とある赤魔道士の活動日記

サービス開始12年目から書き始めるFF11ブログ。ブログ書きには珍しい非廃人プレイヤー。主に自分がみて楽しむために書きます。FF11のほかにfripSide及び南條愛乃さんのファンなのでその話も多め。南條さんがきっかけでスクフェス・ラブライブも。勿論えりち推し。いつからかヴァイスシュヴァルツについて考えていることが多いです。質問や感想などコメントはお気軽にどうぞ!喜びます(笑)

カテゴリ: ヴァイスシュバルツ

武蔵小杉ラボ行ってきました。使用ラブライブ。

1回戦 敗北
ビビスト宝。ちゃんと連動打ちつつ展開するもなんか負け。

2回戦 勝利
バンドリ門電源。こちら2-5でことりバーンを飛ばして詰めきり勝利。

3回戦 敗北
ビビスト扉門。1でCXを4枚くらい抱えてしんどい展開。1面は取れるもののダメージ負けして最後粘りを見せたものの擬似リフ7バックから4点食らったりそのまま終わり。

4回戦 敗北
ビビスト宝。花陽が11000だったり、3回早出しボトム送りするなど面は健闘。最後に耐久したものの最後は力尽きて終了。

1-3でした。ビビストとは昨日から6戦やって5敗なので、やっぱりラブライブではきついってことなんでしょう。面を取れているゲームもそこそこあるし、こちらの回りが極端に悪いことはないんだけども…やはり現環境では一回り強そうです。ラブライブは別にビビストに弱いということはなさそうなんですけどねぇ。
とりあえずラブライブは次使わないと思うので、ビビストメタだけを考えたデッキを組みました。どうなるでしょうか。

大阪大会ネオスタンダードで参加してきました。
久しぶりのネオスタンダードですがこれまでSAOと物語で出て通算1-4というひどい結果だったので不安しかありませんでしたが…

ネオスタンダードBブロック
使用ラブライブ

1回戦 敗北
ビビスト8宝、先攻。1コストのマーカー貯めて面作るやつが序盤に控え室に行っていたので湧かず、面はこちら優位。僕光連動しなかったもののSDS真姫が1度しかアンコールせず3ターンくらい生還。早出しは1回されましたが、クロアンとクロックドローで2に上がって早出し相殺取れました。ただ相手がCXをほぼキャンセルに回していて非常に山が堅かったのと、最後僕が2トリガーしたことで負け。3-0から死ぬんだからまぁ仕方ないか…ゲームのペースとしてはほぼこちらのものだったので、勝ちたい1戦でした。7戻りの擬似リフ助太刀打ったあと4点貫通は仕方ないか。

2回戦 勝利
不戦勝。アド!とりあえず1敗でもラブライブはチャンスがあるので続行します。

3回戦 勝利
ビビスト8宝、後攻。先手1ターン目からマーカー食うキャラ早出しをされ、5枚くらい貯められました。ただ、1周目の山が5戻りとかだったのでCXを噛んでると判断し当分放置。相手の山が薄いので無連動でも何でもCXを叩き込みたかったのですが何も引かず、ダメージレースはどっこいというところ…からちょっと大きくもらって先に3に上がり、相手がまだ2の前半という厳しい展開に。真姫早出し相殺、僕光にこ、AAことりと立てて連動も使って全面処理し、相手も3に。そこから回復され3-0、こちらは3-2で返していたので2回アタックした時点で3-5からサイド1点+1点バーンで完全に死を覚悟しましたが運よく片方キャンセル。同値で助太刀し1面だけ開けていたものの、こちらのソウルは2-2-1…でしたがドラが2箇所乗り無キャンセルでなんか勝ち。終始相手ペースだったので完全に拾ったゲームでした。

4回戦 勝利
サンシャイン8風、先攻。移動成功、相討ちで4000を処理しつつ暁と移動で3パンし良い感じにキャンセルされ、更に移動成功と暁で集中を握り、相討ちと暁を置きなおして再び3パン。ここからは相手の山が薄くなったのでドラにも助けられながらダメージレース先行。ルビィ早出しだったため一切面には届きませんが、ストックだけ綺麗にして適当にCXを置いてチャンプ。2の山でも一気に薄くなった場面があったので、そこは躊躇なくAAことり2面立ててバーンも飛ばします。都合よく1点のほうをキャンセルさせたので3に上げ、最後は僕光にこAAことりの連動で勝ち。武蔵ショット2面が両方0(片方はCX)だったり運がだいぶ良かったです。

5回戦 敗北
ビビスト扉門、後攻。マリガンでCX3枚握り、山の処理に追われる形に。僕光真姫連動を3面叩き込むもあまり引きがよくなく、いまが最高花陽を2枚ボトムにやってなんとかCXの戻り枚数を増やす有様。それでも5戻り。CXの埋めた位置を間違えるなど初歩的なミスもあって、悪いゲームをしてしまいました。最後は本当に何も出来ない試合だった…ちなみにこの対戦相手の方が優勝したようです。おめでとうございます。

総合成績3-2、実質的には2-2ですね。4試合のうち3試合が前日発売のビビストで、テキスト自体は大体把握していましたがやっぱりしんどいゲームになりました。ラブライブとして考えていた対策は概ね出来たし、5回戦以外はそれなりに対処できていたんではないかと思います。一応今大会の目標として5戦目まで戦うことを掲げていたのである程度収穫はありました。ラブライブという正直言って際立った強さのないタイトルで、これだけちゃんとやれたのは自信にはなります。結果自体はまぁ5割なんですが、何せ昨秋は物語で0-2してるもんで…今大会は流れが傾くような大きなプレミを犯さなかったのも収穫でしたね。

今回はネオスに出ると決めた段階でラブライブを決め、デッキを調整し、劇場版BDを見直し、神田明神にお参りをして、モチベーションを高めて臨むことが出来ました。どの地区大会も楽しかったですが、今回ラブライブを握ってみて本当に好きなタイトルで臨むことの高揚感を味わえました。
次は仙台にトリオで行くのでとりあえずごちうさを使うつもりではありますが、出来ればまた名古屋でラブライブを握れるように鍛えておきたいと思います。


フリーファイト
使用ロボノ
○犬日々 相手のCXの位置が悪そうでした
×デレマスニュージェネ 盛大なプレミどころか大会ならジャッジキル案件もののミスをしました、すみません
使用絵里単
×サンシャイン炎門 打点差が開いてたけどクロシュ3面作ったので満足
×デレマスTP キャンセル位置がかなり優位でしたが最後は6点貫通死という

ロボノでやってたもののネオスの方で疲弊しきっていて酷いミスが多かったです。とりあえず考えずに打てる絵里単にしましたが、まぁこっちの方がまだまともでしたかね。やっぱりフルレアは楽しいのでまたやるなら絵里単にしよう。


楽しい遠征でした。お疲れ様でした。
対戦していただいた皆さんありがとうございました。

今回もアンケート出し忘れた…

大阪地区前の最後の調整ということで。

秋葉原アメドリ

1回戦 敗北
後攻、デレマスTP(しぶりん)。ダブドラもらったところ全部被弾したのが悪かった気がしますが、何か普通にゲームしてたら負けてました。ちゃんとキャラも立ててるのにサイドからダブドラサイド3点。途中相手の圧縮が高いところでCX貼らなかったんですが結果的に宝トリガーしたのであそこは貼るべきでした。今度からとりあえず貼ります。最後のアタックで2枚トリガーして勝負あり。

2回戦 敗北
後攻、スターウォーズ黄青。フォースで後列を狩られましたが応援を常に握り必要なときだけ置くのと、1枚積みの新規海未でいい感じの盤面維持は出来ました。ただ、山の配置が悪くて確山が出来た上、擬似リフ助太刀がなかったのはしんどかった。出来る限りのことはしたものの、ああいう山が出来てしまうのはなんかしら悪かったんでしょう。集中をもっと丁寧に握らないといけませんでしたね。詰めのパワーも甘かった。時間なかったので適当になりましたが、もっと丁寧にやらないといけませんね。

3回戦 勝利
先攻、サンシャイン。1スキップさせたのと、今回は擬似リフがあったので2に上がったところで山が薄くなったものの上手く使えました。2-6でことり2枚並べて詰め切れたのもいい流れでしたね。このゲームだけは全てほぼ理想的な動きだったと思います。

結果1-2。悪いものは出し切ったので地区頑張りたい…
とりあえず、今のデッキはかなり良い感じです。ラブライブのモチベが凄く高まってるのを感じます…とりあえず予選突破を目指して頑張りたい。
ちなみにネオスの過去2回の戦績は1-2と0-2ですけどね!

ショップ大会2日分。大阪に向けてです。使用はラブライブ。

16日川崎ホビ

1回戦 勝利
ラブライブサンシャイン、3色構成でした。後攻。上手く相手の移動をキラセンことりで潰しながらゲームの流れを取っていけました。0で相手にキャンセルが多かったので1のCXで一気に打点を入れて差をつけることに成功。相手の0が長かったお陰でパンチ数も稼げていたのでストックも綺麗な状態で溜まりました。早出しのバーンや良い圧縮ながら4点をもらうなどして最後はちょっと冷や冷やしましたが、相手にあまりストックがなかったのもあって耐え切り綺麗な僕光盤面を作って勝利。美夏テキストがないので安心して詰められますね。

2回戦 敗北
リゼロ8扉、先攻。最初の5枚のうち3枚がCX、1枚を切って引きなおしで1枚。最初2ターンで2枚を引きあっという間にCX残り2枚となり、どんどん打点が入る展開。相手のキャンセルが強い上にダイレクト3パンに全部ドラが乗って9点貫通したのもしんどかった。結局そのまま一方的に進んで相手が1-6のまま終了。本当、何もできなかった。あそこまでドローが崩れるとどんなタイトルでもダメな気がします…

3回戦 勝利
後攻真姫単。まぁここはグスタとキャラ単なのでどうしても負けるわけにはいかないところです。イベント3500カウンターでペースが乱れたりはしたものの基本的にはしっかり戦えました。2-6、手札結構あって山が堅いときにクロックドローで詰めに行く選択ができたのは良かったです。相手が3-0だったのですが、控えCX2枚で直前に門トリガーを捲っていたので逆圧縮から7点素通りでした。本当は逆圧縮から貼るCXを握るためにクロックドローしたんですけどね。それで握れなくても圧縮はかなり高かったので良かったと思います。

2-1、(デッキ相性やカードの性能などから見て)勝ちたいところには取りこぼしなく勝てたと思います。2戦目の事故は…どうにかできたんですかねぇ…どのみちああいう引きを大会ではしたくないですね。去年の大阪ネオスに出た物語を思い出しました。


17日タイガ

1回戦 敗北
リライトに負け。後攻。一番しんどかったのは2前半で3キャンされた部分でした。リライトは環境で注意するべきデッキのひとつだと思うので、意識してしっかり集中を握ってはいましたが、ことり早出しが1面しか出てこなかった上に丁寧にサイドやダイレクトに徹していたのでそのあたりは相手の方がさすがに上手いなというところです。AAことりが握れなかったのも敗因ですね。基本的な戦い方は出来ていたと思いますが、次はちゃんと助太刀だけでなく行きで踏むようAAことりも握る動きを徹底したいと思います。

2回戦 勝利
リトバス後攻。相手の方のCXが早いうちにかなり捲れていたのもあり、特にこちらは何か難しいことはなくという感じでした。僕光盤面を作って詰め切り勝利。諭吉を警戒してたけど、そういえば青入ってなかった気もします。そういう考えの緩さがほんと改めないといけませんね。

3回戦 勝利
ラブライブミラー。後攻。運よく先上がりして僕光真姫2面連動と花陽で7000を2面、助太刀待機というほぼ理想盤面を作ることに成功。こうなると1面しか踏めなくなって、ミラーはかなり有利に運べますね。そのあとも僕光を決めつつ相手のクロアンは助太刀で処理していい展開に持っていけました。アンコールした奴をキラセン海未で踏めたこともあってハンドを枯らせ、3コストアンコールも要求してストックも枯らせることに成功。山6枚にCX2枚から光景内蔵絵里で強制リフレッシュさせ残り3点とするも、3-3-2を2箇所キャンセルで3-6で止まる。相手のハンドが枯渇していて連動が飛んでこなかったので勝てましたが、こちらも最後はCX握れなくなったのでいいんだか悪いんだか微妙な感じでした。あと擬似リフ助太刀が輝いた試合でしたね。

2-1。悪くはないですが全勝したかったです。2つショップ大会に出てみてラブライブが強化後それなりに戦っていけるタイトルになったことは感じました。大好きなデッキなので握っていても楽しいし、大阪地区もできるだけ頑張りたいです。目標は予選最終戦まで残ること…ですかね。

20日のぶん忘れてたのでまとめて書きます。試合内容も割りと忘れてるけど。

20日・タイガ
使用:物語(羽川)

1回戦 敗北
BCF東京地区優勝のアクセルでした。羽川連動とかでいい感じの展開をしたもののCXが緩くなり、レベル3スキップで負け。というかいい展開というよりも相手の山の位置が相当悪かったにも拘わらず勝ちきれないのが完全に悪いです。

2回戦 敗北
リトバスに負け。なんかCXの配置とか色々悪かった気がします。デッキパワー差は確実にあるのに負けるというのは非常にまずい動きをしたんだと思います。良く覚えてないですけど。というかこの試合も相手が苦しそうな動きをしているのにそれに負けてるからな…

3回戦 敗北
シャーロット。こちらは自動効果によるダメージがないので有利かと思いきや。羽川でためた大ストックで何故かめっちゃダメージもらった分は回復したのですが、「大切な何か」の前に主従関係や昔話ではなく蟹を置くプレミで3点減。相手にも蟹へのチャンプでパンチ数減らすプレミがありましたが、それ以上に僕のミスが目立った試合でした。

4回戦 勝利
ガルフレとの対戦でしたが完全な下振れ対決。さすが全敗卓、互いに早々にCXが捲れて行きます。2で羽川3面を2ターン打つと流れに乗って山7/14にしたものの、なぜか最後は泥仕合になりました…というかワンチャン負けるところまでいきました。

1-3、CXの位置も悪かったですが、大変下手なプレイング晒しました。


28日・武蔵小杉ラボ
使用:レールガン

1回戦 勝利
このすばに先攻で。3色だったと思います。ほとんどキャンセルした記憶がないけどほとんどキャンセルされた記憶もありませんでした。

2回戦 敗北
バンドリ赤青、門と電源のTPみたいなやつです。後攻。序盤からCXの捲りが早くて0からほぼ毎ターン貼られた1000/1がしんどい。レールガンは手札をほいほい切れるカードが少ないのもありますが、毎ターンのようにドローするとなかなか処理が難しいです。この辺はデッキへの慣れが必要だなと感じています。2トリガーして次のターン1-5で返ってきて、クロックドローしたのがCX2枚で元々持ってたやつと併せて3枚、滝壺捻って2-0からヴェント擬似リフでストックに1枚とハンドに3枚の4戻り、擬似リフ追加ドローでCX。実質3戻り。集中初春圧殺で控えに落としCX連動で復活させて3パン。次のターンに相手が2パンで納めてくれてなんとかなったかと思いきやなるわけもなく3スキップ終了でした。相討ち相手に顎が撃ちたい場面で黄色が乗っていなかったのも弱かったな。

3回戦 敗北
バンドリ緑、後攻。パワーラインが地味に届かず多面生還をしばしば許す形に。レベル3で相手のクロシュ1面+バーン2面に対して顎と2500助太刀併せて2面弾けたのは良い動きだったかなと思います。ただその時点で相手3-0だったため詰め切れず、次のターンはそもそもCX枚数が足りず負け。顎の強さは再確認しましたがそれと同時に詰めの弱さや1のパワーラインの低さも痛感しました。

4回戦 勝利
相手はメルブラ。先攻からアドを取り、さすがに時代の格差で勝利。

2-2でした。レールガンはかなりガチな4色で組んでいるのでぶん回れば強い反面、事故がおきやすいのと起きたときにどうにもならないことが多いですね。全体的に確かに強いテキストですがパワーラインの不足も感じます。詰めのソウルも足りないし、なかなか…


最近ショップ大会に出ていないからかわかりませんが、凄く「下手になったな」と感じることが多いです。物語シリーズというぶっ壊れタイトルで去年戦い、今はそのタイトルブースト分がなくなったのが一つ大きな弱さを感じる理由になっているとは思います。
とは言え絵里単を握っていて思うのですが、1年前にショップに突撃していた頃と今とでは同じ絵里単での勝率は体感で下がっているような気がします。強いタイトル慣れして動きが雑になっているのかと思っていましたが(それはそれで大問題)それ以上に集中を捻るタイミングなど基本的なプレイングが下手になっているんじゃないかと感じています。
去年はそれなりに絵里単で練習しましたしある程度「デッキに最適化された動き」が出来るようになっていました。物語も「最適化された動き」はある程度身につけていたのではないかと思うものの相手側にも「対物語で最適化された動き」があるので勝ちきれなかった部分は多かったと思います。逆にある程度対策されていても押せてしまうのが物語のおかしいところではありましたが。

今期は非常にバランスの取れた環境で、飛びぬけて強いデッキがありません。8月にまたトリオに出る予定で調整を考えていますが、それまでに手に馴染ませるデッキを考えなければ…
まとまらない文章になってしまいましたが、頑張りますということです。ラブライブの追加後から大阪大会までは出来るだけショップ大会に行っておきたいと思います。

このページのトップヘ