昨年行ってきた舞台の感想とも呼べないようなものをちょろっと書いておこうと思います。
別に大層なことを書くつもりで放置してたわけではなく、大層なことを書かないから放っておいただけなんですけど…

青嵐舞台BLUE GLITTER、行ってきました。自力で申し込んだチケットはすべて落選だったのでスタァライトシート取ってくれた友人には感謝ですね。
今回は12月18日~27日の日程のうち21日の佐藤日向さんの回だったのですが、18~20日がまさかの公演中止になり、直前まで気が気ではなかったです…


舞台のほうはと言うと、素晴らしかったです。
そう言うに決まってるだろと言われたらそうなんですが、やっぱり素晴らしいもんは素晴らしいんですよね。

・青嵐の歌がすごい
めっちゃ上手いです。#2の「青い嵐」なんかも大好きなんですけど、ちゃんと期待通り挨拶代わりの「青い嵐」が聞けて満足。ライブパートでもしっかりやってくれてるし、とにかく満足。小春や氷雨のソロパートもガチもんなんですけど涼にはそういう場面がなかったですね。殺陣が見所だからでしょうか。最後のBLUE ANTHEMの破壊力半端なかったなぁ…!

・ギャグパートのパワーアップ感がすごい
最初にコードで縄跳びするシーンが特にやばかったです(語彙力)。#1#2に比べると結構コミカルなシーンが多かったように思いますが、その分メリハリが効いてましたね。他校の演出も含めて、盛り上がるところは一気に盛り上がっていて良かったですね。他校については今後もレギュラー化して絡んでくるのか、注目です。

・八雲先生がとりあえずすごい
#2でもすごかったんですがまぁ期待に応えて見せ場だらけでした。一人で歌うシーンもそうですけどまぁ走駝先生とのデュエットが最強すぎました。殺陣も一番目立ってたんじゃないですかね…?

内容としては先生方の関係がはっきりしたのが良かったです。ただの先輩後輩ではなさそうな様子でしたが、ずいぶんと走駝先生が八雲先生のわがままに付き合い良いように見えていたので…そういう背景になる絆が描かれたのはありがたいです。
舞台裏に重きを置いた内容でしたが、スピンオフのテーマにぴったりですね。聖翔でもA組しか基本的には表に出てこないですがその辺が補完されていましたし。

聖翔のゲストは観に行った純那回と配信で観た香子回。思ったよりゲストの出番多かったです。最後に参戦してきたところ良すぎて震えました。かなり差がありそうなので是非全部収録して欲しいですね…今回は全公演配信されてたので不可能ではないはず…まひる回を観たいです。

晶についてはスタリラのイメージ先行ですが他のメンバーがそうであるように多少舞台風の性格でしたかね?そんなに他に優しくするようなキャラクターではないと思うので…舞台でそういう解釈ならそれでいいと思いますし、八雲先生との関係性か何かでそう振る舞っているのならそれもいいと思います。レヴュー中にキラめきを増した青嵐を見て笑うところはすごく晶っぽい気がしました。


とまぁそんなもんですかね…?
ストーリーも演出も、欲しいところがしっかり表現された舞台でした。
またブルーレイ観たら感想が増えたり思い出したりすることもあるので、雑感ということで。早くブルーレイ出してください。
#3も楽しみです。


あ、あとモノレールは快速に乗っちゃダメですよ!(浜松町から羽田空港まで行ったオタクがいるらしい)