とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ヴァイスシュバルツ

仙台遠征してきました。いつも一緒に行っている人と、その知り合いの方で。最初はネオスの予定だったのでトリオを組ませてもらって感謝です。
前回トリオの東京地区では3-2だったのでそれ以上の成績が最低限の目標です。今回は初めての先鋒をさせてもらいました。

KIMG0330
いつもツイッターに載せてるやつですね。

先鋒:BM(風炎) 中堅:RZ(扉門) 大将:KS(扉本)

1回戦 個人勝利 チーム勝利
○RZ扉本 ○SAO宝本 ×VS8宝
先攻。リゼロはよく身内でも対戦しているので安心して戦えました。早出し特殊相殺が落ちたのが見えたので昔話チェンジしたら拾われて踏まれたのがなんとも。風トリガーもあってパックはそんなに苦労せず対処できたかなぁ。2-6でクロックにCXがあったのとハンド的にクロックドローを余儀なくされたのがちょっと厳しいところでした。

2回戦 個人勝利 チーム勝利
○TL風宝 ○VS8宝 ○GU扉門
先攻。とらぶるも身内戦を昔よくやってたので昔話チェンジして蹂躙しようと思ったもののチェンジができず。こちらもハンドが厳しくなって相手にレベル3を踏むカードがあると分かっていながら蟹早出し。相手が終始CXを引きまくっていたのとこちらが2の序盤でキャンセルしたので打点差が付き、やみ2面で置かれたCXで本体打点が全部入るも特に問題なく。最後は相手3-1、山5、見えてないCX1だったのでCX貼って真宵サイド3点とフロント2点でまさかの確山だったので終了。こちらは山3(うちショット1)、CX残り1とダークネスあるとみて真宵サイドから言ってみましたが…もしそうだったら届いてないですね。ラッキーでした。1では要らない2トリガーで山のCX1枚になりましたが追いつけましたしね…

3回戦 個人勝利 チーム勝利
○RW8扉 ○SAO宝本 ○AW扉ストブ
後攻。魔物が入ってる構築でした。相手のマリガンがCX3、更に最初のクロックドローが扉だったのでかなり山の圧縮が悪いと判断。島風2面で殴ったときにドラをたくさん捲ったのと、最初に風を捲ってソウル上げと確実な踏み倒しができたのは強かった。2になってすぐに昔話チェンジで耐久。相手はチャンプの面も結構ありましたね。ルチア早出しに2/1の魔物マーカーにするやつが出てきましたが、相手のリフ直前に1面バウンスして昔話生存+圧縮崩しできたのもラッキー。最後に3-5からもショット乗った真宵でアタック+ショットトリガーで勝ち。昔話とダイレクト枠で助太刀警戒できたのはミスなくやれました。2の早いうちで暁使ったら山のCX4枚中2枚捲って焦りましたが、無理にCXを撃たずに控え回収で集中、暁、3落下と安全重視で山削りすることができました。そこで焦ってCX貼らなくなったのは収穫でしょうかね。このゲームは終始相手のCXが悪かったのとこちらのトリガーが異常に強力でした。

4回戦 個人敗北 チーム敗北
×VS扉宝 ○RW門ストブ ×CHA門ストブ
先攻。序盤の初パンにCXが乗ってしまい7枚状態で試合が進んだのがしんどかったです。1はどっこいの勝負だったものの2で一気に打点が通ってしまい謎の1差がつく展開。物語は終始打点優位とって最後にささやかな詰め、というのがメインプランなので…2の後半で山越し3点を止めたところから5キャンして逆転するも、最後は3点、リフ1、3点が入って終わり。確か7戻りとかで昔話チェック込み6点貫通は仕方ないですね…ハンドに真宵や蟹を抱えていただけに、もう1ターンあればと悔やまれる試合でした。とは言え出来る動きはやりきったし仕方ないところではあります。対策しててもビビスト重たいですね…

5回戦 個人勝利 チーム勝利
○VS扉門 ○RW扉風 ×KS8扉
後攻。オカ研引かない、集中立たない、島風も確か1面言ったかどうかだったかな?ひたすらハンドが枯れ、相手の2帯が固かったのもあり後列がないパワー不足もあり、前列はほぼチャンプ祭り。相手の圧縮があまりよくなさそうだったのとCXを撃っている余裕がなかったので(そもそもあまり引かなかった)昔話のチェンジ元を投げるもリフのタイミングと昔話の位置が悪くてチェンジには失敗。集中しない分コストはあるので3コストアンコールでチャンプ。とにかく酷い動きでしたが、2の前半で強いキャンセルがあって打点は大幅有利。詰め場面では2パン目で相手3-5から2点を2箇所という形にしたところ美夏でレベル3を逃がして開けてきて、最後が風捲ったので残りのレベル3もバウンス。ショット入れて3-6、ストック1にさせられたので、こちらはなんとか2キャンして3-6、クロック破棄で殴って勝ち。ちなみに盤面はアンコールした美夏カウンターと適当なソウル1、手札0、山札3枚という極限状態でした…ゲーム内容酷すぎたけどよく勝てた…

抽選 勝利
初めての抽選参加!今回は仙台地区だったので東京や大阪に比べるとはるかに抽選復活の可能性が高いです。うちのチームはRZとBMが被らなかったので7チームで5チームが勝ちあがりという中…
KIMG0335
今年一番感情が昂ぶりました(笑)

決勝1回戦 個人勝利 チーム敗北
○FS8ストブ ×KS扉門 ×LSS扉ストブ
先攻。相手が0~1にかけてアタッカー不足を起こしていたのでそれに乗っかって差をつける展開。パンチ数が少なかったのといい形でのキャンセルがあり久しぶりに1-6リフできました。島風も言えたと思う。2でギルバーン盤面を作られたものの対応CXを握られなかったお陰で特に何もなし。予想以上に打点が入って2-6になりましたが、クロックドローして昔話2面。残り4点は蟹ダイレクト3点を入れて真宵サイド1ショット1…から渾身のダメ押しショットトリガー捲って勝ち。運が良かったです。ギルバーンは初めて対戦しましたが、ドラがとにかく多いのと2から打点伸ばしてくるので本当相手してて冷や冷やしますね…

ここでチームとしては負けたので終了。個人5-1、チーム4-2。地区大会って毎回そうなんですが、最初は普通に勝ててもだんだんしんどくなってきて、3-0で迎えた4戦目、抽選をかけた5戦目なんかは本当にきつかったです。ショップ大会でも結構強い人と当たったりはするんですが、本当に強い人と連続で負けられない戦いをするとなるといつも以上に疲れます。
決勝トーナメント進出は初めてだったのでチーム成績でも過去最高でしたが、個人成績としても昨年のBCF横浜で4-1だったのを上回って一番いい結果になりました。昨年のBCFは無制限物語である程度勝てて当然だったのを考えると、今回ちゃんと勝てたのは本当に嬉しいです。

今回は以前しろくろフェスで交換した「開運トリガー」「キャンセル祈願」のお守りを鞄に付けていきました。その通り、6試合通じて山が薄くなる瞬間はそこそこあったものの要所要所ではきっちりキャンセルしてくれたし、トリガーも風・炎ともに滅茶苦茶強いタイミングで捲ってくれました。と言うか序盤から終始捲ってました。
全試合CXを貼らなくてもドラがかなり乗ったお陰で打点レースで不利になることもなく、詰めについて考えるときにはいい感じに3の中盤に押し上げることが出来ていました。むしろ貼らなかったお陰で全部キャンセルみたいなこともなく、程よく押し上げられたかなと思います。
CX配分は風炎ということで、捲ったときに強い構築にした結果が出ました。CXを捲るということはキャンセル率が下がるので基本的にはディスアドだと思っているのですが、それでも強引に勝ちにいけるのはこのデッキだったからだなと思います。ちなみに助太刀は意識して握りましたが一度も打ちませんでした(笑)盤面には2回出ましたけど…

まぁ、結局はその日運が良かっただけなんですけどね。対面が結構事故ってましたし…負けゲームには反省点が必ずあるのですが、結局勝ちゲームってあのトリガー捲らなければ、とか相手がこうしてたら、とか、よくわからない部分が多いですね…
少し硬くなる1回戦や最終戦でやらかすことが多かったので、今回勝ちから始まって負けた後の5回戦でも汚いながら勝ちを拾えたのは大きな自信になりました。WSって1差つけていてもちょっと気を抜くと一気に捲くられることも多いので、勝ってるゲームでも絶対に安心しないようには気をつけました。

1週間前までデッキを世間的に定評のあるごちうさにするか、1年前から形を変えて握りなれた物語にするか悩んでいましたが、結果的に全勝にうさぎがいたのもあって正しい選択でした。多分うさぎだったらここまで頑張れなかった気がします。4種選抜後の物語は色々考えてきたけど、今の形はかなりいい…

名古屋で握るデッキはラブライブか物語か、今のところは半々です。最近かなり負けが増えていた気がしていたので、また改めてやる気が出てきました。楽しみだ…!

仙台地区で物語を握ることになったので…
自分を納得させるために書いておきたいと思います。そんなわけなので、これは考察でもなければ煽りでもなく、ただネタとして文章を書いているということだけは先に宣言しておきます。
僕が使う物語で対面した場合を想定して書いてます。


○ごちうさ
ごちうさの最大の特徴は「チノココバーン」、3-0からゲームエンドまで持って行く凶悪バーンです。しかし「昔話」があれば1-1のあとのチェックで本体打点キャンセルがあるので3-0からの生存率は格段に高いです。特殊相殺もないのでチェンジで置いておけばまずしなないでしょうね。有利。

○ペルソナ
今更いるのかわからないペルソナ。バウンスが効かない・パワーが高い「昔話」で圧倒的有利。バーンも細かい奴ならむしろ大丈夫まである。青い早出しは特殊相殺や風で。

○ビビスト
むしろビビストのために組んだようなデッキ。緑はバウンスして終了、赤もバウンスして終了。赤の1帯は相討ちで処理できるしなんでも大丈夫。

○スターウォーズ
ごちうさと一緒です。終盤のフォースは「昔話」で処理。後列がいなくても序盤は戦える試合が多いのでその辺も問題なし。

○サンシャイン
曜早出しは「昔話」のトップ確認でカバー。早出しへのストック相殺があるものの、こちらには美夏があるのでそこから突っ込んでくれば曜を焼くだけですね。

○このすば
エリス連パンは美夏で。あと何かあったっけ?

○バンドリ
たえ?「昔話」で良くない?

○SAO
相殺は効かないもののパワーが低いので特に問題なし。レベル2が貧弱なSAOに「昔話」チェンジは助太刀構えれば余裕でしょう。

○デレマス
グスタは特筆なし。TPなら後列バウンス祭り。

○チェンクロ
カウンターが厄介なので1面ダイレクトをもらえれば、あとは撃たれても「昔話」で無効にして勝ち。

○ミルキィ
相殺投げて1は終了。魔女シャロか知識エリーは風トリガーですかね。「昔話」にパンプして上から殴れば終了。

○リライト
風あるだけでいい気がする。

○リゼロ
相殺と風で。2は特殊相殺があるものの、詰めは割りと弱そうだから「昔話」と美夏で防御。

○アクセル
後列を2/1にしてしまえば「昔話」無双。

○艦これ
初風関係なし。響はだるいけど、チェンジした「昔話」で打点差を守れば。

○おそ松
「昔話」、握手されたら仕方ないです。

○プリヤ
美夏無双。

○とある
「昔話」は焼かれないのでどうでもいいです。

○ラキル
風あれば特に苦労するテキストなさそうな印象。

○ログホラ
シロエバウンスで。

○とらぶる
初風関係なし、ショットへの「昔話」で本体止め。

○シャーロット
バーンメタにひっからないショットトリガーで。

○ラブライブ
にこクロシュ次第。

○物語
宝扉には負けたくないです。

○その他
多分なんとかなる。


結論→昔話最強。

途中から書くのが面倒になりました。正直面倒なタイトルもあると思いますが、絶対無理と言うことはないのでね。

時系列順に。

12日・カードラボ武蔵小杉(非公認)
使用ごちうさ

1回戦 不戦勝

2回戦 引き分け
チェンクロ青、先攻。序盤圧倒的キャンセルで優位になるも追いつかれ、チノココ3面でバーンの構え。焼きイベントで1面落とされ、届かず時間切れ終了。返しの山にCXがなかったので次のターンあれば負けてました。実質負けですね。最後3点だったしバーン要らなかったなぁ。

3回戦 敗北
後攻、リゼロレムラム。身内戦でした。パワーが届かなくて相討ち適当に投げてキャンセルゲーに突入もなぜかでかい打点が通り山ボトムのCXが処理しきれず3戻りと薄くなった山に貫通。擬似リフ助太刀に任せて面固めるのが正解でしたが無理に削りすぎてしまいました。てか初戦でもバーン言う代わりに椎名すれば良かったんだよな…

実質0-2ということで、兎の強さを全く発揮できませんでした。残念。一緒に来た人が優勝。


14日・ホビーステーション川崎
使用ラブライブ

1回戦 敗北
キルラキル、先攻。0-6、1-6でリフと圧倒的優位をまたも活かせず。2-4から貫通して負け。6戻りだか7戻りだかしていたので仕方ないところですが…ちょっとダイレクト作りすぎたかなというところです。実際僕も山が薄い瞬間が何度かあったのでそこは下手でした。でも相手がめっちゃクラマトリガーする中で綺麗なストック作ったとは思えないくらい最後はあっさり負けるもんですね。

2回戦 不戦勝

3回戦 勝利
ビビスト宝、先攻。相手のキャンセルが全体的に緩やかだったので割りとなんとなく勝てたゲームだった気がします。早出し特殊相殺を増やしたので安定感が増しました。最後3-0から詰め切りましたしね…クロシュと1点バーンはそういうとき強いです。

4回戦 敗北
ログホラでした。後攻。2-4から貫通負け。相手のパンチ数が少なかったので0-6でリフ入ったもののクラマ貼った3-3食らって一瞬で1-6、そのままずるずると。2-4から死んだのは山またいで3点、リフクラマ、3点3点みたいな感じでした。もうどうにでもなればいい。まぁ最後の部分はダイレクト枠が悪かったのか。あと早出しメタ系のアタッカーが5枚あるのに全部回収不能位置にいたのはもう諦めるしかない。

2-2、実質1-2。結果が出れば仙台地区ラブライブも考えましたがちょっとダメでしたね。ただむやみに面を空けると死ぬ可能性があるというのは今回学んだ教訓でした。あと有利なときにやたらめったらCXを置かず、ちゃんと刻むのも重要ですね。


15日・カードショップタイガ
使用物語

1回戦 勝利
このすば魔法、先攻。0のキャラが少なくてちょっと冷や冷やしました。1先上がりしたのですがどうしても削れない山が出来てしまいそこからトリガーで一気に点数が貫通、相手1-0でこちら2に先上がり展開。ただすぐに昔話チェンジできたのと、相手の山も確山が出来たので思いっきり通してなんとかゲームができるところまで。めぐみんクロシュ警戒で3になったターンに真宵2面を思い出・1面を昔話という形に出来たのは良かったと思います。なんとか凌いで勝ち。

2回戦 勝利
ビビスト赤青、先攻。1がパワー高かったので神原相討ちで適当に。上手くハンドに帰ってきたのも強かった。相手に序盤キャンセルが多かったので1で薄くなり打点を通す形に。昔話チェンジをしたものの集中で山に助太刀がなかったため諦めてレベル応援つけて投げつけたら割られずに戻ってきました。そのままいい形で押し切り勝利。

3回戦 勝利
艦これ緑黄、後攻。Z3選抜でストブと赤城宝です。0でキャラが引けず後攻集中で1パン。次のターンに都合よくオカ研が引けたのでそれで先上がりから島風2面で復帰。こちらも1相殺が活躍(ハンドには戻れず)してくれたこともあり完全にタイのままゲームが進行。2で昔話チェンジ、相手が早出し出来ず踏まれなかったので少しここは有利取れました。レベル3で踏まれたものの無理やりアンコールを混ぜてクロックスキップ、最後は壮絶なキャンセルゲーになったものの、相手のプレミ(昔話に対して羅針盤)もあり辛うじて勝利。

3-0、久しぶりに優勝しました。いつ以来でしょうかね、まだ2種選抜の頃ですね。
物語は構築をまた結構替えてみました。中学生選抜→ほぼBCF東京のもの→現在のものということで2週間でもかなり違うデッキに…
回してみて非常に使い勝手が良かったので、慣れない兎より強いとみて仙台地区はこれでいいかなと思います。流行のビビストに強いし。あとはやっぱり握り慣れたタイトルってことなんだろうなぁ…
なんだかんだ化に収束しちゃいますね。

土日大会に行けなさそうだったので今回も金曜の川崎ホビ。
使用は物語。真宵選抜に戻りました。

1回戦 勝利
先攻、ビビスト緑。ビビストメタとして使ってるだけあって、相手のリフレッシュ前にマーカー3枚噛んだフーカをトリガーでバウンス、早出しで出てきたL3フーカを連動でバウンス、ラストターンも連動でバウンス。有利に展開して勝つことができました。島風で1-6リフを狙った場面では2面2000くらい勝ってる面で片方1/1/3000拳で弾かれて山2枚(うちCX1枚)のところにトップ確認1点を食らってリフレッシュ失敗。ボトムCXだったし仕方ないとは言え…次からはもう少し警戒します。

2回戦 敗北
先攻、リゼロ8扉。序盤は打点が通りかなり有利になるも途中から相手のキャンセルが強くて気づけば逆転され、エミリア連パンで4/5キャンセル要求。なんとか4キャンして殴るも通らず返しでちょうど詰められ負け。途中で間違った選択はなかったと思いますが、相手の扉を見て無駄に山削りきったところ(ラム連動は入っていなかった)と、最後助太刀を握らなかったところですね。エミリア連パンに対しての美夏か、最後に羽川のソウル減があれば勝てていたゲームでした。そういうところが甘いので序盤勝ってても負けてるわけですよね。あと早出ししたのに別のから先に殴ったのは(運よく美夏されなかったものの)純粋にプレミなので悔い改めます。

3回戦 勝利
先攻、リゼロ本扉。ちょっとトリガーが多くてきついゲームでした。1リフ間際でオカ研して無理やりCX落としたり、3でも無駄にトリガーして死に掛けました。逆圧縮が1面しか飛んでこなかったお陰で生きてた…3-6からサイド1バーン+1点にドラが乗ってピタキャン耐えして返しに真宵立てて勝ち。昔話を立てられなかったのが敗因のひとつだとは思います。

4回戦 敗北
後攻、おそ松。2で大き目の打点をもらったので取り返すためにCX貼ってましたが、ダイレクト4点にドラで5点とか過剰だったので結果的には貼らなければもっとまともなゲームが出来ていたかもしれません。相手がリフ間際2トリガーで連続6戻りだったにも拘わらず勝てないのはそういう粗さだったよなぁ…早出しすると素の打点が大きくなるのでもっと丁寧にゲームを進めようと思います。

2-2でした。勝った2戦はまぁなんとか勝てましたが、負けた2戦、特に2回戦の方はもっと出来たんじゃないかなという感じでした。デッキの構築自体は東京地区のものに近いやつで久々に勝てるデッキって感じだなと思います。
次の地区で握るタイトル本決定はしていませんが、これからどの程度頑張れるかですね…

川崎ホビステで公認参加してきました。
使用デッキはお試しの物語(中学生選抜)です。

1回戦 敗北
後攻、おそ松。序盤に相手のCXがたくさん見えていたもののこちらはCXを引かず。アド集中は一度も当たらず、オカ研は3投でも一度も手札に入らず、島風も一度も成立しない。結果としてクロックドローでハンドを供給しつつも面を全部割れたわけでもないので差が広がり、そのまま終了。無駄な風トリガーも多かったし、何もいいところがなかった。

2回戦 勝利
先攻、ビビスト赤。相手が2になるまでほぼキャンセルなしだったのでここで大きく差をつけます。しかしその後3で耐久されぐだぐだな展開に。なんとか詰めきったものの、あわやというところまで追い込まれることになりました。ビビスト踏むためのデッキですが踏んだといえる回り方ではなかったですね。

3回戦 敗北
先攻、リゼロ。レムラムで扉門。面が取れないのは勿論、1がスキップされたこととドローが毎ターンCXだったことで手札が枯れ、またしてもハンドが厳しい形に。特に見せ場なく負けでした。

どれもハンドが枯れました。レベル3ですべきこともほぼないし、やはり中学生選抜はなさそうです。帰ってすぐに組み替えました。
プレイングに改善点も勿論あるとは思いますが、また1から構築を考えたいと思います。

このページのトップヘ