とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ラブライブ!

ファイナルライブ、地元のライブビューイングで参加してきました。
まぁライブビューイングなので、これまでのfripSideなんかと違ってそこまで書きません。改行なしで軽く。

僕らのLIVE君とのLIFE、期待通り最初に持ってきてくれました。僕はぼらららの衣装が大好きなのでぼらえり姿の南條さんが見られて感動しました。本当に嬉しかった。
名乗り忘れちゃう南條さんの賢い可愛いエリーチカ、LVだけど参加できてよかったなぁ。
夏色以降シングルPV付きの曲、つい数日前に全部カラオケで観てたので予習はばっちり(?)でしたが、やっぱりいいですね…初回盤欲しくなってしまう…
ユメノトビラからのアニメメドレー、キラセンスタダラブピが来なかったのは安心。最後にやるってことじゃないですか?ダンスタだけはフルでやってましたね…なんででしょう?
Printempsのターン。初めてプランタンをかっこいいと思いました。本当かっこよかったんです。
lily white、ふたりハピネスこんな良い曲だっけっていう。凄く安定感ありますね。
BiBi、コミカルにも美しくも出来る、他の2ユニットとは一線を画したカリスマ性ありますよね(※僕が好きなだけです)。Cutie Panther→PSYCHIC FIREの盛り上がり半端なかったし、錯覚CROSSROADは想像よりずっと良かった。
Angelic Angelは南條さんセンター、衣装も凄く可愛かったしセンスから光が尾を引くやつ、きっちり再現されていて感動した。想像を超えた再現度だったもので…これを観るために来たんだなぁと本気で思ったり。にしても…ポンデリングすげぇ…
輝夜無情は絶対聴きたいと思ってただけにAAからのこの3曲は素晴らしい流れでした。LV会場だったからか輝夜のコール間違えすぎ(笑)…おかげで気楽に参加できましたけど。
劇場版学年曲、どれも再現度が高かった…ハロ星がまさかタクシーから降りたり紅茶を飲んだりまでやってくれるとは…まさに映画館からそのまま実写化したかのようなできばえでした。ハテビも背景完璧でしたしね。南條さんめっちゃ可愛かった…
それ僕ミミミスラスラノーブラ、盛り上げすぎて意味不明。しかし東京ドーム、スラスラの色替えばっちり揃ってましたね。さすが良く訓練された精鋭ラブライバーです。
サニソンは振り付けが案外難しかったんですけど…最後の曲には相応しい盛り上がりでした。
アンコール。
スタダはアニメメドレーでやらなかったしやるだろうと思ってたけどいきなり来るとは…さらにMCなしのスノハレ、1年前(fS横アリのとき買って使わなかった)のUO折りました。スノハレも思ったより早かったくらいですね。
続いてラブピ青春、ラブピはまぁ読めてたんですがきっと青春が聞こえるが来て(尺的に)不安になりました(笑)
キャスト挨拶を挟んで最後の曲、MOMENT RING…衣装が衣装だったのでこれで〆っていうのはまぁそうでしょうね。CDよりずっとずっと良い曲でした。
ダブルアンコール。ちなみにこの間に流れる映像(BGM付きで1stライブから振り返るやつ)が涙腺にダイレクトアタックしてきてかなりやばかったです。結構泣いてる人いたと思うなぁ…
僕たちはひとつの光。これもなんですが、まさか花が開いてその中で踊るところまで再現されるとは思っていませんでした。衣装が途中で花開くように変わっていて、なんかもう感動したとしか言いようがないですね…

メンバーの髪型とかもこれまでのライブ以上に気合の入った再現度合いでした。映画楽曲もあまりにそのままだったり、ラブライブの本気って感じのライブ…
南條さんも今回のライブで曲数限定とは言え踊っていて、絵里推しの僕(でなくてもそうだとは思いますが)としては凄く嬉しいというか、安心しました。出入りのさりげなさ、完璧でした。1年半ほどの期間ですがラブライブというコンテンツに触れ、本当に色々と楽しんでこられたのも、南條さんと絵里があってのことですし。本当にありがとうございましたと言いたいです。
残念ながら明日のライブには行けませんが、今日ファイナルライブにLVとは言え同じタイミングで同じ気持ちを共有できたことは凄く幸せだし誇りに思います。僕はまだやりきったと言えるほどラブライブを楽しんでいない気がするのだけど…それまではもっともっとラブライブを楽しみたいですね。

LVでの参加は今回が初めてで、ラブライブも初めてだったんですが、行った会場はあまりハードなファンがいなかったこともあり和やかでした。盛り上がりに欠けるという見方もあるとは思うけど、鬱陶しい感じの人はほとんどいなかったのは安心しました。実際僕もドームに行けるような練度ではないですし(笑)街角の電気屋でスポーツ中継を見てるような気分でしたね…

何はともあれお疲れさまでした。
今が最高!

ようやくファイナルライブの物販が届きました。
KIMG1035
僕はすっかりライブ脳なので行くにも行かないにもタオルとブレード。現地に行ければTシャツも買ってたことでしょう。
あとは思考停止パンフとポスター。昨年もLVすらかすってもないのに買いました。買わないという選択肢がない。
キーホルダーとかは別にどっちでもいいんですが、この注文をしたときにきっと買いたい流れだったんでしょう。
まぁそんなわけであとは払い込みに行ってきましょう。

KIMG1039
KIMG1037
セガがキャンペーンをやってることに今更気付いたので色々。ご覧の通り4000円分です。ちなみに何度かキャンペーンに乗って学習しているので500円刻みでしかお金を入れておりません。4000ぴったり。
かかった内訳はざっくり言ってフィギュアに2800円クッションに1200円だったと記憶しています。フィギュアのほうはアームの設定がきつくて(経験上キャンペーン中はやや緩い気がする?)結構難航しました、というか最初の500円であまりに動かなくて絶望していましたが、キャンペーン中のよさとして何度も店員を呼ぶことからアシストが受けやすい、アドバイスや少し動かしてもらえやすいというメリットが勝りました。実際とても良い店員さんで2コイン目あたりからアドバイスをもらい、実際にやってみて確かめながら置いてくださいました。クッションのほうは余った2プレイが思ったより感触良かったので1000円追加してノーアシストでゲット。
結果的には4000円で2品ということで、まぁまぁかなというところ。
クリアファイルは楽曲。とても良いと思います。

KIMG1040
あと寝そべりぬいぐるみ、これは知人に頂きました。
どちらも欲しいと思いながら手が出なかった品だったので本当に嬉しいです。

明日(今日)はいよいよしよ子アルティメットスターターセットも発売。通販で予約してたので発送メールが届きました。こちらも楽しみだなぁ…!

そんなわけでヴァイスのデッキレシピはまた今度。今月中には絶対出し切るので。

色々とここ数日買ってきたものについて。

あ、更新遅れました。
昨日は夜19時半過ぎに仲間と急遽スクコレを買いに行くことが決まりまして。で、それを遊ばずに帰るわけにはいかないじゃないですか。だから徹夜でカラオケルームに入ってカードゲームしてましたっていう。ヴァイスもしましたよ。

KIMG1007
これは16日の買い物。
しよ子と絵里のPRが欲しくて月刊ブシロード。買うしかないですねぇ。あ、このPRカード、どちらもなかなかの性能です。
あとはCD各種。DJCJは買う予定があったので勿論。Q-MHzは以前聴いた「La fiesta? fiesta!」が印象に残っていたので…ちょっとお値段はするんですけどね。いい曲ですよ。MOMENT RINGは真姫ちゃんのポスターが残ってたので買ってみました。ぼらえりのシリアルコードが欲しかったというのもありますけどね。ちなみに絵里のポスターは渋谷TSUTAYAさえ品切れしてたので諦めてオクで買いましたけど。610円+送料。

screenshotshare_20160316_225137
シリアルコードは運命力で絵里。だったら良かったものの普通にトレード。にこ・海未・花陽のものをにこ推しの人と交換してもらえました。穂乃果・真姫・希だったら絶望してた。にこと花陽の人はCD買うのではと若干期待していたので狙い通りですね(大嘘)結果的には知り合いから無事入手できたので良かった。ツイッターで見た感じ絵里のやつが一番人気っぽいのよな…
まぁ僕は要所要所で1/9引き当ててるので運は良いほうだと思ってますけど。

KIMG1011
これは17日かな。らしんばんの特価ワゴンみたいなところで発見。Real Forceとか結構好きな曲だったので満足ですね。まぁレンタルよりいいでしょ。

KIMG1019
あとは18日のスクコレ。
KIMG1015
何か光ってるやつ。キラキラパックから海未、ボックスからことにこ。
ことりと海未の効果が2年生条件で被っているのでなかなか使えそうな予感。にこも普通にラッシュなので使います。
KIMG1016
ドリームカードとやらが出ました。戦力にはならないのでデッキ構築的には大幅に遅れを取った感じがしますが、これはなかなか代替が難しいものなので嬉しいですね。応募を忘れないように気をつけたいと思います。ちなみにじゃんけん最強カードです。

しかしスクコレやることになるとは…
複数人でも出来る、ブシロードらしく無難に面白いルール、可愛いイラストとラブライブ好きなら買って損はなさそうですね。コレクション性もかなり高め。ただ対戦相手がいないならその辺でポスターかクリアファイルか、そんなものを買ったほうがいいと思いますけど…
第二弾以降の効果によってもっと戦略性は高まりそうですね。

とまぁそんなところです。またあとで別のネタで投稿するかも。

※2016.4/11追記
ちなみに一緒に箱開封した人がデッキレシピ載せてますので、今更ですが一応こちら。僕のデッキでは楽曲マリガンしてタカラモノズさせてもらっても五分五分なので、ちゃんと箱買えば買うだけ強くなりそうです。高位レアリティも安定して出そうですね。

誰が1日1記事までだと言った…!

というわけでキラセンデッキのレシピを。
また一つ夢が生まれてしまった…

このデッキを作ることはブログ上でも実は予告していましたが、大した記事ではないのでリンクは貼りません。
スクフェスで200回以上やったことに加えてこんなデッキを作ってしまったことでキラセンへの愛着がやばいです。どんな明日が待ってるんだろう?なんてね。
個人的にこの曲の歌詞は大好きです。

KIMG0985

デッキレシピ

レベル3(2)

2 僕らは今の中で μ's

レベル2(20)

4 KiRa-KiRa Sensation! 高坂穂乃果
4 KiRa-KiRa Sensation! 園田海未

4 KiRa-KiRa Sensation! 東條希
4 KiRa-KiRa Sensation! 絢瀬絵里

4 KiRa-KiRa Sensation! 小泉花陽

レベル1(4)

4 KiRa-KiRa Sensation! 西木野真姫

レベル0(16)

4 KiRa-KiRa Sensation! 南ことり

4 KiRa-KiRa Sensation! 矢澤にこ

4 KiRa-KiRa Sensation! 星空凛

4 新たなるスタート μ's

CX(8)

4 おやすみタイム 海未

4 振り返る思い出


全体について
色事故が起こりやすいです(赤16・青12・緑16・黄6)。あとはビジュアル的に似ているので握ったつもりになっていて持ってなかった、ということがないように注意。

レベル0
マリガンは0以外捨ててしまってオーケー。0の枚数が16しかないのでCXも切って問題ありません。
基本的にアタッカーはことり。新たなるスタートも正直なところ500応援程度では意味がないのと、色発生としての意味合いが強いので殴りに行って大丈夫。にこもオーケーですが、絶対に8戻りで最初のリフを迎えたいデッキなので不安なら1枚手札においておきましょう。この効果でレベル2のカウンターを引っ張れるのでなかなかキラセンだけで組んだ割りに優秀です。
凛はデッキの手札補充手段なので必ず1枚は残すように。他に貴重なパワーパンプ要員としても用途があるので残せるなら複数残したい。

レベル1
1で出せるカードは真姫しか増えません。一般的なデッキはレベル0と1で30枚程度あるのが普通だと思いますが、このデッキは20枚しかありません。よって1帯が一番盤面の枯れやすい局面ですね。
引き続きレベル0のキャラで殴り、踏めるところは真姫で。コストは余りまくるはずなので集中を打ってパワーパンプと手札補充を続けたい。
このデッキの短所は素のソウル不足、長所はトリガーのソウルが多いことなので、基本的にはレベル置き場には0~1のキャラをおきたい。色の順番としては青→赤or緑→赤or緑or黄になります。ただドラの圧縮を優先したいので、手札のクロックドローに使えるカードとの相談。
レベル1でのシナジーはないのと、レベル2以降のシナジーは必須ではないこと、デッキのコンセプト上殺意が足りずキャンセルで補う必要があることからCXはボトムキャンセルでない限り8戻りが絶対だと思ってください。

レベル2
本領発揮。5種類も入っているレベル2で相手の盤面を荒らします。
手札にあるカードが赤のCXか緑のCXかで展開が大きく変わります。
赤なら海未を複数並べてパワー12000からのトップ盛り。緑なら絵里を複数並べてストブ・パワー12000から高ソウルで。圧縮のいい相手にはトップ盛り+基礎2点の海未が刺さるし、ちょっと甘そうなら絵里で畳み掛ける感じに。
花陽はCXなしでもレベル3相手にアタックすれば12000・ボトム送りとシナジー時の海未に近いスペックが出せます。相手に早出しがいる場合なんかは花陽・海未・海未で並べて盤面一掃なんていうのもあり。
希は効果が微妙ですがトップが確定するのでなかなか使い勝手は悪くない。穂乃果はにこで引っ張ってこられるし、この3000カウンターに対して後列にいるであろう凛の「起動時+500」が発動するので4000くらいのカウンターにすることは難しくありません。
かなり噛みあっているのでは。

レベル3
アニメの流れに沿ってアンコールの「僕今」が投入されています。ただの回復バニラです。対応2枚くらいさしてもいいんですけどね。
レベル0の新たなるスタートは一応「START:DASH」のものなので、キラセンの衣装がスタダの衣装のアップグレード版という話から採用。色発生がきついのと、2枚しか入ってない僕今を使うのはなかなか難しいものの、仕方ないところですね。


そんなわけで、キラセン。9種×4枚を入れた上で足りないパーツとそれを入れるに足る理由(コンセプトが壊れないか)を検討してこの形に。
にこのチェンジサーチで穂乃果のカウンターが取ってこられるように、なんだか知らないけど妙に噛み合った性能でした。この凄く適当なレシピの割にはまともに回ればストックが貯まっていいキャンセルができるようになります。
レベル2が多くて基礎のソウルは少ないものの、赤の対応効果は確実性を上げるものだし、緑のソウル+2でソウル量を大きく上げているし、何よりトリガーチェックで26/50はソウルが上がると言う性質上案外打点は足ります。
キラセン凛だけ大分お高い気もしますが、他のはかなり安く手に入るものが多いし、個人的にはオススメのデッキです。

この圧倒的なビジュアルアド…あなたもきっとキラセンが好きになりますよ!

現在ショップなどで行われているラブライブの特別大会に参加してきました。
今回は僕が初参加だったのですが、今後WSを続けるにはショップ大会が一番手っ取り早いのではと思っていたので、ずっと参加してみたいなとは感じていたんです。

とりあえずカードプールのわかりきっているラブライブ。別に普通のネオスタンでも良かったんですが偶然空いてる日に定員も多い大会があったので。最初の参加としてはちょうど良かったかなと思います。
ラブライブデッキは3つほど作ってはありますが、手に馴染んでいることと僕の原点であることから絵里単で戦いました。

参加人数は8人でスイスドロー形式。

1回戦 勝利
相手の方はにこ単デッキ。僕光4夏色4で緑黄。いや、晴れ着が入ってたから超レアチョコもあったのかな?スリーブやプレマからも愛を感じましたね。
先攻をとられて相手がノーブラで高ソウルから殴ってきましたがほどほどのキャンセルをしつつ移動で盤面維持。名案埋めでそれ僕にこ(リバース時回収付与)を使わせて移動で踏ませないなどそこそこの立ち回り。ぼらにこ(クロアン)を今のままが一番いい(絵里×1000カウンター)で返り討ちに出来たのも個人的にはポイント。
その後の手札は良くもなく悪くもなくだったし盤面はむしろ劣っていたものの、2回貼った振り返る思い出のソウル+2が5箇所ほど通りこちらがレベル2前半の段階で勝利。なんだか申し訳ないゲーム。

2回戦 敗北
レベル3をノーブラ希、夏祭りデート海未穂乃果で構成した黄赤デッキ。シナジーはなくフルゲートでしたね。かなり堅実に組まれたデッキだった気がします。ちなみにこの方が優勝しました。
どうでもいいですが他タイトルのスリーブとプレマを使用していたのが印象的でした。
またしても後攻、はまぁいいとして初手からキャラが少ない事故。1ターン目を読書の秋1面でCXを貼り4点(5止め)したはいいものの、次でレベル1先上がりしても2面しか殴れない。相手のレベル1はぼらえりうみ構築だったのでさほどパワー負けするというわけでもないものの、盤面が立ち直らないまま終盤へ。
CXを貼ってごまかし、相手がレベル3になった段階でこちらは2の中盤だったので一瞬勝てるかと思ったものの、2-6でクロックにCXが2枚ある残念すぎるプレイングが災いして、残り山札3(CX2)から
海未1点バーン(キャンセル)→3点(ボトムキャンセル)→リフレッシュ(レベルアップ)→3点→5点
と素通りして終了。2-5から山札の枚数的に集中ヒットすると思ってCXでクロックドローしたのが敗因ですね。
絵里単のCXを手札に引き込んだときの弱さが如実に表れた勝負でした。

3回戦 勝利
黄色に赤を混ぜたデッキなのは同じでしたがトライアルのカード(Wonderful Rush複数種など)が多数入っていたり、言ってしまってはなんですが順当に勝てたゲーム。
初手またしても後攻(前日身内でやったときもじゃんけん全敗だったので一番深刻かもしれません)。相手のキャラを踏むために後列がいない状態で無理やりぼらえりチェンジ(パワー5000)と夏祭りで2パン。ぼらえりは返しできっちり割られましたが(笑)しかも3パンされたので夏祭りも落とされました…
レベル1以降は晴れ着2面シナジーから始まり晴れ着ぼら絵里あたりにハテビを絡めて手堅いプレイング。ハテビのレベルパンプのおかげで相打ちを返り討ちにしたり、なかなか理想どおりの動きをしてくれました。
こちらがレベル3になったときには相手が既に3-5だったのでハピメ絵里で高パワーを出し勝利。まぁ本体打点通って終了だったのでシュートはしてないんですけどね。

1戦目はヴァイスの醍醐味でもあるソウルゲーであまり嬉しくない勝利、2戦目は同じくあまり嬉しくない敗北、3戦目はデッキ通りの力を出して落ち着いてやれたかなという感じ。
参加者の人たちの雰囲気も悪くなかったし、ガチでやってる感じの人もいなかった(むしろルール怪しいくらいの人はいた)ので、なかなか初参加としては良かったなぁと思います。絵里単は一番好きなデッキなのでこれでデビューできたのも嬉しい。
身内戦とは違って知らないデッキ・プレイングと戦う楽しさを存分に味わえたと思います。また近いうちに次参加したいですね。

今回の参加賞は「ゆっくり行こう!」穂乃果(カウンター1500+1000)と新TCGスクコレのPRカード。全9種類からのランダムですが運よく1発で絵里を引くことができました!交換とかは難しいと思うので自力で当てられて嬉しいですね。参加したかいがありました。
あとは2勝した景品にはずれのぷよぷよ1パック。正直最初は1勝出来れば…くらいに考えていたのでありがたい限りです。
KIMG0971

今回3戦してみて、気付いたことや絵里単の改善点など考えたところとしては
・基本的に積んでる枚数は現在のままで丁度良い
・名案絵里が序盤にも役立つ(コストを強要するorそのまま埋める)ので増やしても良い
・逆に読書の秋は使わない展開が多すぎる
・ソウル+2は勝ちに直結するのでとりあえず貼る(そもそも絵里単で貼る以外の選択肢はない)
・イベントカウンターは警戒されなかった(知名度?)
・イベントカウンターはカウンターアイコンにとらわれずハピメに使うべき
・プレイマット欲しい

まぁそんなわけで名案を増やすと思います。1枚残しで1-6ターンエンドするデッキにも刺さるし、ね。
あとは基本的に細かいプレイングを磨いていきたい所存。

KIMG0973
スクコレのPRカードは可愛いのでセンターマーカーの具にしました。センターマーカーこれまで作ってなかったんですけどね。これからは積極的においていきたい。
次はネオスタンの大会に行ってみたいけどどのデッキ使おうかなぁ…

このページのトップヘ