とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: スタァライト

ちょっとVSレヴュー頑張ってきたので感想とか。

Screenshot_20200401-183415
凛明館女学校限定レヴューです。
現在のVSレヴューの仕様としては9人見せ合ってのBAN方式と限定(学校・属性など)レヴューが交互に開催されています。

僕の場合BAN方式ではSSSに乗るくらいまでいけるものの、限定ではなかなか(モチベーションが上がらないこともあって)成果は出ていませんでした。
ただ今回はミラティヴとの連動キャンペーンもありちょっと配信しながら対戦していたら意外と勝てるぞ?となって上を目指してみてというところです。

Screenshot_20200331-163131
最高順位は16位。過疎時間帯のほうが下位とのマッチングもあり伸びやすかったです。
基本的には20~30位近辺で勝てない相手が多かったので瞬間的な上振れですね。勝つと+30P負けると-20Pが基本のようなので、放っておくと下がっていきます。


凛明館限定レヴューで考えるべき「環境」としてはまず乙姫。必中持ちはどんな編成にも必要です。ただ乙姫対策されるから抜いてもいいかって言うと強いものは入れておいて損はないという感じ。まずは乙姫ありきです。

次点は貂蝉でしょうか。凛明館全体で見て高火力の全体アタッカーが居ないため、基本的には耐久で殴りあう試合になります。持久戦では大火傷による継続ダメージ、ACT3の毎ターン回復の有無が大きく、互いに入っていると最後の殴り合いで時間切れになることもしばしば。

その2トップに対して強いのがクリスマスのお結々。状態異常回復は両方に対して解決策となっています。凛明館に少ない全体キラめき回復、盾を機能不全にする凍結アクト、隙がないですね。

テウメッサの狐は後ろにいることの多い乙姫や鬼影、クリスマスのお結々に有効。
盾としては猟犬レプラスが無難に優秀ですね。火傷対策として弁財天の採用率も高そうでした。

結局のところ全体アクトが乙姫や貂蝉くらいしかまともにおらず、クリスマスのお結々や酒呑童子、鬼影、風魔小太郎などの単体アクト持ちが中心です。
刻印、ACT遅延、全体対象のストップや睡眠などの強力な状態異常もなければ、ターゲット固定持ちやカウンターヒールもおらず、被ダメージ軽減や挑発も数少ないというかなり穏やかな環境でした。
「ぶっ壊れ」キャラがいないのって凛明館くらいじゃないですかね…?


Screenshot_20200329-201401
そんなわけで使っていたのがこちら。

Screenshot_20200406-000546
柳生十兵衛 秋風塁
凛明館は単体大ダメージACTで突破してくる傾向が強いので1枚目の盾。花属性はほぼいないのと風属性は大ダメージ持ちが多いのでやや不利ですが、それを受けるだけでも仕事しているしステータス上昇解除は先打ちする場合相手の乙姫の素早さ+を消せるので悪くないです。

Screenshot_20200406-000539
弁財天 夢大路文
貂蝉が火傷撒いてくるので1~2ターン目に火傷無効を入れたい。雲は義経のみで採用率も低いので安定した耐久をみせてくれます。これと貂蝉で耐久して勝つのがメインプラン、CAが全体への攻撃なのも良かった。

Screenshot_20200406-000531
貂蝉 音無いちえ
とりあえず火傷撒いて削りつつACT3の毎ターン回復を重ねがけし、前3混乱のACT2で荒らします。これがあるのとないのとで耐久力が段違いでした。今回のランキングは完全にこの子のおかげでしたね…ちなみに普通のレヴューで使うと特に見せ場なく終わります。

Screenshot_20200406-000553
鬼影 秋風塁
相手の一番後ろを仕留めます。素早さあげて運用しましたが素早さあげた乙姫に勝てないので必中でいいですね…全体攻撃が弱く長期化しやすいレヴューではこれで序盤に相手の後列を叩くのが必須な気がします。

Screenshot_20200406-000518
乙姫 巴珠緒
やたら速く上から叩かれる全体暗闇で環境にも影響を及ぼした子。ドラキュラクロディーヌの産みの親。BANできない以上みんな絶対入ってるし絶対対策しています。ただ全体攻撃で死ぬことがあまりないので必中3ターンが終わった後打ったり、2度目のCAに入ったり、そんな感じです。

最強の組み合わせは猟犬レプラス・貂蝉・乙姫・クリスマスのお結々+何かだと思いました。
盾2枚は単体攻撃で突破されたあとの耐久力が半端ないので非常に感触はよかったです。
最近のやたら強いキャラのいない環境、とてもやりやすかった…長期化するのはデメリットですけどね。

次に限定レヴューが回ってくるころにはじゃんじゃん強いキャラが追加されてこれでは手も足もでなくなっている気がします。やれる範囲で頑張っていきましょう。以上です。


配信しながらのVSレヴュー、なかなか捗ったのでまた時々やっていきます。無音ですけどよければよろしくお願いします。

2月に最新シングル「Starry Parade」が出てますね。
リリイベの存在はすっかり忘れていましたが当選メールが届いて行って来ました。Star Diamondのリリイベ以来です。

2/24都内開催でしたが既に新型コロナウィルスが流行の兆しを見せていた頃。開催が危ぶまれていたもののなんとか全員マスク着用とアルコール消毒で無事行われました。

小山さん、岩田さん、佐藤さん、小泉さんの4人。
僕は3rdライブから九九組の中では岩田さんのファンなのでいいトークステージでした。替え歌当ての下手な感じも、ありがとうを伝えるくじ引き連続で引いちゃうところも、SEおじさんに贔屓されて(佐藤さんがキレて)るところも、最高でしたよ。
Starry Paradeの歌詞の話なんかもしていて某曲のアンサーソング的な位置なんだとか。まぁあんまり深読みできてないんですが()

リリイベお約束の少人数バージョンのライブ(微妙に揃ってない)も含めて満足でした。


あとは3rdスタァライブ「Starry Diamond」のブルーレイ発売ですね。
24人(実際は21人)の舞台少女のキラめきを浴びられる素晴らしいライブでした。特に2部のスタリラパートは無限に観てられますね…

内容については既に実際観に行った感想があるので割愛しますが、やっぱり三森さんの代わりを歌う岩田さん、舞台プレパレイションが可愛い岩田さん、プロキオンのソロパート決めてる岩田さん、この辺でしょうね。
繰り返し見るとまぁ全員好きなんですけど。

…ここまで言っておいてなんですが、結局スタァライトは三森さんのコンテンツだなと思います。
Fly me to the Star然りFancy You然り。

またスタリラチームの活躍が見られるライブを楽しみにしています。


ちなみにスタリラ祭とStarry Sessionは中止・延期が発表されました。
当面は舞台少女大運動会の開催可否と夏の舞台の当落が気になります…!

スタァライトのイベントあれこれなども。


1月
2018年12月開催の「StarryDesert」ディレイヴューイングから。前の年の熱さを引きずってスタート。
キラめきの再生産ッ…!
「約束タワー」リリース。名盤です。

2月
TVアニメBD3巻が発売。まさか自分がアニメシリーズのブルーレイを買うようなところまで来るとは思ってませんでした。スタァライトされました。割と何度も見ました。

3月
「StarryKonzert」のLV参加。中野サンプラザじゃキャパ足りなかったのでは…?オーケストラとの親和性があるのでいい試みだったと思います。

4月
「百色リメイン」発売。4組のデュエット(トリオ)という試される内容。全部は買ってないです…
じゅんななのバランスが一番いいと思いますがかれひかまひ…や、全部いいです。
「StarryDesert」のBDが発売になりまたしてもキラめきの再生産で優勝。

5月
BCF東京から直で岩田陽葵さんのお渡し会に参加。可愛い。
まひる推しかのようなことを口走っていましたが今となっては九九組の中で岩田さんが一推しなのであながち間違ってもいなさそうです。ありがとうアニメイト渋谷店。

BCFがレヴュースタァライトプレゼンツということで全通6地区でスタァライト声優の方のトークやステージを聞く機会がありました。もちろんファイトメインなのでついでですが、確実にスタァライトに魅了されていってます。

7月
舞台#2Revival。一般席で行きましたがいよいよこのレベルまで来たなという感じ。スタァライブに参加した時点でこうなることはわかっていましたとも…
最高でした。舞台を観ずしてスタァライトは語れないななどとイキり出すことはしないつもりですが、舞台を観ると格段にスタァライトされ率があがると思います。ライブにはライブのよさもありますがやっぱり劇場に足を運んでほしいですね(謎のマウント
…まぁそれはハマったらの話でいいので、まずはTVアニメだけ観れば十分だと思います。来年は総集編劇場版もあるので環境は整いましたね?

8月
「StarDiamond」発売。圧倒的疾走感と9人の畳み掛けるような旋律にヘビロテ確定。箸休めの「舞台少女体操」もじわじわ癖になります。
実はこの時期色々積んでたのでちゃんと聴き込んだのはもう少しあとの話なんですけど、いいCDであることは保証します。

9月
WGP札幌から直でリリイベに参加。
シングルについての緩やかなトーク。新曲の披露。小山さん相羽さん佐藤さん富田さんでしたっけ。ここでStarDiamondにスタァライトされて以来完全にスタァライトです。つまり良かった。

10月
スタァアルバム「ラ・レヴュー・アルバム」がリリース。次のライブのためのアルバムという位置づけ。個性的な楽曲ばかりでライブまでかなり聴き込みました。ライブの後はもっと聴き込みました。どさくさに紛れて#1のBDもなぜか購入。

11月
3rdスタァライブ「StarryDiamond」開催。24人(実際は21人)分のキラめきで優勝。ノンストップの一部も「Fancy You」をはじめとしたややレアな楽曲や「Fly me to the Star」の演出などにスタァライトされましたがやっぱり見所は二部。他校のデュエットはスタリラ初期からやっている身としてイベントを思い出して感慨深かったです。早く他校のシングルも出して欲しいですよね。アルバムからの部分としては舞台で表現するとこうなるのか!とシンプルにわくわくしました。無限に観たいのでBD発売が待ち遠しい。ディレイももちろん行きました。

WS「少女歌劇レヴュースタァライトRELIVE」も発売。サインがSPとは思えないレベルで軒並み2万なのは焦りましたがなんとかなりました…

12月
待ちに待った#2RevivalのBDが発売。キラめきの再生産…(語彙力)


というところでしょうか。
来年は舞台に劇場版、更に運動会()など相変わらず楽しい年になりそうです。岩田さんのお渡し会もまたありますしね。

きっちりイベントレポート書こうと思います…

久しぶりに雑記というか、定期以外の記事を書こうかと思います。
スタァライブの感想も別途書きます。


ツイッターなんかではたくさんつぶやいてるのでご存知だと思いますが、「少女歌劇レヴュースタァライト」というコンテンツにだいぶはまっています。昨年のTVアニメから始まりすっかり魅了されてしまいました。
まぁTVアニメからというあたり私自身もいわば「にわか」なわけですが、にわかなりに色々オススメしたいと思います。

まずスタァライトってどんな話?ってのは公式サイトを見てもらえばいいとして、色々あるけど何から手をつければいいのか?を書いておきましょう。

全部オススメなんですけど「初心者に優しい」という基準で無理やり差別化して5段階のオススメ度とします。


①TVアニメ オススメ度:☆☆☆☆☆
昨年放送されたテレビアニメ。全12話。舞台とアニメの2層展開式が売りのコンテンツなのでこれも大事な「層」です。私がそうであったようにここからファンになる人が多いんじゃないでしょうか。
敷居の低さは言わずもがなですが内容も素晴らしい。学園コミックものかと思いきやかなり伏線が丁寧に仕込まれていて2周3周としたくなること間違いなしです。
1話Aパートが乗り越えられるか?と6話が乗り越えられるか?の2箇所が躓きポイントですかね。7話まで見てくれと散々言ってきましたが2020年総集編劇場版が来るとのことなので、今後はこちらのほうが良いかもしれません。
たびたびYouTubeに無料公開されるので是非。

②ミュージカル オススメ度:☆☆☆
大まかに#1と#2、それとリバイバル公演があるという感じ。2部制でミュージカルとライブのセットになっています。もともと舞台が先なのでこちらが先でもいいと思います、というか正当ですね。男性は舞台を観に行く習慣がないので敷居が高いのが難点。女性ファンが多いのはやっぱり舞台先行だからでしょうか。
#2のリバイバル公演から行くようになったので本当に最近なんですが、本当に#1を観ていなかったのが悔やまれるくらいに面白かったので是非とも一度行っていただきたいと思います。千秋楽はLVもあったりするのでそちらが最初はいいのかな?

③ライブ オススメ度:☆☆☆☆
スタァライブは3度開催。2ndから行っていますがどちらも現地だけは飽き足らずディレイまで行ってしまいました。ライブに行くオタクはたくさんいるのでこちらのほうが行ってみようかなという気になる人が多いと思います。
ただし楽曲の予習をしておかないと十分楽しめない可能性があるので、ここは舞台に比べて難しいところかも。楽曲数もかなり増えておりシングルを集めるだけでそこそこ大変な域なのですが、BD楽曲なんかも放り込まれたりするのでどうでしょうか。
導入としては「星のダイアローグ」「StarDivine」「ディスカバリー」の知名度がひとつ抜けているのでこのあたりですが、個人的にはディスカバリーを推したいと思います。振りが芸術的ですね。電車ごっこするところが大好きです。
後半ブロックは舞台を意識して殺陣を交えるような演出も多く、ミュージカルへの導入も担っているように感じます。ブシロード上手いな!私も見事に釣られました()

④ゲーム オススメ度:☆☆
「少女歌劇レヴュースタァライトReLIVE」が配信中。聖翔音楽学園だけでなく凛明館女学校、フロンティア芸術学校、シークフェルト音楽学院と魅力的な3校が加わります。24キャラそれぞれにいいところがありきっとお気に入りの子も要ると思うので聖翔だけよりもスタァライトを楽しめるきっかけが多いと思います。
オリジナルストーリーもなかなかいいシナリオで、スタァライトの世界観そのものですね。ゲームの操作性としては概ね満足で、プレボが溜まる以外は気に入っています。
ただしキャラの追加速度が他のゲームと比べて(体感ですが)異常に早く、またキラめきフェス(星4排出2倍)をほぼ常時開催、またガチャチケットなどのお得なパックも乱発しており、この辺の集金根性がちょっと強すぎるなというところが残念。課金するのは吝かではないものの、あまりに早い追加でインフレが進みコンテンツの寿命が縮んでしまわないかが心配です。
ゲーム自体はオススメなんですが、導入としてはアニメか舞台のほうが無難でしょう。

⑤ヴァイスシュヴァルツ オススメ度:☆☆☆☆☆
ヴァイスシュヴァルツはブシロードが誇る次世代エンターテインメント。自社製品の第二弾恒例?の多彩で強力な追加弾が出て一躍環境に躍り出ました。
スタァライト以外にもきっとお気に入りのタイトルが参戦していると思うのでとりあえずカードショップに行きましょう。
たまにやばいオタクもいるけどそれはどこの界隈にいますので気にしないでください。でもTCGは1対1で対面する分やばいオタク踏むと辛いんよな…


以上、パッと思いつくコンテンツ別にちょろっと書いてみました。
来年からは「総集編劇場版」「新作劇場版」「#3公演」とすでにわくわくする情報が並んでいるので今からでも遅くないです。スタァライトされちゃってください。
とりあえずYouTubeでスタァライトチャンネルをチェックしておきましょう。

3/31のライブヴューイングに行ってきたので今更ながらその感想。
現地がよかったですが抽選だめでしたので仕方なし。

星のダイアローグ
世界を灰にするまで
The Star Knows
スペシャルモノローグ(双葉・香子)
誇りと驕り
スペシャルモノローグ(真矢・クロディーヌ)
恋の魔球
花咲か唄
クイズコーナー
RE:CREATE
星々の絆
スペシャルモノローグ(華恋・まひる・ひかり)
Star Divineフィナーレ
スペシャルモノローグ(純那・なな)
舞台少女心得幕間
スタァライト
Fly Me to the Star
約束タワー
Star Divine

内容は完全にアニメの流れでした。レヴュー曲は僕も何度も繰り返し聴いていますがオーケストラにふさわしいと思いますし、最初の星のダイアローグの前奏部分からオーケストラとの親和性の高さを感じました。
世界を灰にするまでではエレキギターとかも使っていて、(実際に舞台上にある音だけで完結しているのかはLVだと判別が難しいですが)再現度の高さがすごかったです。現地行った人はもっとすごかったでしょう。毎回思いますが佐藤さんはトップで出てきて世界観を作っていてすごいなと思います。音程のブレも少ないし堂々たるステージですね。個人的に好きな歌い方です。まじめな純那らしくていい歌い方です。
富田さんの誇りと驕り、これもまたすごいんですよね。ギャップが。オーケストラを背に歌う富田さん、いつも以上に迫力がありました。むしろ普段どこから声だしてるんだ。
恋の魔球は岩田さんが可愛い。一番キャラに近いなぁと思うのは個人的には岩田さん。花咲か唄はひたすらふたかおなんですけどここでトイレに立ってしまいました()公演中に途中退出したのは初めてです…まだまだ鍛錬が足りませんね(何の)
一番楽曲の中で好きなのはRE:CREATE。三森さんの独壇場ですね。スタァライトのコンサートのたびにやっぱり三森さんはひとつ格が上だなという感じがします。バンドリが愛美さんのコンテンツであるように、間違いなくスタァライトは三森さんのコンテンツですよね。スタァライトはレヴュー曲の中で一番オーケストラに適していると思います。Fly Me to the Starは紛うことなき名曲。約束タワーは唯一のアニメ関係外からですが、作品を象徴する約束タワー題材です。Starry Desertのときから大好きです。アンコールでのStar Divineはちょっと予想していなかったので驚きました。コンテンツを代表する楽曲という感じです。
いくつかあまり触れてないのもありますが、まぁ常日頃から好きだということは発信しているつもりなのでいいでしょう。

スペシャルモノローグは無茶振り食らった純那の返しがなかなか上手くて一番印象に残っています。華恋・まひる・ひかりは3人まとめて好きなのでいい時間でした。
クイズコーナーはジェスチャーゲームですね。面白かったです。

総じてスタァライトの楽曲の良さというか、そもそも質がオーケストラとの相性がよくて、いつもよりガッツリ歌唱に振ったようなコンサートでしたがそれも魅力だなと感じました。またやって欲しいと思うし次は絶対生で体感してみたいですね。よろしくお願いします。

そういえば待ちに待ったStarry DesertのBDも発売されて視聴しました。オーケストラコンサートも映像化が待ち遠しいですね…
昨年のアニメからずっとモチベーションが高いです。夏の舞台#2Revivalも楽しみです。

このページのトップヘ