仙台地区です。3週間前の博多で悔しい思いをしただけに、一層全勝を意識して臨んだ地区になりました。
「彩クオリア」として出る大会は今期最後。柵越えした2年前の再現を狙いたいところでした。
毎回朝の新幹線で行くのですが、移動もさすがに慣れたものです。新幹線のチケットをランダムで引いてそのままトリオの座り位置としました。

KIMG1114
前日は三森すずこさんの誕生日。この時点ですでにひかりちゃんがバシッと決めてくれる気がしています。


BCF仙台トリオ
先鋒:RSL(8扉) 中堅:RZ(扉門) 大将:HLL(扉門)

1回戦 個人勝利 チーム勝利
○GGO宝門 ×SAO ○NR
後攻。相手初心者っぽかったです。2ターン目に3パンで宝置いてきましたが緑が発生していなかったので指摘し霞のパワーが届かず1面生還。1先上がりで連動しようと集中、2落下しましたがCX噛みなしでそのまま3パン噛みなし。相手のCX3パンを1キャンしかせず2-0、なぜか控えCX2枚。2噛み6バックで戻りあまり強くない2周目へ。相手も1リフ失敗した上2で霞2パン、踏み倒しテキスト通過してたので指摘し1パンになり、ここでなんとかこちら有利へ。そのまま磐石の勝ちかと思いきや最後3周目の山上で連キャンから2トリしてこちら2-5残2の山で相手ピトフーイ連動2面に焦りましたがなんとかキャンセルもらって勝利。やっぱり初戦は荒れますね…

2回戦 個人勝利 チーム勝利
○IMS扉ストブ ○Snk ×Fjm
先攻。この試合は終始キャンセルがしっかりしていて理想ゲームでした。「わんぱく無邪気!大神環」で0と1の選択を要求されましたがこんなところで2アド取られたら仕方ないので0を連続宣言。当然0で1ドロー。ストブ連動も打たれストックを積まれ、光景ないこちらとしてはひやひやでした。2からはフラスタ早出しヒールを出してきていたのでアンコールかれんでカウンターも使いつつ面制圧。ショトカが2のクロックに2枚とも行きましたが後列置いて常時一方。試合時間怪しい中6バックからバーンイベントをトップ2キャン、4連続くらい0を宣言してきた大神を1で宣言しドロー失敗、相手のCX2パンを片方キャンセル勝ち。試合自体非常に良いゲームで楽しかったです。

3回戦 個人勝利 チーム勝利
○FS8宝 ×PD ○BD
先攻。相手が暁でCX3見えで失敗し風向きがこちらへ。1リフ失敗させつつこちらは適度なキャンセルで打点差が広がり相手3に押し上げたタイミングでこちら2にならないくらい。捲くられないよう自分の山をケアしつつ丁寧に打点を作り、押し切って勝ち。

4回戦 個人勝利 チーム勝利
○BM炎扉 ○KS ○KMN
後攻。気合の入る4回戦です。物語らしくドローゴーから2ターン目に3パンCX飛んできましたがいい形にキャンセル。こちらも3面立てられたので中学生には飛んでいただき3パン。この時点でCXがだいぶ見えており当然相手は島風3パン、ドラの乗った2回を芸術的に残2で2キャン。まひる2面とひかり連動で山削りきり、打点もいい感じに押し込んで有利。そのあとも異常に強いキャンセルで打点差を守りつつ2の序盤に捲った扉でL3ななを確保。相手中央を真宵で空けたのでななで控え室引きずり出し2面3点バーン入れて勝ち。チームも3-0で盛り上がります。

5回戦 個人勝利 チーム敗北
○FT宝扉 ×BD ×HLL
後攻。3試合連続の1番卓。対戦相手はPangaMastersです…正直ここで当たりたくない相手ではあります。序盤からいまいち手が整っておらず届かないところも。相手のキャンセルが上手かったのとストックも綺麗に積まれて打点差はさほどないもののジリ貧という印象。こちら3に先上がり、相手のハンドにキュべレイとトップ盛り凛があるのがわかっていたので集中とまひる3面でリフレッシュ、2面踏んで1面はサイド。まひる2面帰還と浅い位置で2回キャンセルし3-2控えキャラ2枚、回復を我慢しそのままアタックへ。サイド0点も含め控え室だけケア。キュべレイトップチェックからその2枚をトップに盛られ6点バーン来ましたが6枚目でキャンセル。返しに扉連動探しに行くも引けずあきらめてちょうどリフレッシュする形で平パンしたところ5点貫通して勝ち。運だけ。

IMG_20190629_154901
残念ながら4-1、今回は2つ被っていて確定落ちだったので撤収。お疲れ様でした。
写真も撮らず出ちゃったので公式の画像を勝手に持ってきてます。

悔しいですがまたしても4-0で迎えた5戦目で負けてしまい、博多に続いて柵越えすることができませんでした。
一昨年の柵越え以来はろくな成績を残せていなかったので連続でいいところまで行けたのは手ごたえを感じますが、やっぱり上まで行くのは難しいことだなと思いました。

トリオは残り大阪幕張名古屋。東京1-1(0-2)博多4-1(4-1)仙台5-0(4-1)と東京こそ躓いたものの個人成績合計10-2はいい形で前半戦を終えることができました。ただ振り返ってみると運が良かったなぁという試合が多いだけに、これから下振れたときにどこまでいい戦い方ができるか、そこは頑張りたいと思います。

ともかく後半戦に向けて、デッキの精度を上げて行きたいと思います。彩クオリアでの入賞はWGPに持ち越しとなりましたが、まずは残ってる地区を1戦1戦しっかりですね。