トライアルデッキのRe:Editが発売され、2種類のTDと要所を押さえたPRカードでそこそこ戦えるようになったアサルトリリィについて少し書いておこうかなと思います。
互換名は気にせずバシバシ使います。

もともとはよくあるTD+の性能でしたが、追加されたカードが非常に優秀ですね。
目玉はレベル3のCXコンボ。モカ互換(相手の山2ルック)については個人的にあまり評価していないのでどっちでもいいものの、上の連動が門であることとヒール持ちであることから大変満足しています。
L1のアタック時パンプは使いやすく、電源向きのカードとおぼしきものもちらほらあり期待が持てます。
緑にも使いたいカードがあるものの、現状組み込みづらいのでここでは触れないことにします。

DSC_0146

今回しているデッキはこんな感じ。集中を発売記念大会のPRに切り替えたらパーツはほぼ揃うと思いますが、現状の構築でも結構満足しています。

レシピ自体については色々な人が書いているのとそもそもプールが狭い分そんなに議論しても仕方ないかなと思いますけど、どうしてこういった配分になっているのか。シンプルな分プレイヤーの好みが出ている気もします。

意識して組んだのは、「1枚投入のカードをなくすこと」です。控え回収手段はそこそこありますがあくまでTD、基本に忠実に回しやすくというのを一番に考えています。例外として助太刀は役割が限定的なこととTD水準のため使いやすいタイプでもないので、1枚ずつの採用になっています。

4枚のカードは当然軸となるL1・L3のCXコンボとCX。序盤に必ず引きたい霞互換、できることが少ないプールの中だとこちらは中盤以降も使い続ける試合もままあるため、現段階で4枚以外はないという認識です。

イベント4ルックについては評価が分かれるところかもしれませんが、「基本に忠実に」を考えるとL1でのリフレッシュは必須と考えています。自然にイベントを複数枚引けることでバンドリの蔵連動に近い立ち回りができるので、これを目指します。バンドリの扉連動→蔵で連動回収→扉連動という流れに対し、扉連動(連動回収)→イベントで山調整→扉連動を狙うということですね。門トリガーがあるので相手の盤面によりますが不可能ではないと思います。そのため常に1枚修羅場連動は手札に置くようにしています。

また、安定して1周目3ターンあたりにリフレッシュを目指すとして、こちら先攻と仮定すると
1.初期手札+手札交換(2枚くらいと仮定)で7枚
2.1ターン目クロックドロー+1パンで4枚
3.被ダメージ(2点2パンと仮定)で4枚(0-5)
4.2ターン目クロックドロー+3パンで6枚
5.被ダメージ(2点3パンと仮定)で6枚(1-5)
6.3ターン目クロックドロー+3パンで6枚
の合計33枚くらいは何もしなくても削れるわけなので、残り17枚程度を処理する必要があります。これを山削りテキストやキャンセル回数で稼ぐ必要があります。
実際は10点食らうなら2キャンくらい期待していいのでそこまでのスピードは必要ないとは思うものの、集中を2ターン目から打つにしても4ルックイベントが最低1枚、できれば2枚握れていたほうが良さそうです。
長ったらしくなりましたが、そんなわけで4ルックイベントも今は1枚マリガンでキープしてみています。
またすぐに180度方向転換してるかもしれませんけど()

続いて2枚のカード。フィレス、登場時パンプ、収録中、応援、比例応援、Xルックが該当します。
登場時パンプの梅以外はピンでいい寄りの2枚。ストックに埋まることに神経質にならなくていいことと、ドロー集中の場合自由に回収するタイミングが少ないので、回収タイミングでで確実に拾える(控えに落ちている可能性が高い)ようにという理由です。使わないほうが強い展開・使わなくてもなんとかなる展開が多いです。
梅は霞で回していく都合上3枚以上あっても困らないですが、L1にもアタック時2500があるので2枚にしました。

3投のカードは必ず1枚使うものの多面しないものです。その点相殺は4枚あってもいいかもしれませんが。3枚あったので3枚突っ込んだだけですが2~4で好みな気はします。トップチェック後列との相性はいいです。
集中も4枚あるほうが安定しますが2面並べることはまずないので、それならフィレスに枠を割いた方がいいと思いこの配分です。

L1では1/0、1/1に手札アンコールがあり、ドロー集中との相性も大変いいです。しかしながら綺麗なストックを丁寧に作る展開を考えるときに、集中をスキップしてイベントと修羅場で山・手札を整えるのが理想となるので、その補助としてサブアタッカーをアタック時パンプに絞り多めに投入しています。
本来2枚程度が役割としては十分な枚数だと思いますが、意識しなくても1枚出せるようにしたいですね。心もとないL2以降のパワー対応や、連動できないときのサブプランで霞で試合を作るときにも最適です。

上手く運べている試合ではストックを吐く目的のみ集中を使うためドロー集中のデメリットが少なく、逆に崩れている試合では起動1ドロー1ディスまで込みで手札を浄化するので、ストック度外視なら当たらない2レスト集中よりいいですね(さすがにこじつけ)
サーチ集中のほうが強いのは言うまでもありませんが、それ以上に実はドロー集中でも困らない場面や回し方はあるんじゃないかなと思います。そもそも霞でごまかすサブプランを好んでいるからなのかもわかりませんが。

最近使っていて案外勝率もいいので、もう少し基礎練習としても使っていこうかなと思います。
欠点はTDならではですが相手の尖った動きにはどうにも対処できないので、中学生などメタ寄りの動きや8電源のパワーラインなどには極端に動きが鈍る傾向はあります。その辺とはやってないから知らないけどきっとそう。

まとまりなく書いてきて完全に人に読まれることを想定していない文章が出来上がりましたが、まぁ大体思ってることは書けたのでいいかなと思います。何か変なところがあったら直接教えてください()

とりあえずブースターパックの公開早くお願いします!