とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ヴァイスシュバルツ

今年から月2~3回くらいでまとめようと思います。
もう大分覚えてない部分もあるので簡潔に。

5日 武蔵小杉ラボ非公認
使用バンドリ本ストブ

1回戦 敗北
とらぶる風宝に先攻で。最後連動喋って山3/3にしましたが、相手がショットタイトルだったのであえなく貫通。こころがもう1枚あれば詰めきってたけどクロック置き場じゃ回収できないですね。

2回戦 敗北
シンフォギア電源門、先攻。1-6で2/4の山作ったものの2点が貫通。連トリガーとかで山が緩くて負け。

2018年は全敗スタートとなりました。このバンドリは解散。


6日 武蔵小杉ラボモノトーン
使用黄色(音楽軸8炎)

1回戦 勝利
魔法軸の青、後攻。炎アイコンが冴え渡って打点で押し込むと同時に花丸の2k上昇が効きました。

2回戦 勝利
赤のグスタっぽいやつに後攻。こちらは山が弱くて焦りましたが相手は後上がりのゲームプランを持っていたようで思ったより貫通せず。最後はショットで押し込む感じに。

3回戦 敗北
このすばネオスの赤に後攻。適当に殴ったら2を溶かしてしまいめぐみんにクロシュされました。後半見事に捲られましたね。

2-1、レシピを載せたかったので残念でした。
KIMG0514

8日 ささしまホビ公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
後攻でバンドリ、門電源。2までキャンセルがないなどかなり酷いゲームでしたが、7戻りの相手の山に何故か8点が素通りして勝ち。酷い。

2回戦 敗北
先攻バンドリ、アフロ軸で宝と2002でした。こちらも要所でキャンセルのない試合ではありましたが…なんとか蘭モカ2面を耐えたものの、曜バーンが2ターン連続で不発だったり、初手の移動が焼かれたり、なかなかに酷かったです。

捲りの弱いサンシャインを存分に味わえました。


10日武蔵小杉ラボ非公認
使用バンドリ本門

1回戦 敗北
先攻ミク宝門。序盤キャンセルゆるゆるでした。相手の山も強かったし、割とずっと負けてる感じで戦っていましたね。何が悪かったんだろう…

2回戦 勝利
SAO扉本先攻。序盤からボトム送りを連発したのと、相手が集中を握れなかったこともあり中盤打点で押し込み。ゆきな2面立てて勝ち。

3回戦 勝利
バンドリ扉門パスパレ軸に後攻。相手の山が徹底的に事故っていたのと、リサ共鳴のボトム送りがぶっささり勝ち。ゆきな2面立てました。

2-1、こころよりはいいと想いました。


12日武蔵小杉ラボ非公認
使用サンシャイン

1回戦 敗北
後攻でミク宝門。キャンセルなさ過ぎて酷かったです。

2回戦 敗北
先攻、バンドリ本門。5マリガンの末引いた唯一の0である移動1パンしたら移動失敗で撃沈。ようやく引いた0の集中を前にあげるか捻るかで悩み、集中当てて移動も3パンで沈み。レベル1に上がってもハンドが高レベルだらけ、暁が手札に来ずそのまま最後までずるずる行きました。

3回戦 敗北
先攻、サンシャイン扉ストブ。0は引かせてもらえたけどそういう話じゃないですね。途中はちょっと強いところもありましたが、上手く面を作れず負け。曜に千歌でフロントして弾かれたんですがあそこCX貼り忘れたんですよね。へたくそかよ。

0-3、ラッシャイでこれはまずいですよ!


13日町田ホビステ公認
使用バンドリ

1回戦 敗北
最新のこのすば風ストブ、後攻。相手がチェンジを忘れるプレミなどありましたが、こちらのリフ位置が悪かったのと最後にゆきな2面耐えられて負け。

2回戦 勝利
後攻でバンドリ門本ストブ。相手のCXが大事故を起こしていて序盤のほれないところで2連、終盤にも3連をかましていたので打点差をつけていって勝ち。ゆきな出す前でした。

3回戦 勝利
艦これ扉ストブドジっこ選抜。先攻。なんとか島風や共鳴で相手の盤面に触りつつ手札を温存。最後ゆきな2面で勝ち。

4回戦 敗北
先攻ひなろじ扉門。序盤に暁が並んできたのでこころサーチも使って特殊相殺で吹っ飛ばしたのですが、結果的に苦しくなったのでやるべきではありませんでした。いい教訓になりました。ハンドが少ないながらもなんとかゲームしていましたが2でようやく引けた集中が3枚当たり、山が苦しくなったのもあって息切れ。

5回戦 敗北
後攻でこのすば本門、アクシズ教徒です。自慢の特殊相殺と共鳴ボトム送りで毎ターン面を荒らしていたものの2のアクアに3面チャンプをしかけたらCXダイレ3面が全部貫通して負け。2-4リフ直前というところでしたが、あれ止まらないんじゃしょうがないか…?

2-3、負け越し。ちょっとプレイングに粗があるんだと思います。2018年はしんどい始まりになりました…

ヴァイスシュヴァルツは真面目に勝つために取り組み始めて2年目が終わりました。2015年の5月に始めたWSですが、2016年の春頃からショップ大会へ行く頻度が増えていき、7月末のBCF名古屋で地区大会デビュー。BCF横浜、WGP大阪、東京と行きました。1-2、4-1、0-2、1-1で6勝6敗。

2017年は絵里単フルレアと柵越えを目標に掲げました。地区大会はBCF東京、大阪、仙台、名古屋、WGP仙台、大阪、名古屋、東京、金沢。昨年の4箇所から9箇所へ増えました。
絵里単は2月にラブライブ特別大会に向けてフルレアにすることが出来ました。ブログでも書きましたね。今年一番頑張ったデッキです。そして柵越えという点でもありがたいことにトリオでBCF仙台・名古屋と連続で達成することが出来ました。組んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

2016年は物語とデレマスが猛威を振るっていたので僕も流れに乗って物語(宝炎真宵選抜)を握っていましたが、2017年上期の改定で物語が4種選抜に。強さの源だった羽川と真宵のコンボが断ち切られ、ついでにデッキ回りを滑らかにしていたパートナーにも選抜。物語の強さに依存していた僕はデッキ選択に悩みました。
3月4月とあまり大会に出ていませんがフリーでは色々なデッキを試していました。しかし物語の強さにプレイングが麻痺していたのもあって、なかなかタイトルが定まらず…

結局は物語に風を挿す形で解決。物語はカードプールがとにかく広く、採用したくても圏外になっていたカードが多々ありました。羽川がなくなっても圧倒的なパワーカードである真宵を(強力なフィニッシャーがいないため羽川のストブが活かせないこともあって)軸にすることは決定していたので、道中でもアドバンテージを取れるよう神原経験型。しかし事故対処能力がやや弱く東京でも3-2と物足りなさの残る結果でした。
大阪は個人戦だったのでPRカードが追加されたラブライブを研究。しかしいまが最高海未の強さを理解していなかったり、結果的には甘かったですね。発売直後のビビストのカードパワーにも押し込まれました。
仙台地区はデッキを1週間前まで悩みましたが、直前のショップ大会で結果の良かった物語(風炎、神原経験ではなく暁と相殺軸)で挑戦し、システムの強さで5-1。初の柵越え経験と柵の中での個人1勝、自信になりました。そこから同じレシピで行った名古屋では1-5と惨敗なんですが…この1勝が有効勝利だったのが救いですね。横に拾ってもらう経験が実は昨年・今年となかったのでここも凄くいい経験になりました。仲間のありがたさですね。物凄い倍率の抽選でしたが僕の物語が被らなかったので奇跡的に通過し、今年一番のプレミを記録しました。本当にすみませんでした。ここで物語の限界というか、1年間握ってきたデッキに対してようやく未練なく変更できるなと思いました。昨年の横浜から1年間本当にありがとうございました。

後期はシンフォギアの発売が決まっていて、ちょうどアニメを観ていた僕はどんなプールであっても組むと決めました。と言うのも仙台地区で1週間前までタイトルすら決まらなかったからですね。しかしシンフォギアの発売1週間延期もあって仙台地区には1週間しか時間がなかったので、ここは十分に構築を練ることが出来ませんでした。悔しいです。
デッキの型自体は発売直後こそ迷走していましたが、発売記念に黄色軸(島風炎・L3響風)で出てみて序盤の回しやすさから島風採用を決意。元々調軸にすると決まっていたので卍火車も確定。詰めはやっぱり翼。炎ストブの構築自体はかなり早くに固まりました。仙台は間に合いませんでしたが10月の調整ではコンスタンスに結果を残し、大阪地区はネオスで4-1。4-0で迎えた予選5回戦で今年2番目のプレミをやらかしました。悔しい。
そこから名古屋東京とトリオに行きますが調子が下降線を描き始め、チームには申し訳ないことをしました。まぁチーム全体で噛み合ってない感じしてたので仕方ないですけどね。悔しかったので金沢も行きましたがやっぱりダメでしたね。改めて自分の実力を確認できました。

結果はいまいちですが、1年間本当に充実していて楽しかったです。
良く行ったショップはカードラボ武蔵小杉。横浜や川崎、秋葉原にも行きました。横浜のカードショップタイガと言うお店で土曜日の大会に参加するのが昨年からの日課(週課?)だったんですが、11月に閉店してしまいました。とても良いお店だったのですが…本当にお世話になりました、ありがとうございました。


今年お世話になったデッキトップ3

1位 物語風炎
仙台地区で柵越え出来たのはこれのお陰でした。名古屋では盛大に足を引っ張りましたが、よくやってくれたと思います。0にアタッカーがなくてシステムばかりなんですが、本当に楽しくていいデッキでした。

2位 シンフォギア炎ストブ
圧倒的システム力。正直システムだけなら次世代テキストと言っていいと思います。事故回避能力が高くて好みの構築になりました。トリオであまり貢献できなかったのが悔やまれますが…

3位 ラブライブ扉宝
門1枚入れただけで大分しっくり来ました。PRの追加が思ったより強烈でお気に入りデッキのひとつです。キャラがかわいいのもいいですよね。

デッキはたくさん作りましたが良く使ったのは物語、ラブライブ、シンフォギア、あとは終盤サンシャインを良く使いました。自分なりにデッキ構築のコツをつかみ始めたかも知れません。


今年やらかしたプレミワースト3

1位 BCF名古屋決勝1回戦
VSとある科学の超電磁砲。こちら3-3相手の屋根下2面アタックを残した状態。手札には美夏があり、2点を1箇所止めて美夏で耐えられる計算。2点被弾→1点バーン被弾でトップチェックから次の2点をキャンセルするつもりが、最初の2点のトップチェックでキャラをこれまでの反射で削ってしまいバーンをキャンセル。次の本体2点でゲームエンド。

2位 WGP大阪予選5回戦
VSけものフレンズ。相手が3の中盤、こちら3-0で卍火車連動2面宣言。時間切れが迫っていたのと、これで安心してしまったのもあって山を十分削らずアタックし、相手にキャンセルからのダブドラで7点届き敗退。3箇所くらいケアするチャンスがあったのに勿体無いことをしました。4-0で来ていた予選もこれで抽選に引っかからず終了。

3位 WGP金沢予選3回戦
VSガールフレンド。トップ2枚チェックでショットトリガーが見えたものの…打点の作り方を間違え、結果届かず。ちゃんとやっても微妙ではあったものの一番可能性のない形を作ってしまいました。トリオでチーム全敗の試合だったのでここには書きませんでしたがWGP名古屋でも酷い打点の作り方をしているので猛省。


最後に今年の大会成績を載せておきます。
ショップは不戦勝ノーカウント、地区大会は1勝カウントです。引き分けは1敗。
終盤勝ちが増えてきたのは収穫でしょうかね。

1月
BM炎宝 公認2-2
RG4色 公認2-1
通算 公認4-3(57%)

2月
MK警察 公認3-1
LL絵里単 特別1-3
LL扉宝 公認1-2
SAO宝本 特別2-0
通算 公認4-3特別3-3(54%)

3月
RG4色 公認2-2
BM8炎 非公認0-2
通算 公認2-2非公認0-2(33%)

4月
BM風炎 公認5-3非公認1-1
MK警察 公認0-4
通算 公認5-7非公認1-1(42%)

5月
RG2011 特別1-1
BM風炎 東京トリオ3-2(3-2)
BM扉宝 公認1-3
RG4色 公認2-2
通算 地区3-2公認3-5特別1-1(47%)

6月
LL扉宝 公認6-7大阪ネオス3-2
BM中学生 公認1-2
通算 地区3-2公認7-9(48%)

7月
BM風炎(緑) 公認2-2
GU扉門 非公認0-2
LL扉宝 公認1-2
BM風炎(赤) 公認5-1仙台トリオ5-1(4-2、ベスト16)
通算 地区5-1公認8-5非公認0-2(62%)

8月
BM風炎 公認3-4非公認3-0名古屋トリオ1-5(4-2、ベスト16)
SG風炎 公認1-3
RN扉本 非公認0-2
LSS風ストブ 公認1-1
通算 地区1-5公認5-8非公認3-2(38%)

9月
BM風炎 公認5-6
SG風炎 特別4-1
SG炎ストブ 非公認2-1仙台ネオス2-2
通算 地区2-2公認5-6非公認2-1特別4-1(57%)

10月
SG炎ストブ 公認13-5非公認7-1大阪ネオス4-1
通算 地区4-1公認13-5非公認7-1(77%)

11月
LL扉宝 非公認2-0
BM風炎 非公認1-2
AOT風炎 非公認1-1
SG炎ストブ 公認2-0非公認6-3名古屋トリオ3-1(2-2)東京トリオ2-2(2-2)金沢ネオス1-2
LSS炎門 公認2-1
通算 地区6-5公認4-1非公認10-6(63%)

12月
LSS炎門 非公認4-1特別2-0
RG4色 非公認2-1
音楽8炎 特別5-1
LL絵里単 公認2-2
LL扉宝 公認2-1非公認1-1
通算 公認4-3非公認7-3特別7-1(72%)


大会種別
地区24-18公認65-57非公認30-17特別15-6 232戦(134-98、58%)

年内最後の大会結果。

19日・溝ノ口カーキン
使用ラブライブ

1回戦 勝利
先攻、ガルフレ8門。相手の戻りが弱く2周目4戻りから集中1枚と2トリガーで残りCX1枚に。勿論ことりで詰めに行き、1と3をCX3パンで溶かして勝ち。

2回戦 勝利
先攻、このすば8扉。マリガンまでで5枚くらいCXが見えていたらしく、序盤からどんどん差をつけて優位に。エリス連パンも終盤来ましたがまだ2だったので余裕を持って耐えて勝ち。

3回戦 敗北
先攻、デレマス扉門。4戻りくらいで2周目に入ってしまい、無理して4ルックなどで削りきる形に。それでも1ターンで山を削って立て直したのですが、TP凛の処理にキラセン花陽を使ったらそのせいで相手の山が1枚残った状態でターンに入りCX戻りが強くなってしまいました。最後は凛逆圧縮で薄い山に3-3-3叩きましたが2キャンされて負け。キラセン花陽じゃなくてAAことりで良かったのにいらないことした結果が負けに繋がったと思います。


24日・武蔵小杉ラボ
使用絵里単

1回戦 勝利
後攻でバンドリ扉門、パスパレ+ゆきなです。序盤からご都合キャンセルを連発、こちらの貼ったCX3パンが貫通して1差。その後もあまりに都合のいいキャンセルと相手のCXボトム&トリガー連発でゲームは優位に。ラストは3-0からダブドラが2発乗ったところとクロシュで詰めと言うなんとも申し訳ないゲームでした。

2回戦 敗北
バンドリ8扉先攻。今度は先ほどのゲームの分まで下振れ。序盤から落下やドローでどんどんCXが見えていき、残り山10枚以上でCXが空に。そこでドラが乗ったCXアタックをもらいなんとか3落下拳で1-7リフがやっと。とは言えその後のアタックもキャンセルされた箇所が多く差が縮まらないまま負け。まぁキャラ単なんで。

3回戦 勝利
後攻でファントム。扉と+2でした。序盤はマーカー噛んで育って行く1/1が対処できなくて困りましたがダブドラ乗った6点が貫通したり、その後確山に+2で一気に捲り勝ち。山削り遅いデッキには+2が刺さりますね。

4回戦 敗北
後攻、ごちうさ風宝。ちやシャロですね。このゲームは完全に下振れでキャンセルしないしされるしで終始劣勢でした。面も微妙に届かないし、仕方ないですね。キャラ単だからこれでもまぁ仕方ないでしょう。

2-2、勝ったゲームも負けたゲームも山の配置としか…クリスマスに絵里単を使えてよかったです。スクフェスも絵里新規で来てましたし。


29日・武蔵小杉非公認
使用ラブライブ

1回戦 勝利
先攻ひなろじ扉門。1を溶かしたのと、早出しされた擬似飛龍を踏み越えたのが大きかったです。AAことりにAAにこ2発振って中央で18000になったので助太刀圏外いけました。門トリガーの位置や擬似リフ拳もいい感じでした。

2回戦 敗北
後攻ラッシャイ扉ストブ。相手に連動がなかったのもありいい感じで滑り出したんですが…勝敗を分けたのはやっぱりキラセン花陽。これでボトム送りしていなければ相手の山切れで勝ちでした、反省。ラッシャイのボトムにレベル3を送るのも完全なプレミ。最後は相手山CX2の残り3点でかなり有利だったんですが、集中2発外してソウル2のキャラもCXも握れず、完全に僕の腕が足りてませんでした。はい。

最後の大会は1-1でした。ラブライブはかなり感触いいんですが、勝ちきれなくて悔しいです。やっぱりキラセン花陽をちゃんと考えないとですね。


ではまた来年。

1週間以上更新がなかったのは初めてな気がします。

6日・武蔵小杉非公認
使用とある科学

1回戦 敗北
リゼロ扉門、先攻。確か両手に花構築ですね。こちらに特に悪い部分はなかったと思いますが、キャンセル差と最後は綺麗にラムで詰められて負け。焼きがあるので花はなんとでもなるんですけども…序盤のCXの位置には割りと苦しめられました。擬似リフレッシュを活用できなかったのは敗因のひとつでしょうね。

2回戦 勝利
ガルフレ扉2001、先攻。この試合もかなり押し込まれていた気がしますが、最後は佐天連パンまで持っていけたのが良かったと思います。ちゃんと佐天や屋根下出せれば詰めはあるんですけどね。

3回戦 勝利
SAO扉電源、先攻。完全にご都合WS。2に上がってコンソールしたら早出しだったので連動で焼き、割られて次のターンに擬似リフ、追加ドローで再び早出し。正直引きだけという感じでしょうか。

4色超電磁砲、大変汚い構築ですが回してて楽しかったです。fripSide幕張で超電磁砲のモチベーションが上がったので使いましたが、まぁこんなものでしょうかね。


13日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
後攻でガルフレ8風。押し込まれていましたが、最後3スキップさせてなんとか勝利。1/0の鞠利がCXトリガー込みでパワー14000とか出していて驚いた。完全に配置ゲーですが、終盤どんどん押し込めるのは楽しいデッキですね。

2回戦 敗北
シンフォギア門電源、先攻。とにかく押し込むことを意識して面と手札を枯らしやや有利な展開。最後いい山を作っていたつもりですがドラ載せたアタックに耐えられず負け。あそこでルビィ拳持ってれば山切れ勝ちに持っていけてたので未熟さを感じました。あとは純粋に残り6点の詰め打点で3-3-2or3を作ったら全部ドラ乗ったのもダメですね。ドラ考慮して面作らないと。あとは美夏打たせるフロント余計だったかなぁ。

3回戦 勝利
物語扉宝、後攻。押し込まれていましたが逆に我慢できたゲーム。2に上がって梨子クロックに置くのをあえて諦め登場させ、花丸連動などで盤面と山を整えられました。全体的に落ち着いて展開できたと思います。

2-1、2回戦では最後不慣れさが出たかなと思います。反省ですね。


15日・武蔵小杉非公認
使用サンシャイン

1回戦 勝利
先攻でサンシャイン扉ストブ。ミラー辛いです。1-6からクロックして2に上がったときにハンドがレベル3と赤のカードだったため3パンが怪しい状態。失敗したら1パンの覚悟で集中し暁回収からなんとか3パン。山もかなり薄かったですがいいキャンセルだったのと、島風行ったところへ相手のルビィ拳のお陰で山が削れてなんとか立ち直り。レベル3を溶かして勝ち。ゲーム展開自体はどうにも劣勢でしたが、ここぞの捲りのお陰でした。

2回戦 勝利
SAO門電源、先攻。序盤から優位に動いていたものの相手の低コストヒールと波状連パンで追いつかれ、善子バウンスも併用した詰めも届かず。返しの山が薄かったところに波状連パンの構えだったので負け覚悟でしたが、相手がアタック順を間違えるプレミがあったため何とか生き残り勝利。ありすさんにしては珍しいですね。

勝った心地のしない2戦でした。精進します。


16日・武蔵小杉歌合戦
使用8炎

1回戦 敗北
美波門と無連動電源、ようちかという組み合わせ。後攻。輝きあずさなんかも入っててガチ構築です。互いに山がひたすら早くてなかなか打点が通らずいい試合になりました。花丸早出しが小梅と相まって連動を連発していましたが、最後は2キャン後8戻りの山に曜バーン+本体の5点が素通りし負け。というか握るべきは椎名ではなく美夏でしたね。

2回戦 勝利
ミク宝と赤ストブ。後攻。相手の山が薄い瞬間が多かったのでそれに乗じて打点差をつけていきます。最後宝連動3面から実質6パンくらいましたがそのうち5箇所をキャンセル(ほぼピタキャン)しレベル2のまま勝利。あそこまで強いキャンセルはもうない気がします。

3回戦 勝利
サンシャイン扉ストブ、後攻。相手3-0からリフ1込みでちょうど叩き込んで勝ち。ノーブラ希とショットトリガーでの打点調整が活きました。道中は完全に押し込まれていましたが曜バーンの乗り方なども幸いしたでしょうか…1回戦とは逆に拾った試合になりました。

2-1、デッキ自体はいい感じでした。前日に家にあるもので組んだんですが、スタンだとやれることが多くて楽しいです。後攻辛い。


17日・横浜アメ歌合戦
使用8炎

1回戦 勝利
美波門とみくストブに電源タッチのスタン、後攻。トップレベルバーンもありました。手札がレベル3だらけになる事故で1に上がってから1パンになりました。何とかそのあとのキャンセルで繋いでようちか早出しからゲームを戻し、そのまま押し込んで勝ち。ようちかが握れたお陰でした…

2回戦 勝利
先攻でシンフォギア門ストブ。非常召集でCX1枚、2落下パワーパンプでCX2枚、ファーストトリガーCXと相手が大事故起こしていたので2ターン目から海未や穂乃果で3パン。1で貼ったCXが貫通し、その後もようちか早出し。ボトム2枚CXの場面もあって相手の山が薄かったので終始優勢でした。クロ2でレベル上げて曜と武蔵2面勝利。

3回戦 勝利
後攻、サンシャイン風+2。1で2パンになる場面がありましたが相手も2パン。お互い下振れです。先の早出しで綺麗に面を作り、8戻りから炎連トリガーしましたが結果的にこれで相手の打点を押し込めました。美夏で大きい打点を回避し、そのまま山を気にしつつアタック。ルビィ拳4落下でCXがかすらなかったのは大きかった。残り3点山2枚で両方キャンセル要求の武蔵+ショットトリガーで押し切りました。

1・3戦目であまりシステムが引けず酷いゲームをしましたが、結果はなんとか勝ちになりました。ショットトリガー楽しかったです。
パックは2日ともサンシャイン・シンフォギア・デレマスという組み合わせ。シンフォギアとデレマスを集めているのでありがたい限りです。来月のモノトーンも出たいですね。


KIMG0502
買い足したのは椎名だけです。輝きあずさ欲しい。

金沢地区も終わったのでまったり使いたいデッキでやっていこうかと思います。

武蔵小杉公認
使用サンシャイン

1回戦 敗北(引き分け)
シンフォギア電源門に先攻。ちょっと不慣れな方だったようでややテキスト把握などには時間がかかっていましたが、こちらは耐久の弱いサンシャインだし2までノーキャンでさくさく溶けていたので(山の底の方で集中したら4ヒットしたり)関係ないだろう…と思いきや。2に入って花丸早出し回復で粘りつつ地道に打点を通して(結構キャンセルされた)なんとか追いつき、互いにレベル3になるかというところでエクストラターンへ。お互いに猛烈なキャンセルを繰り広げて引き分けに。5回打点飛ばして4箇所止まるとかもう無理でした。序盤引き離されたものの負けなかっただけ収穫。

2回戦 勝利
サンシャイン扉ストブで先攻。ミラーでした。先上がりから千歌連動されそれを島風で踏む形に。相手の打点が2の手前で止まった(早出しようちかできない)のと、こちらがダイレクトで打点弾いて次で押し込めたことで形勢逆転。詰めではいらないこと考えて無駄な手順踏みましたが、なんとか押し込んで勝ちました。

3回戦 勝利
ラブライブ穂乃果単、後攻。打点差が出来ていたので面に圧力をかけられるところだけかけつつという形だったと思います。焼き対策に花丸集中を維持できたのが良かったかなぁ。詰めがあまり強烈でないデッキと対戦するとある程度安心できる部分はありますね。

2-1、なかなかいい感触でした。


サンシャイン特別大会・横浜アメ
使用サンシャイン

1回戦 勝利
3人なので総当りです。扉門で後攻。最後2-5から曜立てた(ほぼ)4パンで1キャンしかされず逆転勝ち。相手7戻りだったしこちらはもう割りと後がなかったので、ワンチャン拾えました。

2回戦 勝利
扉ストブ、先攻。1がスキップされてそれまでの差が一瞬で埋まったものの、2周目頭のキャンセルからようちか早出しに移行して優位を築けました。最後は割りと余裕を持って詰め切れました。1-6で無理に通過せず2-0で整えたところが良かったかな。

2-0で優勝。一応表彰状もらえたし満足。ラッシャイミラーは暴れたもん勝ちなので冷や冷やしますね。

このページのトップヘ