とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: fripSide

北海道でやっているジョインアライブに行ってきました。ごきんじょるの友の会とfreakSideの共催。3連休の最初2日間がfreakのファンミとフェス、後半の2日間がフェスと友の会のファンミという形で、もちろん全日参加が希望でしたが抽選を外して残念ながら前半だけの参加になりました。
まぁできればさっさと記憶が新鮮なうちに書いておきたかったんですが、書いてる途中にPCが吹っ飛んだので今頃書いているわけです。

初日は羽田集合。いかにもって感じのオタクが集まっているので一目でわかりますね。13万円の旅の始まり…
微妙にわかりづらい案内でしたが無事に飛行機に乗り新千歳へ。そこからバスで2時間くらいでしょうか、キロロトリビュートホテルへ。しばしの休憩。

夜のファンミーティングは夕食を取りながら。席順は抽選です。入る前にくじ引きでしたが、ここは素晴らしい運を見せて3-2。4卓ずつなので最前中央の、更に内側から1番なのでちょうどステージに限りなく近いところ。
同じ卓には何人か強いオタクがいたのでその辺がうまく取りまとめてくれるので、僕のような弱い一般人はこっそりと生きています()

ライブ前半
an evening calm
message
Two souls -toward the truth-
悲しい星座
everlasting

アコースティックなのでそれに合わせてバラード調のもの多め。Two soulsはそれはそれで新鮮で、これは来たかいがあったなと思います。messageは激レア曲ですが改めていい曲だと思ったのでもっとやってください。悲しい星座も実は生では全然聴いてないのでいいもんですねぇ。
MCもぐだぐだでとてもよかった。めっちゃバンドもとちってて、それがまた微笑まs…「最高のライブでした!」
八木沼さんがお客さんの魚食べてるし。

ぐだぐだトークとプレゼント。星野さんのいない理由とか。
ポストカードを南條さんの手渡しと八木沼さんの握手を前の卓から順にやっていってくれました。最初の卓は心の準備ができていなくて受け取って終わりという感じでしたが、だんだんイベント慣れしている人が会話するのを見て準備が整った後ろの方の人や悪ノリがエスカレートするsatさんのおかげでだいぶ長くなってました。それでもサクサク進む南條さんと八木沼さんの差は開いていく一方。

その後南條さんは引っ込んで、八木沼さんとバンドメンバーが登壇。そのまま後半パートへ…

ライブ後半
Answer
divine criminal
Secret of my heart
whitebird
brave new world

2曲そのまままさかのフルコーラスでさとし歌唱。ばんばん客席に振ってくるもののAnswerやdivine criminalの歌詞をスラスラ歌える人は(バンドメンバー含め)いなかった…
改めてfripSideのバラードはいいなと思いました。最高でした。これは13万円の価値あり。
来年はアコースティックアルバム出すらしいです(本当に?)

最後に記念撮影をして終わり。
本当にいいファンミーティングでした。

僕は特段知り合いとかもいないので適当にソシャゲしたりして就寝。同じ部屋に人がいるとこんなにも寝にくいものか…

2日目はあいにくの雨。結構本格的に降ってました。
朝会場に放り出されるので雨の中適当にステージを観覧したり雨宿りしたり食事をとったり。ロックフェスってやっぱり新鮮。特にfripSideの1個前のところがやばいロックだった…

white forces
divine criminal
sister's noise
crossroads
Two souls -toward the truth-
killing bites
only my railgun

王道セトリですね。divine criminalは南條さんバージョンとしては初。というか初披露が八木沼さんというのがレアすぎた。crossroadsがちょっと変化球で驚きましたが良かったです。
まぁどんなセトリ来ても良かったって言うんですけどね。

そんなわけで新千歳から羽田へ帰還。雨で結構体力消耗しましたが、楽しかったです。やっぱり友の会の方も参加したかったところですが、抽選ばっかりはどうしようもないですからね。
岩見沢公園なんてこういうツアーでなければまず行かないので、いい経験が出来ました。

1か月遅れになったので何書くつもりだったか割と忘れてきてましたが、これでいいということにしましょう。お疲れさまでした!

CDを2枚ほど買っていたので本当はその都度書くつもりだったんですけどね。

まずはdivine criminalですね。TVアニメ「されど罪人は竜と踊る」のオープニングテーマでした。ちなみにアニメとしては一応観たんですが…なんというか…よく…わからなかった…?最初はそんなもんかなと思っていたんですが結局最終話になるまで…掴めないような…
ゲストはまたリバイバルというか…というか…相変わらず世界観はいいですね。衣装含めばっちりかっこいいです。
カップリング曲もいつも通りfripらしいところ。これちゃんと聴いてから書こうと思ったら放置されてしまったので今やっつけで(!)書いてます。速報性重視の方が絶対正解でしたわ。
brave new worldソロバージョンは純粋に嬉しかったです。あるのとないのとではね。

あとはバンドリのカバーアルバム。待望のアルバムですよ。
Roseliaの魂のルフランとETERNAL BLAZEはライブでもフルでやっていますが、他は新鮮ですね。このまま続けて欲しいと思います…フルで聴きたい曲たくさんあるので。
今はバンドリのモチベーションが高いので結構聴きました。この調子でどんどん出して欲しいと思います。

なんか発売から2週間も経っていたのですが…やっぱりこういうのは買ってすぐに書かないと。
今更なんでさらっと。ネタバレもありですが、簡単に済ませたいと思います。

今回はアニメ「キリングバイツ」の主題歌。先のライブツアーでフル公開されているのですっかり馴染みのある曲になりました。ロック調でかっこいいですよね。アニメの方の感想はまた今度…
MVはラーテルカラー(南條さん談)のコートが印象的。いつも通りフォーマルな感じです。猫がもふもふです。ゲストは猫だけに猫ひろしでした。やや小粒な気もしますが、MV全体としてはなかなかいい感じにまとまっている印象でした。僕は好きですね。今回南條さんは海外ロケされてないんですね…お忙しかったんでしょうか。
ところでこれまでfripSideの映像はPVという呼び方が一般的でしたが今回はMVでしたね。たまたまでしょうか?

カップリングは「three count」。南條さん作詞です。こちらも非常にfripSideらしい曲でいいですね。ちょっと切ない雰囲気の声と曲調が歌詞にぴったりです。すみません、適当言いました。ぜひ聴いてみて下さい。シンプルにいい曲だなぁと思えるタイプだと思います。

結局ようやく書いたと思えば内容は薄っぺらいですが。今回もいいシングルだなぁと思います。divine criminalも楽しみになりますねぇ!

初めてフェスというものに行ってきました。他のアーティストについてあまり知らないのでこれまでは単独ライブしか行かないと決めていましたが、ライブツアーでの宣伝などを聞いていて行きたくなってしまったのと、今回はfripSideとソロの両方でということもあって行ってもいいかなという気持ちになりました。
実際に結構面白かったので行って良かったなと思ってます。
セトリは全部書くと物凄く長いのでいくつかだけ。
NBCフェスの公式HPからそのまま引用します。

【fripSide】
M01「only my railgun」(「とある科学の超電磁砲」前期OP)
M02「LEVEL5 -judgelight-」(「とある科学の超電磁砲」後期OP)
~「とある科学の超電磁砲」メドレー~
*M03「future gazer」(OVA「とある科学の超電磁砲」OP)
*M04「way to answer」(PSP 「とある科学の超電磁砲」OP)
*M05「sister's noise」(「とある科学の超電磁砲S」前期OP)
*M06「eternal reality」(「とある科学の超電磁砲S」後期OP)
M07「killing bites」(「キリングバイツ」OP)
M08「Two souls-toward the truth」(「終わりのセラフ 名古屋決戦編」OP)
M09「black bullet」(「ブラック・ブレット」OP)

フェスはfripSideからスタート。1曲目からonly my railgunとはお祭りにぴったりですね。メドレーに組み込まれた分を含めるとまさかの9曲。「clockwork planet」がないのが若干惜しいです。LEVEL5がメドレーではなく単独なのと、メドレーにway to answerが含まれているのがポイント高いですね。
fripSideがNBC所属の中ではかなり中心的なアーティストだからか、思った以上に会場の色やコールが揃っていました。手拍子入るのはフェス特有のものなんですかね?異国に来た気分です(大袈裟)。

~25周年スペシャルメドレー~【BAND:流田Project】
*M32「Over The Future」(「絶対可憐チルドレン」OP)/KOTOKO×黒崎真音×南條愛乃

予告されてましたが可愛かったです。

【南條愛乃】
M72「あなたの愛した世界」(「グリザイアの果実」ED)
M73「黄昏のスタアライト」(「グリザイアの楽園」ED)
M74「きみを探しに」(「グリザイアの楽園」ED)
【南條愛乃×やなぎなぎ】
M75「一切は物語」(「ベルセルク」第2期ED)
【南條愛乃×After the Rain】
M76「光のはじまり」(「アトム ザ・ビギニング」ED)
【南條愛乃】
M77「ゼロイチキセキ」(「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」ED)

グリザイアはメドレーだと思いましたが、普通にフルでやってくれて嬉しいです。やなぎなぎさんとのコラボは期待していたのでまた聴けて満足。After the Rainとのコラボはどうやるのかと思っていましたが予想以上にいいコラボでした。原キーでビビった。ゼロイチキセキも含めEDばかりですが、かなりパワーのあるステージだった気がします。
フェスだからかソロのステージでもハイテンション目な南條さんも素敵ですね。川田まみさんの後、トリのKOTOKOさんの前という非常に難しい順番だったと思いますがかっこよかったです。

その他。

【やなぎなぎ】
M15「ユキトキ」(「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」OP)
~「凪のあすから」メドレー~
*M16「アクアテラリウム」(「凪のあすから」前期ED)
*M17「三つ葉の結びめ」(「凪のあすから」後期ED)
M18「間遠い未来」(「覇穹 封神演義」ED)
M19「over and over」(「Just Because!」OP)

知らない曲ばかりなんですが、知らないアーティストの中ではやなぎなぎさんが一番いいなと思いました。純粋に声が綺麗だと思います。なんとなく南條さんのソロに近い部分があるなと思ったのはコラボを聴いているせいなんでしょうかね。

【Luce Twinkle Wink☆】
M20「Fight on!」(「ゲーマーズ!」ED)
M21「1st Love Story」(「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」OP)

fripSideのツアーで何度か踊っているところを見ていたので、声を聞いても自信はなかったんですが見ててルーチェなんだなと思いました(笑)

【ALTIMA】
M41「CYBER CYBER」
【KOTOKO×ALTIMA】
M42「天地無用!」(「天地無用!」OP)

ALTIMAのsatさんもいいですね。休憩後一発目はALTIMAということで、前半も後半も一発目はsatさん。つなぎの演出などもfripチームでやってるということで全てsatさんのステージと言っても過言ではないですね。いや、さすがに言いすぎか。
CYBER CYBERはいいですね!アクセルワールドの主題歌が欲しいところでしたが…レーベルの垣根ってやつなのか…?

【After the Rain】
M44「解読不能」(アトム ザ・ビギニング」OP)
M45「アンチクロックワイズ」(「クロックワーク・プラネット」ED)

どちらも観ていたアニメの主題歌なので楽しめました。高音が凄い。黄色い歓声なんて普段聞かないので不思議な感じ。

【飯田里穂(シークレット)】
M50「GAMERS!」(「ゲーマーズ!」OP)

イメージカラーはどちらかというと緑らしいんですが黄色掲げすぎでは?緑勢もそこそこいましたけどね。

【川田まみ】
M66「JOINT」(「灼眼のシャナII」前期OP)
~「とある魔術の禁書目録」メドレー~
*M67「PSI-missing」(「とある魔術の禁書目録」前期OP)
*M68「masterpiece」(「とある魔術の禁書目録」後期OP)
*M69「See visionS」(「とある魔術の禁書目録II」後期OP)
M70「Borderland」(「ヨルムンガンド」OP)
M71「No buts!」 (「とある魔術の禁書目録II」前期OP)

「とあるシリーズ」は僕にとって原点のようなものなのでPSI-missingのアニメ映像がぶっ刺さりました。電撃祭の記憶が呼び覚まされますね。相変わらず力強いステージでした。

【ALL ARTIST】
M86「only my railgun」(NBCFes. ver)(ALL CAST)

マツケンサンバとともに登場してアーティスト紹介をするsatさんとmotsuさん、あまりにぐだぐだで笑ってしまいました。好きです。
テーマ的なものがなかったので何を歌うのかなと思っていましたがまさかのonly my railgunでした。一番知名度のある曲ってことなのかな…?僕は勿論嬉しいです。

そんなところでしょうかね。6時間に及ぶライブと言うことで足に来ていたのと最初のfripSideで飛ばした分途中ちょっとアレでしたが、盛りだくさんですごく充実感のあるフェスだったなと思います。またそういう機会があれば行ってみたいですね。
色々なアニメ映像が流れているのを観て色々と観たくなりました。いい刺激と言うことで。

年始からちょっと間が空いてしまいました。

crossroads名古屋公演行ってきました。幕張と同じで2days開催だったので、名古屋という距離も考えたら今回は遠征する以外にありませんよね!非常に充実した遠征となりました。

ライブのセトリは幕張と全く同じなので特に個別に感想などは今回控えようかと思います。1日目は21列の端、2日目は12列のやや中央よりでした。
1日目は大島さんが機材に隠れて見えなかったのが少し残念でしたね。The vest of fipSide、かなり熱いセトリなんですが、こうして聴いてみるとfortunaやHesitation snowがぶっ刺さりますね。僕は最初に参加したライブが2015年横浜アリーナ(infinite synthesis 2の追加公演)なんですが、本格的なツアーはinfinite synchronicityからなんですね。PGC2の中身は自分で思ってる以上に思い入れが強いのかも知れません。今回のfortunaは最初と最後の「will I change the fate?」が客席に振られて、より一層一体感を感じられる曲となりました。あといつの間にかkilling bitesがばっちり揃ってましたね。PVの話なんかも出ていて楽しみです。
2日目、盛り上がる曲はやや少ないですが好きです。席が行った4公演の中で一番良かったのも最高でしたね。escapeではsatさんが客席を回ってハイタッチしてくれましたが、幸い通路のすぐ後ろの席だったので僕もハイタッチできました。いい思い出ができました…!僕は1期を知らない世代なわけですが、どれもいい曲でよかったなぁという気持ちです。fripSideはミディアムテンポが一番強いと思うんですよね。Two soulsは名古屋決戦の最後に相応しい1曲。初披露がinfinite synchronicity名古屋でここまで「ライブで育ってきた」曲…ということで、僕もTwo soulsとともに育ってきた世代なのでそんな話されるとこれまた刺さりました。刺さりすぎです。
これまでの流れとずれるのですが、crescendoが個人的に大好きです。南條さんの振り!腕を横に動かすところとか、その直前に頭の上で手首をひらひらさせるところとか(文章でニュアンスが伝わるかどうか)、もう全体的に素晴らしいんです。是非(何が)。

15周年、南條さんが8年目になり半分を越えた事もあって一度過去の曲をという経緯だとか。周年についてのいろいろは既に述べてしまったので、今回は特に書くことなく終わりにしようかと思います。


さて私事なんですが、この名古屋遠征はいろいろな人と会えて非常に有意義なものになりました。
初日の昼は「頂点決戦」の知り合いとカードショップ巡り。別にカードが趣味と言うわけでもないんですが特にやることもなかったので…LINEやTwitterでは結構絡んでいたので実際に(初めて)会えたのは良かったなぁと思います。毎年他の面子とはなんだかんだ遊んだりしたるので、僕が「頂点決戦」をやってて一番良かったと思っているのはこういう部分ですね。
1日目公演前には最近相互フォローになった方とご挨拶。基本的にフォロワーと会ったり新たに知り合いを作ったり、ということを積極的にしてこなかったので、久しぶりにライブ仲間と話をして刺激をもらいました。
2日目はホテルをチェックアウトした後暇つぶしにショップ大会に行ったのですが、そこで同じくfripSideの遠征に来た方と一緒に会場に行くことに。2015年の東京1/3650以来のライブで仲間ができたパターンでした。ヴァイスシュヴァルツという共通点もありますし、これから色々ご一緒できればと楽しみに思います。
その東京1/3650で知り合った方も名古屋2日目に来ていたので近況報告(?)できました。年2回くらいしか会わないですがやっぱり仲間だなと勝手に思っています(笑)

自分からどんどん友達を作ろうとか、そういうことは積極的には考えていませんが、ご縁があった人との絆は大事にしてこれからも趣味活動を楽しくやっていきたいですね。これが・R・i・n・g・ってやつか(fripSideのライブだけど)

このページのトップヘ