今年からせっかくなので感想とか適当にまとめておこうと思います。


BanGDream! 3rd Season

バンドリ3期。RASの結成~が中心です。
1期はポピパ結成、2期は他のバンドも含めてという形で、3期も2期から引き続いての流れになります。バンドリは1期も2期も(意味合いは違いますが)作画の好みが分かれるところですが、個人的にはかなり完成度の高い作品だと思っています。内容は非常に面白いです。ちなみにフル3Dの作画もかなりパワーアップしていますので、押し付けるつもりはありませんが食わず嫌いはもったいないですよ。

特に2期~は登場人物も多くなりますが、その中でキャラクター性を際立たせつつ内容もまとまっている印象ですね。3期はポピパ・ロゼリア・RASの3バンドに絞っての展開なので他のバンドファンからすると少々物足りないのかもしれませんが。RASの結成や葛藤を中心にしているのでRASはもちろん、実力の劣るポピパを霞まないよう持って行き、それでいてロゼリアの偉大さを再確認する内容でした。Roseliaのファンなので文句なしです。

ちなみにこのバンドリという作品、氷川紗代というキャラクターが特に魅力的なのですが、彼女の回(だと思っています)も用意されていて、良さがしっかり伝わる神回でした。ありがとうございます。
映画も決まっているようなのでバンドリプロジェクトはまだまだ安泰ですね…


Re:ゼロから始める異世界生活

新編集版というやつですね。
言うまでもなくヴァイスシュヴァルツで気になっていた作品です。スバルがうざいって話を聞いてましたが確かに中盤しんどい部分はありましたね。

最近の異世界ブームの火付け役となった作品のひとつだと思っていますが、実際面白かったです。ライトノベル原作はアニメ化で上手くいくものといかないものの差が大きいですが、非常に楽しめました。きっと原作はもっと面白いんだと思いますが、それはまた別の話。
小説らしい言葉遊びというか、せりふ回しがテンポ良くて心地いいですね。

2期が本来春アニメの予定でしたが延期になりました。気になっていた作品だけに2期をやる前に再放送してくれることは嬉しいですが、ただの再放送ではなく編集版というのもストレスなく見やすい構成になっていたんだと思います。
こういう作品は一気に見たほうが面白いですからね。2期も大いに期待しています。


マギアレコード

魔法少女まどかマギカのソーシャルゲーム原作。未プレイです。
まどマギの独特な世界観というか描写や音楽は健在で、作画だけゲームに寄せているのかな?少し現代風な感じですね。まさに求めていたものというところです。

もともと話がやや難解な作品ではありますが、今回は12話完結という形ではなく続くような終わり方だったのもあり消化不良という感覚になりました。ゲーム原作ということで仕方ない部分だと思いますが。

序盤の滑り出しが良かっただけにもう一歩感を覚えました。


Charlotte

ABを昨年末に見ていたのでその続き…ではないですけど。
どういう着地になるのかなと思っていましたが後半パートはかなり詰め込んだ印象ですね。人によってはちょっとめちゃくちゃだと感じるのかも知れませんが、個人的には振り切っていて良かったと思います。
というか学園異能バトルものが僕の好みなだけかも知れませんけど…とにかく高評価です。

アニメ原作って無駄や無理がないというか、すっきりまとまるのがいいですね。内容はシリアスというかやや暗い印象にもなりますが、会話のテンポがほどよくギャグ調なのが中和してちょうど良いです。

ヴァイスシュヴァルツ劇場の枠で放送していましたが、すごくありがたい試みですね。せっかくWSで親しみのある作品も多いので、どんどんやって欲しいです。

あ、あと佐倉綾音さんってこんな声だったんだなって思いました。


ふたりはミルキィホームズ

ミルキィホームズシリーズの3期。本来はアニメパートと実写でのバラエティパートで構成されてますが、今回はアニメパートのみ。
以前大昔に2期まで観た続きで観ようと思ったものの色々面白さを感じられないこともあって中断していました。

フェザーズのカズミとアリスは愛美さんと伊藤彩沙さんという今の響を引っ張るお二人が担当しているので、今観ると普通に楽しめました。香澄と有咲もここから名前取ってるんでしょうけど、原点って感じですね。
そこそこ警察も出番があるのはグッド。

15分でサクサク進むので、ぼんやりと頭を空っぽにして眺めるには非常にいいと思います。


多分これで全部だと思います。他にもなんとなく観てるものとかはありましたが、書くのはこれくらいですね。
とある科学の超電磁砲Tは2クールなので来期で。

万一何か忘れてたらこっそり書き足します。