とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ヴァイスシュバルツ

カドボCSでは1-4で見事に散ったのでそのリベンジということで。


第2回川崎WSCS
使用スタァライト8扉

1回戦 勝利
後攻、角川本門t宝。継続的に打たれる本連動と新田の相性が悪く多面は望めない状況。扉の安定感でハンドは供給しつつ面は互いに踏みあい。L3になったところで相手2-5でしたがさほど山強くなさそうだったので華恋2面狙いに行って通して勝ち。1ターン早く詰めに行ってその通り勝てたのは収穫でした。

2回戦 勝利
後攻、シンフォギア電源門。先上がりで扉貼って殴ったら1パン目で扉、回収しソウル減。シンフォギアは山に干渉してきてこない+0がここまで長めでおそらく割られないとの判断でしたが、やっぱり面が全部返ってきたので正解でした。連動で山圧縮しつつストック貯めてこちらのテンポに。まずい山は2落下まひる連打でケア。2以降打点押し込めたのと最後華恋2面で6点押し込んで勝ち。初風に上手く対処できました。最後の集中は完全に蛇足でしたが。

3回戦 勝利
後攻、けもフレ扉電源。めちゃくちゃ弾く上に最後相手4連パンにCX4トリさせるなど割と配置が勝ちしかない動き。アルパカとどっこいしょの選抜はだいぶ対戦していて楽になりました。

4回戦 敗北
後攻、ひなろじ6扉2門。序盤一気に打点差がついたものの2から夕子2面が割れず。2枚クロックに降ってきたため3面は出されませんでしたが徹底したサイドアタックで試合が長引きどう足掻いても打点が入らない山へ。対してこちらは普通の山なので打点もらって終了。早出しメタもバウンスも積んでいない以上仕方のない負けでしたがもう少しなんとかならないものか…というくらい完全にペース握られていました。

5回戦 勝利
先攻、Fate8宝。擬似リフ選抜です。後列がマスター特徴なくなったり暁がマスターもって来れなかったり、そういう部分の弱さが出ているように感じました。序盤でテンポ掴んだまま試合を運び、アトスで耐久に寄せながらL2のまま勝ち。

4-1、オポもよくて4位で決勝進出へ。

決勝1回戦 敗北
先攻、ひなろじ6扉2門。4回戦と同じ相手です。このマッチングはオポが悪かった()打点差つけて負けた前回の教訓から先攻ドローゴーでスタートしましたが2ターン目のアタックで扉トリガーが暴発し早くもハンドバースト。相手のキャンセルも堅く0リフをゆるし、こちらはなんとか1リフするもこの差は埋まらず。夕子2面立たれてこちら2-6で迎えたターン、クロック破棄で守りルートと迷いましたがクロック叩いて先上がり、かれひかななに専用後列まで付けて2面触りに行く動き。1面弾かれた上2トリして残2になりましたが相手のレベルが上がらなかったので3パン目のトリガーで美夏回収。次のターン連動で夕子を踏み相手の圧縮を普通まで落としたので最後耐えればワンチャンでしたが、こちらもリソース使い切っており3-3からさすがに耐えられなくて負け。

ひなろじは構築上捨てているので負けること自体は仕方ないのですが決トナでの戦いぶりとしてはもう一歩なんとかできそうな感覚でした。
実際2連敗しているし相手は格上のプレイヤーなのであと何戦かやって勝てているのか?は怪しいところですが、2試合やったことで得られるものも多かったです。
ひなろじはまた顕著ですが他の面が強いデッキに対しても近い部分はあるので今の構築はそれに対応できる可能性みたいなものは感じられました。


オフシーズンではあるものの参加者の質が高くて全試合楽しく、得るものがある大会でした。
上達したいですね。

CS以外の分です。


1日横浜アメバンドリーグ
使用Roselia

1回戦 勝利
先攻、RAS8宝。宝が暴れていたような気はするものの結構打点押し込まれて焦ったような気がします。Roseliaらしい粘り強さが出せました。

2回戦 勝利
後攻、ハロハピ8風。天敵8風。相手の山が弱いところにしっかり打ち込めたし電話頼みにならなかったのは良かったです。電話頼みでワンチャンひっくり返しを狙いづらいですからね。

3回戦 勝利
先攻、RAS宝本。移動の加速強かったですね。道中のキャンセル差って感じでした。最後は2面チャンプと1面を燐子でストック飛びしてクロシュかわして耐えられたのはいい動きでした。

3-0、優勝。今年もRoseliaです。


4日蒲田アメ箱争奪
使用スタァライト風扉
先鋒:RSL(風扉) 中堅:LSS(8電源) 大将:RW(ストブ門)

1回戦 不戦勝

2回戦 個人勝利 チーム勝利
先攻、スタァライト風門。先上がりで面固めて有利に試合を進められました。ミラーだと1を固めた側が強いですね。門型にはあまり負けた記憶がないのでやっぱり扉の安定感もあるのかもしれません。2-1。

3回戦 個人敗北 チーム敗北
後攻、ラブライブ宝本。最後結構いい線だったような気がします。1で面が取れるはずなのでそこで優位築けないようではダメですね。ラブライブに不利だと感じる要素は皆無なんですがなんでか負けてるのは光景逆圧縮の圧なんでしょうか…1-2。

4回戦 個人勝利 チーム勝利
先攻、けもフレ扉電源。圧縮が決まってなかったのでCXで打点押し込んで勝ち。山が遅いタイトル対面はイージーウィンの試合がたまにありますからね…2-1。

僕が全勝していれば全勝だっただけに残念です。


5-1、先攻4試合。まずまずの滑り出しでした。
CSで振るわなかったスタァライトは8扉に戻ってしまいましたが本厚木ではしっかり勝てましたし、せっかくのオフシーズン気持ちを切らさずやっていきたいと思います。

たまにはデッキ解説記事でも。
バンドリーグ用に色々触っていて久しぶりに好感触のデッキができたので書きたいと思います。
フリーファイトでしか回してませんけどね!

DSC_0143

L0
3 重なる音楽 丸山彩
1 止まらないバンド活動! 丸山彩
2 モデルモード 若宮イヴ
2 直伝ポーズっ☆ 丸山彩
4 ホワイトフェアリー 若宮イヴ
4 短冊の行方 氷川日菜

L1
4 重なる音楽 氷川日菜
1 みんなで一緒に 白鷺千聖
3 煌めくステージへ 大和麻弥
2 煌めくステージへ 白鷺千聖
1 幼い頃の夢 丸山彩

L2
2 煌めくステージへ 丸山彩
2 あたふたアドリブ 丸山彩 or ステージ 白鷺千聖

L3
1 震えも味方に 丸山彩
4 煌めくステージへ 若宮イヴ
1 未知数の存在 氷川日菜
2 ポテトはいかがですか? 丸山彩
3 本当の私を伝えられたら 白鷺千聖

CX
4 重なるメロディ
4 煌めくステージへ


L0
「重なる音楽丸山彩」「ホワイトフェアリー若宮イヴ」「短冊の行方氷川日菜」で手札を整えます。
集中はCXコンボを採用しない以上2枚引くと腐るので1枚でいいのですがそれだと埋まったとき厄介なので2枚。これを最優先でひっぱります。
彩は控え対象なのとリバース時がやや使いづらいですが1500パンプが強く3パン性能が高いのが魅力。控えから色を置くため色発生の助けにもなります。
ストックを大事にしたいのと、1周目の山削りをとにかく早く行いたいのでイヴは引いたら全部使うくらいで構いません。日菜の3ルックだけで整うのが理想。

L1
「重なる音楽氷川日菜」多面が理想。後列に「煌めくステージ白鷺千聖」を配置して4色作れればパワーもそこそこ出せます。4色にこだわる必要もないので日菜3面でも大丈夫です。
3色使いますがまず赤と青が発生していると楽なのでここでもホワイトフェアリーが便利です。
ピンの千聖は対面次第。全体1000に2500上昇を噛ませればだいたい上から突破できるので色の維持に便利です。
助太刀は緑の1/1でもいいです。舞台に0コストで出せることと終盤は1500で十分弾ける範囲が広いため赤を採用しています。
DSC_0145

L2
山削りの得意なカードが多いので2周目で迎えているはず。「煌めくステージへ丸山彩」のCXコンボを狙います。
1周目で早出しから行うと面を圧殺するのとストックも十分貯まっていないことから成功しても割られたときに復帰が難しくなりますが、2周目はL3の密度の高さと圧殺しないため仮にL3がいなくても十分立ち回りやすいです。
擬似リフレッシュのカウンターがあるので2周目でも遠慮なく集中で山を崩しにいけるのは強みですね。
DSC_0146

L3
途中手札に集めてきた回復で死なない範囲を守りつつ面制圧と「本当の私を伝えられたら白鷺千聖」で詰めます。
DSC_0147
理想盤面としては千聖2面に緑1枚(イヴでも彩でも)というのがいいですね。
DSC_0148
ピンの「震えも味方に丸山彩」は黄色が基本発生していないと思うので、ゆとりのあるときに「煌めくステージへ大和麻弥」を使っていきます。
控え室に落ちているor盤面の集中を圧殺で押し流し、クロック置き場に入れ替えて黄色を起こします。
なかなかコストが重いですが千聖が面を枯らしたあとなど使える場面も多少はありますね。

できれば「未知数の存在氷川日菜」をもう少し増やしたいですが、現状枠がないのでこのまま。
「煌めくステージへ若宮イヴ」「本当の私を伝えられたら白鷺千聖」はこれ以上削れないと思うので非常に悩ましいです。
今回はバンドリーグ仕様で組んだため無選抜ですが、「がんばれパン」と「みんなで一緒に白鷺千聖」のレベル置き場入れ替えテキストの噛みあいもいいですし挿してもいいと思います。


大雑把ですがこんな感じのデッキです。
かなり自由に山を削りながらやりたいコンボを決める爽快なデッキになっていると思います。
「煌めくステージへ」のCXコンボは出た当初なかなか扱えませんでしたが、こうちゃんと機能すると強いですね…

以上です。何かあったらここでもツイッターでもいいのでご指摘ください!

第1回の本厚木CS。定期開催のようで楽しみです。
アンケートに答えてBOX抽選プレゼントというのはアンケート回収率向上にもなりますしドロップ抑止の意味でも非常にいい考えだと思いました。また参加したいです。


バトロコ本厚木杯
使用スタァライト8扉
先鋒:RSL(8扉) 中堅:SHS(宝扉) 大将:KS(扉ストブ)

1回戦 個人勝利 チーム勝利
後攻、Rewriteストブ門。序盤から相手のトリガーが荒ぶっており戻りが弱くなっていたためCXを貼って応戦。確山チャンスも何度かありました。挙げ句ドラドラ5点ピタキャンを試合中2発かまし勝利…こちらも集中のあたりなどはいまいちでしたが8扉の安定感でハンドを整え華恋で21000出せて楽しかったです()2-1。

2回戦 個人勝利 チーム勝利
後攻、けもフレストブ扉。序盤から相手がCXを引いていたようでまたしても打点が有利。3になるまでかばんちゃんがリバースする機会がなかったり集中も引かなかったり全体的に相手の回らなさにつけこむ形の試合でした。後列引き出しからの扉トリガー3点バーンで勝ち。3-0。

3回戦 個人敗北 チーム敗北
先攻、ラブライブ宝本。序盤は良かったものの2帯で手札の作り方を間違え1パンに。相手も苦しくなりそうな場面だったのでしっかり踏めていれば違ったと思います。集中あげて霞パンチも考えましたが総合的に集中の期待値などを考えて捻りましたが失敗だったでしょうか。真姫バーン2面を耐えて返し倒しきれず、その裏をダイレクトで2キャンすれば…というところでしたが止まらず負け。そもそもラブライブ対面の時点で75手アンを並べられなかったのがプランミスでした。1-2。

4回戦 個人勝利 チーム勝利
後攻、ハルヒ扉電源。1に上がっても手が厳しいなと思っていたらクロックドローで新田2枚引いてきてにっこり。手アン多面でボード制圧し舞台カウンターを無力化できたのでリソース削りつつ電源で湧いたL3はアトスなどで処理。3戦目の分までいい動きになりました。2-1。

5回戦 個人勝利 チーム勝利
先攻、リゼロ8本。L2でエミリアソウル減3面立ち悲しみ。ただこちらのほうが打点やストックなどリソース有利だったのと相手は本連トリで山があまり強くなかったので、まひるとひかりの2面早出しで圧力かけにいきました。ダイレクトをボディで耐えつつ打点を少しずつ入れて最後はとなりが2-0決めてる中、華恋2面作って勝ち。

個人4-1、チーム4-1で決勝トーナメントへ。
しっかり貢献できて久々に満足感。


決勝1回戦 個人敗北 チーム敗北
後攻、竿択門。PMとの久々の対戦です…完敗でした。1が抜けて2に上がったのはまだしも手とストック、山にも悪い配置でCXが重なり5戻りが精一杯。更に2でどうしても1パンしかできない瞬間がありこちら3で相手1というところ、WSにあまりない100%捲れないと言っても過言ではないレベルの差。回復のためとCX戻り枚数のため華恋連動打ちますが3にすら上げられず、そのまま負け。1-2。


風扉の反省から8扉に戻して臨みましたが勝ち試合では存分にその成果が出ました。
一方で負けた試合は2試合ともL2でアタックできない場面があり、8扉+後列ダブル集中とは思えない試合展開を晒しました。これは純粋に手札の作り方など初歩的な部分がしばらく握らなかった間に落ちたためだと思います。
感触としては悪くなかったのでもう少しこれを煮詰めつつ、バンドリを中心に新規デッキを探りたいですね。

あと6-0してくれたトイチさん、勝てなくてすみませんでした。

今年からCSごとにまとめを書こうと思います。


第7回横浜カドボCS
使用スタァライト風扉

1回戦 敗北
後攻、アポクリファ電源門。風連動で打点押し込むもこちらも無連動門を押し込まれスピードゲームに。ただレベル2以降でこちらが引き続き打点をもらう中相手にはしっかり止められて一気に不利形勢。L3からは詰めのタイミングを伺いつつヒールを後列に出していましたがそのまま打点差縮まらない流れで厳しい。想定より1ターン早く詰めに行った結果詰め切れず。中盤抜けた試合をどう持ち直すか、課題が浮き彫りになる試合でした。

2回戦 勝利
先攻、バンドリ宝本。相手の連動CXの引きがかみ合っていなかったようで無連動クリスタルソングという流れだったので面をしっかり取り続ける動きを意識。キャンセル差もあってCX叩き続けて勝ち。

3回戦 敗北(時間切れ)
先攻、リゼロ本門。4ルックエミリアと新弾のエミリア。序盤からバニラストブなどでストックを積まれながらもこちらのキャンセルも厚く、助太刀で3面とも制圧しストックを作る流れへ。2からは互いにキャンセル合戦へ突入。光景即死を避けながら落ち着いた試合運びができましたがそこまでのキャンセルが祟り時間切れに。割と仕方のない引き分けではありますが、これが引き分けになってしまう構築・タイトルであることは課題のひとつだと思います。

4回戦 敗北(時間切れ)
後攻、転スラ炎門。あまり見ない型でした。若干プレイが遅めだったこともありこれは時間切れになるかなという気持ちがL1あたりからありましたが、そのまま特段急かすこともしなかったのでこちらも悪いです。早出しヒール多面を安定して踏むのが難しいのもデッキの難点ですね。

5回戦 敗北
後攻、ダリフラ宝扉。1帯をパワーで押さえてストックを貯めつつ圧をかける理想展開。ただ2でストック消費して多面展開されたガッツンダー+ジェニスタが重く、助太刀で返された後宝連動で一気に形成不利へ。集中を拾って盤面復帰したので次のターン仕留められる流れ作るのは良かったのですが、CX3パンと4点バーンでL2から3-7まで吹き飛ばされて負け。防御札もろくにないし打点届くと負けますね…


実はここのところスタァライト風扉の勝率が悪く、CS参加にあたってもデッキ選択を迷っていました。
そういうわけで今回は4戦負け(時間切れ含む)たのはある意味納得というか、考えていたとおりの展開になってよかったと思っています。
風連動は助太刀による面取りが序盤~中盤のカギになりますが、助太刀を握れない場合に持続しづらいことから連動での山削りを深追いするか、2コスト回収が必要になる試合が多いです。また起動時パンプがパワー源になるので、集中からアタッカーを集めて展開という動きが取れないのも使いづらいですね。
8扉と比べてリバースできない試合での使いやすさはあるものの、同じCXアイコンが8枚入ることの優位性の方が高い気がします。
まだ回しきれていない部分もあると思うし、門とかと比べていないのでそちらも含めてですけどね。

とりあえずオフはまだまだあるので、風扉を一度選択肢から外してまた考えていきます。

このページのトップヘ