島風改が2枚欲しくなるので抜くに抜けませんでした。
パワーについては2/0イベント入れろって話なんですけどね。

こぼれ落ちる涙 湊友希那
早出しヒール。条件も軽くて優秀です。
これ普通に強いので多分入れたほうがいいと思います。4投前提なので枠は厳しいですが。
というか軸がまったく変わるので新しくデッキを用意したいと思いました。

Roseliaの新弾は非常に優秀だったので、早出しと鳥籠でヒールしつつ門連動打つのがいいと思います。


KIMG1010
とりあえず目を瞑って燐子集中の旧弾メインのままデッキは使っています。
結果で証明できればと思っています。

盾欲しい。