とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ヴァイスシュバルツ

カードラボ武蔵小杉で出てきました。SAOでも良かったんですがまだ加速が買えていないので物語で。

1回戦 敗北
先攻、チマメ隊。1から面を取り完全有利なゲームをしたものの3-1から2キャン後3点バーン、トップチェック落下、3点で貫通し負け。真宵で面あけたのが間違いだったんですかねぇ…?あとは超過打点で止まったので相手3-3CX2枚から5(ショット2)-3-3という面を作りましたが、相手のリフレッシュペナルティを考慮して1箇所2点を作るべきでした。ショットはされるとして絶対2が正解だったな…こういう雑な攻めがそのまま勝ち負けに繋がってるんだなと痛感してます。面をあけたのもまずかったですね。昔話が活きない。

2回戦 勝利
リライト青緑、純粋な静ルチアでした。先攻。相手がちょっとミスをしていたのもあって終始有利。レベル2が強いデッキでしたがそれはこちらも同じなので力負けしないのは良いところ。リライトというと真っ先に警戒するのは早出し小鳥ですが、それを考えた動きはできたと思います。

3回戦 勝利
P5に先攻。相手が事故っていたのでご都合主義的勝利ですね。序盤手札がCXでいっぱいになりましたが後列ひたぎのテキスト連打で島風3面立てていいリカバリー。そこからは恐ろしく強いキャンセルを見せて全キャン1-6リフ、面取って押し切り。完全に山の配置が良かっただけですかね。

4回戦 敗北
ログホラ後攻。相手が大事故を起こしていたらしいですがこちらも相当。3ターン目くらいでCX1枚とかになりましたが幸いCXを貼られず…と言っても1-6で確山4点くらい出来たり、経験未達成で昔話チェンジしたり。あと一歩というところまで行ったものの。シロエ後列にもショットトリガーが宣言できるのは良いですね。自って書いてないから言えますよね?最後のリフレッシュの位置とかも、もっと考えてやるべきだったし課題だらけのゲームだったのは間違いないと思います。というかまず1で島風2面ではなく3落下2回言うべきですね。

2-2でした。プレイングも粗いです。優勢のときほどきっちりと、詰めきる動きをしないとですね。トリオ組むメンバーが一緒に参加して2週連続優勝してるのにこんな不甲斐ないゲームばかりではどうにもならない。
まだSAOか物語か決めかねていますが、さっさと結論出してもっと馴染ませたいところです。
今使ってる物語、かなり好きなんですけどね。

先週に続いて武蔵小杉のラボ。
使用デッキは警察。

1回戦 敗北
20人もいるのにまさかの身内戦でリゼロ扉門に負け。最後は勝ちかというところまでいけましたがドラが乗って負け。1バーンキャンセルしたりして3がスキップされた気がします。なかなか鍵となる集中が握れなかったもののいい形でゲームは進められていました。残念ですがこれもヴァイスシュヴァルツ。

2回戦 敗北
発売されたばかりのこのすば、レベル3が3色あった気がしますがCXに何が入ってたかとか覚えていません。2-0控え室CX8枚から食らった逆圧縮(6戻りなら普通だしリフレッシュペナルティないしラッキーだと思ったんですが)7点貫通から、次の自ターンで榛名失敗→集中(2枚)→榛名失敗→暁で削ってアタックからトリガーというコンボで一気に山が薄くなり3も溶けました。多分確山かな?がっかりだよ。

3回戦 敗北
リゼロ門本。中盤まで非常に手堅くというか、いい感じにキャンセルもしつつ流れていたのにまたしても終盤のキャンセルが緩くて負け。シナジーとか使われてないです。もう1ターンあると踏んでバーン1発しか言わなかったんですが全力で宣言すれば勝てていた気もします。でも圧縮悪くないしもう1ターンみるよなぁ…俺の動きがぬるかったかなぁ…

4回戦 敗北
このすば赤、爆裂魔法も入っている構築でしたね。最後に2枚トリガーして薄くなりましたね。相手が結構ダメージ先行してたんですが、4バーン(キャンセル)クロシュ→4バーン(山5枚CX1枚でCXボトム)クロシュ→アタックをキャンセルで一気に6点(+リフレッシュ)で追いつかれたあたり、この日の弱さを象徴した動きでしたね。

持っているデッキで一番安定していると思われる警察で全敗。安定しているデッキが必ずしも安定して勝てるわけではないことを学ぶ結果となりました。とりあえずこれで1デッキ、トリオで握る候補を減らすことができました。

警察…本当は強いんだよ…

武蔵小杉にて物語風炎使用。

1回戦 勝利
真姫単でしたね。まぁデッキの差を見せ付けて、というかハンドを枯らさせて勝利。

2回戦 敗北
兎小屋。ハンドに高レベルを引きすぎて殴り手が足らず。途中からはいい感じで立て直したものの、相手のキャンセルが厚かったのもあって負け。

今回は事故対応力の弱さを感じる結果となりました。まだまだ考慮の余地がありそうです。

ミルキィのデッキホルダーももらえることだし武蔵小杉のカードラボで公認出てきました。元々出るつもりなかった(前日徹夜だった)のですがそのせいでヴァイス熱が高まってしまってですね…
使用デッキは物語。風炎です。

1回戦 勝利
後攻、穂乃果単との対戦。相手のキャンセルが多分2回くらいしかなかったのでこちら2-1の時点で終了。毎ターンCXをレベル置き場においてたしチェンジコストもCXだったしどんなつらいゲームをしていたんだろう…2の盤面で昔話・やって後悔しない・お似合いの髪型というオール1万盤面を作れたので強さを感じました。風も都合よく捲ってたし、ユメトビ穂乃果もCX込みで踏めたし、すべてが都合よかったな。15分くらいで終わったような。

2回戦 勝利
後攻、ペルソナ赤。あまりペルソナとは遊んでいなかったのでやりたいと思っていました。初手がオカ研と集中だったので集中で1パン。次でオカ研レベルアップから島風…と行きたかったものの相手に移動が残ってて1面しか成立せず、苦肉の策でオカ研回収。全体的にハンドが厳しかったですが2になったあたりからなんとか立ち直りました。相手がCXを山の序盤で捲りまくって山削りに全力を尽くさざるをえない状況だったのもラッキーでした。3-0から詰めることができたし、まぁ拾った勝ちかなぁ。

3回戦 勝利
スクスト赤で先攻。1面島風したところそのターン2トリガーして山を見たらまさかのCX0(残り山9枚くらい)。1-1から2になりましたが運よく相手がドラを乗せず7点でとどまりました。次のターンは相手がトリガーで8点くらいの確山を作っていたので、盤面を昔話・やって後悔しない・お似合いの髪型、更に後列にウロボロスのあやとりを置いて対応CX。連動バウンスも併せて1後半から3まで持って行きましたかね。次のターンには相手がCX3トリガーしたのでこちらもCX貼って雑に4点連発勝利。なんというかまぁ…お互いになぜか山が薄すぎて15分で終わるゲームでした…ちょっと山管理は考えないと。基本的に3落下と集中しかできないし。

4回戦 敗北
ペルソナ赤に後攻。序盤は有利な立ち回りでレベル1差を付ける勢い。相手もCXを捲る数が多くて終始有利…かと思ったのですが。1ターンで僕が3つくらい致命的なプレミを犯して一気に形成逆転。相手のレベル3でのキャンセルも圧倒的でした(4-ショット1-1を全キャンなど)が、完全に流れを手放した僕のプレイングに問題がありました。昔話をチェンジすることとお似合いの髪型を並べることを目指したのに出す順番を間違えてお似合いが出なくなるし、控え室確認を怠って(手札の昔話を経験真宵で切るはずなのに忘れて)チェンジ失敗するし、そもそも経験は発生していないし…いやまぁもうクソでしかなかった。あんな素人だってやらないようなプレミをしているようじゃダメですね。WGP東京を思い出しました…もっと慎重にプレイしよう…自分自身もう何が起こったか…

今試している物語にかなりの手応えは感じました。もう少しショップ大会で使ってみていい感じならこの方向で最終調整をしてもいいかなと思っています。
それと同時にかなりこれからのプレイングについて考える大会になりました。これを糧に地区大会ではちゃんと戦えるよう精進します。

武蔵小杉のカードラボにて非公認。3人ですけど。
使用は物語。8炎です。

1回戦 敗北
対やみかん。扉を使っていないのでちょうどいい相手だと思ったんですけどね。踏めないのに島風サーチするクソプレイングなんかもしましたが、どうにも相手の1帯がキャンセル固くて崩せず。トリガーが半端な位置で多かったのと山ボトムのほうにCX3枚残ったので5戻りしたり、全体的に惜しい動き。3では3-1で返したものの結局CX下のほうにいましたね。8炎じゃこんなもんなのかなぁ。

2回戦 敗北
リゼロ扉門。先上がりで神原3面(全面7500)を立てるところから面の取り方は良かったですかね。2帯からはリソースの削りあいというか、互いに全力で面を取り合う感じに。羽川助太刀も握っていたし最善は尽くしましたが。2回も5戻りしてたしどうにも良くなかったですね。8炎じゃこんなものなのかなぁ。

0-2。詰めでのトリガーはかなりいいです。捲ってよし、とめてよし。
まぁ扉とかの方が強いんでしょうねぇ。

このページのトップヘ